会津川口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
会津川口駅
駅舎(2005年5月)
駅舎(2005年5月)
あいづかわぐち - Aizu-Kawaguchi
会津中川 (2.5km)
(2.8km) 本名
福島県大沼郡金山町大字川口字森ノ上508
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 只見線
キロ程 60.8km(会津若松起点)
電報略号 カワ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
66人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1956年昭和31年)9月20日
備考 直営駅

会津川口駅(あいづかわぐちえき)は、福島県大沼郡金山町大字川口字森ノ上にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホームは只見川のほとりにあり、ホームから駅舎へ構内踏切がのびている。その他、構内には手動の転車台がある。

直営駅駅長配置)であるが、会津坂下駅が当駅を管理する。みどりの窓口はないが、出札窓口(営業時間 5:20 - 19:00、途中休憩時間あり、列車発着前後は窓口閉鎖)で指定券の発行が可能(料金補充券)。POS端末が設置されている。

1987年昭和62年)3月竣工の駅舎は2階建てで、JA会津みどり金山総合支店・川口郵便局との合築となっている。川口郵便局は集配部併設であり、簡易郵便局と無人駅との合築は比較的多いが、集配部併設局と社員配置駅との合築は珍しい。駅舎内には企業組合「おく愛ズ」へ運営委託している金山町観光情報センター(OASIS)もあり、周辺の観光情報の提供のみならず地域特産品や弁当類の販売も行っている。

のりば[編集]

駅舎側から、

只見線 (下り) 豪雨のため運行停止
(上り) 会津宮下会津坂下会津若松方面
只見線 (上り) 会津宮下・会津坂下・会津若松方面

利用状況[編集]

  • 1日平均乗車人員 66人(2013年度)。
乗車人員推移
年度 1日平均人員
2000 101
2001 99
2002 91
2003 88
2004 90
2005 93
2006 94
2007 92
2008 90
2009 84
2010 84
2011 57
2012 65
2013 66

駅周辺[編集]

金山町の中心部であり、官公庁学校が所在している。また観光地として知られる温泉スキー場も程近い。

バス路線[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    玉梨八町温泉、昭和温泉しらかば荘前、下両原 大芦 会津乗合自動車
    川口車庫
  滝沢線 川口保育所前、湯倉入口、JR会津越川駅 滝沢温泉前 金山町町営バス 平日1本
太郎布線   川口保育所前 平日土曜1本
  滝沢線 役場前 町民体育館前 平日土曜1本
太郎布線 JR会津中川駅前、水沼公園、JR早戸駅 三更入口 平日1本

歴史[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
只見線
鉄道区間
会津中川駅 - 会津川口駅
バス代行区間
会津川口駅 - (川口高校前停留所) - 本名駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 越前勤 『東日本大震災「復興」時刻表』 講談社、2012年、174-175頁。ISBN 978-4-06-217570-8
  2. ^ 福島県 県内の公共交通機関運行状況

外部リンク[編集]