デビルサバイバー2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビルサバイバー2
ゲーム:デビルサバイバー2 (DS)
デビルサバイバー2 ブレイクレコード (3DS)
ゲームジャンル シミュレーションRPG
対応機種 ニンテンドーDS
ニンテンドー3DS
開発・発売元 アトラス
ディレクター 髙田慎二郎
キャラクターデザイン ヤスダスズヒト
音楽 伊藤賢治
メディア DSカード
プレイ人数 1人
発売日 日本の旗
2011年7月28日 (DS)
2015年1月29日予定 (3DS)[注 1]
売上本数 DS:106,460本[4]
レイティング CEROB(12才以上対象)
漫画:
デビルサバイバー2 -Show Your Free Will-
原作・原案など アトラス
作画 沙垣長子
出版社 アース・スター エンターテイメント
掲載誌 コミック アース・スター
レーベル アース・スター コミックス
発表号 2011年9月号 -
巻数 全2巻
漫画:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION
原作・原案など アトラス(原作)
上江洲誠(脚本)
作画 汐田晴人
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊Gファンタジー
レーベル Gファンタジーコミックス
発表号 2013年1月号 -
巻数 既刊2巻(2013年9月現在)
アニメ:DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION
原作 「デビルサバイバー2」 (ATLUS)
監督 岸誠二
シリーズ構成 上江洲誠
キャラクターデザイン 佐嶋悦史
音楽 中川幸太郎
アニメーション制作 bridge
製作 「デビルサバイバー2」
アニメーション製作委員会、MBS
放送局 放送局参照
放送期間 2013年4月4日 - 6月27日
話数 全13話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト コンピュータゲーム漫画
アニメ
ポータル ゲーム漫画アニメ

デビルサバイバー2』(デビルサバイバーツー、DEVIL SURVIVOR 2)は、2011年7月28日に発売されたニンテンドーDSシミュレーションRPG

悪魔を使役し、侵略者と戦うシミュレーションRPG。『女神異聞録デビルサバイバー』の続編で、キャラクターデザインは前作に引き続きヤスダスズヒト。ボス(セプテントリオン)デザインは鬼頭莫宏

2013年4月より6月までテレビアニメ版が放送された。また、追加要素が含まれた『デビルサバイバー2 ブレイクレコード』(デビルサバイバーツー ブレイクレコード)がニンテンドー3DS向けとして2015年1月29日に発売予定。

ストーリー[編集]

平和な日本を突如襲った危機。悪魔を使役する力を得た主人公達13人の悪魔使いは、謎の侵略者「セプテントリオン」と戦うことになる。しかし極限状態に追い込まれ、次第に仲間達との軋轢と対立が起こる中、主人公は未来への決断に迫られる。残された時間はあと7日間。

ゲームシステム[編集]

縁システム
主人公と悪魔使いたちとの会話等で絆を深めることで縁(えにし)のランクがアップし、能力ボーナスや新たな悪魔の合体解禁などの特典が得られる。ストーリー展開、エンディングにも大きく関わってくる要素である。
ニカイア (Nicaea)
通称「死に顔動画」。友人(主要人物)の死に様が動画で配信される携帯サイトで、その映像の出来事は近い将来において起こるため、プレイヤーの行動次第でその死を回避することができる。
前作のラプラスメール同様、ストーリーに関わるゲームシステム。
アドオン (ADD-ON)
悪魔合体の際に使用すると、合体後の悪魔をプレイヤーの好みにカスタマイズして強化することができる。
効率の良いバトルを行うと取得される。HP増加にMP増加、耐性スキルを与える等、種類は多彩。
悪魔全書
初めて仲魔にした悪魔はデビルオークションや悪魔合体で入手した際、自動的に悪魔全書に登録され、以降はマッカを支払うことでも悪魔を仲魔に加えることができるようになる。また、悪魔の解説文を閲覧できたり、成長させた仲魔を任意で上書き登録することも可能。成長させた悪魔ほど多くのマッカが必要になる。
マルチエンディング
誰と共にポラリスと謁見するかの選択によりエンディングが分岐し、土曜日にダイチにつくか、ロナウドにつくか、ヤマトにつくかを選べる。通常はこの3つだが、プレイヤーの行動次第で更に他の道を選ぶこともできるようになる。
サバイバーズ・アワード
いわゆる実績システム(やり込み要素)で、クリアデータをロードすると達成できた実績項目に応じてポイントが獲得でき、ポイントを使うことでクリア前に所持していた仲魔やマッカ、デビルオークションのデータを引き継げたり、悪魔全書を半額にできる、新たな悪魔(隠しボス)と戦えるなど、様々な特典が得られた状態でゲームの最初から新しく始めることができる。実績項目はステータス画面で確認が可能。

