2013年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

< 2013年

2012年の航空 - 2013年の航空 - 2014年の航空

2013年の航空(にせんじゅうさんねんのこうくう)とは、2013年平成25年)に起こった航空関係の予定をまとめたページである。

出来事の一覧[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月6日
  • 3月7日
  • 3月21日
  • 3月24日
    • (レベル増加) 新千歳空港の発着枠調整が必要となる「レベル2」の混雑空港に変更。理由は、格安航空会社の新規就航による発着枠の混雑が見込まれているため。現在就航している航空会社や、今後就航予定の航空会社について、国際線発着調整事務局が調整を行う。なお、発着枠の調整は国際航空運送協会 (IATA) が3段階のレベルで混雑度合いをガイドラインで定め現在、成田国際、東京国際(羽田)の両空港は混雑度合いの最も高い「レベル3」で、それに次ぐ混雑の「レベル2」は関西国際中部国際福岡の3空港がそれぞれ指定されている。
  • 3月30日
    • (機材退役) 日本航空(東京都品川区東品川)が、マクドネル・ダグラスMD-90型機退役。最終フライトは、1614便・広島発東京/羽田行き。当機材は、1996年4月1日に初就航し、当日に広島空港に飛来した。約17年間、日本の空で活躍し、最終フライトも広島発着便となった。
    • (運休) 全日本空輸が、東京/成田 - ソウル/仁川線 (1日1便) を運休。
  • 3月31日
    • (ダイヤ変更) 本日から航空ダイヤが「夏季ダイヤ」に変更。
    • (規制緩和) 成田国際空港で、規制されていた、離着陸時間を、「6:00-23:00」から「6:00-24:00 (翌0:00)」に1時間 延長。ただし、他空港や当空港の悪天候による遅延など止むを得ない理由・低騒音機、の2つの条件を満たし、更に着陸料と同額の割増金を徴収した上での認可となっている。
    • (オープンスカイ) 成田国際空港でオープンスカイ協定が、本日から発効。これにより、日本国内の空港では、東京国際空港(羽田空港)以外の全ての空港で発効された。
    • (運休) スカイマーク(東京都大田区)が、大阪/関西 - 札幌/新千歳線 (1日2便) ・沖縄/那覇線 (1日2便) をそれぞれ運休。これに伴い、関西国際空港から完全撤退。また、沖縄/那覇 - 宮古線 (1日3便) も一時運休。
    • (就航開始&運航再開) 日本航空が、東京/羽田 - 名古屋/中部線を1日1便で就航開始。大阪/伊丹 - 松山線 (1日3便) ・函館線 (1日1便) ・三沢線 (1日1便) をそれぞれ運航再開。
    • (就航開始&運航再開) 全日本空輸が、東京/成田 - 広島線 (1日1便) ・札幌/新千歳 - 秋田線 (1日2便) をそれぞれ就航開始。東京/羽田 - 石垣線 (1日1便) ・沖縄/那覇 - 長崎線 (1日1便) ・阿蘇くまもと線 (1日1便) をそれぞれ運航再開。
    • (就航開始) 格安航空会社のジェットスター・ジャパン千葉県成田市)が、東京/成田 - 大分線、名古屋/中部 - 札幌/新千歳線・福岡線 (いずれも1日2便) をそれぞれ就航開始。
    • (就航開始&ハブ化) 格安航空会社のエアアジア・ジャパン(現・バニラ・エア)(千葉県成田市)が、名古屋/中部 - 福岡線を1日1便で就航開始。同時に、中部国際空港(セントレア)を第2ハブ空港に指定。
    • (就航開始) フジドリームエアラインズ静岡県静岡市清水区)が、名古屋/小牧 - 高知線を1日1便で就航開始。
    • (就航開始) AIRDO(北海道札幌市中央区)が、東京/羽田 - 釧路線を1日2便、札幌/新千歳 - 岡山線を1日1便でそれぞれ就航開始。
    • (路線変更) 大韓航空が、ソウル/仁川 - 東京/成田 - ロサンゼルス線 (1日1便) をソウル/仁川 - 東京/成田 - ホノルル線 (1日1便) に路線変更。
    • (廃港) 枕崎飛行場鹿児島県枕崎市)が、廃港。枕崎飛行場は、1991年1月に、日本初の「コミューター空港」として開港してから、22年程の運用で廃港となった。なお、廃港後も「ヘリポート」としての機能は残る。

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月1日
  • 5月2日
    • (就航開始) エバー航空が、旭川 - 台北/桃園線を週3便 (火・木・土) で就航開始[5]
  • 5月14日
