1930年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

< 1930年

1929年の航空 - 1930年の航空 - 1931年の航空

航空に関する出来事[編集]

サヴォイアS64bis
  • 6月 - イタリアのパイロット、アルトゥーロ・フェラーリンSIAI-マルケッティS64bisで8188.8kmの周回距離記録を樹立した。
  • 6月13日 - フランスのパイロット、アンリ・ギヨメが、郵便機ポテーズ 25で92回目のアンデス山脈横断飛行の途中に、悪天候のためアルゼンチン、マンドーサのラグナ・デル・ディアマンテに墜落したが、1週間かけて3つの山を越えて歩いて帰還した。
  • 9月1日 - デュドネ・コストモーリス・ベロントと、パリ - ニューヨーク大西洋逆横断に成功した。ブレゲー19改『ポワン・タンテロガシオン(疑問符)号』でパリのル・ブルジェ飛行場からニューヨークのカーチス飛行場までを37時間18分で飛行した。
  • 10月5日 - イギリスの飛行船、R101がフランスで墜落炎上し、48人の犠牲者を出した。

1930年に初飛行した機体の画像[編集]

航空に関する賞の受賞者[編集]

関連項目[編集]