蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
原作 XEBEC
監督 羽原信義
脚本 冲方丁
キャラクターデザイン 平井久司
メカニックデザイン 鷲尾直広
アニメーション制作 XEBEC
製作 XEBEC・PLAN L
放送局 放送局を参照
放送期間 2005年12月29日 - (特別番組)
話数 全1話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』(そうきゅうのファフナー ライト オブ レフト)は、テレビアニメ蒼穹のファフナー』の前日談となるエピソードである。2005年12月29日にテレビ東京他で放送された。平成18年度(第10回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品を受賞。

「RIGHT OF LEFT」には、「去り行く者達(LEFT)の権利(RIGHT) 」という意味が込められている。


ストーリー[編集]

蒼穹のファフナー』から一年前、人類軍とフェストゥムの両方から追われ身を隠してきた竜宮島は、フェストゥムに探知される危機を迎えていた。

未だ戦闘準備の整わない竜宮島は、ついに「L計画」という危機回避プランを実行に移す事を決定する。それは、島の一部・アルヴィス左翼部L区画を切り離して囮とし、本島へのフェストゥムによる探知をかわすという陽動作戦だった。

将陵僚・生駒裕未ら8人の少年少女達は、対フェストゥム兵器ファフナー「ティターン・モデル」のパイロットとして過酷な戦いに身を投じる事となる。

登場人物[編集]