登場人物[編集]

※声は、テレビアニメ版の声優。DS版はボイスなし。3DS版、ブレイクレコードの声優は公式サイトでのキャラクター紹介ではテレビアニメ版と同じキャスティングになっている。

主要人物[編集]

主人公(デフォルト名なし)
声 - 神谷浩史
本作の主人公。高校3年生の18歳。6月6日生まれのふたご座。好きな食べ物は甘いもの。好きな音楽はJ-POP・クラシック。特技は、小学生の間習っていたピアノ。家族構成は父・母。天然パーマの少年で、パーカーのフードにはウサギの耳を思わせる飾りが付いている。模擬試験からの帰り道途中に「ニカイア」のメールを見て自分が死ぬことを知り、悪魔を使役する力を得る。
自分の気持ちに関わらず、重大な選択を決めなければならないこととなる。
テレビアニメ版での名前はヒビキ / 久世響希(クゼ ヒビキ)。第一話で四聖獣ビャッコを召喚し、後にスザクも召喚する類稀なる資質の持ち主。最終話でルシファーを悪魔合体で召喚した。
ダイチ / 志島大地(シジマ ダイチ)
声 - 岡本信彦
主人公の幼馴染で親友。主人公と同じ学校に通う高校3年生の18歳。8月15日生まれのしし座。好きな食べ物は焼肉。家族構成は父・母。明るい現代っ子で、あまり物事を深く考えない。
主人公と家に帰る途中に「ニカイア」のメールで自分が死ぬことを知り、悪魔を使役する力を得る。
急変する状況に翻弄され、良くも悪くも一般人としての感性を持つ。
アニメでは最初のうちはポルターガイストオバリオンなどの弱い悪魔しか召喚できずに苦悩していたが、最終的にはじゃあくフロストまで召喚できるようになった。
イオ / 新田維緒(ニッタ イオ)
声 - 内田彩
主人公らと同じ学校に通う高校3年生。18歳。才色兼備の優等生で男子生徒の憧れの的。
主人公らと地下鉄の駅で出会い、ニカイアのメールで自分が死ぬことを知り、悪魔を使役する力を得る。
控えめな性格で人に嫌われるのを怖れ、周囲の意見に合わせようとする。
アニメではキクリヒメなどを召喚し、サポート役に回っていたがルーグを召喚した際に体を憑依される。
ヤマト / 峰津院大和(ホウツイン ヤマト)
声 - 諏訪部順一緒方恵美(幼少期)
気象庁・指定地磁気調査部、通称「ジプス」の若き局長。
ジプスの創始者一門である峰津院家の嫡男であり、17歳の若さで組織のトップとして局員を統率している。
傲岸不遜な性格で、弱者を激しく嫌うが、悪人ではなく、強者にはそれなりに敬意を払う一面もある。日本守護のためには手段を選ばない冷徹さも持ち合わせる。
現在の日本には守る価値がないと考えており、ポラリスに謁見し世界を作り変え、完全なる実力主義の世界を作り出そうとしている。そのために一般人には価値を認めておらず、当初は主人公も見下していたが、セプテントリオンを打ち破ってみせた彼の実力を評価し、それほどの力が市井に埋もれるような世界には価値無しとして強行に走る。
開発段階では双子の妹が存在していたうえ、デザイン画や名前もできあがっており、ストーリーの展開次第で影武者として登場する予定だったが、最終的には没案となっている[5]
アニメでもゲームと同じくケルベロスを召喚し、最後の闘いでは悪魔合体でサタンを作り出した。
マコト / 迫真琴(サコ マコト)
声 - 沢城みゆき
ジプス東京支局の局員。26歳。凛とした雰囲気を持つ大人の女性。悪魔使いとなった主人公達をジプスに誘う。
かつてはシンクロナイズドスイミング日本代表を目指していたが、大怪我を負い、道を断念せざるを得なくなる。そんな失意の中にいた時ジプスに誘われたという経緯を持つため、新たな生き甲斐を与えてくれた組織に絶対的な忠誠を誓っている。
ヤマトの冷徹非情なやり方に疑問を抱く一方で、組織に逆らえないジレンマに悩んでいる。
フミ / 菅野史(カンノ フミ)
声 - 山口立花子
ジプス名古屋支局の局員。21歳。常に気だるげな表情をしたツインテールの女性で、白いチャイナドレス姿が特徴。科学知識やコンピュータ技術に長け、様々な研究を行っている。
研究ができるという理由でジプスに参加しているため、研究以外のことには全くの無関心(着用しているチャイナドレスも趣味ではなく、オトメに面白がって着せられたもの[5])。
卓越した頭脳の持ち主だが、他人に対する思いやりに欠けた所がある。また、悪気はないが相手を馬鹿にした発言を取ることも多い。
オトメ / 柳谷乙女(ヤナギヤ オトメ)
声 - 井口裕香
ジプス大阪支局の局員。24歳。女医としてジプスの医療全般を担当している。
