Amazon.com

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマゾン・ドット・コム
Amazon.com, Inc.
Amazon.com-Logo.svg
種類 株式会社
市場情報
略称 Amazon、アマゾン
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州シアトル
テリー・アベニュー・ノース410
設立 1994年7月5日(26年前) (1994-07-05
Cadabra, Inc. として
業種 小売業
事業内容 WWW上仮想店舗の運営
代表者 ジェフ・ベゾス
共同創業者社長会長CEO
ワーナー・ヴォゲルスCTO
資本金 8,192 Million US$
(2012年12月31日時点)[1]
発行済株式総数 4億7,800万株
(2012年12月31日現在)[2]
売上高 増加 1,778億6600万ドル(2018年)[3]
営業利益 減少 41億600万ドル(2018年)[3]
純利益 増加 30億3,000万ドル(2018年)[3]
純資産 増加 277億900万ドル(2018年)[3]
総資産 増加 1,313億1,000万ドル(2018年)[3]
従業員数 増加 61万3,300人(2018年)[4]
決算期 12月末日[2]
主要株主 ジェフ・ベゾス 11.1%
The Vanguard Group, Inc. 6.30%
マッケンジー・ベゾス 3.92%
SSgA Funds Management, Inc. 3.40%
Fidelity Management & Research Co. 3.02%
T. Rowe Price Associates, Inc. (Investment Management) 3.01%
(2020年5月9日現在)[5]
主要子会社 NYサービシズ・インク 100%
アマゾン・サービシズLLC 100%
アマゾン・サービシズ・インターナショナル・インク 100%
アマゾン・イーユー・エス・エイ・アール・エル 100%
アマゾン・コーポレートLCC 100%
アマゾン・テクノロジーズ・インク 100%
アマゾン・デジタル・サービシズ・インク 100%
アマゾン・フルフィルメント・サービシズ・インク 100%
アマゾン・ヨーロッパ・ホールディング・テクノロジーズ・エスシーエス 100%
アマゾン・ウェブ・サービシズ・インク 100%
アマゾン・ドット・コム・インターナショナル・セールス・インク 100%
アマゾン・ドット・コムLLC 100%
アマゾン・ドット・コムNVインベストメント・ホールディングスLLC 100%
アマゾン・ドット・コムディーイーディーシーLLC 100%
ラブフィルムUKリミテッド 100%
(2012年12月31日現在)[2]
外部リンク www.amazon.com(英語)
特記事項:1994年7月にワシントン州法人として設立。1996年6月にデラウェア州法人として再設立[6]。2010年上期に本社移転。
テンプレートを表示

Amazon.com, Inc.アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本拠を構える多国籍テクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称である。

同社は電子商取引クラウドコンピューティングデジタルストリーミングAI開発に重点を置くアメリカ合衆国の主要なIT企業の一つで、GAFA[7][8][9]、またFAANG[10][11]のひとつである。

2019年現在、Amazon.comがアメリカ国外でサイトを運営している国はイギリス[12]フランス[13]ドイツ[14]カナダ[15]日本[16]中国[17]イタリア[18]スペイン[19]ブラジル[20]インド[21]メキシコ[22]オーストラリア[23]オランダ[24]トルコ[25]アラブ首長国連邦[26]の15か国である。

歴史[編集]

Amazon.comの創業者ジェフ・ベゾス

Amazonの設立は、創業者ジェフ・ベゾスが「後悔の最小化フレームワーク」と呼ぶ、ベゾス自身の考え方の結果としてもたらされた。つまり、ベゾスが起業を決意したのは当時のインターネット・バブルにすぐに加わらないことで未来に生じる後悔を避けるためだった[27]

1994年、30歳のベゾスはウォール街のヘッジファンド「D. E. Shaw & Co.英語版」のシニア・バイス・プレジデントを退職し、ワシントン州シアトルに転居した。シアトルでベゾスは、のちにAmazon.comとなる企業のための事業計画に取り組んだ[28]

1994年7月5日、ベゾスは「Cadabra, Inc.」という名の会社をワシントン州の法人として登記した[29]。数か月後、ある弁護士が「Cadabra」を「cadaver(死体)」と聞き間違えた出来事を受けて、ベゾスは社名を「Amazon.com, Inc.」に変更した[30]。ベゾスは1994年9月に「relentless.com」というURLを購入しており、自身のオンラインストアを「Relentless」と名付けることも一時考えたが、友人から「Relentless(情け容赦ない)」という言葉の響きは少々不穏であると指摘されたこともあり思いとどまった。現在もrelentless.comのドメインはベゾスによって所有されており、アクセスした際にはamazon.comへリダイレクトされる[31][32]

ベゾスは、社名を「Cadabra, Inc.」から変更するにあたって、辞書を引いて言葉を探した。ベゾスが「アマゾン」という単語を選び出したのは、それが「エキゾチックで変わった」場所であり、自身のインターネット事業のイメージに合致していたためだった。加えて、アルファベット順に並べられた場合に一番上に現れる「A」から始まる名称が好ましいという事情もあった[33]。さらに、アマゾン川は世界最大の河川であり、ベゾスの計画もまた、自らのオンラインストアを世界最大の商店にすることだった[33]

電子商取引の年間成長率を2,300パーセントと予測する、あるインターネットの将来についてのレポートを読んだあと、ベゾスはオンラインで販売できる20種類の商品のリストを作った。次にベゾスは、このリストからもっとも有望と思われる5種類の商品を絞り込んだ。それらの商品は、コンパクトディスク、コンピュータハードウェア、コンピュータソフトウェア、ビデオ、そして書籍だった。最終的に、文学への大きな世界的需要、書籍は低価格であること、膨大なタイトルが出版されていることなどを考慮し、ベゾスは自身の事業をオンライン書店とすることを決めた[34]。Amazon創業の地は、ベゾスが借りていたワシントン州ベルビューの自宅ガレージとされている[33][35][36]

