東京の地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京の地下鉄は直通運転のため郊外鉄道と同等の規格で建設されることが多い(副都心線)

東京の地下鉄(とうきょうのちかてつ)は、東京都特別区及びその周辺を走る地下鉄路線、及びその路線を走行する電車のことである。

本項では、以下の定義1の路線を中心に必要に応じて定義2の路線について解説する。

  1. 東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が経営する各路線及び東京都(東京都交通局)が経営する地下鉄(都営地下鉄)。
  2. 定義1に加え、旧運輸省都市交通審議会(後に運輸政策審議会を経て国土交通省交通政策審議会に移行)において『東京○号線』の計画番号を与えられた路線。
  3. 東京都特別区内のすべての地下鉄道路線。

概要[編集]

当初、東京の地下鉄の事業者は東京地下鉄道及び東京高速鉄道の路線を引き継いだ帝都高速度交通営団(交通営団)のみであった。東京都は、大都市公共交通公営主義の観点から営団の解体・併合を求めており、また地下鉄建設の計画を持っていた。また、沿線人口が増え、都心乗り入れを図る各私鉄会社は、太平洋戦争後に国鉄山手線内側に至る地下路線(既存自社路線の延伸として)の免許を相次いで申請した[1]。仮に私鉄各社に免許申請を認めて各社がそれぞれ独自に地下鉄を建設すると、首都・東京の都市計画に影響を来たすこと、営団のみでは多額の費用が掛かる地下鉄建設に対応できないことなどから、運輸省による行政指導が入り、最終的には運輸大臣の諮問機関である都市交通審議会で東京都交通局も地下鉄建設・経営に参入、各私鉄は独自に都心乗り入れするのではなく、同局並びに営団と相互乗り入れすることに決定された(戦後の経緯については「日本の地下鉄」の項も参照のこと)。

計画路線には1号線より順番に番号が与えられ、営団地下鉄・東京都交通局と、一部は相互乗り入れ先である私鉄により、路線が建設されていった。

営団地下鉄は2004年4月1日に民営化され、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)となった。民営化により発足した東京地下鉄の株主は国と都であり、都は都営地下鉄を運営する事業者であると同時に、もう一方の地下鉄事業者の株主でもある。同日から、東京メトロと都営地下鉄の駅には駅ナンバリングが導入され、各駅に路線を示すアルファベットと駅番号を示す2桁の数字が割り振られている(東京メトロ銀座線の渋谷駅には「G-01」)。また、それ以前から路線別にラインカラーが割り振られており、利用者の利便性を図っている。

東京メトロと都営地下鉄の各路線は、両社で東京都23区内の大半[2]を縦横無尽に結んでいる。2社・局の路線・駅数の合計は、世界各都市の地下鉄路線で4番目に多い。その数は、東京メトロ9路線179駅と都営地下鉄4路線106駅の総計13路線285駅である。なお、皇居の地下は通っていない。これは、戦前からの皇居(宮城)に対する意識に加えて、仮に皇居の下に路線を建設しても駅が設置できず、さらに東京都心は皇居を囲むようにオフィス街や官庁街が広がっており、それらを経由して路線を敷設した方が多くの利用者が見込めるからである。それゆえ、永田町霞が関付近、大手町付近などは路線が集積し、その位置関係が非常に複雑化している。

また、東京の地下鉄は、前述の通り私鉄(一部は旧国鉄・現JR東日本)との相互乗り入れが前提となっていることから、東京メトロの銀座線および丸ノ内線(共に集電方式が第三軌条式)と都営地下鉄の大江戸線(リニアモーター式)をのぞき、JR線・各私鉄線と相互乗り入れを実施している。

沿革[編集]

