雫石駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雫石駅
駅舎
駅舎
しずくいし - Shizukuishi
所在地 岩手県岩手郡雫石町寺の下46-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 クイ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
574人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1921年大正10年)6月25日
乗入路線 2 路線
所属路線 秋田新幹線
キロ程 16.0km(盛岡起点)
東京から551.3km
盛岡 (16.0km)
(24.1km) 田沢湖
所属路線 田沢湖線
キロ程 16.0km(*盛岡起点)
小岩井 (5.5km)
(2.7km) 春木場
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 正式な起点は大曲駅

雫石駅(しずくいしえき)は、岩手県岩手郡雫石町寺の下にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線である。

当駅は田沢湖線上を走るミニ新幹線である秋田新幹線の停車駅となっている。日本の新幹線の停車駅では定期列車で4往復と最も停車本数が少なく[1]、新幹線の始発列車が8時33分と最も遅い。また盛岡からの田沢湖線普通列車は大半は当駅折り返しとなり、2013年現在、県境を越える普通列車は4往復である(うち下り1本と上り2本が赤渕・田沢湖止まり。)。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。秋田新幹線こまち号は基本的には1番線に停車する。こまち号同士の列車交換がある場合には、下り列車は2番線に停車する。田沢湖線普通列車は主に2・3番線から発車するが、1番線から発車する列車もある。折り返し列車は3番線から発車する。

直営駅駅長配置)で、管理駅として、大釜駅 - 赤渕駅間の各駅を管理している。みどりの窓口(営業時間:5時30分 - 22時30分)、指定席券売機自動券売機各1台の計2台、待合室、観光案内所が設置されている。

のりば[編集]

1 秋田新幹線 (上り) 盛岡仙台東京方面
(下り) 大曲秋田方面
田沢湖線 (下り) 田沢湖・大曲方面
(上り) 盛岡方面
2 田沢湖線 (上り) 盛岡方面
秋田新幹線 (下り) 大曲・秋田方面(臨時停車時以外は不使用)
3 田沢湖線 (下り) 田沢湖・角館・大曲方面
(上り) 盛岡方面

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 771
2001 739
2002 727
2003 706
2004 674
2005 649
2006 631
2007 626
2008 641
2009 633
2010 622
2011 585
2012 574
2013 574

駅周辺(五十音順)[編集]

北口[編集]

南口[編集]

バス[編集]

ギャラリー[編集]

その他[編集]

  • 「宮沢賢治をテーマにしたファンタジックな駅」として、東北の駅百選に選定された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
秋田新幹線
盛岡駅 - 雫石駅 - 田沢湖駅
田沢湖線
小岩井駅 - 雫石駅 - 春木場駅
  • 1922年から1944年までは西側の隣駅は赤渕駅の位置から北方にあった橋場駅だった(当時は春木場駅・赤渕駅は未開業)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現行ダイヤのうち、2013年3月16日から運行開始した「スーパーこまち」が1往復が雫石駅に停車、それ以外に当駅停車となる3往復は「こまち」である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]