レオナルド・フィンメッカニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィンメッカニカから転送)
移動先: 案内検索
レオナルド・フィンメッカニカ
Finmeccanica S.p.A
種類 株式会社
市場情報 ミラノ証券取引所:FNC
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
ローマ
設立 1948年
業種 機械工業
事業内容 ミサイル開発・製造
代表者 Gianni De Gennaro (チェアマン)(2016年7月現在)
売上高 129億 (2015年)
従業員数 4万7000人 (2015年)
外部リンク http://www.leonardocompany.com
テンプレートを表示

レオナルド・フィンメッカニカLeonardo-Finmeccanica S.p.A.フィンメッカーニカフィンメカニカとも)は、イタリアの機械産業持株会社である。1948年にIRI(産業復興公社)により機械工業とIRIの造船業の株を運用するために設立された。

当初は、アンサルドアルファロメオサン・ジョルジョ、サンテウスターキオ、ナヴァルメッカニカ、カンティエーリ・ナヴァーリ・デッラドリアーティコを納める会社として始まった。近年は特に自動車製造、造船、鉄道、電子工学の分野で、精力的に活動している。

現在ではイタリアで2番目の産業グループであり、先進技術に関しては1番である。航空分野、民間軍用機分野ではヨーロッパでのリーダーで、電子工学では世界でもトップクラス、宇宙分野はBAEシステムズと協業でヨーロッパ一位、防衛電子分野ではヨーロッパまたは西洋で2位、防衛システム分野とミサイルシステム、運輸、エネルギー分野でのヨーロッパのトップ企業となっている。

事業所は100以上あり、2015年の従業員数は約4万7000人でそのうち約1万7000人がイタリア国外にいる。

2000年6月、50億ユーロ以上の株式を市場に売り出され民営化された。それに続きイタリア経済大臣は資本の32.3%を保護し、その残りが市場に出ている。

2016年7月現在、Gianni De Gennaroがチェアマンを、Mauro MorettiがCEOを務めている。

2016年4月28日、2017年を持って、社名を「レオナルド(Leonardo S.p.a.)」に変更すること、およびその準備段階として社名を「レオナルド・フィンメッカニカ(Leonardo-Finmeccanica S.p.a.)」に変更することが発表された[1]。この新社名は、レオナルド・ダ・ヴィンチから付けられた[2]

グループ企業[編集]

2016年1月1日、下記の企業群は本体に吸収・再編され、4つのセクター(ヘリコプター、航空、電子機器・防衛&セキュリティシステム、宇宙)とその傘下の7つの部門(ヘリコプター、航空機、航空関連機器、機上レーダ及び宇宙システム、陸上・海上防衛用電子機器、防衛システム、セキュリティ及び情報システム)に移行した[3]

航空機産業[編集]

宇宙産業[編集]

国防向け電子機器[編集]

防衛システム(ミサイル)[編集]

エネルギーと運輸[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Finmeccanica: Shareholders' Meeting approves the change of the Company's name and the 2015 Financial Statements”. Finmeccanica (2016年4月28日). 2016年7月20日閲覧。
  2. ^ From Finmeccanica to Leonardo”. Leonardo-Finmeccanica (2016年4月28日). 2016年7月20日閲覧。
  3. ^ Finmeccanica: Mauro Moretti launches "One Company"”. Finmeccanica (2015年12月22日). 2016年7月20日閲覧。
  4. ^ 四半期報告書(第147期 第2四半期) (PDF)”. 日立製作所 (2015年11月26日). 2016年7月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]