1906年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1906年 社会 0 政治/経済//労働/教育/交通
文化・芸術 0 映画日本公開)/音楽/日本のテレビ
ラジオ/芸術/文学/出版/スポーツ
科学・技術 0 科学/気象・地象・天象/台風/鉄道/航空
地域 0 日本/日本の女性史

< 1906年

1905年の航空 - 1906年の航空 - 1907年の航空

航空に関する出来事[編集]

サントス・デュモンの14-bis
  • 10月23日 - サントス・デュモンがパリで、固定翼動力機 14-bisで60mの公開飛行を行い、フランス飛行クラブが認めた欧州における最初の動力飛行となり、アルシュデック賞を受賞した。
  • 11月11日 - セレスティーノ・ウジュエリとカルロ・クレスピが「ミラノ」号と名付けた気球でミラノからフランスのエクス=レ=バンまでの360kmを4時間あまりで飛行して、アルプス越えを行った。
  • 11月13日 - サントス・デュモンが14-bisで21秒間で220mの飛行を行い、公式の認定手続きをとった最初の飛行機の飛行記録となった。.
  • 11月16日 - フランスのルボーディ兄弟が製作した飛行船、Lebaudy Patrie(「祖国号」)が初飛行した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://news.google.com/newspapers?nid=2249&dat=19060125&id=cAY_AAAAIBAJ&sjid=4FkMAAAAIBAJ&pg=1388,3719500