母性溢れる優しい性格の持ち主で、ユーモアもあり局内での人気は高い。小春という義理の娘がいるが、患者の治療対応に忙殺され、あまり娘との時間が取れていない。
ケイタ / 和久井啓太(ワクイ ケイタ)
声 - 斎藤楓子
大阪在住の高校2年生。16歳。ボクシング部に所属し、プロ選手を目指している。
馴れ合いを嫌い、誰ともつるまない一匹狼然とした少年で、強くなりたいという目的でジプスへの協力に乗る。
口が悪く、近寄りがたい雰囲気を持つが、根は優しい。何かと自分に構うジュンゴを鬱陶しがっているが、憎みきれないでいる。
ヒナコ / 九条緋那子(クジョウ ヒナコ)
声 - 小清水亜美
大阪在住のダンサー。19歳。露出の高い派手な格好(キャラクターデザイン担当のヤスダスズヒト曰く「レーティングに引っかかったら修正しようと思っていたがそのまま通った」とのこと[5])をしたポニーテールの女性。日本舞踊の名家の生まれで、様々なダンスを勉強している。
正義感が強く、悪魔の蔓延る日本の惨状に我慢できず、自らジプスへの協力を申し出る。
アイリ / 伴亜衣梨(バン アイリ)
声 - 阿澄佳奈
名古屋在住の高校1年生。15歳。家族は災害の際、九州に避難している。ヒナコには「バン子」と呼ばれている。
かつてはピアニストを目指しており、コンクール優勝の経験もあるが、家庭事情により生活に困窮をきたしたため、道を断念している。しかし、それでもピアニストへの夢を諦めきれていない。
活発な少女だがひねくれた性格で、特にヒナコに対して憎まれ口を叩くことが多い。背が低いことを気にしている。
ジュンゴ / 鳥居純吾(トリイ ジュンゴ)
声 - 浪川大輔
名古屋在住の板前。19歳。口調がやや片言。争いごとを嫌い、あまり感情を見せない物静かな少年。
やや天然で純粋かつ温厚、優しい性格だが、仲間を傷付けようとする者に対しては我を忘れるほどの怒りを見せる。
得意料理は茶碗蒸しで、腰には亡き親方から貰った包丁を常時携帯し大事にしている。
ジョー / 秋江譲(アキエ ユズル)
声 - 真殿光昭
貿易会社に勤める会社員。25歳。飄々とした男でつかみどころがない。フミには「ジョーンズ」と間違えて呼ばれている。
悪魔に襲われているところを主人公たちに助けられ、以降行動をともにする。
名古屋に病弱で入院中の恋人がいるが、何故かあまり会いたがらない。
ロナウド / 栗木ロナウド(クリキ ロナウド)
声 - 小山力也
ジプスに反抗する暴徒たちをまとめる元刑事のリーダー。26歳。ジョーには「クリッキー」と愛称で呼ばれている。
生まれも育ちも名古屋だが、母親がブラジル人で、ブラジルではロナウド・アラメダ・クリキという名前を持つ[5]
かなりの熱血漢、正義漢であり、ジプスに見捨てられた人々のために立ち上がった。弱きを助け、強きを挫く性格だが、敵対する者に対しては非情な一面を見せることもある。
峰津院家とは何らかの因縁を持ち、ヤマトを憎悪している。ストーリーが進むにつれ、ジプスの協力者でありながら共闘したり一般人のためにも戦う主人公に対し、友情を抱くようになる。
憂う者
声 - 櫻井孝宏
主人公達の前に現れる中性的な容姿をした銀髪の少年。神秘的で人ならざる雰囲気を持つ。
行く先ごとに姿を見せ、主人公のことを「輝く者」と呼び、様々な問いかけをし、時に協力、時に敵対する。
強力な悪魔を従えており、自身も強大な力を秘めている。召喚アプリを使わずに悪魔を喚び出すことができる。
主人公の選択によっては、ミザールの伴星、輔星のアルコルとしてセプテントリオンの姿で前に立ちはだかる。また別の選択をすると仲間になり、その場合はアル・サダクと名乗る。
正体はポラリスの統一意思から離反したセプテントリオンであり、人類に文明を与えた存在。だがそれによって急速な発展を遂げた人類は種としての飽和を迎えたとポラリスに判断され、存在の抹消を決定させてしまった。それを悔いた彼はかねてから力を貸していた峰津院家の当主・ヤマトにそのことを伝え、人々に身を守る手段として死に顔動画と悪魔召喚アプリを与えた。
ティコ
声 - 男:森嶋秀太 女:井上喜久子
死に顔サイト「ニカイア」のナビゲーター。
新規登録の際、執事風の姿をした男性かバニーガール風姿の女性かを選べる。男性は丁寧な口調で話し、女性は大雑把でテンションが高い。
ゲーム序盤はプレイヤーに戦闘システムについて解説し、以降は1日の終わりごとにその日の出来事のおさらいをしてもらえ、聞くことができる。

