レキットベンキーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レキットベンキーザー: Reckitt Benckiser)は、イギリスロンドン郊外のバークシャー州スラウに本社を置く、トイレタリー分野を中心とした日用品・医薬品・食品メーカー。レキットベンキーザー・グループ(: Reckitt Benckiser Group plc)として、ロンドン証券取引所に上場している(LSERB)。

1999年12月、イギリスを拠点とするレキット&コールマン社(Reckitt & Colman plc)と、オランダを拠点とするベンキーザー社(Benckiser NV.)の合併により発足した。世界約60ヵ国に事業所を置き、200か国以上で製品を販売している[1]

レキット&コールマン社は、1840年Isaac Reckittによるキングストン・アポン・ハルでの起業に始まり、1886年に最初の海外事業所をオーストラリアに開業、1888年には、ロンドン証券取引所に株式上場を果たした[1]1938年にマスタードの製造で知られたノリッチJ. & J. Colman社と合併し、社名をReckitt & Colman Ltd.に変更、その後も1994年にヘルスケア企業のSterling Drugを買収するなど、事業拡大を続けたが、コールマンの食料品部門は1995年に売却している[1]。ベンキーザー社の起源は、1822年Johann A. Benckiserが、ドイツで工業製品と消費財の生産で起業したことに遡る[1]。ベンキーザー社は1997年に株式上場を行った[2]

1999年に両社が合併し、レキットベンキーザーが発足、サプライチェーンの再編が行われ、引き続き順調な成長を遂げた。2005年に、ブーツから、鎮痛剤のNurofen、のど飴のStrepsils、ニキビ治療薬のクレアラシルの製造権を獲得した[3]2010年に、SSL Internationalから、Durexの製造権を獲得した[4]

セーブ・ザ・チルドレンの有力スポンサーの一つとして知られている[5]

日本法人[編集]

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
Reckitt Benckiser Japan Ltd.
Takanawa Park Tower 2012-02-09.JPG
本社が入居する住友不動産高輪パークタワー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都品川区東五反田3丁目20番14号
住友不動産高輪パークタワー14階
設立 2000年(平成12年)7月
業種 化学
事業内容 自動食器洗い機専用洗剤、ホームケア製品、医薬部外品医薬品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 アリソン・ラドフォード
資本金 3億9200万円
従業員数 120名
外部リンク Home - RB (Reckitt Benckiser)
テンプレートを表示

概要[編集]

設立当初はエステー化学と販売提携して、脱毛剤『ヴィート』と食器洗い機洗剤『フィニッシュ』の輸入販売を主としていた。その後、親会社による同業他社の買収などにより業容を拡大した。

世界各国のレキットベンキーザー社では、漂白剤や住居用洗剤、殺虫剤といったトイレタリー製品や、のど飴胃腸薬等のOTC医薬品も販売しているが、日本市場では後発企業故に『ドクター・ショール』や『薬用せっけんミューズ』といった他社からの買収ブランドを中心に商品点数が絞られている。

現在は『ドクター・ショール』等の旧SSLヘルスケアジャパン製品、化粧品メーカーノエビアの子会社ボナンザに販売を委託しているクレアラシル(ニキビ治療クリームのみ明治薬品に製造販売を委託)を除き、販売・流通はアース製薬に委託している。

沿革[編集]

  • 2000年7月 - 日本法人設立。
  • 2006年 - ブーツ・ヘルスケアから、ニキビ用の医薬品医薬部外品のブランド「クレアラシル」の事業を買収、日本での発売元となる。
  • 2007年 - 親会社のレキットベンキーザーplcが、アース製薬と業務提携。アース製薬は、レキットベンキーザー社が世界で展開するハウスホールド製品について、包括的な日本における独占販売契約を締結した[6]
  • 2008年5月 - 米国P&G(ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー)が日本において展開している薬用石鹸「ミューズ」の事業を承継する事で合意に達する[7]
  • 2008年9月1日 - 薬用石鹸「ミューズ」の販売委託先をアース製薬に変更。製造もレキットベンキーザーの自社生産へ移行している。
  • 2008年10月31日 - 日本国内における自動食器洗い機専用洗剤「フィニッシュ」、エステー化学(現エステー)との販売業務提携を解消[8][9]
  • 2008年11月1日 - 日本国内における自動食器洗い機専用洗剤「フィニッシュ」、販売元がアース製薬となる。
  • 2010年3月8日 - 世界60カ国で発売されている芳香消臭剤「エアーウィック」を発売(「エアーウィック アイモーション」が主力商品。[10])。
  • 2010年6月29日 - 英国レキットベンキーザーplcによるSSLインターナショナルの買収に伴い、SSLインターナショナルの日本法人・エスエスエルヘルスケアジャパン(SSLヘルスケアジャパン)を買収。
  • 2014年2月10日 - 本社所在地を港区芝浦から品川区東五反田に移転、大井オフィス(品川区大井・旧SSLヘルスケアジャパン本社)と機能を統合。

日本で展開しているブランド[編集]

ブランド 英字 発売元 開発国・開発者 製品内容
ヴィート Veet アメリカ合衆国の旗 Hannibal Pharmaceutical Company 女性用除毛・脱毛
クレアラシル Clearasil ボナンザ アメリカ合衆国の旗 アイヴァン・コーム ニキビ治療薬、ニキビ用の薬用化粧品
ミューズ アース製薬 日本の旗 ミツワ石鹸 薬用石鹸
フィニッシュ アース製薬←エステー化学 自動食器洗い機専用洗剤
エアーウィック Air Wick アース製薬 アメリカ合衆国の旗 エアーウィックカンパニー 芳香消臭剤
ドクター・ショール Dr. Scholl's 一時興和(繊維販売部門)が輸入発売 イギリスの旗 ロンドンインターナショナルグループ フットケア用品、女性向けの手袋・靴下
デュレックス Durex イギリスの旗 SSLインターナショナル コンドーム

脚注[編集]

  1. ^ a b c d About us” (英語). レキットベンキーザー. 2016年10月5日閲覧。
  2. ^ Cooper, Rachel (2013年4月12日). “Ex-Reckitt boss Bart Becht swaps Mr Sheen for coffee” (英語). デイリーテレグラフ (London). http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/retailandconsumer/9990589/Ex-Reckitt-boss-Bart-Becht-swaps-Mr-Sheen-for-coffee.html 2016年10月5日閲覧。 
  3. ^ “Reckitt Benckiser buys Boots unit” (英語). BBC. (2005年10月7日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/4318088.stm 2016年10月5日閲覧。 
  4. ^ “Durex maker SSL agrees £2.5bn bid from Cillit Bang firm” (英語). BBC. (2010年7月21日). http://www.bbc.co.uk/news/business-10708737 2016年10月5日閲覧。 
  5. ^ Reckitt Benckiser” (英語). セーブ・ザ・チルドレン. 2016年10月5日閲覧。
  6. ^ レキットベンキーザー社との業務提携に関するお知らせ アース製薬株式会社
  7. ^ レキットベンキーザーへの事業譲渡後も、業務委託契約が終了する2008年8月末までは、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&Gジャパン)が生産・販売を受託して営業を続けていた。
  8. ^ なおエステー社は現在、同ジャンルのブランド「FRESH-UP(フレッシュアップ)」を製造・発売している。
  9. ^ 販売業務提携の解消に関するお知らせ エステー株式会社
  10. ^ 公式サイトでは日本では未発売だったと主張されているが、1990年代にユニ・チャームに販売権を供与して発売されていたことがある。

外部リンク[編集]