1916年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1916年 社会 0 政治/経済//労働/教育/交通
文化・芸術 0 映画日本公開)/音楽/日本のテレビ
ラジオ/芸術/文学/出版/スポーツ
科学・技術 0 科学/気象・地象・天象/台風/鉄道/航空
地域 0 日本/日本の女性史

< 1916年

1915年の航空 - 1916年の航空 - 1917年の航空

航空に関する出来事[編集]

ユンカース J1
  • 1月18日 - フーゴー・ユンカースの設計した全金属製(スチール製)で、支柱などのない片持単葉の航空機ユンカース J1が初飛行した。
  • 1月22日 - 大日本帝国陸軍の軍用航空船(初の国産飛行船)、雄飛が、所沢から大阪までの試験飛行を行なった。
  • 1月29日 - ドイツ軍の飛行船2機によるパリの空襲が行われた。
  • 1月31日 - リバプールをドイツ軍の飛行船が空襲し。70人が死亡し、113人が負傷した。爆撃後、スタッフォードシャーの刑事裁判所は、ドイツ皇帝を計画的殺人の罪で有罪の裁定を行った。
  • 3月2日 - ロシアの技術者、ピョートル・イヴァーノフが、自ら改良したヴォワザン機で、飛行を行う。
  • 3月21日 - アメリカの義勇兵7人とフランス人将校から編成された"N 124" 飛行隊が作られた。12月にLafayette Escadrilleとなった。
  • 4月 - フランス"N3"飛行戦隊が、コウノトリのエンブレムを採用した。
ニューポール 17
  • 5月2日 - フランスのニューポール 17が、フランスの戦線に参加した。
  • 5月7日 - ロンドンで、ドイツ軍による夜間空襲が行われた。
  • 5月28日 - イギリスの戦闘機、ソッピース三葉機が初飛行した。
  • 6月13日 - 14機のドイツの爆撃機ゴータによるロンドン空襲が行われ、162人が死亡し、426人が負傷した。
  • 6月18日 - ドイツのエース、マックス・インメルマンが、イギリス軍と空中戦中に戦死した。
  • 6月18日 - Pantinの上空で2機のフランス軍機が衝突し、からみあって墜落したが樹木と家の間にひっかかり乗員4人は無事であった。Pantinの奇跡と呼ばれる。
  • 6月29日 - アメリカ人ウィリアム・ボーイングが設立したPacific Aero Productsが製作した、Boeing B & Wが初飛行した。1917年にBoeing Airplane Companyに改名。
  • 8月 - デ・ハビランド DH4が初飛行した。
  • 9月2日〜3日 - イギリス第39飛行隊のW・レッフェ・ロビンソン中尉が、ドイツの飛行船を初めて撃墜。
ブリストル F.2

1916年に初飛行した機体の画像[編集]

関連項目[編集]