その他の人物[編集]

ボティス
声 - 遠藤大智
憂う者の配下で、拘束具を身に纏った半人半蛇の姿を持つ堕天使。
主に忠実な性格。好戦的ではないが、邪魔する者には容赦しない。
フミを操りどこかへハッキングさせていた。
ビフロンス
声 - 宮下栄治
憂う者の配下で、髑髏のような頭を持つ堕天使。黒い貴族服を身に纏い、燭台を携えている。
子供のような口調で喋るが、好戦的で残忍な性格の持ち主であり、憂う者にたしなめられていることも多い。また、渋々従っている節も見られる。
憂う者の命令を受け、メラク同様大阪にあるタワーを狙った。
カーマ
声 - 森嶋秀太
アリオトを撃破するためにジプスの手で封印を解かれた悪魔の1体。語尾に「ネ」をつけて喋る。フェティシストだが憎めない性格。
アイリの色気に魅せられ姿を現すが、顔やスタイルでは無く臍に反応して登場したため、彼女の怒りを買ってしまう。
シヴァ
声 - 徳本英一郎
アリオトを撃破するためにジプスの手で封印を解かれた悪魔の1体。強力な破壊神でカーマには非常に恐れられている。
ヒナコの舞踊に魅せられ、姿を現す。
デラデカ
プレイヤーの行動次第で出会うことができる名古屋出身の刑事。ジプスに狙われており、身を隠しつつも、ある人物を探している。
その素性は彼と絆を深めていくことで明らかになる。
小春
声 - 小山さくら
オトメの義理の娘。幼いながらも、母と血の繋がりが無いことを気にしている。悪魔でしりとりするのがマイブーム。
じゅんご(選択によってポチ、タマも可能)
ジュンゴが拾った猫。負傷していたところを、主人公とオトメと共に助けた。選択肢によって名前が変わる。
ジュンゴによって、たくさんの芸を教えられ、プロレス技もできる模様。

セプテントリオン[編集]

