X-MEN: フューチャー&パスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
X-MEN:
フューチャー&パスト
X-Men: Days of Future Past
監督 ブライアン・シンガー
脚本 サイモン・キンバーグ
原案 サイモン・キンバーグ
マシュー・ヴォーン
ジェーン・ゴールドマン
製作 ローレン・シュラー・ドナー
ブライアン・シンガー
サイモン・キンバーグ
ハッチ・パーカー
製作総指揮 スタン・リー
トッド・ハロウェル
ジョシュ・マクラグレン
出演者 ヒュー・ジャックマン
ジェームズ・マカヴォイ
マイケル・ファスベンダー
ジェニファー・ローレンス
ハル・ベリー
アンナ・パキン
エレン・ペイジ
ニコラス・ホルト
ピーター・ディンクレイジ
イアン・マッケラン
パトリック・スチュワート
音楽 ジョン・オットマン
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
編集 ジョン・オットマン
製作会社 20世紀フォックス
マーベル・エンターテインメント英語版
ザ・ドナーズ・カンパニー
デューン・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年5月10日(プレミア)
アメリカ合衆国の旗 2014年5月23日
日本の旗 2014年5月30日
上映時間 131分[1]
149分(ローグ・エディション)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス[2]
言語 英語
製作費 約235億円[3]
興行収入 世界の旗 $747,862,775[3]
アメリカ合衆国の旗 $233,921,534
日本の旗10.3億円[4]
前作 X-MEN: ファースト・ジェネレーション(X-MENシリーズ前作)
ウルヴァリン: SAMURAI(外伝も含めての前作)
次作 X-MEN: アポカリプス(X-MENシリーズ次作)
デッドプール(外伝も含めての次作)
テンプレートを表示

X-MEN: フューチャー&パスト』(X-Men: Days of Future Past)は、2014年公開のアメリカ合衆国スーパーヒーロー映画である。

劇場公開後の2015年7月には、劇場公開版に未公開シーンを追加した完全版『X-MEN: フューチャー&パスト ローグ・エディション』を映像ソフトにて発表している。

概要[編集]

マーベル・コミック」のアメリカン・コミックX-メン』の実写映画化作品。映画『X-メン』シリーズとしては通算で第5作品目。スピンオフ作品も含めると第7作品目となる。

初期三部作の最終章『X-MEN: ファイナル ディシジョン』と、新シリーズ『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の両作品の続編となる内容となっている。先に制作された、ウルヴァリンなどを主軸に据えた『ファイナル ディシジョン』までの初期三部作と、それ以前の過去の時代を描く若い頃のプロフェッサーXやマグニートーを主軸に据えた『ファースト・ジェネレーション』の2つのシリーズをまとめ、両シリーズ全体の物語に一応の完結を迎えさせつつも、歴史が変化した新たな時間軸の始まりを示唆する内容となっている。また、本作の直近に公開されたスピンオフ(外伝)作品『ウルヴァリン: SAMURAI』は、初期三部作と本作の間の時期の出来事として位置付けられており、同作のエピローグには本作へと繋がる場面があった。

1981年にクリス・クレアモント英語版ジョン・バーンが1981年に『アンキャニィX-MEN』誌で執筆したストーリー「デイズ・オブ・フューチャーパスト」を基とした物語となっている。監督はブライアン・シンガー、配給は20世紀フォックスが務める。

ブライアン・シンガーが監督した作品は『X-メン』(2000年)、『X-MEN2』(2003年)以来3作目である。出演はヒュー・ジャックマンジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンスハル・ベリーアンナ・パキンエレン・ペイジニコラス・ホルトショーン・アシュモアピーター・ディンクレイジイアン・マッケランパトリック・スチュワートである。原案はサイモン・キンバーグマシュー・ヴォーンジェーン・ゴールドマンが執筆し、キンバーグが脚本を書き上げた。

主要撮影は2013年4月にカナダのモントリオールで始まり、8月に完了した[5][6]。2014年5月10日にニューヨークでワールドプレミアが行われた後[7]、5月23日にアメリカ合衆国などで封切られた[8]

2015年7月には、劇場公開版ではカットされていたローグの登場シーンを中心に、複数の未公開シーンを追加した完全版『X-MEN: フューチャー&パスト ローグ・エディション』が全世界で映像ソフトにて発表された。

プロット[編集]

センチネルと呼ばれるロボットの軍隊が、ミュータントと彼らに協力する人間たちを討伐する近未来。他人の精神のみを過去の自身に送り返すことが出来るキティ・プライドの能力によって、彼女と数名のミュータントは度重なる攻撃を逃れ生き残っている。キティたちはモスクワで襲撃を受けるが、辛くも窮地を脱出し中国の修道院でストーム、ウルヴァリン、プロフェッサーX、マグニートーと合流する。ミュータントたちはウルヴァリンの精神を1973年へ送り返し、センチネル創造のきっかけとなったミスティークによるボリバー・トラスク博士の暗殺を食い止める作戦について話し合う。暗殺は成功したがミスティークは捕えられ、彼女のDNAがセンチネルの設計へと利用された経緯が語られる。プロフェッサーXとマグニートーはウルヴァリンに当時の自分たちへ協力を求めるよう助言する。

キャスト[編集]

