キングオブキングス (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キングオブキングス
ジャンル シミュレーションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
開発元 アトラス
発売元 ナムコ
人数 1 - 4人
メディア [FC]カセット
発売日 [FC]1988年12月9日
テンプレートを表示

キングオブキングス』は、ナムコ1988年12月9日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第48弾。最大4人での同時プレイが可能なシミュレーションゲーム。開発はアトラスで、キャラクターイラスト担当は金子一馬。ソフトにN106音源チップを搭載する。

概要[編集]

ゲームはあらかじめ用意された全4シナリオでコンピュータと対戦するキャンペーンモード「ルシファーとの戦い」と、自由にマップを選んでコンピュータやプレイヤーと対戦できる「マルチプレイモード」がある。

ナムコアンソロジーに収録されたアレンジ版でのキャンペーンモードはファミコン版とはストーリーやマップなどが異なる。一方で「マルチプレイモード」では一部ファミコン版にもあったマップが再登場している。

ゲームシステム
キングオブキングスにおいては総大将にあたる「キング」がゲームの軸となっており、相手のキング(FCキャンペーンではルシファー)を倒すことが勝利条件となっている。そのために、プレイヤーは都市占領などで資金を調達し、ユニット(後述)とよばれるキャラクターを生産(召喚)し攻撃行動を行う(理論上は都市占領・ユニット生産なしで勝利を収めることもできるが、非現実的である)。ユニットにはファイターゴブリンなど複数の種類があり、同じユニットでも対戦種族によってATK(攻撃力)とDEF(守備力)が異なるため、ユニット間の"相性"を考慮して戦術を練らないと勝利は難しい。
また、「マルチプレイモード」においては「同盟」というものが存在し、同盟国同士は互いにユニット同士の攻防は出来ないが、同盟国以外の勢力を全て倒すと勝利扱いとなる(同盟はプレイヤーが設定可能)。そのため複数人プレイの場合は同盟システムを用いたチーム戦を楽しむことも可能である。
生産システム
プレイヤーはキングのユニットを城に置くことによって、他のユニットを生産(召喚)することが出来る。ユニットの生産には資金を消費するシステムとなっており、資金は毎回自分の番が回ってくるたびに一定額の収入がある。また、町や城を占領することによって収入を増やすことが出来る。キングは生産した直後に城を移動し、進撃・攻撃をすることも可能(但し城以外では生産が出来なくなる)。
ユニット
ユニットは上記のファイター・ゴブリンのほかに、エルフドラゴンなどファンタジーに登場するキャラクターが中心となっている。各ユニットにはレベルが設定されていて、ユニットは敵ユニットを倒すことでレベルアップする。レベルは9段階で、最低がレベル1・最高がレベル9で、レベル9になるとレベル表示が王冠マークになる。レベルが上がるとATK(攻撃力)が上がり、ユニットとの対戦において有利となる仕組みとなっている。一方で、レベルが上がっても基本的に守備力は変わらないため、高レベルのユニットでも油断すると相性の悪いユニットによって潰走してしまう場合があり、このシステムが絶妙なゲームバランスを作り出している(但し一部のユニットはレベルを上げると上級職へとクラスチェンジし、守備力を含め能力が大幅に上がるようになっている)。またユニットの中には特殊な効果をもつ「魔法」を使うユニットがおり、魔法を使ったターンは敵ユニットに直接攻撃することは出来ないが、使った魔法によってさまざまな特殊効果が発生する。
なお、キャンペーンモードではユニットの生産種類に制限があり、初めは生産できるユニットの種類が少なく、後半のシナリオになるにしたがって種類が多くなる。
戦闘システム
戦闘は相手キャラの周囲(縦横斜め)に直接隣接することで攻撃を仕掛けることができる。戦闘はレベルや相性に関わらず、お互いのユニットが相手に1回ずつ攻撃を加えるシステムとなっている。戦闘時、攻撃側にはレベルによって攻撃補正が、守備側には地形効果によって防御補正が加えられる。ポイントとしては、攻撃を仕掛けた側が必ず先制攻撃できる上、このゲームでは部隊数によって攻撃回数が決まるため、ユニット同士の相性にもよるが攻撃を仕掛けた方が断然有利となる場合が多い。また、ユニット同士の相性が悪ければ悪いほど敵を倒したときに得られる経験値が高くなるため、こちらのATKが高いならばあえて積極的に狙っていくのもひとつの戦術と言える。
移動システム
ユニットにはそれぞれ決められた移動力を備えており、進撃の際はその移動力の範囲内で移動することができる。また地形によって消費する移動力は異なり、平地や道路では消費移動力は少なく、山や森では消費移動力が高い。もっとも、ユニット説明で後述するように、ユニットごとに地形消費移動力は大きく異なる。
またこのゲームでは移動力のほかにユニットはそれぞれFOODを持っており、移動するたびにFOODを消費するシステムになっている。FOODが0になると移動ができなくなるが、都市やモンク系の魔法でFOODの補給が出来、またFOODが尽きても未行動でターン終了をすれば次ターンに1回移動する分のFOODは補充される。そのため、プレイヤーは侵略の際に補給線を考慮する必要がある。

