日産化学工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産化学工業株式会社
Nissan Chemical Industries, Limited
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4021 1949年5月16日上場
本社所在地 101-0054
東京都千代田区神田錦町三丁目7番地1
興和一ツ橋ビル
設立 1921年大正10年)4月20日
(スタンダード油脂株式会社)
業種 化学
事業内容 化学品、農業化学品、医薬品、他
代表者 木下 小次郎(代表取締役社長)
資本金 189億42百万円
発行済株式総数 1億8,100万株
売上高 連結:1,691億72百万円
単独:1,239億36百万円
(2008年3月期)
営業利益 連結:247億67百万円
単独:216億42百万円
(2008年3月期)
純利益 連結:155億03百万円
単独:139億27百万円
(2008年3月期)
純資産 連結:1,012億06百万円
単独:908億73百万円
(2008年3月31日現在)
総資産 連結:1,726億60百万円
単独:1,519億91百万円
(2008年3月31日現在)
従業員数 連結:2,241人 単独:1,614人
(2008年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 9.86%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 7.42%
みずほ信託退職給付信託みずほコーポレート銀行口再信託受託者資産管理サービス信託銀行(株) 4.08%
(2008年3月31日現在)
主要子会社 日星産業(株) 100%
日産緑化(株) 100%
日産物流(株) 100%
日産エンジニアリング(株) 100%
外部リンク http://www.nissanchem.co.jp/
テンプレートを表示

日産化学工業株式会社(にっさんかがくこうぎょう)は、1887年明治20年)4月、日本最初の化学肥料製造会社として誕生した日本の化学会社

概要[編集]

日産コンツェルンの流れを汲むが、戦後の財閥解体により、現在は日産自動車との資本関係はない。ただし、日産・日立グループの企業で構成される、春光懇話会の会員会社(春光グループ)の一つである。

また、化学肥料商品のほか農薬関連商品ラウンドアップシリーズも展開(中でも特に『ラウンドアップ マックスロード』が有名)している。

沿革[編集]

  • 1887年明治20年)4月 高峰譲吉博士が、英国留学中に化学肥料製造工場を見学した内容を日本に紹介した。これを受けて、渋沢栄一第一銀行創業者)、益田孝(当時の三井財閥有力関係者)など当時の財界の首脳が発起人となって前身である東京人造肥料會社を設立。
  • 1893年(明治26年)12月 東京人造肥料株式會社と改称。
  • 1910年(明治43年)7月 大日本人造肥料株式會社と改称。
  • 1923年大正12年)5月 関東酸曹株式會社と日本化學肥料株式會社を合併、肥料・酸アルカリ製造の化学会社となる。
  • 1930年(昭和5年) ヤマハ釧路工場を買い取る。
  • 1937年昭和12年)12月 日産化学工業株式会社と改称。
  • 1943年(昭和18年)4月 日本鉱業株式会社(現:JXホールディングス)に合併、同社の化学部門となる。
  • 1945年(昭和20年)4月 (第1次)日本油脂株式会社が、日本鉱業株式会社の化学部門の営業包括譲渡を受け、日産化学工業株式会社と改称。
  • 1949年(昭和24年)5月 証券取引所の再開に伴い、株式上場。
  • 1949年(昭和24年)7月 同社の油脂、塗料、火薬、溶接部門を分離し、(第2次)日本油脂株式会社(現・日油)を設立。

事業所[編集]

主な製品[編集]

化学品事業[編集]

農業化学品事業[編集]

医薬品事業[編集]

関係会社[編集]

  • 日星産業
  • 日産物流 
  • 日産緑化
  • 日産エンジニアリング
  • 環境技術研究所
  • ケミカルサービス
  • 日産建材
  • 日本肥糧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]