1995年7月、Amazon.comはオンライン書店としてのサービスを開始した[37]。Amazon.comで最初に売れた本はダグラス・ホフスタッターの著作『Fluid Concepts and Creative Analogies: Computer Models of the Fundamental Mechanisms of Thought英語版』だった[38]。サービス開始後の最初の2か月で、Amazonはアメリカの50の州すべてと、世界の45か国以上で書籍を売り上げた。最初の2か月におけるAmazonの週間売上は、最高で2万米ドルだった[39]。ベゾスによれば、ブリック・アンド・モルタルの書店は最大規模のものでも15万種類の本しか販売できないが、オンラインの書店では既刊の書籍すべてを取り扱うことも可能だった[40]

1995年10月、Amazonは一般に向けた自社の告知を行った[41]。1996年6月、Amazonはデラウェア州の法人として再登記された[6]。1997年5月15日、Amazon.comはNASDAQに上場(ティッカーシンボルAMZN)し、1株あたりの価格18.00米ドルで新規株式公開した(1990年代末に行われた3回の株式分割の結果、1株1.50米ドルとなった)[要出典]

Amazonは他社に先駆けてブランドを構築することを重要視していた。ベゾスは1997年、ある取材に対して「我々のビジネスモデルに他社がコピーできないような特色はない。だが、考えてみれば、マクドナルドのビジネスモデルも他社にコピーされたが、それでもマクドナルドは数十億ドル規模の企業になることができた。その大きな要因はブランドネームだ。そして、インターネット上ではブランドネームが現実世界よりも大きな意味を持つんだ[42]」と述べた。

1997年5月12日、米国の大手書店バーンズ・アンド・ノーブルがAmazonを提訴した。バーンズ・アンド・ノーブルの訴えは、Amazonは自社を「世界最大の書店」であると主張するが、Amazonは「実際には書店などではなく、書籍のブローカーである」ため、そのような主張は虚偽であるという内容だった。この訴訟は示談で解決し、Amazonは引き続き「世界最大の書店」と主張することとなった[43]。1998年10月16日、ウォルマートがAmazonを相手に訴訟を起こし、Amazonが複数の元ウォルマート重役を雇い入れることで、ウォルマートの企業秘密を盗んだと主張した。この訴訟も示談という形で解決したが、Amazonは元ウォルマート社員に対する人事異動および業務制限の実施を強いられた[43]

Amazonが創業時に掲げたビジネスモデルは独創的なものだった。ベゾスは、開業当初の4 - 5年間では利益を挙げることはできないと予測していた。Amazonの株主は「ゆっくり」な成長速度に対して、もっと速く採算性を確保しなければ株主の投資を正当化することはできず、長期的には生き残ることすらできないだろうと不満を漏らした。21世紀初頭のITバブル崩壊は多くのIT企業を倒産に追い込んだが、Amazonは生き残り、IT不況を乗り越えて電子商取引における大手企業となった。2001年第4四半期、Amazonは開業以来初めて利益を計上した。10億米ドル以上の収益に対し、利益は500万米ドルとささやかなものだった(一株利益は1セント)が、黒字への転換はベゾスの型破りなビジネスモデルが成功できることを示した[44]

2011年、Amazonはアメリカでフルタイム従業員を3万人雇用していた。2016年末の時点で、アメリカにおける従業員は18万人、全世界のフルタイムおよびパートタイム従業員は30万6,800人となっていた[45]

本社のあるシアトルボーイング企業城下町として知られていたが、2018年現在では市内オフィスの20パーセントをAmazonが使用しており、同社による経済効果の累計が4兆円を超えるなど、アマゾンの企業城下町となりつつある[46]

沿革[編集]