ドゥベ
日曜の侵略者。貪狼星を司る。
キノコに似た形状を持つ。円形部分が徐々に膨張し、最終的に爆発を起こす。その威力は巻き込まれた人々が灰と化すほどで、爆発の範囲は膨張の大きさによる。
戦闘の際は全ての攻撃が無効化されるため打つ手無しだが、ダイチの特攻により弱体化し攻撃が効くようになる。
ダイチの特攻後もドゥベが無敵状態のままでいるので進行不可能となるマジコン対策が施されている。
アニメ版では更に円形部分の穴からビームを発射する能力をもつ。
メラク
月曜の侵略者。巨門星を司る。
2体1対で大阪の通天閣を狙って出現。自爆を行う円形の子機「メラクミサイル」を無数に排出する他、強力な冷気のレーザーを前方に向けて発射する。
フェクダ
火曜の侵略者。禄存星を司る。
水晶に似た組織で構成された輪のような全身から、強力な雷撃や風を放つ。1体の巨大な侵略者に見えるが、その正体は2体の異なる個体からなるセプテントリオンであり、自由に分離・合体することができる。
メグレズ
水曜の侵略者。文曲星を司る。
3体1対で機雷のような姿を持ち、球状の体表には棘のような「芽」が至る所に存在している。太平洋に出現し、「芽」を日本各地へと放っている。体表の「芽」自体がそれぞれに意思を持ち、悪魔を召喚したり地震を起こしたりして人間を襲う。前述のドゥベは、メグレズの「芽」が成長したものとされている。
アリオト
木曜の侵略者。廉貞星を司る。
地上絵を思わせる外殻を纏い、大気圏を飛行している。体内には強力な神経毒を溜めこんでおり、それを爆弾として上空から落下させる。セプテントリオンの中でも屈指の巨体を誇り、ゲーム中ではその中枢であるアリオトコアのみと戦う。
ミザール
金曜の侵略者。武曲星を司る。
巨大な紫色の球体に、小型の球体が数珠繋ぎとなった触手を持つ。攻撃が加えられるとその部位が分裂して急成長し、巨大化して新たなミザールとなる。こうして無限に分裂と増殖を繰り返すため、凶悪な存在となっている。
ベネトナシュ
土曜の侵略者。破軍星を司る。
他のセプテントリオンと比べてやや小型で、涙滴型を逆さにしただけの非常にシンプルな外観をしている。身体から悪魔召喚アプリに干渉する特殊な周波数を発し、悪魔を強制帰還させることや新たな悪魔の召喚を封じることが可能。さらに、人間の攻撃を一切受け付けない「人間不可侵」というスキルを所持している。
その正体は日曜から金曜までの全てのセプテントリオンの力を持ち、内部にも他のセプテントリオンを内包する(ドゥベとメグレズ、メラクとフェグダ、ミザールとアリオトと、それぞれのセプテントリオンの特徴を組み合わせた3体と、黒地に白の縞模様が入った本体に分裂する能力)という、最強の存在である。
アルコル
輔星を司る。
7体のセプテントリオンを倒し、自らの意思を示した主人公の前にポラリスとの謁見する力があるか見定めるためにセプテントリオンとして立ちはだかる「憂う者」。人間の姿と同様の赤と黒の縞柄の六面体として姿を現す。
ポラリス
最後の審判者。北極星を司る。
大災害を起こした元凶であり、「世界の管理人」なる存在。人間は生きる価値を失った存在と判断し、世界を崩壊させた。それでも生き残った人間に生きる意志があるか試すため、「試練」としてセプテントリオンを送り込む。
ダイチはポラリスの力を借りて元の世界に戻すか、ポラリスを倒して支配からの脱却を目指すかの二択を示す。
ヤマトはポラリスの力を借りて自らの野望を実現させようと目論んでいる。
ロナウドはポラリスの力を借りて全てにおいて平等の世界を作ろうとしている。
アル・サダクは人類の自由のため自らが新たな世界の管理人になろうとしている。

用語[編集]