将陵 僚(まさおか りょう)
声 - 宮野真守
本作の主人公。L計画に参加した一人で、両親は共に既に亡くなっている。両親の死後は、木造家屋に愛犬のプクと共に暮らしているが、僚自身も母親と同じ肝臓の病気に罹っており、治療のため遠見医院に通っている。非の打ちどころの無い性格だが体調の悪さもあって見た目は昼行灯のようであった。死ぬことに対する恐怖と悲しみを幼い頃から抱えているが、「何があっても希望を抱き続ける」意思の強さを持っている。竜宮島中学校では生徒会会長を務め、生駒祐未とは幼馴染。自分に生きる場所を与えてくれた竜宮島に恩返しをするためファフナー・ティターンモデルのパイロットとなり、L計画に臨む事となる。
生駒 祐未(いこま ゆみ)
声 - 甲斐田裕子
本作のヒロイン。僚の幼馴染で同じくL計画の参加者で、母親はすでに亡くなっているため、父親と二人で生活している。病気で動くことのできない父親のため、祐未は幼い頃から家事全般や父親の世話に自分の時間を費やしていた。竜宮島中学校では生徒会副会長を務め、些細なことで幸せを見つけることができる少女。ティターンモデルパイロットとしてL計画に志願、仲間達とともに生還確率の低い絶望的な戦いへと赴く。
立木 惇(たちぎ じゅん)
声 - 奈良徹
僚や祐未の同級生で、L計画に参加したパイロットの一人。冒頭で僚に「卒業するまでに、心残りが無い様にしておけ」と忠告し、一足先に「二回目の卒業」で、在校生達に見送られて出立していった。おそらくは、僚の友人。L計画の最後まで生き残ったが、脱出に乗船した潜水艦がフェストゥムに襲われ、早乙女ら大人達と共に、海の藻屑と消えた。
村上 剛(むらかみ たけし)
声 - 梯篤司
同じくL計画のパイロットの一人。同化現象で次々と消えていく仲間達の姿を見て、絶望の余り自暴自棄に「どうせみんないなくなる」と壁に殴り書いてしまい、僚を激昂させた。その後、フェストゥムとの戦闘で、ファフナーを大破させて戦死する。仲間の中で、弱音を最もストレートに出した人間的なキャラクターとして、本編の剣司とは対照的な運命を辿った。
船橋 幸弘(ふなばし ゆきひろ)
声 - ?
同じくL計画のパイロットの一人。ファフナーの操縦中に意識を失い、救出されたものの、最初に同化現象の末期的症状を起こし、僚の目の前で砕け散る。
柴田 小百合(しばた さゆり)
声 - 西野陽子
同じく、L計画に参加したパイロットの一人。ロングヘアの小柄な少女。最初に同化現象の症状が現われて倒れる
鏑木 早苗(かぶらき さなえ)
声 - 大村香奈子
同じくL計画のパイロットの一人。ショートカットの長身で大柄な少女。二番目に倒れる。
柳瀬 徹(やなせ とおる)
声 - 笹田貴之
同じくL計画のパイロットの一人。本編の小楯衛に近い雰囲気をした、やや小太り気味の少年。物語中盤で、甲板に居た僚達をロビーへ呼びに来た。三番目に倒れる。
オペレーター
声 - 黒田崇矢宮下栄治
早乙女 柄鎖(さおとめ つかさ)
声 - 大川透
L計画の責任者。彼も他の参加者同様L計画の全容は知らされていなかった。最後は脱出艇にて生き残り8人のスタッフと脱出を試みたが、海中に適応したフェストゥムの攻撃に遭い脱出艇ごと消滅。
生駒 正幸(いこま まさゆき)
声 - 永井誠
生駒祐未の父親でL計画の発案者。病に蝕まれ、寝たきり状態になっている。L計画には自身も参加するつもりでいたが、実行前に亡くなった。
皆城 総士(みなしろ そうし)
声 - 喜安浩平
僚や祐未の後輩で、中学では生徒会の書記を勤める。実はAlvisで開発中の新型ファフナー(後の本編での、ノートゥング・モデル)のパイロット候補の一人。L計画の終了後に、必ず僚達を迎えに行く事を約束する。
総司令の息子という立場故に、昔から世界と島の全容を知っていたので、自分でファフナーを駆って島を守りたいと考えていた。しかし、起動実験中に、見えないはずの左目が見えてしまうことから、ファフナーとの一体化が果たせず、断念せざるを得なくなった(本編を補完する内容)。彼にしかできない役目として、皆城公蔵より、分離統合型のジークフリード・システムに入るよう促される。
蔵前 果林(くらまえ かりん)
声 - 木村亜希子
同じく僚達の後輩で、総士と共に生徒会の書記をしており、新型ファフナーのテストパイロットでもある。総士の義姉弟である為、彼女も初めから、島の秘密を知っていた。犠牲を払ってまで存続しようとする島のやり方を認められないものの、それしか道がないことも理解している。眼鏡はファフナーの起動実験を幾度も行ったことに伴う同化現象によって眼が紅くなったことを友達に隠すためのものである。劇中ではマーク・ツヴァイに搭乗する。僚がL計画に参加している間、愛犬プクを預かる事になる。
皆城 公蔵(みなしろ こうぞう)
声 - 中田譲治
Alvisの総責任者で司令官。フェストゥムによる島発見の危機を回避する為、生駒が発案したL計画の実行を承認する。更に万が一、竜宮島のコア(後の本編の皆城乙姫)が、敵のフェストゥムに同化されて、乗っ取られてしまった時の場合(本編の7〜9話に登場した人工島は、島のコアがフェストゥム・イドゥンに同化されてしまった為に全滅した)に備えて、レールガンを含めた、島の大半の武器を敢えて封印する事を決定した。しかしこれが皮肉にも、後に本編の第二話にて、自らの死の遠因になる。
日野 恵(ひの めぐみ)
声 - 小宮和枝
Alvisのスタッフで、L計画に参加するパイロット達の訓練教育を担当した。本編に登場する日野道生の母親であり、日野洋治の妻でもある。後に本編の第一話にて、蔵前果林と共にフェストゥムの犠牲となってしまう。
真壁 史彦(まかべ ふみひこ)
声 - 田中正彦
Alvisの副司令官として、常に公蔵の傍らにいる。公蔵と共にL計画の打ち合わせで、何度も生駒家に訪れていた。後の本編にて、公蔵亡き後の島の全責任を担う事になる。
遠見 千鶴(とおみ ちづる)
声 - 篠原恵美
アルベリヒド機関の研究主任であり、同時に竜宮島の医師として、パイロットや島民の健康管理を司っている。肝臓に持病を持つ僚の主治医でもある。
真壁 一騎(まかべ かずき)
声 - 石井真
総士の幼馴染で僚の後輩。副司令の息子なのだが、島の秘密は一切知らされておらず、自分の父親のもう一つの姿も当然知らない。総士とはかつて大変仲が良かったが、ある時期から急に傍から見ていて不自然なほど疎遠になっている。ごく普通の中学生として、他の同級生とも自分からは殆ど交わりを持たずに、ただひたすら近藤剣司からの決闘を受けて立つ日々を過ごす。後の本編の主人公。
羽佐間 翔子(はざま しょうこ)
声 - 松来未祐
総士や一騎の同級生で病弱な少女。彼女も一騎同様、島の事情は知らない。僚と同じく肝臓病を煩い、遠見医院に通院しているため、彼とは顔なじみになっている。僚の持病が親ゆずりであるという会話から、薄々自分が母親と血の繋がりが無い事に感づいている。

この他にも遠見真矢、近藤剣司、近藤彩乃、要澄美など、本編『蒼穹のファフナー』のキャラクターが数多く登場する。

用語[編集]