  • 1994年平成6年)7月、Amazon.com, Incの前身となる法人「Cadabra.com」を登記。
  • 時期不明、Cadabra.comからAmazon.comに改名される。
  • 1995年(平成7年)春、アマゾンのウェブサイトが完成し、βテストを開始。
  • 1995年7月16日、アマゾンの正式サービスを開始。
  • 1996年6月、デラウェア州法人として再設立[6]
  • 1997年(平成9年)5月14日、NASDAQに上場を果たし、初値は1株18ドルをつける。
  • 1998年(平成10年)5月、株価が一時105ドルに。
  • 1998年6月、ミュージックストアを開設し音楽配信事業に参入。英国とドイツにてアマゾンのサービス開始。
  • 1999年(平成11年)6月、ユーザーが累計1,000万人に。
  • 1999年9月、米特許商標庁でワンクリック(1-Click)特許が認められる。
  • 1999年12月、バーンズ&ノーブルズの精算システム「エキスプレスレーン」をワンクリック特許の侵害で訴える。
  • 1999年12月、ジェフ・ベゾス、タイム誌の「今年の人」になる。さまざまな企業に出資したり、買収したりして機能を追加。
  • 2000年(平成12年)1月、1,500人をレイオフ(解雇)。99年末から00年末にかけてアマゾンの株価は90パーセント下落。最安値が一時15ドルとなる。
  • 2000年9月、航空宇宙企業「ブルーオリジン」を設立、有人宇宙飛行を目的とした事業を開始。
  • 2000年11月1日、日本語サイトAmazon.co.jp「本」のストアをオープン。
  • 2001年(平成13年)1月24日、札幌にカスタマーサービスセンターを開設。
  • 2001年4月、NTT DoCoMo iモードアクセスサービスをスタート。
  • 2001年5月、Amazonアソシエイト・プログラムサービスをスタート。
  • 2001年6月13日、「音楽」「DVD」「ビデオ」のストアを同時オープン。
  • 2001年8月、Ezwebアクセスサービスを公式サイトとしてスタート。
  • 2001年10月、アマゾンに立ち読み機能を追加。「ソフトウェア」と「TVゲーム」のストアをオープン。
  • 2001年10月、「代金引換」による支払いスタート。
  • 2002年(平成14年)7月、クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を開始。
  • 2002年9月、「マイストア」オープン。
  • 2002年11月6日、「Amazonマーケットプレイス」オープン。
  • 2002年、ウェビー賞を受賞[47]
  • 2003年(平成15年)7月、「エレクトロニクス」ストアをオープン。
  • 2003年11月5日、「ホーム&キッチン」ストアをオープン。
  • 2003年12月、「ボーダーフォンライブ!」向け公式サイトをオープン。
  • 2004年(平成16年)9月、ブックストア内に「雑誌」コーナーをオープン。
  • 2004年10月12日、「おもちゃ&ホビー」ストアをオープン。
  • 2004年11月、ケータイサービスをリニューアル。「Amazonスキャンサーチ」を追加した新ケータイサービス「Amazonモバイル」提供開始。
  • 2005年(平成17年)11月、ブックストアにて「なか見!検索」を開始。物流センター「アマゾン市川FC(フルフィルメントセンター)」を開業。
  • 2005年11月17日、「スポーツ」ストアをオープン。
  • 2006年(平成18年)4月、コンビニ・ATM・ネットバンキング払い開始。
  • 2006年5月、米特許商標庁がワンクリック特許の再審査を命じる。
  • 2006年6月、出版社やメーカーの商品を委託販売する「Amazon e託販売サービス」を開始。
  • 2006年8月3日、「ヘルス&ビューティー」ストアをオープン。
  • 2006年10月、Amazonショッピングカードをコンビニエンスストアにて販売開始。「お急ぎ便」の提供開始。
  • 2007年(平成19年)2月1日、「Amazonポイントサービス」を開始。
  • 2007年3月29日、「時計」ストアをオープン。「スポーツ」ストアの店名を「スポーツ&アウトドア」ストアに変更。
  • 2007年4月24日、「マーチャント@amazon.co.jp」を開始。
  • 2007年6月、「ベビー&マタニティ」ストアをオープン。初の会員制プログラム「Amazonプライム」を開始。
  • 2007年8月28日、丸善とAmazon.co.jpによる共同ブランドストア「丸善オンラインストア」を開始。
  • 2007年10月、物流センター「アマゾン八千代FC(フルフィルメントセンター)」を開業。
  • 2007年11月19日、電子書籍リーダーAmazon Kindle」を発表。電子書籍販売サービス「Kindleストア(Kindle Store)」を開設。
  • 2008年(平成20年)4月14日、在庫管理・商品配送代行サービス「フルフィルメントby Amazon」の提供を開始。
  • 2008年5月29日、「コスメ」ストアをオープン。
  • 2008年7月1日、「コンビニ受取」サービスを開始。
  • 2008年8月28日、iPhone/iPod touch向け専用サイトをオープン。
  • 2008年10月15日、「食料&飲料」ストアをオープン。
  • 2008年11月27日、靴とバッグ専門の新たなWebサイト「Javari.jp」をオープン。
  • 2009年(平成21年)4月2日、「ジュエリー」ストアをオープン。
  • 2009年5月27日、「文房具・オフィス用品」ストアをオープン。
  • 2009年 6月22日、Amazonギフト券をコンビニエンスストアにて販売開始。
  • 2009年7月21日、靴とバッグ専門サイト「Javari.jp」からキッズ&ベビーカテゴリーがオープン。
  • 2009年10月、「当日お急ぎ便」の提供開始。物流センター「アマゾン堺FC(フルフィラメントセンター)」を開業。「カー&バイク用品」ストアをオープン。
  • 2009年11月5日、「Amazonフラストレーション・フリー・パッケージ(FFP)」の導入を開始。プライベートブランド「Amazonベーシック」製品の提供を開始。
  • 2009年11月、靴のネット販売大手「ザッポス(Zappos.com)」を買収。
  • 2010年(平成22年)3月、米特許商標庁が、ワンクリック特許を認める最終手段を示す。
  • 2010年4月27日「楽器」ストアをオープン。
  • 2010年6月3日、初のiPhone/iPod touch向けアプリ「AmazonモバイルiPhoneアプリ」をApple appにて提供開始。
  • 2010年6月8日、「Javari.jp」、携帯向けサイト「Javari.jpモバイル」をオープン。
  • 2010年6月17日、「Amazon Vine(ヴァイン)先取りプログラム」をオープン。
  • 2010年7月、「AmazonマーケットプレイスWebサービス」の提供を開始。物流センター「川越FC(フルフィルメントセンター)」を開業。
  • 2010年8月2日、「お届け日時指定便」の提供を開始。
  • 2010年9月、「著者ページ」提供を開始。服&ファッション小物ストアにおける取り扱いブランドを拡張。「Amazon定期おトク便」を開始。
  • 2010年9月30日、「ペット用品」ストアをオープン。
  • 2010年10月、Kindleストアで著者が直接電子書籍を販売すれば、70パーセントと条件のいい印税を支払う仕組みを提案。
  • 2010年11月1日、「無料配信サービス」を開始。
  • 2010年11月2日、「Nipponストア」をオープン。物流センター「大東FC(フルフィルメントセンター)」を開業。
  • 2011年(平成23年)2月、ビデオサービスを開始。
  • 2011年3月、個人向けのクラウドサービス「クラウドドライブ(Cloud Drive)」を開始。
  • 2011年9月、電子書籍リーダー「Kindle Fire」を発表。
  • 2012年(平成24年)3月、ロボットメーカーのKiva Systemsを買収[48]
  • 2012年9月、電子書籍リーダー「Kindle Fire HD」を発表。
  • 2012年10月25日、日本向けのKindleストアが開設。
  • 2014年(平成26年)6月、米国にてスマートフォン「fire phone」を発売[49]