悪魔召喚アプリ
本作は「COMP」ではなく携帯アプリとして、悪魔との契約者が持つ携帯電話に強制インストールされる。
呼び出された悪魔を倒し、契約することで悪魔使いとなれるが、ある程度霊力を持った者でなければ扱うことはできない。
アニメでは召喚主の命令に「ムリムリ」と背く行動等も見受けられた。
ジプス(Japan Meteorological Agency, Prescribed Geomagnetism research Department. 略称:JP's)
気象庁・指定地磁気調査部。大災害に見舞われた際に姿を見せ、活動を開始する。一般の局員は黄色の制服、上層部の局員は黒い軍服を着用している。
何らかの目的を追っているらしく、主人公たち悪魔使いを取り込み日本防衛のため、セプテントリオンと戦う。
食糧や薬を独占しており、被災者を救済しないために一部の被災者が反感を抱き、暴徒と化している。また、召喚アプリを悪用する不正使用者の排除も行っている。
一部には被災者を気遣う局員もいるが、その意見は上層部には受け入れられていない。
セプテントリオン
ポラリスによって日本各地に1日1体ずつ送り込まれる悪魔とは異なる存在である侵略者。極めて無機的な外見が特徴。ラテン語北斗七星を意味し、各個体の名称は北斗七星を構成する星の名前からとられている[6]

デビルサバイバー2 ブレイクレコード[編集]

ニンテンドー3DS向けで2015年1月29日発売予定。オリジナル版をベースとして新キャラ、新シナリオ等の追加要素を加えた改良版。アニメ版と同じく声はフルボイスで再現予定。

当初、2013年7月11日発売予定だったがクオリティアップのために2013年秋に発売を延期。その後、さらに2014年(時期未定)に発売延期告知の後、長らく動きが無かったが、2014年9月に上記の通りに再告知された。

主要スタッフ

漫画[編集]

デビルサバイバー2 -Show Your Free Will-
作画:沙垣長子、『コミック アース・スター』(アース・スター エンターテイメント)連載、2011年09月号 - 。
新田維緒の視点で物語が描かれている。ゲーム本編の主人公には「景山 紘」(かげやま ひろ)という名前が付けられている。
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION
脚本:上江洲誠、作画:汐田晴人、『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)連載、2013年1月号 - 。

ソーシャルゲーム[編集]

2013年4月10日からソーシャルゲーム『デビルサバイバー2 THE EXTRA WORLD』がMobageでリリースされた。基本プレイ無料のアイテム課金制。

テレビアニメ[編集]

DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』(デビルサバイバーツー ジ・アニメーション)のタイトルで、2013年4月より6月まで『アニメイズム』第2部 (B2) にて放送された。

メガテンシリーズ『ペルソナ4』 (P4) のアニメ版『Persona4 the ANIMATION』の監督を担当した岸誠二が再びメガテンシリーズのアニメ版監督を担当した作品でもあるが、アニメ制作は『P4』とは異なり、bridgeが担当している。

演出上、ヒビキが最初から白虎を召喚したり、悪魔合体が最終回まで登場しなかった等、ゲームとはかなりの差異がある。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 「デビルサバイバー2」(ATLUS)
  • 企画 - 福場一義、武智恒雄、臼井久人、稲葉貢一、木谷高明、岡部俊一、大橋千恵雄、竹田靑滋
  • 監督 - 岸誠二
  • 助監督 - 平井義通
  • シリーズ構成・脚本 - 上江洲誠
  • キャラクターデザイン原案 - ヤスダスズヒト
  • 悪魔デザイン原案 - 金子一馬
  • セプテントリオンデザイン原案 - 鬼頭莫宏
  • キャラクターデザイン - 佐嶋悦史
  • アニメーションデザイナー - 伊藤依織子
  • 悪魔デザイン - 神戸洋行
  • プロップデザイン - 中山初絵
  • エフェクトデザイン - 松本剛彦
  • 美術監督 - 下山和人
  • 色彩設計 - 舟田圭一
  • 撮影監督 - 佐藤勝史
  • CGプロデューサー - 井野元英二
  • CGディレクター - 越田祐史
  • 編集 - 高橋歩
  • 音響監督 - 飯田里樹
  • 音響効果 - 奥田維城
  • 音楽 - 中川幸太郎
  • エグゼクティブ・プロデューサー - 菊池貞和、丸山博雄
  • プロデューサー - 石原良一、福田順、川村仁、町田晋、田中文啓、植竹なつき、新宿五郎、須田泰雄、前田俊博
  • アニメーションプロデューサー - 須田泰雄
  • 制作 - bridge
  • 製作 - 「デビルサバイバー2」アニメーション製作委員会[注 4]MBS

