津軽今別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津軽今別駅
旧待合室(2010年8月)
旧待合室(2010年8月)
つがるいまべつ - Tsugaru-imabetsu
中小国 (13.0km)
(74.8km) 木古内
所在地 青森県東津軽郡今別町大川平清川内
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 海峡線津軽海峡線
キロ程 13.0km(中小国起点)
電報略号 ルイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[注 1]
開業年月日 1988年(昭和63年)3月13日
乗換 JR東日本津軽線津軽二股駅
備考 無人駅
津軽今別駅、津軽二股駅、道の駅いまべつの位置図
(※切り替え工事前)
津軽二股駅出入口からみた津軽今別駅
駅名標には隣駅として竜飛海底駅と中小国駅が記載されている

津軽今別駅(つがるいまべつえき)は、青森県東津軽郡今別町大川平清川内にある北海道旅客鉄道(JR北海道)海峡線津軽海峡線)のである。特急「白鳥」2往復のみが停車するが[注 2]、8名以上のグループで利用する場合、1か月前に申請すると特急を臨時停車させることができる[1]

東日本旅客鉄道(JR東日本)津軽線津軽二股駅と隣接しており、連絡通路となる下り階段も存在するが、公式には連絡駅ではない。ただし、JTBの時刻表には「津軽今別と津軽二股は隣接しています」の文言が欄外に添えられている。

概要[編集]

元々は、青函トンネルの本州側の保守基地としての役割を担う「新津軽二股信号場」(しんつがるふたまたしんごうじょう)として開設する計画だったが、地元の請願により旅客駅として開業した。駅の設備は簡素で、跨線橋がなく下りホームへの移動は構内踏切を利用する。また、公衆電話は開業当初より設置されていない。ホーム待合室内に設置されている電話は一般利用のできない業務用電話(JR電話)であり、公衆電話は津軽二股駅構内にあるとの案内がなされている。

当駅と同一地点に北海道新幹線の奥津軽駅(仮称)が開業する予定であり[注 3][2]、今別町は新幹線駅の名称を奥津軽いまべつ駅[注 4]とするよう提案することになったが[3][4]、津軽二股駅と一体化するのか否かは不透明である[注 5]

2002年(平成14年)、「青函トンネルの本州側入口に位置する駅」として、東北の駅百選に選定される[注 6]

歴史[編集]

駅構造[編集]

上下方向別の単式ホーム2面2線を有する無人駅である。開業当初は相対式ホーム2面2線であったが、2013年(平成25年)に旧ホームの外側に新たに在来線用の線路と仮設ホームを設置する工事が行われた。同年10月に仮設ホームの使用を開始し(上り線は18日、下り線は25日)、旧ホームは撤去される[2][5]

駅に向かう通路(階段)には屋根が設置されているが、ホームには屋根がなく、有効長も5両分と短い。そのため、有効長を越える長さの編成の場合は一部のドアが締切扱い(ドアカット)となる[注 7]

発車時刻表・運賃表はホーム待合室および、道の駅いまべつの玄関前待合スペースに掲示している。

のりば
1[要検証 ] 津軽海峡線 (下り) 木古内函館方面 (特急「白鳥」)
2[要検証 ] 津軽海峡線 (上り) 青森新青森方面 (特急「白鳥」)

駅周辺[編集]

遠景(※切り替え工事前)
旧ホーム
駅の外へつながる階段


その他[編集]

隣の駅[編集]

2014年3月14日までは津軽今別駅 - 木古内駅間に竜飛海底駅吉岡海底駅知内駅が設置されていた。この3駅の廃止により、これら3駅のあった津軽今別駅 - 木古内駅間の駅間距離(74.8km = 営業キロ)はJR旅客6社の在来線における最長となった[注 8]

北海道旅客鉄道
海峡線津軽海峡線
蟹田駅 - )中小国駅 - (新中小国信号場) - 津軽今別駅 - (竜飛定点) - (吉岡定点) - (知内信号場) - 木古内駅
※海峡線直通列車は中小国駅を通過する。
北海道新幹線(建設中)
新青森駅 - 新中小国信号場(仮称) - 奥津軽駅(仮称) - 湯の里信号場(仮称) - 木古内駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 北海道新幹線開業時は、2面3線(北海道新幹線・うち1線は下り通過線)・2面4線(海峡線・うち2線は貨物待避線)になる見通し。
  2. ^ なお、隣接する津軽二股駅は普通列車のみの停車だが、1日5往復と運行本数はやや多い。
  3. ^ 同時に、津軽今別駅は廃止になる予定。
  4. ^ 最初の提案は奥津軽駅であった。
  5. ^ なお、津軽線には津軽二股駅の二駅先に今別駅が存在し、そちらの方が今別町の集落に近い。
  6. ^ JR北海道の駅では津軽今別駅が唯一である。
  7. ^ 8両編成で運転される場合は、6 - 8号車がドアカットとなる。
  8. ^ 直前は同じJR北海道の石勝線・新夕張駅 - 占冠駅間(34.3km = 同)であった。

出典[編集]

  1. ^ 広報いまべつ 平成22年3月号 (PDF)
  2. ^ a b c d e f 津軽今別駅、中旬から仮設ホーム(ウェブ魚拓) - 東奥日報、2013年10月3日、2013年10月7日閲覧。
  3. ^ 今別町の新駅名案 「奥津軽いまべつ」 北海道新幹線 青森 - MSN産経ニュース、産経新聞、2013年4月3日。(2013年4月3日時点でのアーカイブ
  4. ^ 駅名案「奥津軽いまべつ」 - 読売新聞、2013年4月4日。(2013年7月16日時点でのアーカイブ)
  5. ^ a b c 広報いまべつ平成25年10月号(591号) (PDF) - 今別町、2013年10月1発行、2013年10月23日閲覧。
  6. ^ (5)DMV 道内外で機運 - 読売新聞、2013年1月6日(2013年7月13日時点でのアーカイブ)
[ヘルプ]

関連項目[編集]