物流[編集]

旧本社ビルはワシントン州シアトルの小高い丘にある元病院(PacMed)で、2010年にシアトル市内に新たな本社を設置した[50]

物流拠点[編集]

Amazonでは、独自の物流拠点(フルフィルメントセンター:FC)をアメリカ、ドイツ、イギリス、中国、日本などにおいて整備している[51]

航空便[編集]

増加する貨物量に対応するためAmazon Prime Air計画をスタートした。顧客までの配送をマルチコプターで行うドローン宅配便と、自社専用の貨物機『Amazon One』(767-300)による専用便(運行はアトラス航空へなどへ委託)が柱となる[52]

管理[編集]

商品の管理方法
物流拠点において書籍はジャンルや出版社といったカテゴリで分けずに配置する方法で管理し、分類する手間を省いている[53]。書籍を棚入するときには、書籍につけられたバーコードと棚のバーコードを読み取ってホストコンピュータに登録する。そして、書籍を取りにいくときにはホストコンピュータから携帯端末へと情報を送り、どこにあるかを把握する。
2014年12月に公開した第8世代の物流拠点の内部では、ロボットを活用し作業効率向上を図っている[54][55]
労働者の待遇
物流拠点での労働者の過酷な状況について、アメリカ[56]、イギリス[57][58]、ドイツ[59]、フランス[60]などで報じられている。

ウェブサイト[編集]

Amazon.com
Amazon.com-Logo.svg
URL amazon.com
使用言語
  • アラビア語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • 中国語
  • 日本語
  • ポルトガル語
  • オランダ語
  • トルコ語
タイプ 電子商取引
運営者 Amazon.com
アレクサ
ランキング
増減なし 14[61]
設立日 1995年
現状 運営中
プログラミング言語 C++ and Java
[62][63]
Amazonがサイトを運営している国
大陸 ドメイン名 開始
アメリカ ブラジル amazon.com.br 2012年12月
カナダ amazon.ca 2002年6月
メキシコ amazon.com.mx 2013年8月
アメリカ amazon.com 1995年7月
アジア 中国 amazon.cn 2004年9月
インド amazon.in 2013年6月
日本 amazon.co.jp 2000年11月
シンガポール amazon.sg 2017年7月
トルコ amazon.com.tr 2018年9月
アラブ首長国連邦 amazon.ae 2019年5月
ヨーロッパ フランス amazon.fr 2000年8月
ドイツ amazon.de 1998年10月
イタリア amazon.it 2010年11月
オランダ amazon.nl 2014年11月
スペイン amazon.es 2011年9月
イギリス amazon.co.uk 1998年10月
オセアニア オーストラリア amazon.com.au 2017年11月

ビジネスモデル[編集]

経営上の特徴[編集]

Amazonの経営的特徴は、「顧客中心主義」「発明中心主義」「長期的視野」を掲げ事業を行っていることである[64][65]。ジェフ・ベゾスは、アメリカ国内で最大規模の書店は最大で20万点の書籍を扱っているが、インターネット書店であれば何倍もの種類の商品を扱うことが可能と期待し、設立当初の4 - 5年の期間は利益が十分に上がらないことを戦略として予測したことが特徴的である。

一般の小売業と異なり「当社は、売上高や利益を最大化することではなく、フリーキャッシュフローを最大化することを目的にしている」と株主宛へのAnnualReportに記し、通期決算で赤字決算となることもある。1997年のナスダック上場以来、株主に対し配当を配ったことがなく、2014年時点で17年連続で無配を継続していることに対し株主が拍手喝采している株式会社的企業といえる[66]

日本企業は「Amazonは日本に対し法人税を納めておらず、またダンピング販売をしているために競争環境の違いが大きく、設備投資などができない[67][68]」、日本の電子書籍販売事業者は「アマゾンの販売する電子書籍には消費税がかからず不公平[69]」と批判する。

2014年5月、国際労働組合総連合は、従業員をロボットのごとく扱う労働・業務環境や納税回避を理由に、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスを世界最悪の経営者として選出した[70][71]

2015年8月、アマゾンは非情で悲惨な職場環境であるとニューヨーク・タイムズが報じた[72][73]。 

ロゴ[編集]

2000年に制定されたAmazonのロゴは、"amazon.com"(amazon部はボールド体)の黒いサンセリフの文字に、aからzに向かって下向きの弧を描くオレンジ色の矢印が重ねられたもの。この矢印は、"from A to Z" (AからZまで)、つまりAmazonで何でも揃うという意味と、顧客の満足を表す笑顔とを同時に表現したものである[74]

納税[編集]

