トゥーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラウス・マグヌスカルタ・マリナ(1539年)に見るトゥーレ(Tile)。オークニー諸島の北西に位置する。「1537年に目撃された怪物」とあり、クジラ(balena)とシャチ(orcha)が近くに描かれている。

トゥーレギリシャ語: Θούλη, ラテン文字表記は様々ある: Thile, Tile, Tilla, Toolee, Tylen, Thula, Thyle, Thylee, Thila, Tila など)は、古典文学の中で語られる伝説の地で、通常は島である。古代ヨーロッパの説明や地図によれば、トゥーレは遥か北、しばしばアイスランド[1]、恐らくはオークニー諸島シェトランド諸島スカンジナビアにあると、また中世後期やルネサンス期にはアイスランドやグリーンランドにあると考えられていた。

またそれとは別に、バルト海サーレマー島のことだという考え方もある[2]

中世地誌におけるアルティマ・トゥーレは、「既知の世界の境界線」を越えた、世界の最果てを意味することもある。「アルティマ・トゥーレ」をグリーンランドの、「トゥーレ」をアイスランドのラテン名として使用する人もある。

古代地理学[編集]

トゥーレについての最初の記述は、ギリシアの探検家ピュテアスの『大洋On the Ocean』に見られる。紀元前330年から320年の間に彼が行った旅行の手記であるが、これは現在は失われている。

彼は恐らくギリシアのマッサリア(現在のマルセイユ)により、取引の商品の由来を確かめるために派遣されたと思われる[3]。彼の発見に関するいくつかの記述は残存するものの、その内容については疑わしいものも多い。

例えば、ポリュビオスによる紀元前140年の著書『歴史』の XXXIV 巻に、ピュテアスに言及する部分がある。「彼の記述は多くの人々を間違った方向に導いた。彼はブリテン全体を徒歩で横断したと述べ、その外周を4,000スタディアとした。また彼はトゥーレについても、その伝説の地には地面や海や空気の区別がなく、その3つが混然となった、歩くことも航行することもできない、全てが混ぜ合わさった、いわばクラゲのようなものだ」と述べている[4]

ストラボンの著書の記述から再現したエラトステネスの世界地図。北方にトゥーレが描かれている。

ギリシアの地理学者で歴史家のストラボン(紀元前64年頃 - 紀元前23年頃)は著書の『地理書』(I 巻 第4章)でトゥーレに触れ、エラトステネスの「人が住んでいる世界の幅」の計算や、ピュテアスの「ブリテンから北へ帆航6日、凍った海の近く」の注釈について記述している。しかし彼はこの主張に疑問を呈し、「詳細な調査をすると、ピュテアスは大嘘つきだと分かった。ブリテンとイエルネ(アイルランド)を見たことのある人々は、他の小さな島々やブリテンについて話すことはあっても、トゥーレについて話すことはなかった。」と書いている。ストラボンはまた、次のようにも(II 巻 第5章)述べている。

マッサリアのピュテラスはトゥーレについて語り、そこはブリテン諸島の最北よりも遥かに北、そこでは夏至の太陽軌道が北極圏並だという。しかし、私の過去の読書範囲では、他にトゥーレについて記述してる人はいない。はっきりとトゥーレという名で呼ばれている島がある訳でもなく、夏至の太陽軌道が北極圏並みの北方に人が居住可能な訳でもない。

ストラボンはIV 巻 第5章を次のように締めくくっている。「我々が知りうるトゥーレに関する過去の情報からは、その存在位置さえはっきりしない。そのためトゥーレと、その名で呼ばれる全ての国は、最北の果てにあるとされる。」

それからほぼ半世紀を経た77年大プリニウスが著書『博物誌』を出版し、その中で彼もまたピュテアスの「ブリテンの北に航行6日」という主張(Ⅱ巻 第75章)に触れている。 またIV 巻 第16章でブリテン周辺の島々について議論する際には、次のように記述している。「話題に出てきたうち、最も遠いのがトゥーレである。そこでは驚いたことに真夏、太陽がかに座のあたりを通過する頃には夜が全く訪れず、逆に真冬には、昼が全く訪れない。そしてそれが恐らく一日中あるいは一晩中、それぞれ6か月ずつ続くのである。」最後には島の位置について、彼の解説した場所から真北の果ての地と推定し、VI巻 第34章に次のように記述している。「リーフェイの丘からスキタイ方向に真っ直ぐ北上するとトゥーレにいたる。そこでは日夜が6ヵ月ごとにやってくる。」

オロシウス(384-420 A.D)やアイルランドの修道士ディクイル(8世紀後期から9世紀初期)のような他の古典派文筆家や古典期以降の文筆家も、トゥーレはアイルランドやブリテンの北や西にあると記している。ディクイルは、トゥーレがフェロー諸島と思われる島々の向こうに存在すると記述し、強くアイルランドを示唆した。