ローガン / ウルヴァリン
演 - ヒュー・ジャックマン、日本語吹き替え - 山路和弘
驚異的な治癒力と感覚を持ち、全身の骨格に最強の金属:アダマンチウムを埋め込まれたミュータント[9][10]。ミュータントが絶滅の危機に瀕した際、ウルヴァリンはその治癒能力により時間移動に耐えられる唯一の人物であり、悲惨な歴史を変える任務を負う[11]。監督のブライアン・シンガーは「未来のヒューはその意識を若い自分の身体へと送られる。(ウルヴァリンは)歳を取らないのでヒューはその両方を演じるんだ」と述べた[12]。脚本家のサイモン・キンバーグはなぜウルヴァリンがタイムトラベラーとなるかについてインタビューで「決定した理由は多くある。(中略)理由のひとつはこのキャラクターがフランチャイズの主人公で、多くの観客に愛されたということだ」と述べた[13]
チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX
演 - ジェームズ・マカヴォイ(若年期)[14] / パトリック・スチュワート(老年期)[15]、日本語吹き替え - 内田夕夜(若年期) / 大木民夫(老年期)
世界で最も強力なテレパス[16]。ミュータントが徐々に狩られる様を静観していたが、現在と過去の両方のX-メンを率いて最大の戦いに挑む[17]。シンガーは若年期のエグゼビアを「『ファースト・ジェネレーション』の無力なプレイボーイと非常に異なる獣だ。彼は傷ついた動物で、ひげを生やし、長髪で、世界が彼を扱った方法に関して怒りで満ちている」と説明した[18]
エリック・レーンシャー / マグニートー
演 - マイケル・ファスベンダー(若年期)[14] / イアン・マッケラン(老年期)[15]、日本語吹き替え - 三木眞一郎(若年期) / 家弓家正(老年期)/ 長克巳(老年期<ローグ・エディション追録シーンのみ>)
磁力で金属を操る能力を持つミュータントで、「地球上で最も強力なミュータントの1人」である。[19]。マグニートーは数十年にわたってプロフェッサーX及びX-メンと対立していたが、ミュータント存亡の危機に瀕している現在は協力関係。[20]。シンガーはマッケランの役割を「かつての敵がそれによってやむを得ず団結するほど奇怪な敵に直面する未来の戦争におけるフィクスチャでもある」と説明した[21]
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク
演 - ジェニファー・ローレンス、日本語吹き替え - 剛力彩芽(劇場版) / 牛田裕子(ローグ・エディション)
変身能力を持つミュータント[22]。シンガーはミスティークについて「純真さが少なくなり、進化し、『X-MEN2』の頃に近づいている」と述べた[23]。ローレンスはミスティークがレーンシャーやエグゼビアと別れて活動し、誰かを暗殺する使命があることを明かした。彼女は更に「我々は未来で彼女(ミスティーク)と彼女がどうなるかを既に見ており、これは彼女にとってのターニングポイントである」と付け加えた[24]
オロロ・マンロー / ストーム
演 - ハル・ベリー、日本語吹き替え - 本田貴子
天候を操る能力を持つミュータント[25]。最も多くの戦いを経験した強力なX-メンの1人である彼女はこれまで直面した中で最も厳しい試練に仲間たちを導く[26]。ベリーは「この映画の中にストームに関して衝撃的なものがある」と述べた。また自身の妊娠が役柄に影響したかを尋ねられた際、「私は自分が意図したようには出来なかった。膨らみ続ける私のお腹は常に問題を引き起こしていた。不意な妊娠により、私ができることは制限され、私が果たす役割は本来のそれと大きく異なってしまった」と語った[27]
ハンク・マッコイ / ビースト
演 - ニコラス・ホルト(若年期) / ケルシー・グラマー(老年期)[14]、日本語吹き替え - 浅沼晋太郎(若年期)
怪力と卓越した俊敏性を持つミュータント[28]。映画の大半でホルトがキャラクターを演じ、グラマーは未来のビースト役でカメオ出演にとどまっている[29]
マリー / ローグ英語版
演 - アンナ・パキン、日本語吹き替え - 小島幸子(ローグ・エディション)
他者に触ることで生命力やミュータント能力を吸い取ることができるミュータント[30]。パキンの役割は当初は大きなものであったが、後に出演シーンはポストプロダクション時に大幅に削除され、「カメオ出演並み」となった[31][32]。しかしながらパキンは本作の様々な販売促進資料で大きく紹介されている[33][34]。キンバーグは映画のDVD発売に向けた彼女の削除された出演箇所の特殊効果処理は終了していると述べた[35]
キティ・プライド / シャドウキャット
演 - エレン・ペイジ、日本語吹き替え - 立花かおる
物体をすり抜ける能力を持つミュータント[36]。X-メンで最も若い彼女は生き残りをかけた戦いで重要な役割を果たす[37]。シンガーはプライドがプライム・ファシリテーターであり、プライドの透過能力がタイムトラベルを可能にすると説明した[38]
ボリバー・トラスク英語版
演 - ピーター・ディンクレイジ、日本語吹き替え - 佐々木睦
ミュータントを狩り、攻撃するロボット「センチネル」を開発した軍事科学者でトラスク・インダストリーズの社長[39]。ディンクレイジはトラスクが「自分が良いことをしていると見ている - (彼の野心は)間違いなく盲目で、彼は非常に傲慢だ。彼はある種の尊敬と注目を集めるために人生の全てを捧げた」と述べた[40]
ボビー・ドレイク / アイスマン
演 - ショーン・アシュモア、日本語吹き替え - 私市淳
氷を作り、操る能力を持つミュータント[41]
ビショップ英語版
演 - オマール・シー、日本語吹き替え - 楠大典
エネルギーを吸収して放出する能力を持つミュータント[42]。シーはビショップを未来から来た男で、生存のために戦うと説明した[43]。シンガーはビショップがウォーパス、サンスポット、ブリンクと同様に新鮮な新キャラクターでないことを明らかにした。彼は「彼らはこの恐ろしく荒廃した世界で今日まで生き延びた難民だ。彼らには将来多くの望みが無い。彼らは逃亡者で、そして世界を修復するために唯一で最後の試みに賭け、残りのX-メンと力を合わせるのだ」と述べた[44]
ピーター・ラスプーチン / コロッサス英語版
演 - ダニエル・クドモア[45]、日本語吹き替え - 加藤亮夫
素肌を鋼鉄に変えることができ、超人的な腕力、スタミナ、耐久性を供えるミュータント[46]
ピエトロ・マキシモフ / クイックシルバー
演 - エヴァン・ピーターズ、日本語吹き替え - 吉野裕行
超音速での移動能力を持つミュータント[47]。ピーターズはクイックシルバーを「とても速い、早口で喋り、速く動く。他の全ては彼と比較して非常に遅く、彼は常にATMで前の人が終わるのを待たされているようなものだ」と説明した[48]
クレア・ファガーソン / ブリンク英語版
演 - ファン・ビンビン[49]、日本語吹き替え - たなか久美
空間に回廊を開き、人や物をテレポートさせる能力を持つミュータント[50]。ビンビンはこれが20世紀フォックスと契約を交わした5つの『X-メン』の映画の内1本目であると述べた[51]
ロベルト・ダコスタ / サンスポット英語版
演 - エイダン・カント[52]、日本語吹き替え - 下妻由幸
太陽光による超人的な力と不死身に近い耐久を持つミュータント[53]。原作におけるサンファイアとほぼ同じ能力を持つ。
ジェームズ・プラウドスター / ウォーパス
演 - ブーブー・スチュワート[54]、日本語吹き替え - 三宅貴大
超人的な力、不死身に近い耐久、飛行能力を持つミュータント[55]。優れた感覚能力によって十数キロ先にいる敵の存在も察知することができる。
ウィリアム・ストライカー英語版
演 - ジョシュ・ヘルマン(若年期)[56] / ブライアン・コックス(老年期)、日本語吹き替え - 高橋広樹(若年期) / 稲垣隆史(老年期)
ミュータントを嫌う軍人[57]
アレックス・サマーズ / ハヴォック英語版
演 - ルーカス・ティル[58]、日本語吹き替え - 鶴岡聡
コズミックエナジーを吸収し、プラズマブラストとして放出することができるミュータント。今作でハヴォックは能力を制御し、X-メンを離れてベトナム戦争で従軍する[59]
トード英語版
演 - エヴァン・ジョニクカイト[60]、日本語吹き替え - 烏丸祐一
超人的な脚力と長い舌を持ち、麻痺性の粘液を出す能力を持つミュータント[61]

