鈴木ダイスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 ダイスケ(すずき-、1970年 - )は、日本音楽プロデューサー映画プロデューサーライター雑誌編集者クラブDJである。本名は-大介(-だいすけ)。

来歴・人物[編集]

1970年宮城県に生まれる。その後、福島県郡山市に転居、福島県立郡山高等学校を卒業、当時の先輩に田島貴男や木暮晋也がいる。

立命館大学を卒業後、ビーイングに入社、倉木麻衣ルーマニアモンテビデオ、GARNET CROWらを手がけ、また同社において、現在では伝説となったフリーペーパーアンダウン」を編集長として発行した。テレビ番組の企画構成やラジオ番組のプロデュースなど幅広く行なった。

東京・大阪を拠点にしたライヴイベント『てぃーんずぶるーす』をオーガナイズ、そこから、スネオヘアーGOING UNDER GROUND堂島孝平フジファブリックオーノキヨフミ音速ラインなどのアーティストを輩出した。

独立し、フィッシュマンズを主題とした映画『THE LONG SEASON REVUE』をプロデュース、音楽とマンガのミニコミ誌「KeyStation#」編集長を経て、2006年、葛飾ホックニーの主宰する「Picture Yourself Sound School」に参加、広い人脈を駆使し、80年代歌謡曲への偏愛とセンスを、DJとして、プロデューサーとして発揮した。葛飾とはDJトークユニット「ザ・ポップ・クルセダーズ」を結成するかたわら、「Yahoo! ミュージックマガジン」、「オリコン」誌などでもライター活動を行い、漫画家の江口寿史らとのDJイヴェントを下北沢で仕掛ける等広範に活動。

その後、A&Rディレクターとしてアミューズソフトエンタテインメントに入社。paris matchいとうせいこう、狩野英孝など幅広く手がける。その後、アミューズ本社に移籍し現在に至る。

ディスコグラフィ[編集]

  • VA『トーキョー・シティライツ』(PSC、2003年) - 企画監修
  1. 高速の男 - 堂島孝平
  2. good-bye nightの風が吹く - disco☆star
  3. 東京シティーライツ - オーノキヨフミ
  4. ジョージアの月の下 - 杉真理&レッド・ストライプス
  5. Put a little love in your heart(Parts.1&2) - NONA REEVES
  6. BABY BLUE - 伊藤銀次
  7. Happiness is a Sad Song - 関美彦
  8. 太陽の季節 - アンナ・バナナ
  9. A Day - 南佳孝
  10. 恋人たち - ヒックスヴィル
  11. 多分多分 - 無頼庵
  12. といかけ(album mix) - the Indigo
  13. 真夏の虫 - LIPNITZ
  14. ときには空 - アップル&ペアーズ
  1. 『東京バックサイド・ブルース』 作詞森若香織、作曲編曲杉山洋介
  2. 『BALLAD OF "G"』 作詞作曲編曲加藤キーチ
  3. 『飛べないエアポート』 作詞日野友香青木多果、作曲編曲青木多果

フィルモグラフィ[編集]

テアトログラフィ[編集]

  • Picture Yourself Sound School #1 (2006年6月27日、DJイヴェント、新宿ゴールデン街劇場) - プロデューサー、DJ
  • Picture Yourself Sound School #2 (2006年7月30日、DJイヴェント、新宿ゴールデン街劇場) - プロデューサー、DJ
  • Picture Yourself Sound School #3 (2006年9月6日、DJイヴェント、新宿ゴールデン街劇場) - プロデューサー、DJ
  • Picture Yourself Sound School #4 ぎんざNOWは絶快調!! (2006年11月15日、ヴァラエティライヴショウ、新宿ロフトプラスワン) - プロデューサー、出演
  • 加藤キーチ meets 日野友香 (2006年11月24日、音楽ライヴ、大韓民国ソウル・空中キャンプ) - プロデューサー
  • 加藤キーチ sings SALLY (2006年12月15日、音楽ライヴ、Shibuya eggman) - プロデューサー
  • Picture Yourself Sound School #5 オールスター新年会 (2007年1月30日、ヴァラエティライヴショウ、中野heavy sick ZERO) - プロデューサー、出演
  • Picture Yourself Sound School #6 Superstar Carnival 俺たちがテレビだ! (2007年3月5日 - 11日、ヴァラエティライヴショウ、池袋小劇場) - 音楽プロデューサー、出演
    寸劇『タイムスリップ! 一休さん』(葛飾ホックニー主演、遅塚勝一演出) - 脚本
  • Picture Yourself Sound School #7 Allstar Festival 80年代がやってきた! (2007年4月30日、ヴァラエティライヴショウ、中野heavy sick ZERO) - プロデューサー、出演

外部リンク[編集]