問屋商法
2009年7月、「本社機能の一部が日本にある」として東京国税局から140億円前後の追徴課税処分をされたことが報じられた。アマゾン側は「米国に納税している」と主張し日本とアメリカとの2国間協議を申請。アマゾンジャパンも「課税は不適切」とし[75]、日本での納税義務はないという立場である。
2010年9月、日米相互協議の結果、課税処分は大幅に減額され、国税庁は銀行供託金の大部分を解放した[76]。しかし、Amazonの法人税については、依然としてフランス、ドイツ、日本(2006年から2009年)、ルクセンブルク、イギリスなどによって査察が進行中、または行われる可能性が指摘されている[76]
2019年12月、Amazon.comは現在の外国法人が契約主体では事業展開上の制約が多く、日本事業を拡大するためには適切に納税する方が得策との判断から、日本国内での販売額を現地法人(Amazon.co.jp)の売上高に計上する方針に転換。2017年と2018年分の法人税計300億円を納付したことが報じられた[77]
アマゾン税
アメリカには、連邦として消費税はないが、州によっては売上税が設定されている。このことに関連しAmazon taxの議論がある[78]
2013年12月2日、合衆国最高裁判所は、ECサイト通販の売上税に関するニューヨーク州法が、アメリカ合衆国憲法に反し無効であるという、アマゾンらによる訴えを却下した[79]

Amazonの特徴[編集]

レコメンデーション機能[編集]

Amazonの最大の特徴は強力なレコメンデーション機能にある。現在のところAmazonはレコメンデーションの実用レベルの最先端を走っているという見方が支配的であり、技術の向上にも余念がない。実際、近い将来には顧客の宗教や思想まで含めて営業活動に反映させることが可能となるといわれる。技術的にはすでに開発済みで、米国で特許を申請している[80]。また、パーソナライゼーション技術の解説記事においても、Amazon.comはひとつの成功例として語られることが多い。一方、レコメンデーション自体は個人の趣味嗜好、場合によっては思想信条、性的な関心といったきわめてクローズドな情報を収集する過程を含む。このためプライバシーの観点からの問題提起が出されることも多い。

Amazon.comのレコメンデーション機能は、A9といわれるエンジンによって行われている。この場合のレコメンデーション機能とは、過去の購入履歴などから顧客一人ひとりの趣味や読書傾向を探り出し、それに合致すると思われる商品をメール、ホームページ上で重点的に推奨する機能のことである。たとえばAmazon.co.jpの「トップページ」や「おすすめ商品」では、そのユーザーが過去に購入、閲覧した商品と似た属性を持つ商品のリストが自動的に提示されるが、それはレコメンデーション機能の一部である。シリーズ物の漫画などの購入をレコメンドする場合にはちょうど新刊が出たころに推奨し、似たような傾向の作品をも推薦する。以上の意味で、Amazonのレコメンデーション機能は協調フィルタリングに分類されると考えてよいだろう。

Amazon.co.jpの機能はAmazon.comにおいても装備されている。Amazon.co.jp、Amazon.comのポータルサイトのユーザーインターフェースは、言語を除きほとんど同じであるため、以降は動作の説明を要する場合には、Amazon.co.jpのポータルサイトの操作方法に準拠して説明する。

ASIN[編集]

Amazon Standard Item Number の略。Wikipediaの一部の記事にも使われているASINコードは、10桁のアルファベットと数字により構成されるAmazon.comの商品識別番号である[81][82] 。原則としてひとつの商品に対してひとつのカタログ(商品詳細ページ)・ASINが登録される。Amazon.comとAmazon.co.jpで同じ商品を扱っている場合は、同一のASINコードになる。2006年12月まで、書籍のASINコードはISBNのコードと同一であった。2007年1月以降、ISBN規格の変更にともない、以前10桁であったISBNの桁数が13桁へ変更された。しかし、現在のところASINコードの桁数は10桁で変更はないため、両者の間で齟齬が生じている。

カスタマーレビュー[編集]

ユーザーは商品に対して星5つを満点として評価をすることができる(これを「レビュー」と呼ぶ)。また、レビューの読者は投稿されたレビューが参考になったかどうか、「はい」か「いいえ」の票を入れることで評価できる。Amazon.comでは、Amazon Vineの対象商品などを除き、発売前の商品に購入者レビューを書き込むことはできない。かつてAmazon.co.jpでは発売以前にレビューを書き込み評価点数までつけることができた[83]。このため発売前に思い込みや期待値を書いた購入者レビューが多数含まれてしまい、購入後に実物を触って評価した適切な購入者レビューを埋没させていた。

Amazon.co.jpでは、最低でも1回はそのアカウントを使用してAmazon.co.jpにて商品購入をしていないと、購入者レビューを書き込むことができない。しかし、一度でもAmazon.co.jpで買い物したアカウントを使用すれば、レビューを書き込む商品をAmazon.co.jpから購入していなくとも購入者レビューを書き込めてしまう。米法人のAmazon.comではアカウントを作成すれば誰でも情報の投稿ができるシステムを採用している。

アフィリエイトサービス[編集]

Amazonはアフィリエイトサービスと呼ばれる、店子を開設するサービスを提供している。そのサービスは、SOAPプロトコルによる高度なサービスをはじめとし、単なるXSLTテンプレートファイルを置くだけで店子を開設することのできるXSLTエンジンも提供している。店子は売り上げによって報酬を受け取ることができる。このサービスはさまざまなサイトで利用されている。

プライバシーの問題[編集]

Amazonは、趣味や嗜好に関する情報を過度に集め、仕様上、個人情報が簡単に公開できてしまう傾向があることを指摘し、注意を喚起する議論があった[84]。米国Amazonは、子どもの個人情報を親の許諾なく収集していることで消費者団体から苦情を寄せられた経緯がある[85]。また、「ほしい物リスト(Wish List)」が「子どもと性犯罪者の接触機会を高める」という指摘が従来からあった[86]。なお、Amazonは「ウィッシュリストは、ユーザーが欲しいものを公開するシステムであり、欲しいものが一致した場合物々交換が行われることがあるが、アマゾン上ではない取引のためアマゾンは関与しない」としている。2008年、Amazon.co.jpでも「ほしい物リスト」の仕様による情報の漏洩が話題となった[87]。詳細は「Amazon.co.jpの項の「ほしい物リストとプライバシーの問題」の節」を参照。

