プロコピオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カイサレイアのプロコピオスΠροκόπιος, ラテン文字転記:Procopios, 生没年不詳)は、6世紀東ローマ帝国歴史家政治家パレスティナカイサレイアの出身。

プロコピオスはユスティニアヌス1世時代に活躍したベリサリウス将軍の秘書官兼法律顧問として対サーサーン朝戦争、ヴァンダル王国征服戦争、東ゴート王国征服戦争に従軍し、それらの記録を残した。

著作[編集]

著作は『戦史』『建築について』『秘史』である。プロコピオスの文体は古代ギリシアヘロドトストゥキュディデスのものを継承しており、東ローマ帝国初期の歴史書としては最高のものであると評価されている。

『戦史』全8巻は上記の戦いを記録したものである。『建築について』は、ハギア・ソフィア大聖堂再建などに見られるユスティニアヌスの建築活動を賛美したものである。『秘史』はその名の通り公開を前提としていたものではなく、もちろん生前には公開されていないプロコピオスの秘密ノートである。この『秘史』では、上記の2つの書物でユスティニアヌスの古代ローマ帝国復興や建築活動を賛美していたはずのプロコピオスが、ユスティニアヌス・テオドラ夫妻やベリサリウス・アントニナ夫妻の悪口やスキャンダルを書き連ねている。そのため、かつては別の人物の作品ではないかと思われていたが、研究の結果これもプロコピオスの手によるものだと確認されている。『秘史』は、市民の反乱を武力で平定し、専制君主制を強化したユスティニアヌス帝治下の知識人が置かれた、表立って皇帝を批判できない立場を反映していると言えるだろう。これによって当時の帝国とユスティニアヌス帝の実像を知る上で貴重な資料が遺されたのである。