.cn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
.cn
中華人民共和国の旗
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)
後援組織 中国科学院
利用地域 中国の個人・団体や、中国と交易関係を持つ会社
階層構造 登録は直接第二レベルまたは第三レベルドメインに登録できる。
ウェブサイト CNNIC
テンプレートを表示

.cnとは、中華人民共和国国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。導入は1987年中華人民共和国情報産業部中华人民共和国信息产业部、Ministry Of Information Industry Of the People's Republic Of China)が管理している(情報産業部とは、日本の郵政省(現総務省にあたる中国の行政機関)。登録は中国ネットワークインフォメーションセンター(中国互联网络信息中心、China Internet Network Information Center、通称CNNIC)が行っている。

セカンドレベルドメイン[編集]

団体型ドメイン[編集]

  • .ac.cn:研究機関
  • .com.cn:会社
  • .edu.cn:教育機関
  • .gov.cn:政府関連機関
  • .net.cn:インターネット組織
  • .org.cn:中国国内団体
  • .mil.cn:中国軍関連機関

地域型ドメイン[編集]

検閲[編集]

過去にアメリカのGoogleが、中国政府からの要請を受け、検索ワードに「天安門事件」「法輪功」などを入力した場合、検閲に引っ掛かって表示させなくする、あるいは意図したサイトのみ表示させるようにしたことで非難を浴びた。しかしながら、これはホスト名の末尾が「.cn」の端末から特定の検索ワードを入力した時にのみ、検索結果を表示させなくする簡素なものだったため、末尾が.cn以外や、ホスト名を持たない端末から検索した場合は普通に表示されていた[4][5]

中国からの接続については、GmailやGoogle newsにも制限を加えている。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、台湾は台湾独自のトップレベルドメインを用いて.twとするのが一般的である。
  2. ^ 香港独自のトップレベルドメインを用いて.hkとすることも少なくない。
  3. ^ 香港と同様に、独自のトップレベルドメインを用いて.moとすることもある。
  4. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/01/30/10667.html
  5. ^ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/04/news004.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]