この他にファムケ・ヤンセン日野由利加)とジェームズ・マースデン倉富亮)が以前と同じジーン・グレイ役とサイクロプス英語版役でカメオ出演している[62][63][64]。『X-メン』のコミックの脚本家のレン・ウェイン英語版クリス・クレアモント英語版は合衆国議員役で出演した。マイケル・ラーナーはブリックマン上院議員、グレッグ・ロウはインク英語版を演じた[65]マーク・カマチョ英語版楠見尚己)はアメリカ合衆国大統領のリチャード・ニクソン役を務めた。監督のブライアン・シンガーはミスティークがパリから脱出する場面でアマチュア写真家役でカメオ出演した。エンドクレジット後の場面ではブレンダン・ペダーがエン・サバ・ヌール英語版を演じた[66]

製作[編集]

企画[編集]

2006年8月、プロデューサーのローレン・シュラー・ドナーは、主要シリーズを継続させるために再交渉を必要としていることが報じられた。『X-MEN: ファイナル ディシジョン』の新しいキャストたちは契約したが、古参キャストたちはしなかった[67]。ドナーは「40年分のストーリーがある。私は常日頃から『デイズ・オブ・フューチャーパスト』をやりたいと考え、そしてまだ多くのストーリーがある」と述べた[68]。『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の完了後、彼女はオリジナルシリーズの4作目の話をブライアン・シンガーに持ちかけた[69]。2011年3月、シュラー・ドナーは「フォックスで活発に企画中」で、「我々はフォックスに草案を渡し、彼らは気に入った...そして『X4』から『X5』へと続く」と述べた[70]

20世紀フォックスは『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』を『X-メン』の三部作の1作目と想定していた[71]。シュラー・ドナーは映画『ハリー・ポッター』シリーズのように、よりダークでより熟した内容のフランチャイズを構想した[72]。初期の報道ではマシュー・ヴォーンとシンガーは続編でもそれぞれ監督とプロデューサーを務めるとされていた[73]。まだ監督としてプロジェクトに参加を続けていた頃にヴォーンは「『ファースト・ジェネレーション』は『バットマン ビギンズ』に似ていて、キャラクターを紹介して、それを知っていく楽しさがあるが、それには時間がかかる。2作目ではすぐに入り込んで、すぐに陽気に楽しむことができる。それが『ビギンズ』と『ダークナイト』の間の主な違いだ」と語った[74]。またヴォーンは次回作の始まりに関して「ケネディ大統領暗殺事件で始まって、魔法の銃弾がマグニートーに操られたら面白いだろう」と述べた[75]。シンガーは公民権運動やベトナム戦争を中心とした設定となり[76]、また再びウルヴァリンが取り上げられるだろうと語った[77]

プリプロダクション[編集]

2011年11月、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』の脚本家で『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』のプロデューサーでもあるサイモン・キンバーグが本作の脚本執筆のために雇われた[78]。2012年5月、20世紀フォックスは公開日は2014年7月18日と発表した[79]。2012年8月、タイトルは『X-Men: Days of Future Past』となることが明らかとなった。映画はクリス・クレアモント英語版ジョン・バーンによるX-メンのコミックのストーリー「デイズ・オブ・フューチャーパスト」に影響を受けていると報じられている。このストーリーは『アンキャニィX-MEN』第141-142号(1981年)で描かれ、フラザーフッド・オブ・ミュータンツ英語版が上院議員を暗殺したためにミュータントが弾圧され、センチネルに追われるようになってしまった別の未来世界が登場する[80]

2012年10月、ヴォーンはマーク・ミラーの『Kingsman: The Secret Service』を映画化するために監督を降板したが、脚本家及びプロデューサーとしては関与を続けた[81]。その後、ブライアン・シンガーが監督することが発表された[82]。シンガーが『X-メン』シリーズを監督するのは今回が3作目となる。ヴォーンと共に『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の最終稿を執筆したジェーン・ゴールドマンもプロジェクトに関与している[83]

ジョン・マイヤー英語版とルイーズ・ミンゲンバックはそれぞれプロダクションデザイナー、衣裳デザイナーとして雇われた。シンガーによると、『X-メン』、『X-MEN2』、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でも衣裳デザインを務めたミンゲンバックは今作では以前と同じ黒いレザーのものを作らない[84][85]。『X-MEN2』以降シンガーとコラボレーションしていたジョン・オットマンも今作の音楽を手がける[86]。さらにリチャード・スタマーズ英語版視覚効果スーパーバイザー英語版を務める[87]

