山下駅 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山下駅
駅舎(2007年12月)
駅舎(2007年12月)
やました - Yamashita
坂元 (4.5km)
(3.9km) 浜吉田
所在地 宮城県亘理郡山元町山寺字頭無150
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 325.7km(日暮里起点)
電報略号 ヤマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
245人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1949年昭和24年)5月10日
備考 直営駅
みどりの窓口
構内(2006年6月20日)

山下駅(やましたえき)は、宮城県亘理郡山元町山寺字頭無(かしらなし)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線である。

駅構造[編集]

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)によって被害を受けて休業中である。以下は地震発生前の状況である。

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅になっている。駅舎と2・3番ホームは跨線橋で連絡している。

直営駅であるが、岩沼駅が当駅を管理する。みどりの窓口(営業時間 平日7時05分 - 19時30分、休日8時25分 - 18時45分)・自動券売機1台・簡易Suica改札機がある。以前は当駅が常磐線仙台エリアでのSuica利用可能区域の南限であったが、2009年3月14日より原ノ町駅まで利用可能となった。ただし、首都圏エリアに属するいわき駅以南の常磐線各駅までSuicaを利用して乗車することはできない。なお、2011年3月に発生した東日本大震災にともなう代行バスではSuica定期券のみ使用できる[1]

当駅前後の線路は津波により大きな被害を受けており、撤去されている。 当駅駅舎は震災後、板が打ち付けられ立入りが出来ない状態となっていた。2013年1月15日より駅舎の解体がはじまった。2013年3月現在、既に駅舎は撤去されており、隣接のトイレが残るだけとなっている[2]

のりば[編集]

1 常磐線 休止中
2 常磐線 休止中
3 常磐線 休止中

当駅止まりの仙台発の最終列車(0時11分着)は2番線で夜間滞泊を行っていた。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 1,164
2001 1,118
2002 1,070
2003 1,037
2004 1,010
2005 986
2006 964
2007 936
2008 932
2009 882
2010 851
2011 営業休止(バス代行)
2012 215
2013 245

駅周辺[編集]

  • 山元町立山下第二小学校
  • 山下駅前簡易郵便局
  • 山下駅南停留所(山元町町民バスぐるりん号)

当駅は山元町役場のある山下集落から東方約2kmに位置する花釜集落にあり、駅の東側を南北に走る県道38号線沿いにはイチゴ畑が広がっていることから、この道は「ストロベリーライン」と呼ばれている。

歴史[編集]

  • 1949年昭和24年)5月10日 - 日本国有鉄道の駅として開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。
  • 2003年平成15年)10月26日 - ICカード「Suica」サービスが開始。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日 - 東日本大震災により営業休止。
    • 4月12日 - 代行バスを亘理駅 - 相馬駅(のち原ノ町駅まで延長)間で運行開始。但し当駅には乗り入れず山元町役場前から乗車する。また、代行バスの快速便は2012年4月13日のダイヤ改正まで全便通過していた。(途中停車は新地駅(新地町役場前)のみ。)
  • 2012年(平成24年)3月5日 - 東日本旅客鉄道仙台支社が、震災前より山側に駅を移転させる計画を発表した[3]
    • 4月13日 - 常磐線代行バスの快速便が亘理駅方面の朝の2便に限り、停車するようになる。[4]
  • 2013年(平成25年)3月16日 - 常磐線代行バスの快速便が再度全便通過に変更。[5]

当駅は1897年明治30年)11月10日の中村駅(現在の相馬駅)~岩沼駅間開業に合わせて隣駅の坂元駅や吉田駅(現・浜吉田駅)などと共に開設される予定であったが、起工に際して日本鉄道山下村との間に対立が生じたため、開業の時点では山下村域に駅が開設されなかった。このため、早くも翌1898年(明治31年)には地元の有志により停車場開設運動が始められ、以後繰り返し請願が行われた。この運動は第二次世界大戦により一時中断したものの、敗戦後の1946年(昭和21年)に請願が再開され、1948年(昭和23年)6月に着工が決定した。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
常磐線
坂元駅 - 山下駅 - 浜吉田駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 代行バスのご案内JR東日本仙台支社
  2. ^ 止まらぬ人口流出、駅舎がなくなった(震災取材ブログ)@宮城・山元 日本経済新聞2013年5月6日
  3. ^ 常磐線の復旧について”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2012年3月5日). 2012年3月7日閲覧。
  4. ^ 代行バス時刻表(2013年3月15日まで) (PDF)
  5. ^ 代行バス時刻表(2013年3月16日以降) (PDF)

外部リンク[編集]