相馬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相馬駅
駅舎(2009年1月)
駅舎(2009年1月)
そうま - Sōma
日立木 (5.9km)
(4.4km) 駒ヶ嶺
所在地 福島県相馬市中村字曲田1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 307.0km(日暮里起点)
電報略号 ソウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
836人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1897年明治30年)11月10日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 1961年に中村駅から改称。

相馬駅(そうまえき)は、福島県相馬市中村字曲田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線とホームのない中線1線を有する地上駅になっている。なお、現在中線は使われていない。2番線と駅舎とは跨線橋で繋がっている。また、ホーム上に待合室がある。

直営駅であり、管理駅として相馬市・新地町内に位置する3駅(日立木駅駒ヶ嶺駅新地駅)を管理している。駅舎内にはみどりの窓口(営業時間 5時 - 20時)・自動券売機指定席券売機・簡易Suica改札機・NEWDAYS(Suica利用可能)がある。改札業務は終日行う。 当駅は特急列車スーパーひたちの停車駅であった。

また、2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波およびこれに起因する福島第一原発事故の影響により、現在は当駅から原ノ町駅までの区間で普通列車のみ運行している。

のりば[編集]

1 常磐線 (下り) 使用停止中
(上り) 鹿島原ノ町方面 東日本大震災による被害のため、全列車普通列車原ノ町行き。
2 常磐線 (上り) 使用停止中
駅前広場 常磐線 (下り) 新地亘理方面(代行バス)

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下のとおり。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 2,002
2001 1,936
2002 1,863
2003 1,833
2004 1,766
2005 1,722
2006 1,748
2007 1,758
2008 1,703
2009 1,593
2010 1,502
2011
2012 901
2013 836

駅周辺[編集]

タクシーの待ち合い広場がある。

バス路線[編集]

駅構内には乗り入れない

歴史[編集]

その他[編集]

  • 瓦屋根が美しい和風の駅舎を有するとして2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定された。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
常磐線
日立木駅 - 相馬駅 - 駒ヶ嶺駅

脚注[編集]

  1. ^ [仙台直行便]南相馬⇔仙台駅西口”. 東北アクセス. 2013年6月6日閲覧。
  2. ^ 常磐線の運転計画について”. JR東日本水戸支社 (2011年12月14日). 2011年12月14日閲覧。
  3. ^ “【東日本大震災】常磐線、平成29年春までに再開 相馬-浜吉田間”. 産経新聞. (2012年10月12日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121012/dst12101220270011-n1.htm 2013年1月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]