シンガーは1970年代を舞台とした物語となり、元アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンが登場すると語った。また彼は、自分が今まで作った映画で最大のものになるだろうと語り[88]、またタイムトラベル弦理論多元宇宙について話し合うために映画監督のジェームズ・キャメロンと会ったことを明かした[89]

キャスティング[編集]

ブライアン・シンガーはキャストの発表をオンライン・ソーシャル・ネットワーキング・サービスTwitterを使って行った[90]。2012年11月、ブライアン・シンガーは『ファースト・ジェネレーション』のジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンスニコラス・ホルトが再出演すると発表した。翌月、彼はパトリック・スチュワートイアン・マッケランがマカヴォイとファスベンダーのキャラクターの老年期の姿を演じることを明した[14][15][91]。シンガーはまた、ヒュー・ジャックマンウルヴァリン役で再出演することを明した[92]。2013年1月、シンガーはアンナ・パキンショーン・アシュモアエレン・ペイジがそれぞれローグ英語版アイスマンキティ・プライドを再演することを明した[93]。2月、シンガーはピーター・ディンクレイジが主要な敵役を務めることを発表した[94]。3月、シンガーはフランス人俳優のオマール・シーがキャストに加わったことを発表した[95]。同月、ハル・ベリーが再びストームを演じることインタビューで明した[96]。さらに同月、シンガーダニエル・クドモアコロッサス英語版を再演し、ファン・ビンビンブーブー・スチュワートが新たにキャストに加わったことを明かした[45]。4月、シンガーはアメリカ合衆国の歌手のレディー・ガガダズラー英語版役にキャスティングされたことを発表したが[97]、後にそれはエイプリルフールの悪戯であったことを明かした[90]。同月、シンガーはエイダン・カントがキャストに加わったことを明かした[98]。5月、シンガーはエヴァン・ピーターズクイックシルバー役でキャストに加わったことを発表した[99]。6月、オーストラリアの俳優のジョシュ・ヘルマンがキャストに加わった[100]。7月、ルーカス・ティルが再びハヴォック英語版を演じることが明かされた[58]。2014年1月、エヴァン・ジョニクカイトが若年期のトード英語版を演じることが報じられた[101]

撮影[編集]

主要撮影は2013年4月15日よりカナダモントリオールのメルズ・シテ・ドゥ・シネマで開始され、8月17日に完了した[5][102][6]。ロケ地にはオリンピック・スタジアムモントリオール・シティ・ホールマギル大学が使われた[103][104]。本作は『X-メン』シリーズとしては初めて3Dでの撮影が行われる[105]。撮影にはアリ・アレクサ英語版Mカメラが使われる[106]。追加撮影は2013年11月と2014年2月にモントリオールで行われた[107][108]クリス・クレアモント英語版は本作について相談を受けていることをインタビューで明かした[109]

視覚効果[編集]

視覚効果はムービング・ピクチャー・カンパニーデジタル・ドメインが担当する[110][111]

音楽[編集]

監督のブライアン・シンガーと頻繁にコラボレーションしているジョン・オットマンが編集と兼任で映画音楽の作曲を務める[112]。オットマンが『X-メン』シリーズの音楽を手がけるのは『X-MEN2』(2003年)以来である。スコア盤は2014年5月26日に発売される[113]

X-Men: Days of Future Past (Original Motion Picture Soundtrack)
ジョン・オットマン映画音楽
リリース
ジャンル サウンドトラック
時間
テンプレートを表示
トラックリスト
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「The Future - Main Titles」    
2. 「Time's Up」    
3. 「Hope (Xavier's Theme)」    
4. 「I Found Them」    
5. 「Saigon/Logan Arrives」    
6. 「Pentagon Plan/Sneaky Mystique」    
7. 「He Lost Everything」    
8. 「Springing Erik」    
9. 「How Was She」    
10. 「All Those Voices」    
11. 「Paris Pandemonium」    
12. 「Contacting Raven」    
13. 「Rules of Time」    
14. 「Hat Rescue」    
15. 「Time's Up (Film Version)」    
16. 「The Attack Begins」    
17. 「Join Me」    
18. 「Do What You Were Made For」    
19. 「I Have Faith In You/Goodbyes」    
20. 「Welcome Back/End Titles」    
21. Time in a Bottle (歌: ジム・クロウチ英語版)」    
22. The First Time Ever I Saw Your Face (歌: ロバータ・フラック)」    

公開[編集]

ワールドプレミアは2014年5月10日にニューヨークのジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターで開催された[7][114]。2014年5月21日に国際市場で封切られた後、5月23日よりアメリカ合衆国で2D及び3Dで公開が始まった[115]

マーケティング[編集]

2013年のコミコン・インターナショナルでのキャスト陣。

2013年6月、20世紀フォックスはスペインのバルセロナのシネヨーロッパでビデオツアーを発表し、ブライアン・シンガーがツアーガイドを務めた[116]。ツアーのビデオは2013年の映画『ウルヴァリン: SAMURAI』のホームメディアに付属された[117]。2013年7月、監督のシンガー、脚本のサイモン・キンバーグ、プロデューサーのローレン・シュラー・ドナーとハッチ・パーカー、キャストのエヴァン・ピーターズオマール・シーエレン・ペイジショーン・アシュモアアンナ・パキンハル・ベリーイアン・マッケランパトリック・スチュワートヒュー・ジャックマンジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンスニコラス・ホルトピーター・ディンクレイジコミコン・インターナショナルに登場し、フッテージが上映された[118]。2013年8月、シンガーはファンタジア国際映画祭でフッテージを上映した[119]。2014年3月、20世紀フォックスはシネマコン英語版で映像を上映した[120]。2014年4月、ペイジがMTVムービー・アワードで映像のプレゼンターを務め、またキンバーグとディンクレイジがワンダーコンに出席して映画について討論した[121][122]。同月にシンガーは性的虐待容疑で訴えられたため、映画の宣伝から外された[123]