歴史家プロコピオスの6世紀前半の著書によれば、トゥーレは大きな島で、25の種族が居住しているという。実際にはプロコピウスの述べたトゥーレは、スカンディナヴィアのことだと思われる。というのは、いくつかの種族が簡単に特定され、その中にはゲータ人サーミ人が含まれているのである。彼はまた、3世紀から5世紀に渡って活躍したヘルール族ランゴバルド人に敗れて帰還する際、ヴァルニ族 (Varni tribeデーン人をやり過ごし、海をトゥーレに渡り、そこでイェーアト族 (Geatsの近くに住みついたと書いている。

古代文学[編集]

アントニウス・ディオゲネスによるギリシア語の小説は西暦150年かそれ以前に書かれたもので、『トゥーレの不思議』と題されている。ブリティッシュコロンビア大学の名誉教授[5]ジェラルド・N・サンディはフォティオスの9世紀の著書を翻訳する際、導入部で「トゥーレとは恐らくアイルランドのことだろう」と推測している[6]

5世紀の初め、クラウディアヌスは彼の詩『オノリウス皇帝の第4任期』VIII巻で、テオドシウス1世の征服した土地について熱狂的に語り、次のように詠っている。「オーカデス(オークニー諸島)はサクソンの虐殺で赤く染まった」「トゥーレはピクト人の血で温かくなった」「氷に閉ざされたヒベルニア(アイルランド)は殺害されたスコットランド人の山で濡れた」これによれば、トゥーレがスコットランドだったことになる。 しかし第2の詩『ルフィヌスに反して』(Second Poem)で、クラウディアヌスは「トゥーレは北極星の下、氷に閉ざされている」と書いている。時間と共に、「世界」は東をインド、西をトゥーレに挟まれていると考えられるようになったことが、ボエティウスの『哲学の慰め』(c. AD 524)に著されている。

インドの岸まで、あなたの与える法の前に地球が震えるとしても、トゥーレが世界の最果てであなたの尽力にひざまづくとしても、汝らの黒い不安を追いやることができぬのなら、不平の種を飛ばし去ることができぬのなら、真の力は汝のものではない[7]

ローマの歴史家タキトゥス(55年頃 - 120年頃)は、義理の父アグリコラの人生を年代順に記録した著書の中で、ブリテンは島であることをローマ人がどのように知ったかを説明している。アグリコラはその指揮官であった。彼はローマの船がブリテンの周囲を航行し、オークニー諸島を発見したと語っている。また彼は、船の乗組員はトゥーレさえ見たが、冬が間近だったので、そこへ行くことも探検することも禁止されたとも述べている。

中世とルネサンス[編集]

緑:ドーセット (Dorset culture、黄:インヌ (Innu、青:トゥーレ、橙:ベオサック (Beothuk、茶:ノース

中世の間、トゥーレの名前はしばしばグリーンランドスヴァールバル諸島アイスランドなどを意味するのに使われた。ブレーメンのアダムの『ハンブルク教会史』でも同様で、恐らく古い文筆家がトゥーレをどのように表現したかを説明しているのだと思われる。

トマス・ウィールクスの『トゥーレ』と題されたマドリガル(叙情短詩)は、次のように書かれている。

トゥーレ、天地学の期間

ヘクラを讃えよ、その硫黄の火

凍った風土を溶かして空を温めよ

トリナクリアエトナの炎もこれほど高くない

これらの出来事は不思議に見えるが、さらに不思議なのが私だ

その心は恐れに凍り、愛に羽ばたく

アンダルシアの商人は帰る

コチニールとチャイナの皿を積んで

フォゴが奇妙に燃え盛るさまをスペインに伝えよ

海の中をトビウオで埋めて

これらの出来事は不思議に見えるが、さらに不思議なのが私だ

その心は恐れに凍り、愛に羽ばたく[8]

トゥーレはゲーテの詩『昔トゥーレに王ありき Es war ein Koenig in Thule』にも書かれ、シューベルトの曲も付けられて有名である。ロングフェローは『はるかなる目標 Ultima Thule』という詩を書いた。

近代[編集]

1910年グリーンランドの探検家クヌート・ラスムッセンは、グリーンランド北西の海岸(現在のアヴァンナ地方 (Avannaa)にイヌイットの自治区を設け[9]、神話から名をとってトゥーレと名づけた。1953年、トゥーレは空軍基地になり、アメリカ空軍により運用されている。住民は北に67マイル[10]北緯76度31分50.21秒 西経68度42分36.13秒 / 北緯76.5306139度 西経68.7100361度 / 76.5306139; -68.7100361北極点からわずか840海里)のカーナークに強制移住となった。