ユニット一覧[編集]

ユニットには、いわゆる「小型ユニット」と呼ばれる8部隊編成のものと、いわゆる「大型ユニット」と呼ばれる4部隊編成のものがある(アレンジ版では「小型ユニット(8部隊編成)」・「中型ユニット(4部隊編成)」・「大型ユニット(1匹だけ、但し4段階の体力制なので実質4部隊)」の3種類がある)。表題の()内は各ユニットの部隊編成、および移動力について記す。

人間[編集]

人間系は全体的に守備が弱い傾向にある。またクラスチェンジの出来るユニットが存在する。

キングルシファー(FC版では4部隊編成・アレンジ版では1人、移動力7) 攻撃方法:十字架(アレンジ版では聖剣魔剣
プレイヤーの分身で、このユニットがやられるとゲームオーバーとなる。上記のように城の上でユニットの生産ができるが、一方でユニット自身の戦闘力も高く、ほぼ全てのユニットと有利に戦うことが出来る(ただしファイターとナイト系には苦戦を強いられる)。町のほかに全キャラで唯一城を占領することができる。アレンジ版では剣先から衝撃波などが出る。
ファイター(8部隊編成、移動力5) 攻撃方法:剣
全ユニット中最安値で生産することが出来るが、その分戦闘力は非常に低い。但しキングをはじめナイト以外の人間には有利に戦うことが出来る上、キング以外で唯一町を占領することが出来るため、ゲーム中においてはこのユニットをいかに活躍させるかが鍵となる。アレンジ版では「剣ファイター」という形で登場する。
ナイト(4部隊編成、移動力10) 攻撃方法:衝槍(アレンジ版ではハルバード
人間族の中では最も高価なユニット。騎馬状態のため平地での移動力が高く、ある程度の攻撃力も持つが、軽武装のため守備はやや脆い。小型ユニットの殆どと相性はいいが、ジャイアントグリフォンなど中大型ユニットとの相性は悪い。特にグリフォンは天敵ともいえるほど苦手としている。機動力は高いが入れない地形も多い。レベルを上げることでシルバーナイトへとクラスチェンジすることが可能。
シルバーナイト(4部隊編成、移動力9) 攻撃方法:衝槍
ナイトからレベルを上げることで、クラスチェンジしたユニット。クラスチェンジによってのみ生まれる上級職であるため、他ユニットのように城で生産することは出来ない(他のクラスチェンジによって生まれるユニットも同様)。ナイトよりも重武装が施されているため、移動力は微減するもののナイトの頃よりは守備力は上がっている。また他ユニットとの相性も一新され、とくに苦手としている中大型ユニットとの相性が好転している。レベルを上げることでドラゴンナイトへとクラスチェンジすることが可能。
ドラゴンナイト(4部隊編成、移動力9) 攻撃方法:ドラゴンスレイヤー
シルバーナイトからレベルを上げることで、クラスチェンジしたユニット。小型ドラゴンに跨りドラゴンスレイヤーを手に戦うため、特にドラゴン系に対して絶大な戦闘力を発揮する。ドラゴン系以外の相手に対しても攻撃力が高く守備も堅い。本作品において、キングともっとも相性がよいユニットでもある。また移動コストも大幅に変化し、それまで入れなかった地形にも入れるようになる。
モンク(8部隊編成、移動力4) 攻撃方法:法力(アレンジ版では
通常の戦闘のほかに、ユニットへの食料補給を行う「ユンク」と、ゴーレムのユニットが作成できる「レーム」の魔法が使えるユニット(ただし、下級職ユニットのため、レームの魔法を使ってもユニットが1匹も生まれない場合がある)。戦闘力自体は生身で行動しているため守備力が低く、同じ魔導師系のソーサラーとアンデッド系には強いが、それ以外のほとんどのユニットに対して弱い。レベルを上げることでプリーストへとクラスチェンジすることが可能。FC版では男性だが、アレンジ版では女性格闘家になっている。
プリースト(8部隊編成、移動力6) 攻撃方法:法力(アレンジ版では掌打と法力)
モンクからレベルを上げることで、クラスチェンジしたユニット。守備力が向上し、また「ユンク」の魔法で食糧補給だけでなく小型ユニットの部隊回復もできるようになり、さらに全ての地形を1歩で移動できるようになる。レベルを上げることでビショップへとクラスチェンジすることが可能。FC版では外見が行者スタイルだが、アレンジ版では一転して看護婦スタイルになっている。
ビショップ(8部隊編成、移動力8) 攻撃方法:法力
プリーストからレベルを上げることで、クラスチェンジしたユニット。「ユンク」の魔法では周囲にいる全種類ユニットの部隊回復ができるようになり、「レーム」の魔法ではゴーレムをほぼ確実に4部隊召喚できるようになる。防御力が高く、移動の際は敵ユニットの存在を無視してユニットをすり抜けることができるようになるため、非常に堅いユニットとなっている。また、ほぼ全キャラと互角以上に戦うことができ、特にソーサラー系にとっては天敵とも言える存在である。
ソーサラー(8部隊編成、移動力4) 攻撃方法:魔法
通常攻撃のほかに、「バル」の魔法による近接する敵全体への反撃不能攻撃と、「ネクロ」の魔法によるスケルトンの作成ができるユニット。攻撃力は比較的高いが、守備力は非常に低く、やられやすいユニットとなっている。そのため、攻撃は「バル」の魔法による間接攻撃を有効に使うのがコツとなる。レベルを上げることでメイジにクラスチェンジすることが可能。
メイジ(8部隊編成、移動力6) 攻撃方法:魔法
ソーサラーからレベルを上げることで、クラスチェンジしたユニット。戦闘力が高くなり、「バル」を使えば敵ユニットを壊滅させることが出来る上にレベルも簡単に上げることが出来る。また、プリースト同様、全ての地形を1歩で移動できるようになる。レベルを上げることでウィザードにクラスチェンジすることが可能。
ウィザード(8部隊編成、移動力8) 攻撃方法:魔法
メイジからレベルを上げることで、クラスチェンジしたユニット。「ネクロ」の魔法ではスケルトンをほぼ確実に8部隊召喚できるようになっている。攻撃力が非常に高くビショップ以外のユニットと有利に戦うことができ、さらに移動時はビショップ同様、敵ユニットをすり抜けることができる。