ウルヴァリン: SAMURAI』ではエンドクレジットの間に『X-MEN: フューチャー&パスト』に繋がる場面が流された[124]。この場面は『ウルヴァリン: SAMURAI』本編から2年後であり、トラスク・インダストリーの宣伝映像が流れる中、空港のセキュリティチェックを通過するローガンから始まる。突如として周囲の金属が浮き始めていることに気付いたローガンが振り返るとそこにはマグニートーが姿があり、全てのミュータントの脅威に対抗する[125]

1本目の予告編は2013年10月に公開された[126]。『ヘラルド・ニュース英語版』のジェイソン・カリナは予告編に好意的であり、「成長したキャラクターを見るのはファンタスティクだ」と述べた[127]。一方で『ガーディアン』のビル・チャイルドは映画の登場人物数を理由に予告編を批判した[128]

2014年4月、『アメイジング・スパイダーマン2』が劇場公開された際、『X-MEN: フューチャー&パスト』の映像がクレジットの途中に挿入された。これはベトナム戦争の最中にミスティークがミュータント仲間のハヴォック、インク、トードを率いてウィリアム・ストライカーの軍事キャンプに潜入するという内容であった。『アメイジング・スパイダーマン2』の監督のマーク・ウェブが『(500)日のサマー』(2009年)の他にもう1本映画を撮る契約をフォックス・サーチライト・ピクチャーズと交わしていた。彼が『アメイジング・スパイダーマン』(2012年)の後、続編を監督する交渉をソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントと交わした際、フォックスはソニーが『X-メン』の映画のプロモーションを無償で行うという交換条件により合意した[129]

映画の公開前には「Trask-Industries.com」(2013年7月)[130]、「TheBentBullet.com」(2013年11月)[131]、「25 Moments.com」(2014年4月)といったバイラル・ウェブサイトサイトが公開された[132]。プロモーションの一環としてジャックマンは2014年4月28日の『WWE・ロウ』に出演した[133][134][135][136]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは123件のレビューで支持率は93%、平均点は7.5/10となっている[137]。またMetacriticでは41件のレビューで加重平均値は75/100となっている[138]

『シネマ・ブレンド』のショーンオコネルは「これまでで最大で、最も完全かつ驚くほど面白い(『X-メン』の映画)」と述べ、また批評家のケヴィン・マッカーシーは俳優の演技だけでなく、アクションとエモーションを賞賛した[139]。『ガーディアン』のスティーヴ・ローズは5ツ星満点で3ツ星を与え、「ファンで無い人たちにはキツイかもしれないが、ブライアン・シンガー監督はシンフォニック・クライマックスに向けてアクションのムチを打つ」と書いた[140]。『ハリウッド・リポーター』のデヴィッド・ルーニーは「これ再起動というよりも劇的な拡散で、決定的な悪役に欠けてはいるが、新しい映画はマーベルコミックスのキャラクターと世界に対する感動的な敬意で終わりまで撮られている」と述べた[141]

興行収入[編集]

北アメリカでは公開日の木曜深夜上映で810万ドルを売り上げた[142]。公開初週末3日間では9082万3660ドルを売り上げた。これは映画『X-メン』シリーズとしては『X-MEN: ファイナル ディシジョン』に次ぐ成績である[143]

続編[編集]

2013年12月、シンガーは公開予定の『X-メン』の映画が『X-MEN: アポカリプス』であることを発表した。映画は2016年5月27日に公開され、『X-MEN: フューチャー&パスト』の続編となる予定である[144]。シンガーによると、映画はミュータントの起源に焦点が当てられ[145]、「よりいっそう『ファースト・ジェネレーション』の続編」であり[146]、1980年代が舞台となる予定である[147]。シンガー、サイモン・キンバーグと共にダン・ハリス英語版マイケル・ドハティ英語版が参加する[148]。マカヴォイ、ファスベンダー、ホルト、ローレンス、ピーターズがそれぞれ同じ役で続投する他、若年期のサイクロプス英語版、ジーン・グレイ、ストームが登場予定である[149][150][151]。またチャニング・テイタムガンビット役で登場予定である[152][153]

Blu-ray / DVD[編集]

発売・販売は20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

  • X-MEN: フューチャー&パスト ブルーレイ&DVD(2枚組、2014年11月5日発売)
  • X-MEN: フューチャー&パスト コレクターズ・エディション (3枚組、2014年11月5日発売)
  • X-MEN: ファースト・ジェネレーション+フューチャー&パスト スチール・ブック仕様 (2枚組、2014年11月5日発売)
  • X-MEN: フューチャー&パスト DVD (1枚組、2014年11月5日発売)
  • X-MEN セレブロ・コレクション<CEREBROヘルメット付>(12枚組、2014年12月10日発売)
  • X-MEN: フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組、2015年7月15日発売)

参考文献[編集]

