カルタ・マリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルタ・マリナ

カルタ・マリナラテン: Carta marina)とはオラウス・マグヌス (Olaus Magnus16世紀に作成した北欧海図。高さ1.70メートル×幅1.25メートルの木版画であり、55×40センチメートルの原版9枚から刷られている。Carta marinaはラテン語海図を意味する[1]北欧諸国の詳細な地形と地名が書かれた最初期の地図でもある。スカンディナヴィアを描いたこれよりも古い地図は、ヤコブ・ジーグラー (Jacob Zieglerクラウディウス・クラヴァス (Claudius Clavusによる2つが知られるのみである。

経緯[編集]

オラウス・マグヌス (1490–1557)はスウェーデン人牧師であり、スウェーデン外交官の肩書きでローマに赴任していた。ただし、実際には兄の大司教ヨハネス (Johannes Magnusと同様、スウェーデン王グスタフ1世による宗教改革によって、ローマに追放された身分であった。オラウス・マグヌスはこの地図の製作に12年を費やし、最初の版は1539年ヴェネツィアで出版された。しかし、もともと数枚しか刷られていなかったこの地図を、1574年ローマ教皇パウルス3世が10年間の公開禁止を宣言して秘匿してしまい、以後長い間その存在は謎とされてきた。

1886年オスカー・ブレナー(Oscar Brenner)がドイツミュンヘンの王宮国立図書館(Hof- und Staatsbibliothek)で再発見し[2]、現代にまで伝わっている。1961年にはスイスでも発見され、それをスウェーデンのウプサラ大学図書館が買い上げ、その主館であるカロリーナ・レディヴィヴァ (Carolina Redivivaに収められている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]