加湿器殺菌剤事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

加湿器殺菌剤事件(かしつきさっきんざいじけん)は大韓民国で21世紀初頭に起きた事件。加湿器に使用する殺菌剤で多くの死傷者が出たとされる。

概要[編集]

2001年から2011年半ばまでの間にレキットベンキーザー社の韓国法人「オキシー・レキット・ベンキーザー」(現・RBコリア)が発売した加湿器用殺菌剤に含まれるポリヘキサメチレングアニジンにより大量の死傷者が出たとされる。2016年末までに政府機関に寄せられた被害者数は死者1006人、負傷者4306人[1]

2017年1月6日、業務上過失致死傷罪などに問われたオキシー社の元社長に懲役7年、オキシー社に罰金1億5000万ウォン、製品開発を行った研究所の元所長と別の殺菌剤メーカーの元社長にも懲役7年、同社の製品の類似品を製造・販売したスーパーマーケット「ロッテマート」の元代表で現ロッテ物産社長に禁錮4年、類似品を販売したスーパーマーケット「ホームプラス」の幹部に懲役5年の判決が下った[2][3][4]。一方、2010年までオキシー社の社長を務めたアメリカ人は証拠不十分により無罪となった[2]。1月20日、韓国国会で、加害企業が分担金を負担し被害者を救済する加湿器殺菌剤被害救済法案が可決した[5]

参考文献[編集]