  1. ^ X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST (12A)”. 20th Century Fox. British Board of Film Classification (2014年5月9日). 2014年5月9日閲覧。
  2. ^ X-Men Days of Future Past”. British Film Institute. 2014年5月21日閲覧。
  3. ^ a b X-Men: Days of Future Past (2014)”. Box Office Mojo. 2014年5月23日閲覧。
  4. ^ 2015年記者発表資料(2014年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2014年1月27日). 2014年1月27日閲覧。
  5. ^ a b Wigler, Josh (2012年11月9日). “‘X-Men: Days Of Future Past′ Shoots In April 2013”. MTV Splash Page. 2013年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月29日閲覧。
  6. ^ a b Perry, Spencer (2013年8月17日). “Production Wraps on X-Men: Days of Future Past”. 2013年8月18日閲覧。
  7. ^ a b Kilday, Gregg (2014年4月18日). “Bryan Singer Accusations Affect Marketing Plans for Next 'X-Men,' 'Black Box'”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2014年4月22日閲覧。
  8. ^ 20th Century Fox Sets Dates for Independence Day 2, Assassin's Creed, Apes and X-Men!” (2013年6月20日). 2013年6月21日閲覧。
  9. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Wolverine Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  10. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Future Wolverine Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  11. ^ Hugh Jackman as Wolverine”. 2014年2月21日閲覧。
  12. ^ Leston, Ryan (2013年7月21日). “Confirmed: Wolverine to time-travel in 'Days of Future Past'”. Yahoo! Movies UK & Ireland. 2013年8月4日閲覧。
  13. ^ XMF, Anthony (2013年12月3日). “Kinberg: How First Class 2 became Days of Future Past”. 2013年12月27日閲覧。
  14. ^ a b c d Singer, Bryan (2012年11月27日). “I'd like to officially welcome back James McAvoy, Jennifer Lawrence, Michael Fassbender, & Nicholas Hoult to #XMEN for #DaysOfFuturePast”. Twitter. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  15. ^ a b c Singer, Bryan (2012年11月27日). “Thrilled to announce @ianmckellen118 & @SirPatStew are joining the cast of #XMEN #DaysOfFuturePast #magneto #professorX More to come...”. Twitter. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  16. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Future Professor X Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  17. ^ Sir Patrick Stewart as Professor X”. 2014年2月21日閲覧。
  18. ^ Bay City Roller - X-Men: Days Of Future Past Trailer Breakdown”. 2013年10月30日閲覧。
  19. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Future Magneto Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  20. ^ Sir Ian McKellen as Magneto”. 2014年2月21日閲覧。
  21. ^ Magneto - X-Men: Days of Future Past Trailer Breakdown”. 2013年11月2日閲覧。
  22. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Mystique Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  23. ^ Trumbore, Dave. “Comic-Con: X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST Interview Highlights – Vintage Costumes, the Return of Charles Xavier as Professor X and Dueling Magnetos”. 2013年7月19日閲覧。
  24. ^ Anthony XMF (2013年11月16日). “Mystique's on a mission during X-Men: Days of Future Past”. 2013年12月14日閲覧。
  25. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Storm Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  26. ^ Halle Berry as Storm”. 2014年2月21日閲覧。
  27. ^ Halle Berry: Revealing and shocking Storm developments in 'Days of Future Past” (2013年8月2日). 2013年8月4日閲覧。
  28. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Beast Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  29. ^ Classic X-Men set for sequel cameo” (2013年10月28日). 2014年3月20日閲覧。
  30. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Rogue Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  31. ^ Plumb, Ali (2014年1月30日). “Bryan Singer On Rogue Being Cut From X-Men: Days of Future Past”. 2014年1月30日閲覧。
  32. ^ Anna Paquin's Rogue Will be Present for X-Men: Days of Future Past” (2014年4月16日). 2014年4月16日閲覧。
  33. ^ Adam B. Vary. “Anna Paquin Will Be In "X-Men: Days Of Future Past" After All”. Buzzfeed.com. 2014年5月20日閲覧。
  34. ^ Anna Paquin Will Appear In X-Men: Days Of Future Past | Movie News | Empire”. Empireonline.com. 2014年5月20日閲覧。
  35. ^ The future for Marvel at Fox: X-Men, Fantastic Four and Silver Surfer - Movies News”. Digital Spy. 2014年5月20日閲覧。
  36. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Kitty Pryde Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  37. ^ Ellen Page as Shadowcat”. 2014年2月21日閲覧。
  38. ^ Plumb, Ali (2013年7月31日). “Exclusive: Bryan Singer Talks X-Men: Days of Future Past”. Empire Magazine. 2013年8月4日閲覧。
  39. ^ First picture of Peter Dinklage in new 'X-Men' movie released”. NME Magazine (2013年7月31日). 2013年8月4日閲覧。
  40. ^ Perry, Spencer (2013年10月1日). “Peter Dinklage Talks Bolivar Trask in X-Men: Days of Future Past”. 2013年10月2日閲覧。
  41. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Iceman Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  42. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Bishop Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  43. ^ X-Men: Days of Future Past Comic-Con 2013 - Full Panel” (2013年7月21日). 2013年9月1日閲覧。
  44. ^ The New Mutants”. 2013年11月2日閲覧。
  45. ^ a b Singer, Bryan (2013年3月15日). “3 #Oscars, 6 #GoldenGlobes, 1 #BAFTA, 2 #Emmys, 2 #Tonys, 5 #Oliviers, 1 #Ceaser - Now let's blow s**t up! #XMEN”. Twitter. 2013年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月15日閲覧。