古代エスキモーと現代グリーンランドイヌイットの祖先の民族は、トゥーレの伝説から名前を取ってトゥーレ族 (Thule peopleと名付けられた。

南トゥーレ (Southern Thuleは、南大西洋南サンドウィッチ諸島にある最南端の島3つ(ベリングスハウゼン島、クック島、テューレ島)の集合である。「地の果ての島」であることからトゥーレの名を与えられた。南トゥーレの島々は、イギリスの海外領土となっているが、人は住んでいない。

アイスランド」をスコットランド・ゲール語では「 Innis Tile 」、つまり文字通り「トゥーレの島」と言う[11]

ヘンリー・ハンデス・リチャードソンが1929年に書いた小説「ウルティマ・トゥーレ」では、オーストラリアの植民地に設定された。

トゥーレの名は、周期表第69の元素ツリウムにも使われている。

「アーリア人のトゥーレ」[編集]

ナチ神秘主義者は、トゥーレやヒュペルボレイオスアーリア人の古代起源だと信じていた。これは19世紀にコーネリアス・オーヴァー・ド・リンデンにより「発見」されたフリジア語の原稿『 Oera Linda Book 』にまつわる噂から始まったものである。原稿は1933年にドイツ語に翻訳され、ハインリッヒ・ヒムラーに支持された。この原稿は、言語学的に見ても文化人類学的に見ても、間違いなくまがい物である。伝統主義派の解説者ルネ・ゲノンは、「創始の部分だけ」トゥーレの存在を信じた。

紋章によれば、トゥーレ協会は1919年に設立されている。協会は、ドイツ労働者党(DAP)、のちの国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)に深いかかわりがあった。設立メンバー3人の一人が、アドルフ・ヨーゼフ・ランツ(自称ランツ・フォン・リーベンフェルト)(1874–1954)である。リーベンフェルトの自伝 ("Der Mann, der Hitler die Ideen gab", ミュンヘン 1985) で、著者のウィルヘルム・ダーム(ウィーンの医者)は次のように記している。「トゥーレ協会の名は、神話のトゥーレ、つまり消滅文化である北欧アトランティスからとった。トゥーレに住む超人の民族は、魔力を通じて宇宙と繋がっていた。彼らは20世紀をはるかに上回る精神的・技術的パワーを持っていた。この知識をもって祖国を救い、新しく北欧・アーリア・アトランティックの民族を生み出さなければならない。新しいメサイアが現われて、人々を目的地へと導くだろう。」SAの歴史を記した彼の著書『ゆるぎなく堅固に歩む Mit ruhig festem Schritt 』(1998年)では、1943年から1945年までヨーゼフ・ゲッベルス宣伝大臣の副官を務めたウィルフレッド・フォン・オーフェンが、トゥーレ協会のトゥーレは歴史的にピュテアスのトゥーレであることを確認している。

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボストック&ライリー (1893) 352 ページ ( 第30章 (16) – ブリタニア ) : 「古代トゥーレの存在に関する見解は、極端に多かった。」 1829年にアジャソン・ド・グランサーニュ( Ajasson de Grandsagne )によりフランス語に翻訳されたプリニウスの本Ⅳに6つのメモがある。これはボストック&ライリーにより引用句として一語一語とられている。 ボストックとライリーは続けてこう述べている。「トゥーレの名のもと、異なる時代の、別々の著者が、地理的知識も異なる状況で、実は2ヶ所かそれ以上の場所について記述していたというのも、決してあり得ないことではない。パリゾが論じたように、プトレマイオスの言及したトゥーレはノルウェーのThylemarkだとかなり一般的に認識されている。」
  2. ^ 古代伝説のカアリ隕石に関する考察
  3. ^ L・スプレイグ・ディ=キャンプ (1954)。『失われた大陸』p. 57.
  4. ^ ポリュビオス Book XXXIV
  5. ^ UBC Faculty & Administrative Directory
  6. ^ B. P. Reardon, ed. (1989). Collected Ancient Greek Novels. Berkeley, Los Angeles, London: University of California Press. ISBN 0-520-04306-5. 
  7. ^ Irwin Edman, ed.; W. V. Cooper, translator (1943). 『哲学の慰め』. New York: The Modern Library, Random House. 
  8. ^ RPO - トーマス・ウィールクス『トゥーレ』
  9. ^ Oxford University Press『Oxford Dictionary of ENGLISH』、2003、EX-word DATAPLUS 3搭載のもの
  10. ^ Gilberg (1976) page 86. ここでの狩猟活動について ナショナル・ジオグラフィック 1月号
  11. ^ Rannsaich an Stòr-dàta Briathrachais Gàidhlig

参考文献[編集]

映画[編集]