横田増生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横田 増生(よこた ますお、1965年 - )は、日本ジャーナリスト

略歴[編集]

1965年福岡県に生まれる。関西学院大学文学部英文科卒業。予備校講師を務めた後、アメリカのアイオワ大学大学院でジャーナリズムを学ぶ。物流業界紙の編集長を務め、フリージャーナリストになる。

アメリカ合衆国全50州で聴き取り調査を敢行した『アメリカ「対日感情」紀行』でデビュー。

長時間労働やサービス残業などの過酷な労働環境や同族経営の実態を独自取材であばいた『ユニクロ帝国の光と影』は、出版後二ヶ月の売り上げが3万部を超える勢いであったが[1]ファーストリテイリングと子会社のユニクロが文藝春秋にたいし名誉毀損訴訟を起こしたことで、同書はいっそうの注目を浴びる[2][3]。 裁判はユニクロ側の全面敗訴で終わるが、同社社長の柳井正による「ユニクロで実際に働いてみてくれ」という旨の発言を受けて、2015年10月よりユニクロで働きながら約1年間の潜入取材を敢行[4]。潜入取材にあたって妻の家に婿入りするかたちで戸籍上の姓を改名しているため、「横田増生」は現在ではペンネームとなっている[4]

著作[編集]

出典[編集]

  1. ^ 世界にはユニクロ以外の「答え」がある 労働者の視点も忘れるな〜『ユニクロ帝国の光と影』著者・横田増生氏に聞く〜 J-CASTニュース 2011/5/18
  2. ^ 高額訴訟は二審も敗訴、ユニクロは変わったか 名誉毀損2億2000万円請求裁判の顛末 東洋経済オンライン 2014年3月27日
  3. ^ ユニクロの敗訴確定 最高裁、文春記事巡る名誉毀損訴訟 朝日新聞 2014年12月10日
  4. ^ a b ユニクロに1年潜入取材してみた! - 2016年11月30日 週刊文春Web