加湿器殺菌剤事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加湿器殺菌剤事件(かしつきさっきんざいじけん、朝鮮語: 가습기 살균제 사건)は大韓民国2000年代を中心として発生した。加湿器に使用する殺菌剤として販売された商品を使用したことにより、多くの死傷者が出た。関係企業が有害性を認識しながら販売し、発覚した後で証拠を隠蔽した疑惑を持たれていることから、「家の中のセウォル号事件」とも呼ばれる[1]

概要[編集]

2001年から2011年半ばまでの間にレキットベンキーザー社の韓国法人「オキシー・レキット・ベンキーザー」(現・RBコリア)が発売した加湿器用殺菌剤に含まれるポリヘキサメチレングアニジンにより大量の死傷者が出たとされる。2016年末までに政府機関に寄せられた被害者数は死者1006人、負傷者4306人[2]

2017年1月6日、業務上過失致死傷罪などに問われたオキシー社の元社長に懲役7年、オキシー社に罰金1億5000万ウォン、製品開発を行った研究所の元所長と別の殺菌剤メーカーの元社長にも懲役7年、同社の製品の類似品を製造・販売したスーパーマーケット「ロッテマート」の元代表で現ロッテ物産社長に禁錮4年、類似品を販売したスーパーマーケット「ホームプラス」の幹部に懲役5年の判決が下った[3][4][5]。一方、2010年までオキシー社の社長を務めたアメリカ人は証拠不十分により無罪となった[3]。1月20日、韓国国会で、加害企業が分担金を負担し被害者を救済する加湿器殺菌剤被害救済法案が可決した[6]

一方、同種の商品を製造販売してオキシーの次に多くの被害者を出したSKケミカルと愛敬産業の元代表については、2021年1月に一審で無罪判決が言い渡された[7]

参考文献[編集]

  1. ^ “1500人死傷の韓国殺菌剤事件、企業が謝罪し補償約束 「家の中のセウォル号事件」”. 産経新聞. (2016年5月3日). https://www.sankei.com/world/news/160502/wor1605020030-n1.html 2020年4月18日閲覧。 
  2. ^ “韓国、加湿器殺菌剤で実刑判決 1000人死亡か”. 中日新聞. (2017年1月7日). オリジナルの2017年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170107181041/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017010601001551.html 2017年1月8日閲覧。 
  3. ^ a b “死者73人の加湿器殺菌剤事件 元社長に懲役7年”. KBS. (2017年1月7日). http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?lang=j&id=Dm&No=62081 2017年1月8日閲覧。 
  4. ^ “韓国、殺菌剤で多数死傷に懲役7年 元社長に判決”. 日本経済新聞. (2017年1月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM06H7Z_W7A100C1000000/ 2017年1月8日閲覧。 
  5. ^ “韓国 加湿器の殺菌剤で死亡 メーカー元社長に実刑”. NHK. (2017年1月6日). オリジナルの2017年1月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170109022144/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170106/k10010831031000.html 2017年1月8日閲覧。 
  6. ^ “加湿器被害救済法、国会本会議を通過”. 朝鮮日報. (2017年1月21日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/21/2017012100373.html 
  7. ^ ““韓国の加湿器殺菌剤事件”SKケミカルと愛敬の元代表、一審で無罪判決”. ワウコリア. (2021年1月12日). https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0112/10283944.html 2021年1月12日閲覧。