ムック (キャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポンキッキシリーズ > ムック (キャラクター)
ムック
Mukku
対象
分類 テレビ番組のマスコットキャラクター
モチーフ 雪男
デザイン 片桐襄二
指定日 1973年4月2日
指定者 フジテレビジョン
性別
身長 185 cm
体重 110 kg
関連グッズ 参照
公式サイト ガチャピン・ムック公式WEBサイト
テンプレートを表示

ムック(生年不詳4月2日- )は、フジテレビ子供番組ひらけ!ポンキッキ』を初めとする様々なフジテレビ系番組に主として着ぐるみの形で登場するキャラクター。設定上、北極近くの島で生まれた雪男イエティ)の男の子で、年齢は永遠の5歳、身長は185cm、体重は110kgとされる。

誕生日である4月2日は『ひらけ!ポンキッキ』の放送が開始された1973年4月2日に由来する(「正確な誕生日は不明だが、テレビで日本のお友達に初めて会った日を誕生日にしている」という設定)。

概要[編集]

キャラクターについて[編集]

体は毛むくじゃらで赤色、球状の目が飛び出ている。黒目部分は眼球の中に黒い玉が入っており、ムックが動くと黒目も揺れる。重力で黒い玉が常に眼球の下にあるので、下を向いている様に見える。恐竜ガチャピンとコンビを組む(初期の設定ではガチャピンとは師弟関係であった。ムックが弟子)。性格はのんびり屋で慎重派、「○○であります」「○○ですぞ~」と子供らしからぬ口調で話す。また食いしん坊で、大きな口を開けて食べ物を投げ込む姿がユーモラス。頭の上にプロペラがあり、雪国生まれで暑さに弱いことから日本の気候に対応するために体を冷やすものとされている。日本ソフト映像倶楽部社長の片桐襄二が原案・デザイン。ビートルズジョン・レノンがモデルだという説もあった(相方のガチャピンのモデルがポール・マッカートニーであるという説と合わせて、この説は都市伝説と化しているが、根拠はない[1])。

声優は、初期は石山かつみ2014年3月まで松田重治[2]、同年4月以降は非公表。

「ポンキッキ」シリーズでの活躍[編集]

『ひらけ!ポンキッキ』放送初期では「船長(キャプテン)」が北極から連れてきたという設定で、ガチャピンと競うコーナーがあった。現在は、様々なスポーツに挑戦するガチャピンの応援役にまわっている事が多いが、『ポンキッキーズ21』にてピアノドラムダンスなど、音楽に関する特技を持っている事が明らかになり、石川直とのマーチングドラム共演や、ビヨンセの楽曲「CRAZY IN LOVE」をバックに、ガチャピンと共にPVさながらのダンスを披露した事もある。番組の1コーナー「爆チュー問題の部屋」では、ムックに類似したキャラクターが登場する話が2話あった(「黄金のムック現る」「ムックロボB発進!」)。2007年1月〜3月の間『ポンキッキ』内にて「食いしん坊ムックの日本全国食べ歩き」というコーナーをもったことがある。

ブロガー[編集]

2006年7月からフジテレビKIDSクラブ公式サイト内で開始されたガチャピンのブログでは、たまに代役でブログ担当する事がある。また書籍『ガチャピン日記』では「ムムムムムムムムム日記」(ムが9=“ムック”の意)などの付録ページを持っている。2008年11月、ガチャピンとダンテ・カーヴァーによるヒマラヤ山脈のヤラピーク登頂の際には留守番としてブログ更新し、毎回ガチャピン達の状況を伝えた。

2012年4月よりFacebookページ「フェイスムック?」を開始。2018年4月2日、自身のFacebookアカウントとブログにおいて最後の投稿を行い更新終了を宣言した[3]


別個体[編集]

ブルームク
青いムック。別次元のブループラネットから来たという設定。青い鬼の子供[4]で頭上のプロペラは危険を知らせるセンサーの機能を持ち、また頭にごく小さい2本の角があるらしい。2011年3月よりUQ WiMAXのCMに出演。CMでは、ピンクガチャ(mobileのみで、WiMAXではブルーガチャ)と夫婦という設定。