    • (引き渡し再開) ボーイング社(アメリカ・シカゴ)が、ボーイング787-8型機の引き渡しを再開。第1号機は、全日本空輸の18号機として納入[6][7]
  • 5月15日
  • 5月20日
    • (運航再開) ユナイテッド航空(アメリカ・シカゴ)が、ボーイング787-8型機の運航を再開。航空会社としては、エチオピア航空・カタール航空・エア・インディアに次いで4社目。初便は、ヒューストンシカゴ行き[10][11]
  • 5月下旬 (日にち不明)
    • (運航再開) ラン航空チリサンティアゴ)が、ボーイング787-8型機の運航を再開。航空会社としては、エチオピア航空・カタール航空・エア・インディア・ユナイテッド航空に次いで5社目。
  • 5月23日
  • 5月25日
  • 5月26日
    • (運航再開) 全日本空輸が、ボーイング787-8型機の運航を再開。航空会社としては、エチオピア航空・カタール航空・エア・インディア・ユナイテッド航空・ラン航空に次いで6社目。初便は、札幌/新千歳発東京/羽田行き(臨時便)。なお、定期便については6月1日の東京/羽田発フランクフルト行きで営業運航再開[15][16]
  • 5月30日
    • (運休) デルタ航空(アメリカ・アトランタ)が、東京/成田 - ソウル/仁川線 (1日1便) を運休。
    • (受領) トムソン航空イギリスロンドン)が、最新鋭機のボーイング787-8型機を初めて受領。これによって、全日本空輸、日本航空、エチオピア航空、ラン航空、エア・インディア、ユナイテッド航空、LOTポーランド航空、カタール航空に次いで世界で9社目の受領となった[17]
  • 5月31日
    • (就航開始) 格安航空会社のジェットスター・ジャパンが、東京/成田 - 鹿児島線、名古屋/中部 - 鹿児島線 (いずれも週11便 1日1便・月・金・土・日) をそれぞれ就航開始。
    • (受領) 中国南方航空(中国・広州市)が、最新鋭機のボーイング787-8型機を初めて受領。これによって、全日本空輸、日本航空、エチオピア航空、ラン航空、エア・インディア、ユナイテッド航空、LOTポーランド航空、カタール航空、トムソン航空に次いで世界で10社目の受領となった[18][19]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月1日
    • (コードシェア開始) 北海道エアシステム(北海道札幌市東区)と日本航空が、コードシェアを開始。コードシェアは、北海道エアシステムが運航する全5路線で実施[38]
    • (就航開始) 北海道エアシステムが、札幌/丘珠 - 三沢線を1日1便で就航開始[39]
    • (就航開始) 日本航空が、東京/成田 - ヘルシンキ線を1日1便で就航開始。機材は、ボーイング787-8型機[40]
    • (運航再開) スカイマークが、東京/羽田 - 旭川線を1日1便で運航再開。また、沖縄/那覇 - 茨城線 (1日1便) を大阪/神戸経由から直行便化[41]
  • 7月3日
    • (就航開始) 格安航空会社のエアアジア・ジャパン(現・バニラ・エア)が、東京/成田 - 台北/桃園線を1日1便で就航開始[42][43][44]
    • (運航再開) 中国国際航空(中国・北京市)が、沖縄/那覇 - 北京/首都線を週2便 (水・土) で運航再開[45]
    • (就航開始) マンダリン航空(台湾・台北市)が、石垣 - 台北/桃園線を週2便 (水・土) で就航開始[46]
  • 7月4日
    • (就航開始) 格安航空会社 のチェジュ航空(韓国・済州市)が、東京/成田 - ソウル/仁川線を1日2便で就航開始[47]
    • (受領) 海南航空(中国・海口市)が、最新鋭機のボーイング787-8型機を初めて受領。これによって、昨年までに受領した8社、トムソン航空、中国南方航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ノルウェー・エアシャトルに次いで世界で13社目の受領となった[48]
    • (受領) ブリティッシュ・エアウェイズが、エアバスA380型機を受領。世界で9社目の導入航空会社となった(シンガポール航空・エミレーツ航空・カンタス航空エールフランスルフトハンザドイツ航空・大韓航空・タイ国際航空・マレーシア航空)[49]
  • 7月6日
  • 7月10日
    • (就航開始) スカイマークが、新石垣空港発 沖縄/那覇線 (1日4便) 、東京/成田線、大阪/神戸線 (それぞれ1日1便) をそれぞれ就航開始[50]
  • 7月24日

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月11日
