D-BOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

D-BOXとは、映画のシーン・モーションにシンクロ(連動)して、シート(座席)が前後・上下・左右に動いたり振動したりする設備

概要[編集]

D-BOXはカナダのD-Box社が開発した。日本では、2010年3月にアジア初のD-BOXがワーナー・マイカル・シネマズ大高(現・イオンシネマ大高)に13台設置された[1]。 海外では、北米を中心に映画館での導入が進んでいる。

日本における主な導入劇場[編集]

主な導入作品[編集]

洋画
邦画

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ワーナー・マイカルの新3Dシアター、D-BOX技術を採用した動く座席を日本初導入