レギュラー出演番組[編集]

過去[編集]

(※特に表記のないものはフジテレビ系)。

ポンキッキシリーズ
派生番組
その他

ゲスト出演[編集]

ガチャピンと共に、フジテレビをはじめ各局のテレビ番組ラジオ番組、各種イベントなどにゲスト出演している。

関連グッズ[編集]

  • ファッションブランドコムサ・デ・モードよりガチャピン・ムックの2人をそれぞれ黒・白のキャラクターにしたグッズ「モノガチャピン・ムック」が販売されている。
  • Tシャツブランド「ice-mix」より、ムックの体をあしらったデザインのコラボパーカー「ムックパーカー」が販売されている。
  • 2005年12月にタツノコプロ制作のSFアニメ科学忍者隊ガッチャマン公認のパロディキャラクター科学忍者隊ガッチャピンがキャラクターグッズとしてリリースされ、ムックに似た「ムックン博士」が登場している。
  • 2006年冬、タワーレコードがウィンターセールのキャンペーンキャラクターとしてガチャピン・ムックを起用し、コラボグッズが販売された。その一環にガチャピン・ムックが各地で一日店長・店員をつとめ、また店内インフォメーションDJやダンスステージなどのイベントが行われた。
  • 2007年7月14日9月2日にかけ『お台場冒険王』のサテライトイベントとして、東京ジョイポリスに『ジョイポリスカフェ produced by ガチャピン・ムック』を設置。日によってガチャピン・ムックの来店イベントも行われた。
  • 2007年9月14日学習研究社と幼稚園・保育園業界への共同企画を始める。教材や教師服、運動会関連グッズなどの発売を開始。
  • 2007年9月26日、ガチャピン・ムックとアイドリング!!!のコラボレーションでCDシングル「ポンキッキメドレー2007」を発売。
  • 2008年10月より、谷川俊太郎作『ガチャピンとムックのものがたり』(扶桑社)3部作絵本プロジェクトを刊行開始。
  • 2009年1月より、子供向け絵本『とびだせ!ガチャピン ~ムックはかせのはつめいひん~』(学研)を発売。
  • 2014年2月4日ファミリーマートから中華まん「ムックまん」(50万食限定)が発売される[11]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実際に日経エンタテインメント誌に於いて、ガチャピン・ムックが公式に否定している記事もある。
  2. ^ 2000年末にカール北川、また一時期のみ千葉繁が代役を務めたことがある
  3. ^ ガチャピン&ムックSNSが終了 最後の投稿でメッセージ「また、どこかで会おうね」”. ORICON NEWS (2018年4月2日9時51分). 2018年7月18日閲覧。
  4. ^ ブルーガチャムクの秘密
  5. ^ “その名も「ガチャムク」 「ポンキッキーズ」終了から3カ月…人気コンビが帰ってくる!”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年6月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180614/geo18061405040005-n1.html 2018年6月16日閲覧。 
  6. ^ 今日からピンでやっていきますぞぉ!『ModNation 無限のカート王国』記者会見でムックが宣言 - inside-games.jp・2010年7月29日
  7. ^ ガチャピンGRAND PRIX - ModNation 無限のカート王国特設サイト
  8. ^ ムック、セシール機能性衣料の宣伝部長に-初のソロ活動 - 新宿経済新聞
  9. ^ TBC:TBC広告キャラクターにガチャピン・ムック、 ジローラモさん、坂田梨香子さんを起用
  10. ^ TBC:TBC広告キャラクターにローラさん、溝端淳平さんを起用
  11. ^ ポンキッキーズシリーズのキャラクターが中華まんに!「ガチャピンまん」と「ムックまん」を発売! - 2014年1月28日付ファミリーマート公式サイトのニュースリリースより。

関連項目[編集]

  • マルモのおきて - 登場する犬がムックに似ているから「ムック」と名付けられた。

外部リンク[編集]