島越駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
島越駅
竣工間近の新駅舎(2014年6月)
竣工間近の新駅舎(2014年6月)
しまのこし - SHIMANOKOSHI
小本 (8.3km)
(2.2km) 田野畑
所在地 岩手県下閉伊郡田野畑村第1地割松前沢1-20
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 三陸鉄道北リアス線
キロ程 33.4km(宮古起点)
電報略号 シコ
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1984年(昭和59年)4月1日
旧駅舎(2010年5月)
東日本大震災後の島越駅
津波の直撃を受けた駅舎は消失し、高架橋は崩落した。テンプレート画像とは逆に駅西側から海に向かって撮影。(2011年6月29日)

島越駅(しまのこしえき)は、岩手県下閉伊郡田野畑村にある三陸鉄道北リアス線である。

歴史[編集]

  • 1984年(昭和59年)4月1日 - 開業。駅舎は田野畑村によって建築されたもので、開業時より簡易委託駅として営業。駅舎の1階には出札窓口・売店、2階には喫茶店があり、瀟洒な南欧風の八角形のドームと青い屋根の佇まいは、多くの観光客や鉄道ファンに親しまれていた。ホームは松前川橋梁に続く高架線上にある単式ホーム1面1線を有していた。
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震による津波で被災。駅舎の土台、階段の一部等を除き駅舎、ホーム、高架線路の全てが消失[1]。田野畑村の震度は4であり、地震の揺れは比較的小さかったが、その後襲来した津波が当駅を襲った。全線が復旧するまで間運行された岩手県北バスによる列車代替バスは、駅から徒歩1時間(約4km)ほど離れた国道45号を走り、当駅付近は通らなかった。このため当駅を含む島越地区への公共交通機関田野畑村営バスによるわずかな便のみとなっており、公共交通機関でのアクセスが極めて困難な状況となっていた。
  • 2013年(平成25年)12月9日 - 流失駅舎の再建着工(旧駅舎所在地の約100m北に建設)[2]
  • 2014年(平成26年)
    • 4月6日 - 小本駅 - 田野畑駅間復旧により営業再開[3]。駅舎付近のかさ上げ盛土工事及び駅舎再建工事の遅れにより復旧時点では駅舎は未完成となる[4]
    • 7月27日 - 新駅舎使用開始[注 1][6]

駅構造[編集]

  • 簡易委託駅
  • 再建された駅は松前川より北側の築堤に隣接するかさ上げ盛土の上に移転している。震災前は駅舎もホームも松前川の南側にあった。
  • 駅舎は八角形の塔屋や屋根に初代駅舎の面影を持つ。中央にある改札口、コンコースを挟んで北側に待合室と展示室、南側にきっぷ売場・駅務室と売店・飲食スペースがある。塔屋にはらせん階段が付けられていて、2階の展望台に行くことが出来る。
  • ホームは単式ホーム1面1線であり、駅舎とは同じ高さに併設されている。
  • この付近の路線は震災前の高架構造から津波防波堤を兼ねた築堤に変更されている。
  • 駅前広場は2014年現在造成工事中で立ち入り不可。駅と最寄の道路とは仮設階段で連絡しており、駅前広場が完成するまで非バリアフリー構造となっている。

駅周辺[編集]

旧駅舎の駅前広場には前述の津波にも流失しなかった宮沢賢治の詩碑(「発動機船 二」)[7]及び旧駅舎よりホームへ向かうための階段が震災遺構として保存されている。

  • 県道44号岩泉平井賀普代線
  • 島越漁港〔北山崎断崖クルーズ(旧・北山崎めぐり観光船)[8]乗船場〕 - 徒歩約8分[注 2]
  • 島越海水浴場(震災の復旧工事用地となっているため閉鎖中)
  • 島越郵便局(震災による津波で局舎が全壊したため、窓口業務及びATM共休止中)

その他[編集]

隣の駅[編集]

三陸鉄道
北リアス線
小本駅 - 島越駅 - 田野畑駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この新駅舎オープン(使用開始)当日の扱いについて三鉄では、駅前広場および周辺施設の未整備を理由に「プレオープン」として式典の類を執り行わず、平成27年(2015年)に「正式オープン」予定としている[5]
  2. ^ 「断崖クルーズ」乗船場(島越港)に至る当駅からの片道所要時間に関しては、2014年7月30日現在、三鉄が「徒歩8分」と案内している[5]のに対し、「断崖クルーズ」を運航する「陸中たのはた(クルーズ観光船発着所)」は「徒歩5分」と案内している[9]

出典[編集]

  1. ^ “三陸鉄道「国の支援なければ、もはや何も…」”. 読売新聞. (2011年4月5日). https://web.archive.org/web/20110408174345/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20110405-OYT1T00559.htm 2014年7月27日閲覧。 ※現在はインターネットアーカイブに残存
  2. ^ “島越駅舎が待望の着工 田野畑、三陸鉄道北リアス線”. 岩手日報. (2013年12月10日). http://www.iwate-np.co.jp/311shinsai/y2013/m12/sh1312101.html 2014年7月27日閲覧。 →アーカイブ
  3. ^ “三鉄が4月全線再開 南リアス線5日、北リアス線6日”. 岩手日報. (2014年1月2日). https://web.archive.org/web/20140103035922/http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140102_2 2014年7月27日閲覧。 ※現在はインターネットアーカイブに残存
  4. ^ “三陸鉄道、島越駅駅舎再建に遅れ”. 読売新聞. (2013年9月22日). https://web.archive.org/web/20140111145542/http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/information/20130922-OYT8T00332.htm 2014年7月27日閲覧。 ※現在はインターネットアーカイブに残存
  5. ^ a b “島越駅窓口営業再開のお知らせ” (プレスリリース), 三陸鉄道, (2014年7月16日), http://www.sanrikutetsudou.com/2014/07/%E5%B3%B6%E8%B6%8A%E9%A7%85%E7%AA%93%E5%8F%A3%E5%96%B6%E6%A5%AD%E5%86%8D%E9%96%8B%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B.html 2014年7月30日閲覧。 →アーカイブ
  6. ^ “三陸鉄道 津波で全壊の駅舎を再建”. NHKニュース. (2014年7月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140727/k10013324151000.html 2014年7月27日閲覧。 →アーカイブ
  7. ^ “岩手・田野畑 流失の宮沢賢治詩碑見つかる”. 河北新報. (2011年7月26日). https://web.archive.org/web/20111020072834/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110726_02.htm 2014年7月27日閲覧。 ※現在はインターネットアーカイブに残存
  8. ^ 観光船3年4カ月ぶり復活 岩手・田野畑の北山崎”. まちむらの宝. 全国町村会. 2014年7月30日閲覧。→アーカイブ
  9. ^ 北山崎断崖クルーズ (PDF)”. 2014年7月30日閲覧。→アーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]