Amazonはサインイン(ログイン)しなくとも、ブラウザに保存されているクッキーを元にアクセスした者を特定して、過去の購買履歴や評価した内容を元に「お薦め」の商品をトップページに提示するため、サインアウト(ログアウト)しなければ、アクセスに使用したブラウザ・ソフトを立ち上げた人間はだれでもサインアウトしなかった人の読書傾向や購買傾向を知ることができる。とりわけ書籍の購入リストはその者の思想・良心の自由を侵害するおそれが大きいため問題となる。

マーケットプレイスで購入した場合、出品者に住所や氏名などが開示される仕様である。

電子書籍[編集]

Amazonでは、電子書籍端末および電子書籍関連サービス「Kindle」を展開している。

アマゾン・アップグレードサービス[編集]

買った本を自宅に置いたまま、職場や旅行先でも読める新たなサービス。インターネットを利用可能な場所ならばどこでも、Amazonに接続して閲覧することができる[88]

電子インク端末[編集]

Amazon.comは2004年に設立した社内研究施設のLab126において、電子ブックリーダーの研究・開発を開始した。端末と電子書籍サービスのブランド名はグラフィックデザイナーのMichael Patrick Cronanによって「灯をともす」を意味する「Kindle」と名付けられた。

2007年11月19日にアメリカ国内限定でKindle First Generationが発売された。この端末は4階調グレースケール表示に対応した6インチ電子インクディスプレイキーボードを有し、250MBの内部メモリとSDカードスロットを備えていた。発売後数時間で完売し、翌年4月まで在庫なしのままだった。2009年2月23日には読み上げ機能を加え内部メモリを増強したKindle 2が発売された。これ以降のKindle端末ではSDカードスロットは省かれている。同年10月19日には国際版が発売され日本でも販売された。現行の電子インク端末は2012年10月1日に発売が開始されたKindle Paperwhiteである。

LCD端末[編集]

電子インク端末のラインとは別に、タッチパネルに対応する7インチ・カラーLCDディスプレイを有するKindle Fireはアメリカで2011年11月15日に発売された。OSはAndroidを元に独自に開発したものを搭載し、ネットブラウジングなどタブレット端末としての機能も備えている。2012年09月6日に第二世代Kindle Fireが、2012年9月14日には7インチHDディスプレイディスプレイを持つKindle Fire HDが、2012年11月16日にはさらに8.9インチ版Kindle Fire HDが発売された。

アマゾン・ウェブサービス[編集]

Amazonはアマゾン ウェブサービス(AWS)として、Amazon S3などのいわゆるクラウドコンピューティングサービスを提供しており、年々サービス規模を拡大している。本サービスを提供するためのデータセンターは米国(US EastおよびUS West1, US West2)、欧州(アイルランド)、アジア・パシフィック(シンガポール、東京[89])、南米(ブラジル)に置かれている。また米国の政府エージェント専用のGov Cloudも提供している。

Amazon Appstore for Android[編集]

2011年3月22日、Android向けのアプリケーションを提供するAmazon Appstoreがオープンした。アプリには有料と無料のものがあるが、「free app of the day」という形で、通常は有料のアプリを日替わりで無料提供するサービスも行っている。ただし、無料アプリを入手する場合でもAmazon.comの顧客アカウントが必要である[注 1]

購入はAndroid搭載の携帯機器にAmazon Appstoreアプリをインストールしてから行う[90]。あらかじめパソコンからアクセスしてアプリを購入しておいてから、携帯機器で再アクセスしてダウンロードすることも可能である。

パソコンでAmazon.comにログインしてAmazon Appstoreでアプリを閲覧すると、すでに別のアプリをダウンロードしたことがある顧客であれば、同じ携帯機器で使用可能かどうかが表示される。また、パソコン上でのTest Drive(お試しプレイ)が可能なアプリもある[注 2]。一方、(3G4Gではなく)Wi-Fi接続しなければダウンロードできないアプリもある。

Amazon ビデオ[編集]

Amazon ビデオはインターネットのビデオ・オン・デマンドサービスである。ドラマや映画などのライブラリーのレンタルおよび購入に加え、プライム会員は指定されたライブラリー作品を無料無制限で視聴できる。プライム会員だけが視聴できる作品もある。作品の自社制作や独占配信も行っており、それらの作品群には「Amazon ORIGINAL」のブランドが冠される。2015年、自社制作作品の『Transparent(トランスペアレント)』がゴールデングローブ賞の最優秀シリーズ賞を受賞し、ストリーミングサービス作品としては初めての受賞となった。

備考[編集]

J・K・ローリングの手作り本『The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)』を、ロンドンで開かれたサザビーズオークションで195万ポンド(約4億5,000万円)で落札し、これを連想させる限定版をAmazonのみで販売した[91]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年6月現在、アメリカ合衆国在住の顧客のみが対象となっている。
  2. ^ Test Drive はアプリを Amazon.com のクラウド上で起動し、インターネット経由で遠隔操作するもので、アプリそのものがパソコンにインストールされるわけではないが、ほぼそれと同じ感覚を体験できる。

出典[編集]