妖精[編集]

妖精系は全体的に割安なユニットが多く、序中盤の戦術の要となる。

ゴブリン(8部隊編成、移動力7) 攻撃方法:(アレンジ版では
妖精系の中では最も安価で雇用できる。山岳地帯を得意とし、山の地形を1歩で移動できる。ファイターにとっての天敵であり、地形防御の低いところではファイターに壊滅的打撃を与えることが出来る。ファイター以外ではエルフに対して強いが、ハーピーに対して弱い。
ハーピー(8部隊編成、移動力14) 攻撃方法:三叉矛
全ユニット中2番目という高い移動力を誇り、ヒットアンドアウェイなどの攪乱戦術を得意とする。また機動力が高く、飛行系のため移動の際に全地形を1歩で移動することができ、足の遅い敵ファイターやジャイアントの移動を先んじて妨害する戦術が採れる。戦闘面ではゴブリンに対して強いが、エルフに対して弱い。加えて空を飛ぶため地形防御を得ることが出来ないという、守備面でやや損な部分がある。
エルフ(8部隊編成、移動力7) 攻撃方法:長弓
森の移動を得意とし、森林の地形を1歩で移動できる。弓を使うため飛行系への攻撃力が高い。特にハーピーに対して強く、ゴブリンに対して弱い。ちなみにゴブリン・ハーピー・エルフの妖精3種は互いに「三すくみ」の関係にあり、ゴブリンはエルフに強いがハーピーに弱く、エルフはハーピーを得意とするがゴブリンを苦手とする、という状態となっている。
ジャイアント(4部隊編成、移動力5) 攻撃方法:棍棒(アレンジ版では鉄球
巨大で鈍重なユニット。移動力は低いが守備力が高く、際立って相性の悪いユニットもあまりいないため、地形防御の高い所に立て篭もると不沈艦と化す。一応モンクの召喚したゴーレムの攻撃に弱いが、ジャイアントもゴーレムも相性上お互いにかなりの打撃を与えることができるため、ジャイアントとゴーレムとの戦いは壮絶な殴り合いとなる場合が多い。
グリフォン(4部隊編成、移動力12) 攻撃方法:爪
飛行ユニットであり、全ての地形を1歩で移動できる。妖精の中で生産に最も多くの費用を要するが、ポテンシャルもそれに見合った高水準である。「ナイトが乗る馬を好物としている」「馬を目の敵にしている」という神話上の設定のためか、特にナイトに対して無類の強さを誇る。一方でソーサラーやエルフ、上級飛行ユニットのワイバーンとの相性は今ひとつで、ハーピーと同様地形防御が得られないため、守備面での弱点も目立つ。

