新鶴駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新鶴駅
駅舎(2006年4月)
駅舎(2006年4月)
にいつる - Niitsuru
根岸 (2.0km)
(2.1km) 若宮
福島県大沼郡会津美里町立石田字下石田甲257-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 只見線
キロ程 16.8km(会津若松起点)
電報略号 ニル
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
44人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1926年大正15年)10月15日
備考 無人駅
廃止された向かい側のホーム(2006年7月)
会津若松方面にある貨物ホーム跡。ここにはレールが二本あったと思われるが、現在は車止めが一つしか残っていない(2007年3月)

新鶴駅(にいつるえき)は、福島県大沼郡会津美里町立石田字下石田甲にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。元は相対式ホーム2面2線と貨物ホーム2本を有したが、現在は1面1線と貨物ホームを撤去した。

かつてはこの駅から新鶴名産の新鶴米の他、木材、枕木、穀類などが出荷された。到着貨物には肥料、セメント、砂利、石炭などが多かった。現在は貨物の扱いは廃止されている。 貨物用ホームの車止めが一つと向かいのホームの駅名表やその枠、信号またはポイントを切り替えるためのテコがあった跡がある。

会津坂下駅管理の無人駅で、2000年(平成12年)築の開放的な駅舎がある。会津高田駅会津本郷駅などと同じ意匠で、内部には待合所のみがある。

撤去されたホームの脇に鉄道防雪林がある。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
只見線
根岸駅 - 新鶴駅 - 若宮駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]