  1. ^ Amazon>Investor Relations>Annual Reports and Proxies>2012 Annual Report>38P>CONSOLIDATED BALANCE SHEETS>Total stockholders’ equity
  2. ^ a b c アマゾン・ドット・コム「有価証券報告書」2013年(平成25年)4月26日関東財務局提出
  3. ^ a b c d e AMAZON.COM, INC. FORM 10-K For the Fiscal Year Ended December 31, 2017 Google Finance
  4. ^ Amazon tops 600K worldwide employees for the 1st time, a 13% jump from a year ago GeekWire
  5. ^ AMAZON.COM, INC.(AMZN)”. MarketScreener. 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ a b c AMAZON.COM, INC.”. NASDAQ. 2018年7月4日閲覧。
  7. ^ ガーファ【GAFA】 - デジタル大辞泉 コトバンク. 2018年12月27日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ GAFA Approach to Digital Banking Transformation Accenture. 2018年12月27日閲覧。
  10. ^ ファング【FAANG】 - デジタル大辞泉 コトバンク. 2018年12月27日閲覧。
  11. ^ 焦点:FAANG株の「落日」鮮明、スダック弱気相場入りで ロイター. (2018年12月21日, 15:21) 2018年12月27日閲覧。
  12. ^ https://www.amazon.co.uk/
  13. ^ https://www.amazon.fr/
  14. ^ https://www.amazon.de/
  15. ^ https://www.amazon.ca/
  16. ^ https://www.amazon.co.jp/
  17. ^ https://www.amazon.cn/
  18. ^ https://www.amazon.it/
  19. ^ https://www.amazon.es/
  20. ^ https://www.amazon.com.br/
  21. ^ https://www.amazon.in/
  22. ^ https://www.amazon.com.mx/
  23. ^ https://www.amazon.com.au/
  24. ^ https://www.amazon.nl/
  25. ^ https://www.amazon.com.tr/
  26. ^ https://www.amazon.ae/
  27. ^ “Person of the Year – Jeffrey P. Bezos”. Time. (1999年12月27日). オリジナルの2000年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20000408032804/http://www.time.com/time/poy/bezos5.html 2008年1月5日閲覧。 
  28. ^ Jeff Bezos: The King of e-Commerce”. Entrepreneur.com. 2017年8月23日閲覧。
  29. ^ AMAZON COM INC (Form: S-1, Received: 03/24/1997 00:00:00)”. nasdaq.com (1997年3月24日). 2014年7月15日閲覧。
  30. ^ Amazon's Jeff Bezos: With Jeremy Clarkson, we're entering a new golden age of television Retrieved August 18, 2015.
  31. ^ Nazaryan, Alexander (2016年7月12日). “How Jeff Bezos is Hurtling Toward World Domination”. Newsweek. http://www.newsweek.com/2016/07/22/jeff-bezos-amazon-ceo-world-domination-479508.html 2016年7月12日閲覧。 
  32. ^ Staff, Writer (2014年6月21日). “Relentless.com”. The Economist. http://www.economist.com/node/21604559/print 2016年7月12日閲覧。 
  33. ^ a b c Byers, Ann (2006), Jeff Bezos: the founder of Amazon.com, The Rosen Publishing Group, pp. 46–47, ISBN 9781404207172, https://books.google.com/books?id=Nz43wixr2IcC&pg=PA47 
  34. ^ Amazon Company History”. 2013年5月6日閲覧。
  35. ^ Spiro, Josh. “The Great Leaders Series: Jeff Bezos, Founder of Amazon.com”. Inc.com. 2013年2月7日閲覧。
  36. ^ Neate, Rupert (2014年6月22日). “Amazon's Jeff Bezos: the man who wants you to buy everything from his company”. The Guardian. https://www.theguardian.com/theobserver/2014/jun/22/jeff-bezos-amazon-boss-wants-to-sell-you-everything 2018年6月28日閲覧。 
  37. ^ Rivlin, Gary (2005年7月10日). “A Retail Revolution Turns 10”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2005/07/10/business/yourmoney/10amazon.html?ei=5090&en=c805d53acf76f2b3&ex=1278648000&partner=rssuserland&emc=rss&pagewanted=all 2011年8月4日閲覧。 
  38. ^ Amazon company timeline. Corporate IR. (January 2015). http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-corporateTimeline. 
  39. ^ Spiro, Josh. “The Great Leaders Series: Jeff Bezos, Founder of Amazon.com”. 2018年7月1日閲覧。
  40. ^ Jeff Bezos reveals what it's like to build an empire and become the richest man in the world — and why he's willing to spend $1 billion a year to fund the most important mission of his life Business Insider, Retrieved May 11, 2018
  41. ^ World's Largest Bookseller Opens on the Web. URLwire. (October 4, 1995). http://www.urlwire.com/news/100495.html. 
  42. ^ Murphy Jr., Bill. “'Follow the Money' and Other Lessons From Jeff Bezos”. 2018年7月1日閲覧。