ドラゴン[編集]

ドラゴン系はリザードマンを除き、いずれも高価である。またおしなべてドラゴンナイトに弱い。

リザードマン(8部隊編成、移動力8) 攻撃方法:打槍
海や川を苦にしないが山は苦手のドラゴン族で、海や川を1歩で移動できるが山岳地帯の移動には全ユニット中最多の移動力4を要する。ドラゴン系で最安価のユニットだが、他の小型ユニットと互角以上に戦えるため使いやすい。但し得意とする海や川は地形効果が全く得られないため守備に難があり、飛行キャラと同様集中攻撃されると脆い。アレンジ版では妖精系扱いとなっている。
ワイバーン(FC版では4部隊編成・アレンジ版では1部隊、移動力16) 攻撃方法:火のブレス
ハーピー・グリフォンと同様に飛行系ユニットである。移動力が全ユニット中最も高く、戦闘力も飛行ユニットとしては最強を誇り、特に下位飛行系であるグリフォンやハーピーに対して無類の強さを誇る。ただし、他の飛行系ユニットと同様地形効果が得られず、また移動力とFOODのバランスが悪いため、前線でFOOD切れを起こし孤立しやすいのが欠点である。サーペントに強いがドラゴンに弱い。
サーペント(FC版では4部隊編成・アレンジ版では1部隊、移動力12) 攻撃方法:氷のブレス
非常にクセが強く、好き嫌いが大きく分かれているユニット。陸上の地形では攻撃力が半分になる、草原を移動するだけで移動力6を要する、など欠点もあるが、海や川の地形だと、ドラゴンにも勝る最強のユニットとなる。海や川の多いマップではサーペントの存在が局面を一転させることもある。ちなみにサーペントは守備能力が高く陸に上がっても守備力の方は下がらない。ドラゴンに強いがワイバーンに弱い。
ドラゴン(FC版では4部隊編成・アレンジ版では1部隊、移動力6) 攻撃方法:火のブレス
生産で手に入るユニットの中では、攻撃力・守備力共に最も強いが、その分要求される価格も最高額である。一方で強すぎるためレベルが極めて上がりにくいという一面を持つ。移動力は低めだが、全ての地形を移動力1で移動できる。ドラゴンを打倒できるユニットは同じ高価なドラゴンか、もしくは育成に時間がかかるドラゴンナイトやウィザードなど上級職のいずれかに限定される。ワイバーンに強いがサーペントに弱い。

その他[編集]

ゴーレム(4部隊編成、移動力4) 攻撃方法:投石(アレンジ版では
モンク、プリースト、ビショップの魔法「レーム」によってのみ作られるユニット。鈍重だが安定した強さを示し、FOODが最大値の99であるため食糧補給の心配が要らない。守備力が高く、後述のスケルトンほどではないが数を減らすのが難しい。ジャイアントに対し強力な攻撃を見せるが、モンクやソーサラーの攻撃に弱い。回復にかかる費用が高く、序盤に低レベルのモンクの魔法で召喚すると、その後の回復・維持費に苦労しやすい。
スケルトン(8部隊編成、移動力4) 攻撃方法:剣
ソーサラー、メイジ、ウィザードの魔法「ネクロ」によってのみ作られるユニット。ゴーレムと同様FOODが最大値の99で、魔法使い系と相性が悪い。一方で攻撃力は非常に低いが魔法使い以外のユニットに対して非常に防御力が高いという特徴を持つ。
コカトライス(4部隊編成、移動力なし) 攻撃方法:石化ブレス
ユニットが毒沼や毒砂漠を通ったときにランダムで現れ、戦闘になることがある。FC版では「ルシファーとの戦い」でのみ登場。FC版ではなぜか倒すとレベルが極端に上がりやすくなっており、コカトライスを一匹倒しただけでユニットのレベルが1から一気に最高レベルになることも珍しくなかった。

