ハワード・ザ・ダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハワード・ザ・ダックHoward the Duck)は、マーベル・コミックの世界に登場する架空のキャラクター、及びそれを主人公としたアメリカン・コミック作品である。スティーヴ・ガーバーヴァル・メイエリックによって創造された。初登場はAdventure into Fear #19 (1973)

概要[編集]

日本では、ジョージ・ルーカスによって製作された同名の映画作品が有名だが、内容や設定などは大きく異なる。

あらすじ[編集]

水鳥が知的生命体に進化した別次元の惑星の出身。ある時トグ・ザ・ネザースポーン(Thog the Nether-Spawn)の魔術に巻き込まれ、ハワードは地球のフロリダに落下。元の世界に戻るため、ジェニファー・ケイルや沢地の番人マン・シングと共にリージョン・オブ・ナイトを結成しトグと戦った。トグとの戦いに勝利し帰還を試みるが失敗。今度はオハイオ州クリープランドに落下。クリープランドでは仕事も家もうまく見つけられなかったが、元絵画モデルであり女優のビバリー・スウィッツラーを悪党から救い出した後、相思相愛となったビバリーと共に人とアヒルの共同生活を開始する。その後もミュータントハンターに狙われた若いミュータントを助け友情を結んだりした。

シビル・ウォーでは超人登録法に従うことを選んだが、いざ登録しようとしたら超人(ヒーロー)として認識されていなかったことが判明する。シークレット・インベージョンでも地球に襲来するスクラル軍に果敢に立ち向かっている。

日本語版[編集]

ヴィレッジブックスより発売されているデッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバースでデッドプールに丸焼きにされてしまっている。同社より発売されているシークレット・インベージョンでは数多くのヒーローに紛れて登場している。

映画版[編集]

マーベル・シネマティック・ユニバースへの参入[編集]

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』のコレクターの収集物の一つとして登場し[1] 、ラストでは家を荒らされたコレクターの前に現れて酒を飲んだ[2]。この時セス・グリーンがハワードの声を当てた。

関連項目[編集]

ロケットラクーン - ハワードと同じ動物型のヒーロー

脚注[編集]

  1. ^ Lussier, Germain (2014年7月29日). “James Gunn and Kevin Feige Tease ‘Guardians of the Galaxy’ Easter Eggs”. /Film. 2014年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月3日閲覧。
  2. ^ Webb, Charles (2014年8月1日). “WHO WAS THAT VOICE IN THE GUARDIANS OF THE GALAXY END CREDITS SCENE? [MASSIVE SPOILERS]”. Nerdist. 2014年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月2日閲覧。