東京の地下鉄路線網の変遷(ただしJR・私鉄などの開業・廃止は描写しておらず、2008年のものである)
  • 1915年 - 東京駅の地下を走行する郵便貨物専用列車の地下鉄が開業。しかし、旅客用の地下鉄ではないため、これを一般に見なさない事例もある。
  • 1927年 - 日本初となる地下鉄、銀座線の浅草 - 上野間(2.2km)が開業。当時は東京地下鉄道株式会社による運営。
  • 1938年 - 東京高速鉄道株式会社が青山六丁目(現:表参道) - 虎ノ門間の地下鉄を開業。陸上交通事業調整法が公布。
  • 1939年 - 東京高速鉄道株式会社が虎ノ門 - 新橋間を開業。すでに開業した東京地下鉄道株式会社との相互乗り入れを実施。
  • 1939年 - 東京地下鉄道株式会社と東京高速鉄道株式会社が統合。
  • 1941年 - この年の7月4日に、それまでの地下鉄路線が帝都高速度交通営団による運営となる。
  • 1954年 - 戦後初の開業となる、丸ノ内線の池袋 - 御茶ノ水間が開業。
  • 1958年 - この年の8月、都市交通審議会において、東京都交通局の地下鉄建設参入や地下鉄と郊外路線の相互乗り入れが決定する。
  • 1960年 - 東京都交通局初の地下鉄路線となる、1号線(現・浅草線)の押上 - 浅草橋間が開業。同時に国内初の郊外私鉄との相互直通運転開始。
  • 1968年 - 1号線の延長部として京浜急行電鉄の品川 - 泉岳寺間が開業。1号線との相互乗り入れ開始。
  • 1995年 - 丸ノ内線、日比谷線千代田線で、霞ヶ関駅を中心に都内各地で地下鉄サリン事件が発生。12人が死亡、5,510人が重軽傷を負い、当該路線では終日運転を停止した。
  • 2004年 - 帝都高速度交通営団が民営化・株式会社化され、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が発足する。
  • 2008年 - 東京地下鉄民営化後初の開業となる副都心線が開業。

路線[編集]

東京メトロ・都営地下鉄の路線[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)と都営地下鉄の路線図
東京メトロ
都営地下鉄
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

以下の表では、冒頭の「定義1」の路線について、都市交通審議会の路線番号順に示す。

  • 「色」「記号」は東京地下鉄(東京メトロ)・都営地下鉄共通のラインカラー及び識別アルファベットを表す。
路線番号 記号 事業者 路線名 区間 キロ程 備考
1号線   A 都営地下鉄 浅草線 西馬込駅 - 押上駅 18.3km
2号線   H 東京地下鉄 日比谷線 北千住駅 - 中目黒駅 20.3km
3号線   G 東京地下鉄 銀座線 浅草駅 - 渋谷駅 14.3km
4号線   M 東京地下鉄 丸ノ内線 池袋駅 - 荻窪駅 24.2km
m 丸ノ内線分岐線 中野坂上駅 - 方南町駅 3.2km
5号線   T 東京地下鉄 東西線 中野駅 - 西船橋駅 30.8km 一部千葉県へ乗り入れ
6号線   I 都営地下鉄 三田線 白金高輪駅 - 西高島平駅 24.2km
目黒駅 - 白金高輪駅 2.3km 第二種鉄道事業区間[備考 1]
7号線   N 東京地下鉄 南北線 目黒駅 - 赤羽岩淵駅 21.3km [備考 1]
8号線   Y 東京地下鉄 有楽町線 和光市駅 - 小竹向原駅 - 新木場駅 28.3km [備考 2] 起点付近は埼玉県
9号線   C 東京地下鉄 千代田線 綾瀬駅 - 代々木上原駅 21.9km
綾瀬駅 - 北綾瀬駅 2.1km 鉄道要覧では「千代田線の別線」扱い
10号線   S 都営地下鉄 新宿線 新宿駅 - 本八幡駅 23.5km 一部千葉県へ乗り入れ
11号線   Z 東京地下鉄 半蔵門線 渋谷駅 - 押上駅 16.8km
12号線   E 都営地下鉄 大江戸線 放射部:光が丘駅 - 新宿駅 12.9km [備考 3]
環状部:新宿駅 - 両国駅 - 都庁前駅 27.8km
13号線   F 東京地下鉄 副都心線 和光市駅 - 小竹向原駅 - 渋谷駅 11.9km [備考 2][備考 4]
  1. ^ a b 目黒駅 - 白金高輪駅間は南北線と三田線の共用区間で、東京地下鉄(南北線)が第一種鉄道事業者、東京都交通局(三田線)が第二種鉄道事業者である。
  2. ^ a b 都市交通審議会の記述では、和光市駅 - 小竹向原駅間は13号線(副都心線)の区間となっているが、実際には有楽町線と副都心線の共用区間として運行されている。なお、共用区間の営業キロは先に開業した有楽町線に含め、副都心線の営業キロは小竹向原駅 - 渋谷駅間のものとしている(共用区間を含めない)。
  3. ^ 実質的な環状部と放射部の接続駅は都庁前駅。
  4. ^ 副都心線開業前は先行開業していた小竹向原駅 - 新線池袋駅(現・池袋駅)間を有楽町線新線として営業していた。

2者以外の路線[編集]

