ゴジラVSコング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴジラVSコング(原題)
Godzilla vs. Kong
監督 アダム・ウィンガード
脚本 テリー・ロッシオ
製作 メアリー・ペアレント
アレックス・ガルシア
エリック・マクレオド
ブライアン・ロジャーズ
出演者 アレクサンダー・スカルスガルド
ミリー・ボビー・ブラウン
レベッカ・ホール
ブライアン・タイリー・ヘンリー
小栗旬
音楽 ジャンキーXL
撮影 ベン・セレシン
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 東宝
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年3月26日[1]
日本の旗 2021年
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
(モンスターバース前作)
キングコング: 髑髏島の巨神
(キングコング前作)
テンプレートを表示

ゴジラVSコング(原題)』(原題:Godzilla vs. Kong)は、2021年公開予定のアメリカ合衆国怪獣映画

モンスターバースシリーズの第4作目で、ゴジラキングコングの対決を描く[2][3]PG-13指定[4]。ただし、『キングコング対ゴジラ』のリメイクではない[5]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

ネイサン・リンド
演 - アレクサンダー・スカルスガルド
地質学者。
マディソン・ラッセル
演 - ミリー・ボビー・ブラウン
アイリーン・アンドリュース
演 - レベッカ・ホール
バーニー・ヘイズ
演 - ブライアン・タイリー・ヘンリー
芹沢レン
演 - 小栗旬
マーヤ・シモンズ
演 - エイザ・ゴンザレス
(役名未発表)
演 - ジェシカ・ヘンウィック
ジョシュ・ヴァレンタイン
演 - ジュリアン・デニソン英語版
マーク・ラッセル博士
演 - カイル・チャンドラー
ウォルター・シモンズ
演 - デミアン・ビチル
アイリーン・チェン博士
演 - チャン・ツィイー
モナークの所長
演 - ランス・レディック
(役名未発表)
演 - ダナイ・グリラ
ジェイ・ウェイン
演 - ロニー・チェン英語版

登場怪獣[編集]

ゴジラ[編集]

キングコング[編集]

公開[編集]

アメリカ[編集]

劇場公開は、当初の予定日である2020年3月13日から同年11月20日に[6]、同年6月に新型コロナウイルス感染症流行の影響で2021年5月21日へと更に延期されていたが[7]、2021年1月の時点で公開日が前倒しされ同年3月26日となった[8]

また、ワーナー・ブラザースは2020年12月に劇場公開と同時に動画配信サービスHBO Maxでも期間限定で同時配信することを発表した[9][10]。本映画を巡っては、HBO Maxと同業の動画配信サービスであるNetflixが映画製作会社に対して2億ドル(約210億円)以上の配給権譲渡を打診していたことが複数の現地メディアから報じられるなど、去就が注目されていた[11][12]

日本[編集]

日本では東宝が配給を担当し、2021年に公開する予定となっている[13]

脚注[編集]

  1. ^ “『ゴジラ VS コング』米国公開日が前倒し、2021年3月26日に─ 米HBO Maxで同時配信へ”. THE RIVER. (2021年1月16日). https://theriver.jp/gvk-us-new-release-date/ 2021年1月16日閲覧。 
  2. ^ Fleming Jr., Mike (2015年9月10日). “King Kong On Move To Warner Bros, Presaging Godzilla Monster Matchup”. Deadline Hollywood. 2015年9月10日閲覧。
  3. ^ Masters, Kim (2015年9月16日). “Hollywood Gorilla Warfare: It’s Universal vs. Legendary Over ‘Kong: Skull Island’ (and Who Says "Thank You")”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/hollywood-gorilla-warfare-s-universal-823715 2015年9月17日閲覧。 
  4. ^ “『ゴジラ VS コング』米国でPG-13指定に ─ 「動物による激しい暴力・破壊描写のため」”. THE RIVER. (2020年6月4日). https://theriver.jp/gvk-us-rating/ 2020年6月14日閲覧。 
  5. ^ Mirjahangir, Chris (2015年12月2日). “Interview: Alex Garcia – Roundtable (2015)”. Toho Kingdom. 2017年7月14日閲覧。
  6. ^ “小栗旬参加「ゴジラVSコング」アメリカ公開が2020年3月から11月に延期”. 映画ナタリー. (2019年11月26日). https://natalie.mu/eiga/news/357022 2019年11月27日閲覧。 
  7. ^ “『ゴジラ vs コング』米公開延期、2021年5月へ ─ 監督が熱いコメントを発表”. THE RIVER. (2020年6月13日). https://theriver.jp/gvk-postponed/ 2020年6月14日閲覧。 
  8. ^ “『ゴジラ VS コング』米国公開日が前倒し、2021年3月26日に─ 米HBO Maxで同時配信へ”. THE RIVER. (2021年1月16日). https://theriver.jp/gvk-us-new-release-date/ 2021年1月16日閲覧。 
  9. ^ 米映画館とネット同時配信 ワーナー、来年の新作公開”. 共同通信 (2020年12月3日). 2020年12月6日閲覧。
  10. ^ 米ワーナー、21年公開の新作映画をネット同時配信”. 日刊スポーツ (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  11. ^ 『ゴジラ VS コング』配信リリースの可能性が浮上、NetflixとHBO Maxが候補か”. THE RIVER (2020年11月26日). 2020年12月6日閲覧。
  12. ^ 『ゴジラVSコング』配信リリースに向けて交渉中 - 米報道”. シネマトゥデイ (2020年11月26日). 2020年12月6日閲覧。
  13. ^ 東宝2021年ラインナップ解禁、細田守の新作や「ゴジラVSコング」など公開”. 映画ナタリー (2020年12月15日). 2020年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]