ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガーディアンズ・オブ・
ギャラクシー:リミックス
Guardians of the Galaxy Vol. 2
監督 ジェームズ・ガン
脚本 ジェームズ・ガン
原作 ダン・アブネット
アンディ・ランニング
製作 ケヴィン・ファイギ
出演者 クリス・プラット
ゾーイ・サルダナ
デイヴ・バウティスタ
ヴィン・ディーゼル
ブラッドリー・クーパー
マイケル・ルーカー
カレン・ギラン
ポム・クレメンティエフ
エリザベス・デビッキ
クリス・サリヴァン英語版
ショーン・ガン英語版
シルベスター・スタローン
カート・ラッセル
音楽 タイラー・ベイツ
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年5月5日
日本の旗 2017年5月12日
前作 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(シリーズ前作)
ドクター・ストレンジマーベル・シネマティック・ユニバース前作)
次作 スパイダーマン:ホームカミング(マーベル・シネマティック・ユニバース次作)
テンプレートを表示

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス[1](ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス、原題: Guardians of the Galaxy Vol. 2)は、マーベル・コミック同名のスーパーヒーローを題材とし、マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給したアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。

2014年の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編でシリーズ第2作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第15作品目の映画である。

ストーリー[編集]

前作でロナンを打倒し宇宙に名前が知れ渡った『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、ピーター・クイル、ガモーラ、ドラックス、ロケット、ベビー・グルートの5人はソヴリン人、アイーシャの依頼で彼らが重宝しているアニュラクス・バッテリー関連の施設を宇宙怪獣アビリスクから守る仕事を行う。見事にアビリスクを倒したクイル一行は報酬として前作において行方をくらましていたガモーラの妹であるネビュラの身柄を受け取る。クイルらはバッテリーを狙ってソヴリン人に捕縛されていたネビュラを惑星ザンダーに移して懸けられている報奨金を手に入れる算段だった。ソヴリンの惑星から宇宙船ミラノに乗って去ろうとするクイル達だったが、ロケットがバッテリーの窃盗を行っていたことが発覚しソヴリン人の艦隊が襲い掛かる。ミラノは大破し、絶体絶命に追い込まれるクイル達だったがそこを小型の宇宙船に助けられる。

ミラノをなんとか別の惑星に不時着させたクイル達の前に降りた小型の宇宙船から現れたのはクイルの父を名乗るエゴという男とその世話係のマンティスだった。エゴは天界人という神に近い人物であり、数百万年という時を重ねて自身を惑星に進化させ、他の生命体を探すために人間の形態である分身を作って地球を含めた様々な惑星を旅していたという。当初はエゴの言葉を信用しきれなかったクイルだったが兎に角エゴ自身という彼の惑星にガモーラ、ドラックスと共に向かい、そこでクイルは天界人の能力の片鱗を見せエゴが自分の父親であることを確信する。

一方、不時着したミラノの修理のために残されていたロケット一行の元にアイーシャからの依頼を受けて襲撃にきたヨンドゥ・ウドンタ率いるラヴェジャーズ一味が現れロケットは防戦するが捕縛される。ところがそこでラヴェジャーズのテイザーフェイス率いる一派がヨンドゥらに反旗を翻す。彼らはラヴェジャーズの裏切者であるクイルに対するヨンドゥの甘い扱いに不満を持っていたのだ。膠着状態になったラヴェジャーズ一行だったがにベビー・グルートを唆して拘束を解いていたネビュラがヨンドゥを銃撃。自慢の矢のコントロール装置を破壊されたヨンドゥが敗北したことでラヴェジャーズはテイザーフェイス一派の物になってしまう。ネビュラはヨンドゥを倒した礼として宇宙船を1隻受け取るとガモーラへの復讐のためにエゴの惑星に単身向かう。テイザーフェイスはヨンドゥ派のラヴェジャーズのメンバーの一部を抹殺すると捕縛したヨンドゥとロケットを引き渡して懸賞金を得ようとするが、残っていたヨンドゥ派のクラグリンとベビー・グルートによってヨンドゥとロケットは脱出。ヨンドゥは試作の矢のコントロール装置を新たに取り付け、ロケット達と協力してテイザーフェイス一派を粛清するとエゴの本性を知っていた彼はエゴの惑星に向かう・・・・・・。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え[2]

ピーター・クイル / スター・ロード
演 - クリス・プラット山寺宏一[3]
ガモーラ
演 - ゾーイ・サルダナ朴璐美[3]
ドラックス
演 - デイヴ・バウティスタ楠見尚己[3]
ベビー・グルート
声 - ヴィン・ディーゼル遠藤憲一[4]
ロケット
声 - ブラッドリー・クーパー加藤浩次極楽とんぼ[3]
ヨンドゥ・ウドンタ英語版
演 - マイケル・ルーカー立木文彦[3]
ネビュラ
演 - カレン・ギラン森夏姫[3]
マンティス英語版
演 - ポム・クレメンティエフ秋元才加[5]
アイーシャ英語版
演 - エリザベス・デビッキ魏涼子
テイザーフェイス英語版
演 - クリス・サリヴァン英語版廣田行生
クラグリン英語版
演 - ショーン・ガン英語版土田大
スタカー・オゴルド英語版
演 - シルベスター・スタローンささきいさお[6]
エゴ英語版
演 - カート・ラッセル金尾哲夫
タルク
演 - トミー・フラナガン隈本吉成
メレディス・クイル
演 - ローラ・ハドック宮島依里
少年期のクイル
演 - ワイアット・オレフ
クイルの祖父
演 - グレッグ・ヘンリー
ハワード・ザ・ダック
声 - セス・グリーン(カメオ出演)(伊丸岡篤
マルティネックス英語版
演 - マイケル・ローゼンバウム(カメオ出演)(椙本滋
チャーリー27英語版
演 - ヴィング・レイムス(カメオ出演)(藤井隼
アリータ英語版
演 - ミシェル・ヨー(カメオ出演)(きそひろこ
メインフレーム
声 - マイリー・サイラス(カメオ出演)
グランドマスター英語版
演 - ジェフ・ゴールドブラム(カメオ出演)
デビッド・ハッセルホフ
演 - デビッド・ハッセルホフ(本人役でカメオ出演)(ささきいさお)
宇宙飛行士
演 - スタン・リー(カメオ出演)(高桑満

脚注[編集]

  1. ^ “「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編の邦題は“リミックス”!5月に日本公開”. 映画ナタリー. (2016年12月14日). http://natalie.mu/eiga/news/213122 2016年12月14日閲覧。 
  2. ^ “話題のふきカエ ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス”. ふきカエル大作戦!!. (2017年5月12日). http://www.fukikaeru.com/?p=6745 2017年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編、山寺宏一や加藤浩次ら吹替キャスト続投”. 映画ナタリー. (2017年3月1日). http://natalie.mu/eiga/news/222671 2017年3月1日閲覧。 
  4. ^ 遠藤憲一「最大限の可愛らしさを込めて」ベビー・グルートの日本語吹き替え担当”. 映画.com (2017年2月23日). 2017年2月23日閲覧。
  5. ^ “秋元才加が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編の新キャラ吹替を担当”. 映画ナタリー. (2017年3月28日). http://natalie.mu/eiga/news/226211 2017年3月28日閲覧。 
  6. ^ “「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」続編にスタローンが出演!予告編も公開”. 映画ナタリー. (2017年3月22日). http://natalie.mu/eiga/news/225416 2017年3月22日閲覧。 

外部リンク[編集]