1947年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1947年

1946年の航空 - 1947年の航空 - 1948年の航空

航空に関する出来事[編集]

  • 1月26日 - KLM航空のDC-3 "Dakota"号が、コペンハーゲンから離陸後墜落し、スウェーデンの王族グスタフ・アドルフを含む22人が死亡した。
  • 3月14日 - サウジ・アラビア航空が運用を開始した。
  • 4月4日 - 国際民間航空機関(International Civil Aviation Organisation)が発足した。
  • 5月28日 - アルヒープ・リューリカの設計した出力940 kg/sのターボジェットエンジンTR-1を搭載した試作戦闘機Su-11(LK)が900 km/hの飛行速度を記録した。
  • 5月28日 - British South American Airways が、アゾレス島上空で空中給油を行い、ロンドンからバーミューダまでの無着陸飛行を行った。
  • 6月7日 - ソビエトのオリガ・ヤムシチコワがソ連女性として初めて、ジェット機のMiG-9に搭乗した。
  • 6月19日 - アルバート・ボイド(Albert Boyd)が、ロッキード P-80で1,003 km/hの公認速度記録を樹立した。
飛行中のベル X-1
ヒューズ H-4
  • 7月3日 - フィリピン空軍が創立された。
  • 7月27日 - イギリスで最初に設計され、英国空軍に就役したヘリコプター、ブリストル シカモアが初飛行した。
  • 8月1日~2日 - オルバート・F・ラシター (Olbert F. Lassiter)の指揮するB-29Pacusan Dreamboatが、無給油で9,002マイルの長距離飛行記録と、5,000kmと10,000kmの距離の速度記録を記録した[1]
  • 8月9日 - アルゼンチン最初のジェット戦闘機I.Ae. 27 プルキー Iが初飛行した。
  • 8月10日 - ブリティッシュ・ヨーロッパ・エアウェイズが、貨物専用定期便の運行を始める。
  • 8月20日 - マリオン・カールの操縦するダグラス スカイストリークが、1,031 km/hの速度記録を樹立。
  • 8月25日 - ターナー・キャドウェルの操縦する、ダグラス スカイストリークが、1,047 km/hの速度記録を樹立。
  • 9月17日 - アメリカ空軍が、陸軍から独立する。
  • 10月1日 - ロサンジェルス・エアウェイズが、ヘリコプターで郵便貨物の定期運輸を始める。
  • 10月1日 - ジョージ・ウェルチが、XP-86で降下中に音速を突破する。
  • 10月14日 - チャック・イェーガーが、ロケット動力飛行機のベル X-1で水平飛行中に音速突破飛行を行う。
  • 11月2日 - 史上最大の飛行艇、ヒューズ H-4 (Hercules) が初飛行。
  • 12月17日 - アメリカ空軍が運用したジェット推進爆撃機、ボーイング B-47 ストラトジェットが初飛行した。
  • 12月30日 - ミコヤン・グレヴィッチ MiG-15の原型機、I-310が初飛行。

1947年に初飛行した機体の画像[編集]

航空に関する賞の受賞者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BRIGADIER GENERAL OLBERT F. LASSITER”. The official web site of U.S. AIR FORCE. 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月閲覧。

関連項目[編集]