    • (就航開始) アジア・アトランティック・エアラインズが、大阪/関西 - バンコク/スワンナプーム線を1日1便で就航開始。
  • 9月13日
    • (就航開始) 格安航空会社のPeach Aviationが、大阪/関西 - 釜山線・沖縄/那覇 - 石垣線をそれぞれ1日1便で就航開始[60]
  • 9月20日
    • (就航開始) 格安航空会社のPeach Aviationが、沖縄/那覇 - 台北/桃園線を1日1便で就航開始[61]
  • 9月25日
  • 9月26日
    • (就航開始) 復興航空(トランスアジア航空)が、東京/成田 - 台北/桃園線を1日1便で就航開始[62][63]
  • 9月30日
    • (廃止&減便) 格安航空会社のエアアジア・ジャパン(現・バニラ・エア)が、東京/成田発着の沖縄/那覇線 (1日1便) を廃止。札幌/新千歳線 (1日3便→1便) を減便。

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出典を見る限り、「2013年11月30日まで運休中」となっているが、同年12月1日以降もまったく運航が再開されていないため事実上の運休となったものと思われる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ B737型、着陸失敗し海へ突っ込む バリ島・死者なし 朝日新聞 2013年4月13日付
  2. ^ イスラエル政府、EUとの「オープンスカイ」協定を承認 AFPBB 2013年4月22日付
  3. ^ エチオピア航空、世界初のB787運航再開 トムソン・ロイター 2013年4月29日
  4. ^ カタール航空、ドーハ発ドバイ行きで787の営業運航を再開 FlyTeam
  5. ^ 岡山、旭川=台北路線の開設および函館=台北路線の増便について
  6. ^ ボーイング、787のデリバリーを再開 ANA向けのJA818A FlyTeam
  7. ^ ボーイングがB787の納入再開、全日空に 産経新聞 2013年5月15日
  8. ^ エア・インディア、B787型機の運航を15日に再開=民間航空相 ロイター 2013年5月14日
  9. ^ エア・インディア、5月15日から787の営業運航を再開へ FlyTeam
  10. ^ 787運航再開を前倒し=米ユナイテッド、20日に 時事通信 2013年5月9日
  11. ^ ユナイテッド、5月20日から787の運航再開 成田/デンバー線は6月10日 FlyTeam
  12. ^ 復興航空、5月23日から石垣/台北線に就航 FlyTeam
  13. ^ ボーイング787 中国進出許可を取得 人民網日本語版 2013-05-24
  14. ^ 中国民用航空局、787型式証明を交付 近く中国南方と海南航空へ
  15. ^ ANA、B787の定期運航を6月1日から再開 ロイター 2013年5月9日
  16. ^ 5月の東京(羽田)-札幌(千歳) 臨時便設定のご案内 ANA 2013年5月23日付
  17. ^ ボーイング、イギリスで初めての787をトムソン航空にデリバリー
  18. ^ 787、中国に初納入=米ボーイング Yahoo! Japan ニュース BUSINESS 2013年6月1日付
  19. ^ ボーイング、中国南方航空に787をデリバリー 中国では初
  20. ^ JAL、6月1日から787型機の運航再開へ…成田〜ヘルシンキを7月1日就航 Response 2013年5月1日
  21. ^ LOTポーランド航空、6月5日から787の運航再開を発表 FlyTeam
  22. ^ LOTポーランド、787で運航再開 787保有の全8社が再投入完了
  23. ^ 中国貨運航空、スカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟
  24. ^ ユナイテッドがB787の運航再開前倒し 今月20日から米国内線で 産経新聞 2013年5月9日
  25. ^ エアバス、新型機「A350XWB」の初飛行に成功 CNN 2013年6月15日
  26. ^ A350 XWBの初飛行 離陸シーン 【動画】
  27. ^ 大阪(関西)-石垣線の運航を開始 Peach・Aviation 2013年6月14日付
  28. ^ EVA AIR JOINS THE STAR ALLIANCE NETWORK”. スターアライアンス (2013年6月18日). 2013年6月18日閲覧。
  29. ^ エバー航空がスターアライアンスに加盟”. 全日本空輸 (2013年6月18日). 2013年6月18日閲覧。
  30. ^ 米ボーイング 、787型機大型版を正式ローンチ ロイター 2013年6月18日付
