オラウス・マグヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オラウス・マグヌス(Olaus Magnus、1490年 - 1558年8月1日)は、スウェーデン宗教家歴史学者そして地理学者で、ゴート・ルネサンスに貢献した人物。

来歴[編集]

1490年リンシェーピングのスケーニンゲ生まれ。「偉大な」を意味する、マグヌスという名の通り、名門の貴族の出身。

1510年から1517年まで、ドイツで学問を修める。後に、兄のヨハン同様に、高位聖職者の道を進み、ストレングナス大聖堂のプロボストに任命された。1523年グスタフ1世国王がヨハンをウプサラ大司教に任じ、オラウスはローマの教皇庁へ派遣される。しかしほどなく、スウェーデンに宗教改革の波がおしよせ、ウプサラ大司教のヨハンは、国王による改革を阻止しようとしたが、徒労に終わり、1537年にローマへ赴く。

1544年にヨハンが亡くなり、オラウスがウプサラ大司教に任命されるが、既に大司教の座は形骸化していたため、スウェーデンには戻らず、その後の人生の大部分を、オラウスはローマの聖ビルギッタ修道院で過ごした。1545年から1549年までは、教皇パウルス3世の委任を受け、トレント公会議に出席した。

1558年(一説によれば1557年)8月1日、ローマで没。没後は、サンピエトロ大聖堂の兄の墓の隣に埋葬された[1][2]

カルタ・マリナ[編集]

カルタ・マリナ

オラウスは、ルネサンスにおける、最も重要な地理学者の一人として注目される。

北欧の知識に秀でており、かつ、ヨーロッパ北東部の交通について提唱した最初の人物でもあった彼は、北欧の大地図を制作するにいたり、その地図は、1539年、"Carta marina et descriptio septentrionalium terrarum ac mirabilium rerum" という名前でヴェネツィアで発行された。これにはグリーンランドの南海岸から、バルト海のロシア側沿岸、アイスランド北海の島嶼部、スウェーデンノルウェーデンマークそしてフィンランドまでが網羅されている。この地図は、北欧を客観的に、明確に表現した初めてのものであり、プトレマイオス式の地図をもしのぐものだった。

長い間紛失されたものと考えられていたが、16世紀に入手されたうちの一部が、ミュンヘンのRoyal and National libraryに保管されているのが、1886年に、オスカー・ブレナーにより発見された。

ミュンヘン大学付属図書館にはおおまかな手書きの写しがある。ツェーノ兄弟が、1400年に行ったとされる北方の旅についての書物が、兄弟の子孫であるニコロにより、1558年に出版された時は、この地図が情報源となった。この旅行記は大いに評価されたが、ある時期からは、作り話であると考えられるようになった。セバスチャン・ミュンスターガスタルディ、そしてオルテリウスもこの地図に高い評価を与えた[1]

北方民族文化誌[編集]

グリーンランドの小人族と鶴の戦い

オラウスの他の著作として『北方民族文化誌』がある、22冊にものぼる書籍で、北方の国々の商業や政治、地形、鉱物、生物などが図版付きで紹介されている。また、スウェーデンの聖女ブリジッテの娘であるカタリナの生涯をつづったVita Catharinaeや Vita abbreviata S. Briggitae、兄ジョンと共同で"Historia Gothorum librls XXIV" (1554), "Historia Metropolitana, seu Episcoporum et Archiepiscoporum Upsaliensium" (1557)を発行している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wikisource Catholic Encyclopedia (1913)/Olaus Magnus WIKISOURCE
  2. ^ 北方民族文化誌:Nordica mediaevalis:So-netブログ