月の裏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレメンタインが撮影した月の裏

月の裏(つきのうら)は、の、地球とは反対側の半球である。月は自転公転同期し常に地球に同じ側を向けているため、地球から見て「表と裏」の区別がある。

月の裏の観測[編集]

月の裏の大部分は、地球からまったく見ることができない。1959年ソ連月探査機ルナ3号が初めて観測した。なお、月の裏の目立つ地形は、この計画に関わったソ連の天文学者により命名されたため、ツィオルコフスキーモスクワの海など、ソ連やロシアにちなんだものが多い。

裏の大部分は見ることができないが、正確には

  • 月の公転軌道が円軌道ではなく離心率0.0549の楕円軌道なので公転角速度が変動する
  • 月の公転軸と自転軸が6.7°ずれている
  • 観測者が地球の中心からずれていることによる地心視差
  • 月が完全な回転対称の物体でないことにより自転速度が変動する

ことにより、秤動が発生し、裏でも表に近い部分は見ることができる。見ることができるのは全月面の59%、言い換えれば(表の全てと)裏の18%である。しかし、角度が水平に近く、期間も限られているため、観測条件は悪い。

月の裏の特徴[編集]

大きなが多数分布する表に対し、裏は海がほとんどない。海の割合は、表30%、裏2%である。また、裏は表よりも高低の起伏が激しく、月での最高点 (10.075km) も、南極エイトケン盆地にある最低点 (-9.06km) も、裏にある。さらに地殻がやや厚い。表は60km、裏は68kmである。

月以外の裏と表[編集]

ほぼ全ての衛星と、おそらくは太陽系外惑星ホットジュピターも、自転と公転の周期が等しく、表と裏の区別が存在する。ちなみに自転周期と公転周期が同じでなくても有理数比であれば、例えば水星のように、太陽に長時間向いている半球と短時間しか向かない半球が出来ることがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]