  31. ^ 札幌-神戸線の就航および札幌-仙台線の増便について AIRDO 2012年12月26日付
  32. ^ ANA、エアアジアとの共同事業解消を正式発表
  33. ^ エアアジアもANAとの提携解消を発表 9月からA320返却へ
  34. ^ ブリティッシュ・エアウェイズ、787とA380の受領日を発表
  35. ^ ブリティッシュ・エアウェイズ、初の787を受領
  36. ^ ブリティッシュ・エアウェイズ、787はトロント、ニューアーク線に投入
  37. ^ リース会社ILFCへ初の787 ノルウェー・エアシャトルへ引き渡し
  38. ^ 北海道エアシステムと日本航空のコードシェア(国内線共同運航)を開始
  39. ^ 【7/1〜】三沢(八戸)線就航決定!! 5/1ご予約開始
  40. ^ JALグループ、2013年度の国際線路線便数計画(2013年6月1日以降)について 日本航空 (JAL) 2013年4月30日付
  41. ^ 2013年7月1日〜7月9日期間の運航ダイヤについて〜「羽田‐旭川線」を運航、「茨城‐那覇線」を直行便にて運航〜
  42. ^ 東京(成田)=台北(桃園)線の就航を発表 エアアジア・ジャパン 2013年5月10日付
  43. ^ エアアジア・ジャパン、7月3日から成田/台北線に就航 正式発表 FlyTeam
  44. ^ エアアジア・ジャパン、成田/台北線に就航
  45. ^ 中国国際航空、那覇/北京線の運航を再開 週2便
  46. ^ マンダリン航空、7月3日から石垣/台北線に就航
  47. ^ チェジュ航空、成田/仁川線に就航 3社目のLCC
  48. ^ 海南航空、初の787を受領 北京/海口線に就航へ
  49. ^ ブリティッシュ・エアウェイズ、初のA380を受領
  50. ^ 2013年7月10日〜7月31日期間運航ダイヤについて 新路線「那覇-石垣線」「成田-石垣線」「神戸-石垣線」「羽田‐宮古線(乗継便)」「羽田-石垣線(乗継便)」を就航
  51. ^ ジンエアー、7月24日から長崎/仁川線に就航 週3便
  52. ^ 【北九州空港発着】 グアム チャーターフライト 好評発売中!!! スターフライヤー 2013年6月12日付
  53. ^ 沖縄で米軍ヘリ墜落、炎上 キャンプ・ハンセン内 朝日新聞デジタル 2013年8月5日付
  54. ^ UPS貨物機が墜落、乗員2人死亡 米アラバマ州 CNN 2013-8-15配信
  55. ^ アエロメヒコ航空、初の787を受領 10月に成田線に投入へ FlyTeam 2013年8月17日付
  56. ^ HISなど設立 航空会社「AAA」機が成田に 読売新聞 2013年8月21日付
  57. ^ 【エアアジア保有機材の一部返却に伴う欠航について】 facebook 2013年7月26日付
  58. ^ 子会社LCC、11月に運航休止=路線も全面見直し―ANAHD YAHOO! JAPAN ニュース 2013年7月26日付
  59. ^ 9月から一部欠航=機材返却で―エアアジア・ジャパン YAHOO! JAPAN ニュース BUSINESS 2013年7月26日付
  60. ^ 格安航空ピーチ きょう釜山-大阪線就航 聯合ニュース 2013年9月13日付
  61. ^ ピーチ、9月20日に那覇/台北線に就航へ 那覇第2拠点化を進める FlyTeam 2013年7月31日付
  62. ^ 【台湾】復興航空、9月に成田便就航 Yahoo! Japan ニュース BUSINESS 2013年7月12日付
  63. ^ 復興航空、9月26日から成田/台北・桃園線に就航を正式発表 FlyTeam 2013年7月31日付
  64. ^ スターフライヤー 関西-福岡線 就航記念キャンペーン スターフライヤー
  65. ^ スターフライヤー、関西/福岡線の記念運賃1,000円 サービスもアピール Fly Team 2013年7月30日付
  66. ^ ラン・コロンビア、10月からワンワールドに加盟 アフィリエイトで FlyTeam 2013年9月5日付
  67. ^ エジプト航空、関西/カイロ線を10月中旬から運休へ FlyTeam 2013年9月17日付
  68. ^ マレーシア航空、10月末から成田/コタキナバル線を再開 関空線は運休 FlyTeam 2013年8月2日付
  69. ^ ウラジオストク航空、成田発着ウラジオストク、ハバロフスク線を運休へ FlyTeam 2013年10月13日付
  70. ^ ウズベキスタン航空、成田/タシュケント線を運休 FlyTeam 2013年10月5日付
  71. ^ 【オーストラリア】NZ航空、9月30日から関空便の運航を停止へ NNA.ASIA 2013年5月16日付