  43. ^ a b "Forming a Plan, The Company Is Launched, One Million Titles". Reference for Business: Encyclopedia of Business, 2nd ed. Retrieved September 1, 2012.
  44. ^ Spector, Robert (2002). Amazon.com: Get Big Fast 
  45. ^ Amazon's job creation plan comes amid labor pains USA Today, January 13, 2016
  46. ^ アメリカで広がる都市間格差 将来の日本も?|NHK NEWS WEB
  47. ^ Amazon.com | 2002 People's Voice / Webby Award Winner”. The Webby Awards. 2017年11月15日閲覧。
  48. ^ Amazon、ロボットメーカーのKiva Systemsを7億7500万ドルで買収ITmedia ニュース 2012年3月21日
  49. ^ アマゾン、約2万円の3Dスマホ 通販サイトと連動日本経済新聞 2014年6月19日
  50. ^ アマゾン・ドット・コム・インク半期報告書(2010年9月27日関東財務局提出)
  51. ^ amazon.com:locations
  52. ^ Amazon.com、自前の貨物航空機の運航開始:ITpro
  53. ^ フォトレポート:アマゾンの新物流センター、最速24時間発送を支える工夫 - CNET Japan 2005年11月1日
  54. ^ Amazon、Kivaロボットが走り回る最新物流センターの動画を公開ITmedia ニュース 2014年12月1日
  55. ^ アマゾン、「Kiva」ロボットなど活用する最新配送センターを公開 CNET Japan 2014年12月2日
  56. ^ The Bezos doctrine of ruthless pragmatismフィナンシャル・タイムズ2012.07.09
  57. ^ Amazon unpackedフィナンシャル・タイムズ2013.02.08
  58. ^ 「アマゾン物流センターの過酷な労働」BBCが潜入取材ハフィントンポスト 2013年11月26日
  59. ^ ドイツで「奴隷労働」と批判された米アマゾン海外の出稼ぎ労働者を“強制収容所”に収容 -JB press2013.08.28
  60. ^ ジャン=バティスト・マレ『アマゾンはブラック企業か?』(原文)(日本語ル・モンド・ディプロマティーク
  61. ^ amazon.com Competitive Analysis, Marketing Mix and Traffic - Alexa”. alexa.com. 2020年6月20日閲覧。
  62. ^ Amazon.com Site Info”. Alexa Internet. 2017年7月4日閲覧。
  63. ^ Lextrait, Vincent (2010年1月). “The Programming Languages Beacon, v10.0”. 2012年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月14日閲覧。
  64. ^ Amazonに見る“検索とビジネス”の関わり - ITmedia 2007年11月03日
  65. ^ 米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOインタビュー(前編)
  66. ^ 今期も赤字!アマゾンの驚くべき経営手法が分かるたった1枚のグラフTHE NEW CLASSIC 2013年10月26日
  67. ^ 「家電量販、「アマゾン価格」に怒り」日経ビジネス2012年11月19日号
  68. ^ 「日本企業はアマゾンやアップルの4倍不利」ザ・ハフィントン・ポスト 2014年5月17日
  69. ^ アマゾン電子書籍…消費税ゼロ 不満爆発させる国内業者産経新聞 2014年4月13日
  70. ^ アマゾン創業者「世界最悪」=経営者を調査-国際労組連時事通信 2014年5月24日
  71. ^ アマゾンCEOが世界最悪オーナー、過剰な社員搾取と指摘新華ニュース 2014年5月24日
  72. ^ Inside Amazon: Wrestling Big Ideas in a Bruising WorkplaceThe New York Times 2014年8月15日
  73. ^ アマゾンの容赦なき労働哲学「壁を登れ!さもなくば去れ!」〜大の大人がみんなデスクで泣く現代ビジネス 2014年8月29日
  74. ^ Amazon.com Introduces New Logo; New Design Communicates Customer Satisfaction and A-to-Z Selection - Amazon.com 2008年6月4日確認。
  75. ^ アマゾンに140億円追徴 国税局「日本にも本社機能」『朝日新聞』2009年7月5日付朝刊、第1面
  76. ^ a b "AMAZON.COM, INC. FORM 10-Q For the Quarterly Period Ended September 30, 2010"
  77. ^ アマゾン、日本に納税へ方針転換 法人税2年で300億円”. 共同通信(2019年12月22日). 2019年12月22日閲覧。
  78. ^ 米で「アマゾン税」賛否、業界も議会も賛否割れる 州財政救済へ上院が法案可決 MSN産経ニュース 2013年5月18日
  79. ^ 米最高裁、NY州の売上税をめぐるアマゾンらの上訴を却下CNET News 2013年12月03日
  80. ^ 性的指向まで分かる? Amazonの「ギフトお勧め」特許ITmedia ニュース 2006年08月14日
  81. ^ Amazon.co.jp: ヘルプ > 各種サービス > Amazon.co.jp コミュニティ > リストマニア > ISBN/ASINについて
  82. ^ Amazon.com Help: Product Identifiers
  83. ^ Amazon.co.jp: ヘルプ > 新着情報 > コミュニティのガイドラインを見直しました(2009年7月3日更新)
  84. ^ 詳細化するアマゾンの個人情報収集に懸念の声 - WIRED.jp
  85. ^ Amazonに児童プライバシー侵害の疑い - ITmedia
  86. ^ Amazon.com の「Wish List」機能、プライバシー保護上問題あり? - japan.internet.com
  87. ^ 密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意? - CNET Japan
  88. ^ Amazon.com Help Amazon Upgrade 2005年11月3日米Amazon発表(日本でのサービス開始等は不明)
  89. ^ Amazon.co.jp: プレスリリース 2011年3月2日: アマゾン ウェブ サービスが日本に クラウド向けデータセンターを開設クラウドが日本に上陸
  90. ^ Amazon AppstoreAndroid Marketおよび Amazon.com から無料ダウンロードが可能。利用手順は Amazon.comサイト内の「Getting Started with the Amazon Appstore」ページを参照。
  91. ^ Amazon.co.jp: ヘルプ > 注文 > 商品情報 > 『The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)』のよくある質問

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • 横田増生『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム(朝日文庫) 』朝日新聞出版、2010年 ISBN 978-4022616845
  • リチャード・ブラントー(訳:井口耕二)『ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛』日経BPマーケティング、2012年 ISBN 978-4822249151
  • ジャン=バティスト・マレ『アマゾン、世界最良の企業潜入記』(En Amazonie. Infiltré dans le «meilleur des mondes»

外部リンク[編集]

ビジネスデータ