1957年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

< 1957年

1956年の航空 - 1957年の航空 - 1958年の航空

航空に関する出来事[編集]

  • 1957年 - エクアドルの航空会社、エクアトリアナ航空が設立した。
  • 1月18日 - 3機のアメリカ空軍のボーイング B-52 ストラトフォートレスが無着陸世界一周飛行に成功した。45時間19分の飛行で、平均速度は859 km/hであった。
  • 3月4日〜15日 - アメリカ海軍の飛行船、グッドイヤーZPGがジャック・ハント機長の指揮でマサチューセッツ州サウスウェスト基地からフロリダ州キーウェストまで15,205kmを飛行し、滞空時間264時間12分の記録を樹立した。
  • 3月11日 - フライング・タイガー航空のロッキード スーパーコンストレーションがニュージャージー州のNewarkからカリフォルニア州まで18,937 kgの貨物を運び、商用機の積載量の記録となった。
  • 4月6日 - 破産したギリシャの国営航空T.A.E.を造船王オナシスが再生し、オリンピック航空を設立した。
ビッカース ヴァリアント
XF-103のモックアップ

1957年に初飛行した機体の画像[編集]

航空に関する賞の受賞者[編集]

関連項目[編集]