以下の表では、冒頭の「定義2」の路線のうち、上表に含まれない路線について、都市交通審議会の路線番号順に示す。いずれも東京メトロまたは都営地下鉄と直通運転を行っている。

なお、都市交通審議会の路線表記では直通運転される地上区間を含める場合があるが、ここでは日本地下鉄協会地下鉄営業路線の状況 (PDF) における「地下鉄営業キロ」に掲げられた区間について示す。東葉高速鉄道東葉高速線は「東京5号線」の一部で東京メトロ東西線の実質的な延伸区間であるが、全区間東京都の区域外であり、「地下鉄営業キロ」に含んでいないため本表からは除外している。

路線番号 会社名 路線名 区間 キロ程 備考
1号線 京浜急行電鉄 本線 品川駅 - 泉岳寺駅 1.2km 鉄道要覧では「本線(品川駅 - 浦賀駅間)の支線」扱い
7号線 埼玉高速鉄道 埼玉高速鉄道線 赤羽岩淵駅 - 浦和美園駅 14.6km 起点付近をのぞき大半が埼玉県
8号線 西武鉄道 西武有楽町線 練馬駅 - 小竹向原駅 2.6km
10号線 京王電鉄 京王線京王新線 新線新宿駅 - 笹塚駅 3.6km 鉄道要覧では「京王線の複々線区間の一部」扱い
11号線 東京急行電鉄 田園都市線 渋谷駅 - 二子玉川駅 9.4km 旧「新玉川線」区間

乗り入れ区間[編集]

箱根登山鉄道鉄道線直通の特急列車まで乗り入れる(千代田線)
南北線で使用される9000系

使用車両[編集]

東京の地下鉄で使用される車両は自社所有及び直通運転を行う鉄道会社所有のもので、外観も独特なものが多い。地下鉄路線のほとんどはトンネル内径が狭く非常時に列車側部に脱出することができないため[3]、列車の先頭部と最後部の双方に非常時脱出用貫通扉の設置が義務付けられた地下鉄等旅客車が導入・運行されている。

以下に自社所有で現在運転を行っている営業車両のみを挙げる。相互乗り入れ路線の車両及び過去に走っていた車両は該当路線を参照。

連携・提携など[編集]

2つの事業者が存在することから、割引運賃の設定や共通フリーきっぷの発売など様々な連携や提携が実施されている。また、東京都側から両者の一元化が提起されることがあるものの、都側の債務の問題などもあり東京地下鉄や国側が難色を示している。

他方、2010年から2011年にかけて実施された協議では、一元化については先送りとされたものの、乗継割引額の引き上げや両者間の連絡駅の拡充などの実施について合意した[4]

他の地下路線[編集]

東京には狭義の「地下鉄」以外にも地下路線が多い(京成本線)

日本地下鉄協会地下鉄営業路線の状況 (PDF) において、同協会が「地下鉄」と認識している東京都特別区内の鉄道路線・区間(日本地下鉄協会会員の運営する地下路線・区間)には、上述のほかに以下のものがある。

これらの路線は、建設の経緯(地下鉄乗り入れを目的としないターミナル部の地下化や貨物線の旅客化など)から「都市交通審議会」でも「東京○号線」の呼称が与えられておらず、一般的に「地下鉄」とはあまり認識されていない。東京臨海高速鉄道りんかい線は大半が地下路線であるが、国土交通省の統計資料など[6]では「地下鉄」と認識されていない。

また、このほか協会認識外では首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの秋葉原駅 - 南千住駅間がある。

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 各社が都心延伸申請を行なう中、西武鉄道だけは都心延伸への動きがなかった。
  2. ^ 23区のうち、世田谷区葛飾区には東京メトロ・都営地下鉄とも路線を持たない(他社線に乗り入れている区間は存在する、葛飾区には地下を走行する路線も存在しない)。目黒区は日比谷線が中目黒駅を終点とするのみ(ただし中目黒駅は東急電鉄の管轄)。一方で、一部の路線は千葉県埼玉県内にも乗り入れる。
  3. ^ 現行法令上は新鉄道技術省令の解釈基準における「建築限界車両限界の基礎限界との間隔が側部において400mm未満の区間」に該当する。
  4. ^ 都営地下鉄・東京メトロ:一元化問題 サービス向上先行 乗り継ぎ割引駅も/東京 - 2011年2月4日 毎日新聞都内版
  5. ^ 両国駅には地下方面用のホームはない
  6. ^ 例えば、 『数字でみる鉄道2006』 国土交通省鉄道局、財団法人運輸政策研究機構、2006年10月。等。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]