2001年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2001年 社会 0 政治/経済//労働/教育/交通
文化・芸術 0 映画日本公開)/音楽/日本のテレビ
ラジオ/芸術/文学/出版/スポーツ
科学・技術 0 科学/気象・地象・天象/台風/鉄道/航空
地域 0 日本/日本の女性史

< 2001年

2000年の航空 - 2001年の航空 - 2002年の航空

航空に関する出来事[編集]

スホーイ80
テロ攻撃で炎上した世界貿易センタービル
  • 1月4日 - アメリカ等の技術協力を受け開発されたインドの国産戦闘機、テジャス(Tejas)が初飛行した。
  • 2月 - MD-11の生産が終了する。
  • 3月29日 - ボーイングの副社長で同民間航空機部門CEOのアラン・ムラリーが高速・長距離旅客機の構想を発表。後日、ソニック・クルーザーと命名される。カナード付きの斬新な機体形状で、巡航マッハ数は0.95またはそれ以上という意欲的なプログラムだったが、2002年12月20日に計画中止が発表された。
  • 4月24日 -無人偵察機、RQ-4 グローバルホークがアメリカのエドワーズ空軍基地からは、無給油、無着陸でオーストラリアまで23時間23分で飛行した。無人機の最長飛行記録となった。
  • 6月12日 - カナダの格安航空会社Jetsgoが運行を開始した。
  • 9月4日 - ロシアの双発STOL双胴機輸送機スホーイ80が初飛行した。
  • 9月11日 - アメリカ同時多発テロ事件
4機の旅客機が、モハメド・アタを中心とするアラブ系のグループによってほぼ同時にハイジャックされ、ニューヨーク世界貿易センターに突入した。無差別テロ事件の犠牲者は、すべての死者を合計すると2,973人とされている。

2001年に初飛行した機体の画像[編集]

航空に関する賞の受賞者[編集]

関連項目[編集]