天童駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天童駅
東口
東口
てんどう - Tendō
所在地 山形県天童市本町一丁目1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 テン
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,799人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1901年明治34年)8月23日
乗入路線 2 路線
所属路線 山形新幹線
キロ程 100.4km(福島起点)
東京から373.2km
山形 (13.3km)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 100.4km(福島起点)
高擶 (3.4km)
(3.0km) 乱川
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
東口(階段上)と天童市将棋資料館(右)(2008年4月)
東口(階段上)と天童市将棋資料館(右)(2008年4月)
西口(2005年10月)
西口(2005年10月)
天童バスターミナル(2006年8月)
天童バスターミナル(2006年8月)

天童駅(てんどうえき)は、山形県天童市本町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

当駅は奥羽本線上を走るミニ新幹線である山形新幹線の停車駅となっている。一方、奥羽本線の在来線としての愛称として「山形線」が設定されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の、合計2面3線を有する地上駅。のりばは単式ホームに1番線、島式ホームに2番線と3番線がある。

のりば[編集]

1 山形新幹線 (上り) 山形福島宇都宮大宮東京方面
山形線 山形・米沢方面
2 山形新幹線 (下り) 村山新庄方面
山形線
3 山形線 (上り) 山形・米沢方面(当駅発着列車)
(下り) 村山・新庄方面

なお、3番線は天童終着・始発の列車のほか、追い越し待ちの際に使用する。

大規模な橋上駅舎を持ち、バスターミナル、ターミナルビルPALTEと東口でつながっている。駅舎には天童市の将棋資料館も入っている。かつては将棋資料館の隣にコンビニエンスストアNEWDAYS」が入居していたが、現在ではその跡に将棋交流室が設けられている。また、各ホームにはエレベーターが、2・3番線に上りエスカレータが設置されている。

直営駅で、みどりの窓口びゅうプラザ自動券売機モバイルSuica特急券用簡易Suica改札機、えきねっと受取機、待合室、キヨスクが設けられている。また2007年3月18日ダイヤ改正と同時にみどりの窓口内に指定席券売機が設置された。但し、みどりの窓口の営業時間は5:50 - 20:30となっており、時間外はみどりの窓口・指定席自動券売機が設置されている部屋に入ることができない。

また管理駅でもあり、高擶駅乱川駅を管理下に置いている。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は1,799人である。

乗車人員推移
年度 1日平均人数[1]
1986 1,819
1987 1,821
1988 1,892
1991 1,832
1992 1,883
1993 2,012
1994 2,065
1995 2,099
1996 2,159
1997 2,061
1998 1,970
1999 1,666
2000 1,938
2001 1,996
2002 1,968
2003 1,915
2004 1,855
2005 1,828
2006 1,804
2007 1,814
2008 1,755
2009 1,689
2010 1,701
2011 1,714
2012 1,729
2013 1,799

駅周辺[編集]

天童市役所
天童市役所
天童市市民文化会館
天童市市民文化会館

東口には昔からの商店街、住宅地があるが、最近ではマンションの建設が進んでおり、駅周辺の人口が増加しつつある。また、西口は一昔前には田園風景が広がっていたが、人口増加によって新興住宅が立ち並んでいる。

駐車場・駐輪場[編集]

駅東口・西口双方に駐車場駐輪場が設置されている。

  • 駐車場は有料であるが、JR利用者(定期乗車券での利用者は除く)はみどりの窓口での認証を受けると無料となる。ただし、ターミナルビルPALTEの立体駐車場は対象外のため注意が必要である。
  • 駐輪場は無料。すべて屋根付である。

天童バスターミナル[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
山形新幹線
山形駅 - 天童駅 - さくらんぼ東根駅
山形線(奥羽本線)
高擶駅 - (天童南駅・2015年3月開業予定) - 天童駅 - 乱川駅

脚注[編集]

  1. ^ 天童市の統計

関連項目[編集]

外部リンク[編集]