モバイル21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モバイル21株式会社 (Mobile 21 Co., Ltd.)は、かつて存在した日本のゲームソフト開発会社である。登記上の社名は「モバイルニジュウイチ」。

概要[編集]

任天堂が、自社の携帯ゲーム機ゲームボーイシリーズを携帯電話に接続するためのシステムであるモバイルシステムGBを開発。その機能を活用したゲームソフトを開発するため、コナミ業務提携することを決定。両社は折半出資により合弁会社を設立することとなり、1999年10月にモバイル21が誕生した。本社は東京・浅草橋の任天堂東京サービスセンター内に設置された。

開発されたゲームソフトは主にコナミブランド(現・コナミデジタルエンタテインメント)で発売されたが、その中にはモバイルシステムGBを使用しないタイトルも含まれていた。また、当初はゲームボーイシリーズだけでなく、ドルフィン(後のニンテンドーゲームキューブ)ソフト開発や、将来の株式上場なども計画されていた。

モバイルシステムGBがその不振により2002年にサービスを終了したのとともに、モバイル21も清算された。同社が開発したソフトの諸権利は発売元に承継された。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]