  72. ^ ピーチ、関西/成田線に就航 10月27日から
  73. ^ 中国国際航空、10月下旬から仙台/上海/北京線を運休 FlyTeam 2013年9月12日付
  74. ^ ユナイテッド航空、成田/香港線の1日1往復便を運休へ FlyTeam 2013年9月10日付
  75. ^ 中国南方航空、10月28日から福岡/広州線を再開 FlyTeam 2013年9月12日付
  76. ^ 成田 - コタキナバル路線運航再開のご案内 マレーシア航空
  77. ^ ジェットスター、11月から関西/シンガポール線を運休 FlyTeam 2013年9月7日付
  78. ^ カタール航空、10月30日にワンワールド加盟へ FlyTeam 2013年9月9日付
  79. ^ 2013年11月5日〜11月30日期間 運航ダイヤの変更について スカイマーク 2013年9月3日付
  80. ^ スカイマーク、11月5日から30日まで成田/福岡線を運休 FlyTeam 2013年9月6日付
  81. ^ スカイマーク、11月5日より東京/成田〜福岡を運休、神戸〜鹿児島線を減便! Traicy 2013年9月5日付
  82. ^ 香港エクスプレス、羽田・関空線の運航スケジュールを発表 FlyTeam 2013年9月12日付
  83. ^ 10月に運航再開へ=関空・ジャカルタ線―ガルーダ航空 時事通信 2013年4月12日付
  84. ^ ガルーダ、関西/ジャカルタ線は月、火、木、土に運航 FlyTeam
  85. ^ ガルーダ・インドネシア、関空/ジャカルタ線の就航を発表 11月から FlyTeam 2013年8月1日付
  86. ^ マンダリン航空、11月27日から関西/台中線に就航 FlyTeam 2013年11月2日付
  87. ^ 深セン空港の新ターミナルビルが営業開始 人民網日本版 2013-11-29
  88. ^ アメリカン航空、羽田/JFK線を再び運休へ 12月から FlyTeam 2013年10月17日付
  89. ^ 関西国際空港の国際定期便運航計画について (2013 年冬期スケジュール) 新関西国際空港株式会社 2013年10月23日付
  90. ^ ただし、2012年8月10日15日の間にシンガポール航空シンガポール線の一時的な機材変更によるエアバスA380型機の就航はある。
  91. ^ タイ国際航空、仙台/バンコク線の定期便就航へ
  92. ^ タイ国際航空、仙台/バンコク線の新規就航を正式発表 FlyTeam 2013年8月6日付
  93. ^ <米航空合併> アメリカンとUSエア 世界最大規模に 毎日新聞 2013年11月13日付
  94. ^ <米航空大合併> アメリカン+エアウェイズ 12月実現へ 毎日新聞 2013年11月13日付
  95. ^ アメリカン航空、12月9日に新生「アメリカン航空」に FlyTeam 2013年11月28日付
  96. ^ アメリカン航空とUSエアウェイズ、合併手続きが完了 単一運航の準備へ FlyTeam 2013年12月9日付
  97. ^ 就航準備中のリンク、自己破産申請へ 約22億円調達できず 負債9億円 FlyTeam 2013年12月10日付
  98. ^ ジェットスター・ジャパン、2013年冬期運航スケジュール 〜高松路線販売開始セールは459円から〜 ジェットスター・ジャパン 2013年8月21日付
  99. ^ ジェットスター・ジャパン、成田/高松線に就航 FlyTeam 2013年12月10日付
  100. ^ エバー航空、成田/高雄線に就航へ FlyTeam 2013年9月17日付
  101. ^ 佐賀県、佐賀空港の国際線専用施設をオープン FlyTeam 2013年12月18日付
  102. ^ 新路線就航計画について 「米子-成田線」「米子-神戸線」「米子-茨城線(経由便)」 スカイマーク 2013年9月18日付
  103. ^ バニラエア 2013年12月20日より運航開始! 航空券の販売は、2013年11月1日12:00から バニラ・エア(発表当時・エアアジア・ジャパン) 2013年9月30日付
  104. ^ ティーウェイ航空、佐賀/仁川線の開設を申請 12月20日就航へ FlyTeam 2013年8月31日付
  105. ^ 《福岡-瀋陽》2013年12月21日より運航再開のお知らせ 中国南方航空 2013年10月14日付
  106. ^ ティーウェイ航空、新千歳/仁川線に就航 12月23日から FlyTeam 2013年10月2日付
  107. ^ 愛別飛行場、12月31日に供用廃止へ FlyTeam 2013年12月26日付

外部リンク[編集]