鈴木大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 鈴木 大介 九段
名前 鈴木 大介
生年月日 (1974-07-11) 1974年7月11日(42歳)
プロ入り年月日 1994年10月1日(20歳)
棋士番号 213
出身地 東京都町田市
師匠 大内延介
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2013年9月3日現在

鈴木 大介(すずき だいすけ、1974年7月11日 - )は、将棋棋士。棋士番号213。東京都町田市出身。大内延介門下。

戦績[ソースを編集]

  • 1994年、プロデビュー(四段)。竜王戦で初参加から5期連続昇級して、一気に1組入りをする。
  • 1996年、早指し新鋭戦の決勝で、阿部隆を下して優勝。これが棋戦初優勝。
  • 1999年度の第12期竜王戦藤井猛竜王に挑戦(タイトル初挑戦)。挑戦を決めた時のインタビューで、「全振り飛車宣言」(=七番勝負の全局で飛車を振るという意味)をする。振り飛車党同士の対決となり、「相振り飛車のシリーズになる」という予想をされたりしたが、藤井は全局で居飛車を採用した(藤井は振り飛車党相手には居飛車を採用することもある。)。対居飛車穴熊のスペシャリストの居飛車穴熊に鈴木は1勝4敗で屈し、タイトル獲得はならなかった。
  • しかし、同年度のNHK杯戦においては、決勝で郷田真隆を破って優勝。これが、全棋士参加棋戦での初優勝となる。なお、この決勝の放送の冒頭で行われたインタビューで、「序盤で作戦負けして、逆転して勝つ」と述べたが、実際にそのとおりの展開で勝利し、解説者として出演していた二上達也日本将棋連盟会長(当時)を驚かせた。
  • 第60期[1]、第61期[2](2001、2002年度)の順位戦で連続昇級し、A級八段となる(第61期は、鈴木と昇級を争っていた井上慶太が最終局で負けたため、逆転で昇級が決まった)。第65期(2006年度)にB級1組に降級[3]するも、第67期(2008年度)からA級に復帰[4]
  • 2006年、第77期棋聖戦挑戦者決定戦で羽生善治を下し、佐藤康光へ挑戦したが、3連敗を喫して初タイトル奪取には至らなかった[5]
  • 2017年3月1日、第65期王座戦二次予選で佐々木勇気に勝利し、八段昇段後250勝となり九段に昇段

棋風[ソースを編集]

  • 振り飛車党であり、藤井猛久保利明と共に振り飛車御三家と呼ばれる。
  • 攻める振り飛車で、豪快な棋風と形容される。ゴキゲン中飛車戦法に力戦を織り交ぜた戦法を豪快中飛車と名づけ、結果的にゴキゲン中飛車をタイトル戦で使われるほどの本格戦法に育て上げたと言われている。
  • 早石田の序盤で従来は悪手とされていた手を見直し、実戦で指した。それは、初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△8五歩▲7四歩という進行であり、7手目の▲7四歩が鈴木の研究手である(詳細は、新・石田流 を参照)。それが高く評価されて2004年度将棋大賞の升田幸三賞を受賞。
  • 相振り飛車での勝率が高い。
  • 2010年頃からは一手損角換わり横歩取りなど、居飛車の将棋も指すようになった。これについて鈴木は「ゴキゲン中飛車の研究が行き届きすぎてつまらなくなった」、「藤井九段が矢倉で実績を残したのも大きい」と語った。

人物[ソースを編集]

  • 左利きである。
  • 1986年、小学6年生として、第11回小学生将棋名人戦で優勝。このとき準決勝で久保利明と対戦している(奇しくも、二人とも左利き・振り飛車党という共通点があり、のちにプロ入りすることとなる)。
  • 父親はアニメーターの鈴木康彦で、NHKみんなのうた』の作画や、テレビアニメ『無敵超人ザンボット3』の作画監督などをした人物。将棋雑誌の挿絵もたびたび手がけている。康彦が将棋好きで、大内延介の道場に足繁く通っていた事が、大介が棋士になるきっかけとなった。「大介」という名前は、大内延介ファンの父親が大内の大、延介の介をもらってつけたものである。なお、康彦は2007年7月11日心不全で死去(享年66)している。
  • 父親がそうした業界にいた関係からか、マンガ『ハチワンダイバー』(柴田ヨクサル)の将棋監修をしている。作中の主人公の師匠「鈴木八段」は、鈴木本人がモデルである。

弟子・交友関係[ソースを編集]

  • 弟子に梶浦宏孝がいる。鈴木は彼を「カジー」と呼び、将棋連盟の囲碁部で一緒に活動している[6]
  • 室内遊戯では、ほかに麻雀も趣味の一つであり、奨励会時代には桜井章一率いる雀鬼会に参加していた時期もある。

昇段履歴[ソースを編集]

主な成績[ソースを編集]

タイトル挑戦[ソースを編集]

一般棋戦優勝[ソースを編集]

合計2回

在籍クラス[ソースを編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[ソースを編集]

  • 第24回(1996年度) 勝率第一位賞・連勝賞・新人賞
  • 第27回(1999年度) 敢闘賞
  • 第32回(2004年度) 升田幸三賞

主な著書[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]