  46. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Colossus Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  47. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Quicksilver Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  48. ^ Maytum, Matt (2013年7月21日). “X-Men: Days of Future Past: 10 Things We Learned at Comic-Con 2013”. 2013年9月1日閲覧。
  49. ^ Kit, Borys (2013年3月15日). “Chinese Actress Tapped for 'X-Men: Days of Future Past'”. The Hollywood Reporter. 2013年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月15日閲覧。
  50. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Blink Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  51. ^ Fan Bingbing excited to be part of the X-Men movies - Movies | The Star Online”. Thestar.com.my. 2014年5月22日閲覧。
  52. ^ Canto, Adan (2013年6月24日). “Twitter / adancanto: "@ghosthunter: @X4X5Campaign I'm excited for @adancanto as Sunspot!!" Thanks! Next summer.”. 2013年7月21日閲覧。
  53. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Sunspot Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  54. ^ White, Brett (2013年8月8日). “X-Men: Days Of Future Past Footage Leaks, Shows Bishop, Warpath, Sunspot and More”. MTV. Viacom. 2013年9月18日閲覧。
  55. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Warpath Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  56. ^ Buchanan, Kyle (2013年7月15日). “We Know Who the Secret Characters Are in X-Men: Days of Future Past”. Vulture. 2013年7月16日閲覧。
  57. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - William Stryker Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  58. ^ a b Singer, Bryan (2013年7月15日). “"Mankind must put an end to war before war puts an end to mankind." -JFK @lucastill #xmen #DaysOfFuturePast”. Twitter. 2013年7月15日閲覧。
  59. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Havok Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  60. ^ Sullivan, Kevin P. (2014年1月7日). “Which Classic 'X-Men' Character Is Making A 'Days Of Future Past' Comeback?”. MTV. 2014年1月7日閲覧。
  61. ^ Empire X-Men: Days Of Future Past Exclusive - Toad Cover”. 2014年1月30日閲覧。
  62. ^ X-Men Review Confirms Two Secret Cameos” (2014年5月12日). 2014年5月14日閲覧。
  63. ^ Johnston, Rich (2014年5月13日). “Ten Things You Might Want To Know About X-Men Days Of Future Past, Including The Post-Credits Scene (Spoilers)”. 2014年5月14日閲覧。
  64. ^ Brog, Annabel (2014年5月13日). “ELLE reviews X-Men: Days of Future Past”. Elle. Hearst Corporation. 2014年5月14日閲覧。
  65. ^ Bryan Singer Answers Fans' Questions About X-Men: Days of Future Past” (2013年10月28日). 2013年10月29日閲覧。
  66. ^ Actor revealed from X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST end credits teaser” (2014年5月27日). 2014年5月28日閲覧。
  67. ^ Beck, Marilyn, and Stacy Jenel Smith (2006年8月13日). “Major renegotiations possible stumbling block for new 'X-Men'”. Los Angeles Daily News. http://www.dailynews.com/search/ci_4177414 2007年7月11日閲覧。 
  68. ^ Sanchez, Robert (2006年11月11日). “Exclusive Interview: Part II With Mega Producer Lauren Shuler Donner”. IESB.net. オリジナル2007年12月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071218150552/http://www.iesb.net/index.php?option=com_content&task=view&id=677&Itemid=99 2007年8月6日閲覧。 
  69. ^ Boucher, Geoff (2010年3月18日). “Bryan Singer on 'X-Men: First Class': It's got to be about Magneto and Professor X”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/herocomplex/2010/03/bryan-singer-and-the-xmen-together-again.html 2010年3月20日閲覧。 
  70. ^ Caron, Nathalie (2011年3月29日). “Producer reveals there WILL be an X-Men 4 and 5”. Blastr. 2011年6月24日閲覧。
  71. ^ Fleming, Mike (2010年3月26日). “Bryan Singer Producing 'X-Men: First Class'”. Deadline.com. オリジナル2013年3月11日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6F2pq0ljF 2010年7月9日閲覧。 
  72. ^ De Semlyen, Nick (2009年10月16日). “The Future of the X-Men Franchise: X-Men: First Class”. Empire. 2010年12月18日閲覧。
  73. ^ Child, Ben (2012年1月31日). “Matthew Vaughn to direct sequel to X-Men: First Class”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/film/2012/jan/31/matthew-vaughn-x-men-first-class 
  74. ^ Leyland, Matthew (2011年4月13日). “X-Men: First Class sequel plans revealed”. totalfilm.com. http://www.totalfilm.com/news/x-men-first-class-sequel-plans-revealed 2011年5月11日閲覧。 
  75. ^ ‘X-Men: First Class’ Sequel Ideas Emerge, Screen Rant
  76. ^ Zeitchik, Steven (2011年6月7日). “Bryan Singer: An 'X-Men: First Class' sequel could be set in Vietnam, or amid the civil rights movement - latimes.com”. Latimesblogs.latimes.com. p. m. http://latimesblogs.latimes.com/movies/2011/06/x-men-first-class-james-mcavoy-magneto-xavier-sequel-singer-vaughn.html 2013年3月24日閲覧。 
  77. ^ Tilly, Chris (2011年5月5日). “Wolverine to Join X-Men: First Class 2?”. IGN. 2013年3月24日閲覧。
  78. ^ Josh Wilding (2011年11月3日). “Exclusive: Simon Kinberg Writing X-Men: First Class Sequel”. Superherohype.com. 2011年11月3日閲覧。
  79. ^ The X-Men: First Class Sequel Set for July 18, 2014” (2012年5月31日). 2013年2月14日閲覧。
  80. ^ Lesnick, Silas (2013年8月1日). “The First Class Sequel is Officially X-Men: Days of Future Past”. 2013年2月14日閲覧。
  81. ^ Trumbore, Dave (2012年10月25日). “Matthew Vaughn Out as Director of X-MEN: FIRST CLASS Sequel, X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST; Bryan Singer May Replace Him”. Collider. 2013年3月24日閲覧。
  82. ^ Silas Lesnick (2012年10月30日). “Bryan Singer Officially Set for X-Men: Days of Future Past”. 2013年2月14日閲覧。
  83. ^ Weintraub, Steve (2012年7月18日). “Simon Kinberg Talks Producing ELYSIUM and Writing the X-MEN: FIRST CLASS Sequel at Comic-Con”. 2013年3月24日閲覧。
  84. ^ John Myhre return as production designer for X-Men: Days of Future Past” (2012年12月10日). 2013年3月24日閲覧。