以下はナムコアンソロジーのアレンジ版のみに登場するユニット。

剣ファイター(8部隊編成、移動力5) 攻撃方法:剣
FC版の「ファイター」にあたるユニット。基本特性はFC版ファイターと全く同じだが、下記の3種ファイターに対して有利に戦える。
斧ファイター(8部隊編成、移動力5) 攻撃方法:斧
移動力や町の占領など基本特性はファイターと何ら変わらない(下記の新登場ファイターも同様)。エルフとは互角に戦えるが、ハーピーとの相性は悪く、ややゴブリンに近い特性となっている。
槍ファイター(8部隊編成、移動力5) 攻撃方法:衝槍
ややハーピーに近い特性となっており、苦手だったゴブリンと互角に戦えるが、エルフとの相性は悪くなっている。
弓ファイター(8部隊編成、移動力5) 攻撃方法:クロスボウ
ややエルフに近い特性となっており、ハーピーとは互角に戦えるが、苦手だったゴブリンとの相性はさらに悪化している。
アレンジ版の槍ファイター、斧ファイター、弓ファイターは互いに「三すくみ」の関係となっており、斧ファイターは弓ファイターに対して、弓ファイターは槍ファイターに対して、槍ファイターは斧ファイターに対して有利に戦うことが出来、剣ファイターは他種類のファイターと有利に戦うことができるようになっている。
ケルベロス(4部隊編成、移動力8) 攻撃方法:前脚
飛行系以外の妖精族に対して優位に戦える妖精ユニット。特にジャイアントに強い。ゴブリンと同様山岳地帯を得意としており、山上を移動力1で移動できる。一方で、同じアレンジ版での新登場ユニットであるガーゴイルに弱い。
ガーゴイル(4部隊編成、移動力10) 攻撃方法:拳
FC版においてゴーレムやスケルトンの守備力が非常に高く、魔術師系以外ではダメージを与えることが難しかったため、その対策として登場した妖精ユニット。ハーピー等と同様飛行系で、上記のゴーレムやスケルトンに対して非常に強いが、一方でモンクやソーサラーに弱い。
バーバリアン(4部隊編成、移動力7) 攻撃方法:手刀
FC版においてドラゴンと互角以上に戦えるユニットが上級職に限定されていたため、その対策として登場した人間ユニット。森を得意とし、ドラゴン系に対して互角以上に戦えるが、一方で守備力が低く、最安価ユニットであるファイターやゴブリンとも互角に戦ってしまうため、使いどころが難しい。背中大剣を背負っているが、通常のユニットには空手で攻撃を行い、ドラゴン系には大剣を使って本気を出す。
ゾンビ(8部隊編成、移動力なし) 攻撃方法:ドレインタッチ
アレンジ版において、ユニットが全滅した際に「」が作られる場合があり、墓の上に乗るとゾンビとの戦闘になる(墓の有無はオプションで設定可能)。戦闘力は非常に低い。まれにゾンビではなくコカトライスが出現することがある。

地形一覧[編集]

道(地形効果0%)
大抵の部隊は移動力消費1で移動できる。サーペントも比較的軽い移動力で移動できるが、地形効果は得られない。
草(地形効果10%)
道同様大抵の部隊は移動力消費1で移動できるが、地形効果はあまり得られない。
城(地形効果50%)
道と同じ移動コストで地形効果も高いが数は限られる。また、キングしか占領できない。占領していたら毎ターン補充しながら戦える。
町(地形効果30%)
道と同じ移動コストで地形効果もそこそこ。キングとファイターのみ占領でき、占領していたら毎ターン補充しながら戦える。数も多いので拠点となる地形。
森(地形効果50%)
高い地形効果を得られるが特定部隊以外は移動コストがかかる。
山(地形効果50%)
森同様高い地形効果を得られるが特定部隊以外は移動コストがかかる。
海(地形効果0%)
地形効果は得られず、多くの部隊は入れない。
川(地形効果0%)
海と違って多くの部隊が入れるが、移動力がかかる。ここでもたもたしていると狙い打ちにされやすい。
沼(地形効果10%)
水に強いユニット以外は莫大な移動力を要求される。
砂(地形効果20%)
アンデッド系以外は移動力がかかり、入れないユニットも多い。
毒沼(地形効果10%)
基本的には沼と同じだが、ここで停止すると次のターンに食料やユニットが減ることがある。
毒砂(地形効果20%)
基本的には砂と同じだが、ここで停止すると次のターンに食料やユニットが減ることがある。

関連項目[編集]