主題歌[編集]

DS版OP「夢幻の世界」 歌 - 嵯峨絹子

レーベル:TOY'S FACTORY

オープニングテーマ「Take Your Way」(第1話 - 第8話、第11話 - 第13話)
作詞・作曲・編曲 - kz / 歌 - livetune adding Fukase (from SEKAI NO OWARI)
エンディングテーマ「Be」(第1話 - 第9話、第11話 - 第13話)
作詞 - KG-K9shot、武雄 / 作曲 - WolfJunk、KG-K9shot、武雄 / 編曲 - 安達練、WolfJunk、Song Riders / 歌 - Song Riders
挿入歌「Each and All」(第10話)
作詞 ・作曲・編曲 - kz / 歌 - livetune adding Rin Oikawa (from Q;indivi)
第10話ではEDとして使われた。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 悪魔総作画監督 アイキャッチ
EPISODE 01 1ST DAY
憂鬱の日曜日
平井義通 佐嶋悦史、糸島雅彦、稲吉智重
大塚健、桜井正明、相坂ナオキ
中山初絵、韓賢重
佐嶋悦史 - 久世響希
志島大地
EPISODE 02 2ND DAY
激動の月曜日I
古田丈司 清水一伸 佐嶋悦史、韓賢重、森本由布希
高乗陽子、山口光紀、渡邊健一
河合桃子、糸島雅彦、岡山思菜子
新田維緒
峰津院大和
EPISODE 03 2ND DAY
激動の月曜日II
政木伸一 稲吉朝子、住本悦子 森本由布希 韓賢重[注 5] 和久井啓太
九条緋那子
EPISODE 04 2ND DAY
激動の月曜日III
柿本広大 鎌仲史陽 梶本鐘男、深川可純、津幡佳明
森本由布希、高木晴美、渡邉健一
- 迫真琴
菅野史
EPISODE 05 3RD DAY
不穏の火曜日I
橋本裕之 石原恵治、高乗陽子、伊藤依織子
渡邉健一、深川可純、佐嶋悦史
桜井正明、佐藤陵
栗木ロナウド
EPISODE 06 3RD DAY
不穏の火曜日II
京極尚彦 中川聡 青野厚司、安藤義信、古川秀一
韓賢重、森本由布希、渡邉健一
佐藤陵 判亜衣梨
鳥居純吾
EPISODE 07 4TH DAY
変容の水曜日I
古田丈司 中山初絵、伊藤依織子、森本由布希
桜井正明、韓賢重
- 柳谷乙女
秋江譲
EPISODE 08 4TH DAY
変容の水曜日II
小林孝志 河合桃子、山口光紀、深川可純
実原登、韓賢重
佐藤陵 久世響希
アルコル
EPISODE 09 5TH DAY
驚愕の木曜日
政木伸一 牛島勇二 桜井正明 アルコル
EPISODE 10 6TH DAY
決別の金曜日
神代冬弥
松園公
江副仁美 こかいゆうじ、松本勝次、佐々木一浩
渡邊健一、石川恵理、深川可純
河合桃子、高木晴美、番由紀子
佐藤陵 新田維緒
EPISODE 11 7TH DAY
それぞれの土曜日
平井義通
小林孝志
小林孝志 高乗陽子、深川可純、佐藤陵
SNIPES、山口光紀、渡邊健一
廣瀬智仁、鎌田祐輔
柿田英樹(エフェクト)
桜井正明 峰津院大和
EPISODE 12 LAST DAY
結実の日曜日I
橋本裕之 後藤孝宏、北丘しのぶ、築山翔太
桜井正明、伊藤依織子、番由紀子
渡邊健一、深川可純、安藤義信
梶本鐘男、石川恵理、臼田美夫
- 迫真琴
EPISODE 13 LAST DAY
結実の日曜日II
古田丈司 平井義通 伊藤依織子、河合桃子、高木晴美
福島勇、森本由布希、渡邊健一
桜井正明 久世響希