L計画(エルけいかく)
蒼穹のファフナー』より約一年前、生駒正幸が立案。アルヴィスの位置をフェストゥムのみならず「新国連」にも知られないための作戦。指揮官、オペレーター、メカニック、医師、そしてファフナーパイロットに選ばれた8人の少年少女、計40名で構成されている。なお、フェストゥムの読心能力による計画の破綻を防ぐため、参加者に計画の全容を知る者は一人も居ない。
概要:アルヴィスの左翼部分L区画を分離させLボートとし、潜行してアルヴィスの防空圏外を離脱、事前プログラムで定められた航路を「竜宮島」に偽装し進むことで敵を引き付け、作戦終了をもってLボートは放棄・消滅させる。作戦期間は2か月の予定。
  • 作戦名の由来:L計画のLはLEFT(去る、あるいは左)という意味を持つ。
  • 陣形:4機あるファフナーに選抜された8人が1機につき2人ずつ15分ごと(1人あたりの担当時間は450秒、つまりは7分30秒)に交代しながら敵を倒す。※途中にて、弾薬などの問題から「戦闘時間延長」といわれていたが、僚や裕未の説得により延長はまぬがれた。
  • 一定時間が過ぎる毎にLボート内の閉鎖区画が解放され補給が与えられるシステムになって2か月が経過するのを耐えられる様になっている。「特攻作戦」では無かったため最終的には脱出用の潜水艦が用意されていた。
  • 作戦終了時、計画参加者は全員死亡。
  • 備考:戦いの記録が残ったテープレコーダーが流れ着いたコックピットから見つかる。一年後、それは戦いのための貴重な資料として使われる。
Lボート
フェストゥムと新国連の目をごまかすため囮として切り離された竜宮島(アルヴィス)の左翼。2か月間の戦闘の後フェンリルによって消滅した。
ティターンモデル
ファフナーのプロトタイプの一つ。全部で4機開発されカラーリングは紅色となっている。背部に装備されたサイレーンドによって海中でも行動ができるよう設計されている。ジークフリード・システムを内蔵しているためパイロットに凄まじい負担をかけ、活動時間は極端に短い(450秒)。そのため、操縦中に気を失うパイロットもいた。また、ノートゥングモデルよりも同化現象の進行が遥かに速く、L計画期間である2か月間に選抜されたパイロットのほとんどが身体が結晶化してしまった。そのこともパイロットたちを苦しめる原因となった。装備は短剣型のルガーランス。加えてミサイルと腕部にバルカンが搭載されている。試作機体とはいえノートゥングモデルに匹敵するパワーを持っていた。開発コードはTSX001〜004。結果的に4機あるうちの2機は戦闘中に大破、使用不能となり、1機はフェンリルを使用、もう1機はそのフェンリルに巻き込まれたと思われる。
ジークフリード・システム(L計画)
L計画では、4機のティターンモデルにそれぞれ搭載されている。フェストゥムの読心を防ぎ、かつパイロット同士の意思疎通を可能にする唯一の手段。各パイロットには決められたパートナーがおり、そのパートナーと一緒に戦闘を行うことになっている。
フェストゥム
身体の99%を珪素で構成されたシリコン型生命体。他の生物と同化することを目的に行動する。読心能力によって相手の思考を読むことができ、人類の戦術はことごとく読まれてしまうため、対等に渡り合うためにはファフナーに搭乗して読心能力を防ぎながら戦うことが求められる。海中では活動不可能とされていたが、後に進化して活動可能となったことがL計画により確認。ちなみにフェストゥムとは「祝福」を意味する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

イメージソング「DEAD SET
作詞 - atsuko / 作曲 - atsuko、KATSU / 歌 - angela
エンディングテーマ「Peace of mind
作詞 - atsuko / 作曲 - atsuko、KATSU / 歌 - angela
挿入歌「果て無きモノローグ
作詞 - atsuko / 作曲 - atsuko、KATSU / 歌 - angela
  • 壁の落書きのシーンと同化現象によりパイロット達が消えてゆくエピソードで使われている。これらの曲はangelaのアルバム『PRHYTHM』に収録されている。また、「DEAD SET」、「Peace of mind」に関してはシングルも発売されている。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送日時
関東広域圏 テレビ東京 2005年12月29日 26:25 -
大阪府 テレビ大阪
岡山香川県 テレビせとうち 2005年12月30日 26:15 -
北海道 テレビ北海道 2005年12月30日 26:40 -
福岡県 TVQ九州放送 2005年12月30日 27:10 -
愛知県 テレビ愛知 2006年1月4日 26:48 -

DVD[編集]

  • スペシャル版:DISC1本編収録、DISC2映像特典DISC(未放映シーン集/キャストインタビュー/番宣スポット集収録)
  • 通常版:DISC1 本編収録

また2009年2月4日に発売された『蒼穹のファフナー DVD-BOX』には、本編で使用されなかったシーンを追加し再アフレコを行った完全版が収録されている。

脚注[編集]


外部リンク[編集]