SCSK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SCSK株式会社
SCSK Corporation
SCSK Logo.png
種類 株式会社
市場情報
略称 SCSK
本社所在地 日本の旗 日本
135-8110
東京都江東区豊洲三丁目2番20号
設立 1969年10月25日
業種 情報・通信業
法人番号 8010001074167 ウィキデータを編集
事業内容 ソフトウェア、システムの開発・販売
代表者 田渕正朗代表取締役会長執行役員CEO
谷原徹(代表取締役兼社長執行役員兼COO
資本金 211億52百万円
発行済株式総数 1億418万1,803株
(2021年3月期)
売上高 連結:3,968億53百万円
単独:3,168億88百万円
(2021年3月期)
営業利益 連結:458億78百万円
単独:343億40百万円
(2021年3月期)
経常利益 連結:465億57百万円
単独:363億96百万円
(2021年3月期)
純利益 連結:334億35百万円
単独:316億41百万円
(2021年3月期)
純資産 連結:2,273億38百万円
単独:2,203億13百万円
(2021年3月期)
総資産 連結:3,803億39百万円
単独:3,517億34百万円
(2021年3月期)
従業員数 連結:13,979人
(2020年3月31日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 住友商事 50.64%
日本カストディ銀行(信託口) 5.84%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 3.88%
SCSKグループ従業員持株会 2.31%
(2020年9月30日現在)
関係する人物 大澤善雄(元会長)
外部リンク https://www.scsk.jp/
特記事項:住友商事の連結子会社で、住友グループ広報委員会参加企業でもある。
テンプレートを表示

SCSK株式会社(エスシーエスケイ)は、住友商事グループシステムインテグレーターユーザー系)。本社は東京都江東区

概要[編集]

住友商事の情報システム部門が独立して発足して以来、特定のハードウェアプログラミング言語に縛られない中立的なソフトウェア開発に実績があり、安定した収益力と成長性を保っている。最近[いつ?]では独立系SI企業の躍進により、ソフトウェア開発における中立性という商品的価値が落ちたことから、Curlという独自言語を保有するなど、中立性も保ちつつ独自性を出す方針に転換する動きもあるが、Curlを前面に押し出した営業は行っていない。

経済産業省(関東経済産業局所管)のシステムインテグレータ登録制度(SI・SO制度)に登録されていた[1]

2011年10月1日にCSKを吸収合併し、住商情報システム株式会社(SCS)からSCSK株式会社に商号を変更した。

主力製品・事業[編集]

ERPパッケージ

  • ProActive

Webシステム開発言語

主要事業所[編集]

  • 豊洲本社 - 2棟のオフィスビルにオフィスが跨がっている。
    • 東京都江東区豊洲3丁目2番20号 豊洲フロント
    • 東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア
  • 晴海オフィス - 東京都中央区晴海1丁目8番12号晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーZ
  • 西日本 千里オフィス - 大阪府豊中市新千里西町1丁目2番2号 住友商事千里ビル
  • 西日本 北浜オフィス - 大阪府大阪市中央区北浜1丁目8番16号 大阪取引所ビル
  • 中部オフィス - 愛知県名古屋市中区錦2丁目16番26号 SC伏見BLDG.
  • 広島オフィス - 広島県広島市中区上八丁堀4-1 アーバンビューグランドタワー
  • 九州オフィス - 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目30番23号 博多管絃ビル
  • お台場オフィス - 東京都港区台場2丁目3番1号 トレードピアお台場
  • 多摩センターオフィス - 東京都多摩市山王下2-3 SCSK多摩センター
  • 千葉物流センター - 千葉県市川市二俣717-88 NTTロジスコ内

沿革[編集]

CSK
住商情報システム(SCS)
  • 1969年 - 住商コンピューターサービス株式会社として設立
  • 1989年 - 東京証券取引所 市場第二部に上場
  • 1991年 - 東京証券取引所 市場第一部に上場
  • 2005年 - 住商エレクトロニクス株式会社と合併
  • 2009年 - 株式会社CSKホールディングスと、業務・資本提携に向けて検討を開始。
  • 2011年2月24日 - 住友商事と住商情報システムが共同で株式公開買い付けを実施し、CSKを子会社化することを発表。
SCSK
  • 2011年10月1日 - 住商情報システムを存続会社としてCSKを吸収合併し、SCSK株式会社へ商号変更。

不祥事[編集]

  • 2021年3月24日 - SCSK社員である相根浩二容疑者(42)が、顧客企業である松井証券の証券口座から2億円を不正に出金・着服したとして、3月24日、電子計算機使用詐欺罪などの容疑で逮捕された。17年6月頃から不正に入手した松井証券ユーザーのID・パスワードを使ってユーザーの株式を勝手に売却し、現金を手にしていたという。[2]

関連会社[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]