中盤以降、次回予告が放送されなかったり『恋愛ラボ』番宣に差し替えられ、後日公式サイトや配信サイトで公開する形式となった回もある。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
近畿広域圏 毎日放送 2013年4月4日 - 6月27日 木曜 26:05 - 26:35 TBS系列 製作局
字幕放送
関東広域圏 TBSテレビ 2013年4月5日 - 6月28日 金曜 26:25 - 26:55 字幕放送
中京広域圏 中部日本放送 金曜 27:10 - 27:40
日本全域 BS-TBS 2013年4月13日 - 7月6日 土曜 24:30 - 25:00 TBS系列
BS放送
ニコニコ生放送 2013年4月14日 - 7月7日 日曜 23:30 - 24:00 ネット配信
ニコニコチャンネル 日曜 24:00 更新
バンダイチャンネル 2013年4月15日 - 7月8日 月曜 24:00 更新

Blu-ray / DVD[編集]

発売:ポニーキャニオン

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2013年6月19日 第1話 PCXG-50261 PCBG-51611
2 2013年7月17日 第2話 - 第3話 PCXG-50262 PCBG-51612
3 2013年8月21日 第4話 - 第5話 PCXG-50263 PCBG-51613
4 2013年9月18日 第6話 - 第7話 PCXG-50264 PCBG-51614
5 2013年10月16日 第8話 - 第9話 PCXG-50265 PCBG-51615
6 2013年11月20日 第10話 - 第11話 PCXG-50266 PCBG-51616
7 2013年12月18日 第12話 - 第13話 PCXG-50267 PCBG-51617

※ 2015年1月30日(3DS版『~ブレイクレコード』発売の翌日)には、Blu-ray BOXが発売予定。

Webラジオ[編集]

TVアニメ「デビルサバイバー2」 ラジオ ニカイア
2013年4月4日から7月11日まで、HiBiKi Radio Station音泉で隔週木曜日に配信されていたラジオ番組。パーソナリティは、森嶋秀太(ティコ 男ver 役)[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当初、2013年7月11日発売予定だった。[1]その後、2013年秋、さらに2014年(時期未定)と2度の発売延期を経て[2]、2014年9月上記の通りに再告知された[3]
  2. ^ 今作では主要人物とジプス局員のみ担当。
  3. ^ 龍脈の龍、ポラリスのデザインも担当。
  4. ^ ポニーキャニオンクロックワークスショウゲートトイズファクトリーブシロードソニーPCLダックスプロダクション、ブリッジ
  5. ^ クレジットされたのは7話からだが、7話では「悪魔総作画監督#03〜#07」となっている。

出典[編集]

  1. ^ 「デビルサバイバー2 ブレイクレコード」の発売日が7月11日から「2013年秋」に延期へ - 4Gamer.net”. 4Gamer.net. Aetas (2013年5月10日). 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ 「デビルサバイバー2BR発売延期のお知らせ」 - デビサバエクスプレス”. デビサバエクスプレス. アトラス (2013年10月31日). 2013年11月11日閲覧。
  3. ^ 「デビサバ2BR 1月29日発売決定!」 - デビサバエクスプレス”. デビサバエクスプレス. アトラス (2014年9月20日). 2014年9月20日閲覧。
  4. ^ 電撃 - 3DS『カードファイト!! ヴァンガード』が4.4万本を売り上げ2位に! 3DS『ルイージマンション2』はハーフミリオンを達成”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2013年4月18日). 2013年9月29日閲覧。
  5. ^ a b c d 週刊ファミ通編集部 『デビルサバイバー2 公式設定資料集』 エンターブレイン2011年10月27日ISBN 978-4-04-727639-0
  6. ^ 「デビルサバイバー2 発売直前プレイレポート」、『ニンテンドードリーム』第16巻第9号、徳間書店、2011年7月、 p.37、2011年7月23日閲覧。
  7. ^ TVアニメ「デビルサバイバー2」ラジオ配信決定”. ライツ&アセットラボラトリーズ. 2013年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]

毎日放送 アニメイズム B2
前番組 番組名 次番組
絶園のテンペスト
※26:00 - 26:30
DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION