アルコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルコル
Alcor
仮符号・別名 おおぐま座80番星[1]
星座 おおぐま座
視等級 (V) 4.010[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 13h 25m 13.53783s[1]
赤緯 (Dec, δ) +54° 59′ 16.6548″[1]
赤方偏移 -0.000030[1]
視線速度 (Rv) -8.9km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 120.21 ミリ秒/年[1]
赤緯: -16.04 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 39.91 ± 0.13 ミリ秒[1]
距離 81.68 ± 0.27光年[注 1]
(25.06 ± 0.08パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 2.015[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 A5V+M3-4V [1]
色指数 (B-V) +0.16[2]
色指数 (U-B) +0.08[2]
別名称
別名称
BD +55 1603[1]
HD 116842[1]
HIP 65477[1], HR 5062[1]
SAO 28751[1]
■Project ■Template

アルコル (Alcor) は、おおぐま座恒星で4等星。北斗七星を形作るミザールの脇にある。

概要[編集]

アルコルとミザールとの距離は12分 (満月の半径程度) である。ある程度の視力があればミザールとアルコルを分離して見ることができる。14世紀のアラビアの辞典編集者フィルザバディ英語版によれば、かつてアラビアでは al-Ṣaidak (テスト) と呼ばれ、2つの星が分離して見えるかどうかで視力を試していたとする[3][4]

特徴[編集]

太陽から、ミザールは約86光年、アルコルは約82光年の距離にあり、また両星の距離は約4光年離れている。どちらも、おおぐま座運動星団に属するが、この2つの星が見かけの二重星なのか、重力的に束縛された真の連星なのかについての結論は出されていない。2009年に、それぞれ独立した2つの研究グループが「アルコルは赤色矮星との連星系であり、四重連星系のミザールと重力的に結ばれている六重連星系である」とする説を発表している[5][6]

名称[編集]

学名は g Ursae Majoris (略称はg UMa) 、または80 Ursae Majoris (略称は80 UMa) [1]。固有名のアルコル または アルコア の由来には以下の2つの説がある。

  • アラビア語で「かすかなもの」という意味の al Khawwar に由来するという説[3][7][8]
  • 元々 ε星に付けられていた alーjaun (黒い馬、または黒い牡牛) という名称が、西洋で g星の名称として誤って伝わり、それがラテン語化されたときに訛って Alkor となったとする説[3][9]

後者の説においては、本来の名前は「忘れられたもの」「拒絶されたもの」を意味する سها (Suhā) であったとする[3][9]

中国語では、この伴星を「星」と呼ぶ。宋の時代の道教の書『雲笈七籤』24巻「日月星辰部」では北斗七星と弼星とあわせ北斗九星とされた。

日本の場合、地方によっては「寿命星」などとよばれ、この星が見えなくなると年内に死ぬ、といったような迷信がある[4]。ただし、それまで見えていたアルコルが見えなくなるのは老眼のせいであろうと考えられるため、ひとえに間違いであるとは言い切れない部分もある。また「添え星」という呼び名もあり、それは江戸時代の『節用集』にもあらわれ、後陽成天皇の宸翰『星の圖』にもカタカナで書かれている。野尻抱影は「中国の輔星を訳したものか」と考えた[4]

アルコルの登場する作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算 (誤差も同様) 、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ALCOR. 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版
  3. ^ a b c d Richard Hinckley Allen. “Star Names — Their Lore and Meaning”. 2014年7月29日閲覧。
  4. ^ a b c 野尻抱影 『星と伝説』 創元文庫、1952年、30-31頁。 
  5. ^ First Known Binary Star Is Discovered to Be a Triplet, Quadruplet, Quintuplet, Sextuplet System”. ScienceDaily (2009年12月13日). 2014年7月29日閲覧。
  6. ^ Parallactic motion for companion discovery: an M-dwarf orbiting Alcor”. The Astrophysical Journal (2010年2月1日). 2014年7月29日閲覧。
  7. ^ 原恵 『星座の神話 -星座史と星名の意味-』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣2001年、105頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  8. ^ 近藤二郎 『星の名前のはじまり』 (新版) 誠文堂新光社2012年8月、96頁。ISBN 978-4-416-21283-7 
  9. ^ a b Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern Star Names. Sky Publishing. pp. 56-58. ISBN 978-1-931559-44-7.