  85. ^ Max Nicholson (2012年11月16日). “Singer Promises "No Leather Suits" in X-Men: Days of Future Past”. IGN. 2013年3月24日閲覧。
  86. ^ Bryan Singer & Nicholas Hoult Talk 'X-Men: Days of Future Past' - EXCLUSIVE!” (2013年2月28日). 2013年3月24日閲覧。
  87. ^ Weintraub, Steve (2013年2月6日). “PROMETHEUS VFX Supervisor Richard Stammers Talks Collaborating with Ridley Scott, THE COUNSELOR, and Bryan Singer’s X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST”. 2013年4月20日閲覧。
  88. ^ Chitwood, Adam (2013年2月13日). “Bryan Singer Talks X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST; Says It Will Be the Biggest Film He’s Ever Made and Reveals Richard Nixon Is a Character”. 2013年3月24日閲覧。
  89. ^ Spencer, Perry (2013年1月28日). “Bryan Singer Talks X-Men: Days of Future Past”. 2013年4月18日閲覧。
  90. ^ a b Rosen, Christopher (2013年4月1日). “Lady Gaga in 'X-Men: Days of Future Past' as Dazzler? Bryan Singer Tweets Casting Prank on April Fools' Day”. Huffington Post. 2013年4月7日閲覧。
  91. ^ Vary, Adam B. (2012年11月27日). “Ian McKellan, Patrick Stewart returning for 'X-Men: Days of Future Past'”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2012/11/27/ian-mckellan-patrick-stewart-x-men-days-of-future-past/ 2012年11月27日閲覧。 
  92. ^ Schaefer, Sandy (2012年12月19日). “Bryan Singer Confirms Hugh Jackman for 'X-Men: Days of Future Past'”. Screenrant. 2012年12月19日閲覧。
  93. ^ Keyes, Rob (2013年1月26日). “Iceman, Kitty Pryde & Rogue Return For 'X-Men: Days of Future Past'”. Screenrant. 2013年4月5日閲覧。
  94. ^ Singer, Bryan (2013年2月13日). “Officially like to welcome #PeterDinklage from #GameOfThrones to #XMEN #DaysofFuturePast Very very excited!”. Twitter. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  95. ^ Singer, Bryan (2013年3月2日). “Thrilled to welcome the brilliant #OmarSy from the amazing film #TheIntouchables to the cast of #Xmen #DaysofFuturePast!”. Twitter. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月12日閲覧。
  96. ^ Sullivan, Erin (2013年3月3日). “Halle Berry: I'm In for X-Men: Days of Future Past”. Access Hollywood. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月4日閲覧。
  97. ^ Singer, Bryan (2013年4月1日). “Twitter / Bryan Singer: I can finally announce @ladygaga is joining #XMen #DaysofFuturePast as Dazzler. One of my all-time favorite characters. Can't wait!”. 2013年4月7日閲覧。
  98. ^ Eggertsen, Chris (2013年4月21日). “'The Following's' Adan Canto joins 'X-Men: Days of Future Past'”. 2013年4月22日閲覧。
  99. ^ Singer, Bryan (2013年5月23日). “Thrilled to say #EvanPeters is joining #XMen #DaysOfFuturePast as #Quicksilver.”. Twitter. 2013年5月28日閲覧。
  100. ^ Sneider, Jeff (2013年6月25日). “'X-Men: Days of Future Past' Casts Rising Aussie Actor Josh Helman (Exclusive)”. The Wrap. 2013年6月25日閲覧。
  101. ^ Which Classic 'X-Men' Character Is Making A 'Days Of Future Past' Comeback?”. 2014年5月24日閲覧。
  102. ^ Weintraub, Steve (2013年2月25日). “Bryan Singer Talks JACK THE GIANT SLAYER, Re-Writing the Film in Pre-Production, X-MEN: FIRST CLASS, BATTLESTAR GALACTICA, and More”. Collider.com. 2013年2月25日閲覧。
  103. ^ QMI Agency (2013年4月28日). “Montreal invaded by 'X-Men'”. 2013年5月14日閲覧。
  104. ^ Perry, Spencer (2013年6月4日). “Tensions Rise in New Set Photo From X-Men: Days of Future Past”. 2013年6月5日閲覧。
  105. ^ Kevin Jagernauth (2013年2月13日). “Bryan Singer To Shoot 'X-Men: Days Of Future Past' In 3D”. 2013年3月16日閲覧。
  106. ^ Twitter / definitionmags: X-Men: Days of Future Past” (2013年3月23日). 2013年3月24日閲覧。
  107. ^ X-Men returns to Montreal for re-shoots”. 2014年5月24日閲覧。
  108. ^ Beast Gets To Work In New X-Men: Days Of Future Past Set Photo”. 2014年4月2日閲覧。
  109. ^ X-Icon Chris Claremont Talks X-Men's 50th, 'Days of Future Past'”. MTV (2013年8月15日). 2014年5月3日閲覧。
  110. ^ Griffith, Jeff (2013年3月30日). “Bryan Singer Readies 'X-Men: Days of Future Past' for Summer 2014”. 2013年4月18日閲覧。
  111. ^ Digital Domain Productions”. 2013年7月21日閲覧。
  112. ^ Perry, Spencer (2013年4月2日). “John Ottman to Score X-Men: Days of Future Past”. 2013年4月18日閲覧。
  113. ^ Amazon UK (2014年5月3日). “John Ottman's X-Men: Days of Future Past Soundtrack”. 2014年5月3日閲覧。
  114. ^ Marianne Garvey; Brian Niemietz (2014年5月12日). “'X-Men: Days of Future Past' stars assemble in New York for premiere”. Confidenti@l. Daily News. 2014年5月14日閲覧。
  115. ^ X-Men Days of Future Past International dates” (2013年10月24日). 2013年10月25日閲覧。
  116. ^ Perry, Spencer (2013年6月27日). “Directors Tease Captain America: The Winter Soldier and X-Men: Days of Future Past”. 2013年6月28日閲覧。
  117. ^ Perry, Spencer (2013年10月1日). “The Wolverine Coming to DVD and Blu-ray December 3”. 2013年10月5日閲覧。
  118. ^ Comic-Con: 20th Century Fox Panel Live Blog” (2013年7月20日). 2013年7月21日閲覧。
  119. ^ Rated "X": A Night With Bryan Singer”. 2013年7月10日閲覧。
  120. ^ Douglas, Edward (2014年3月27日). “CinemaCon: Fox Shows New X-Men, Apes and Secret Service Footage”. 2014年3月28日閲覧。
  121. ^ Perry, Spencer (2014年4月9日). “Sneak Peek for X-Men: Days of Future Past Clip Debuts”. SuperHeroHype. 2014年5月3日閲覧。
  122. ^ Kit, Borys (2014年4月19日). “WonderCon: No Mention of Bryan Singer at 'X-Men' Panel”. 2014年4月20日閲覧。
  123. ^ Bryan Singer pulls out of X-Men launch amid sex abuse allegations”. News.com.au (2014年4月26日). 2014年5月3日閲覧。
  124. ^ Douglas, Edward (2013年7月17日). “Exclusive: Hugh Jackman on X-Men: Days of Future Past”. 2013年7月18日閲覧。
  125. ^ Pockross, Adam (2013年7月29日). “'Wolverine’ Post-Credits Sequence Opens Door For Next X-Men Film”. 2013年10月5日閲覧。
  126. ^ Mikael Angelo Francisco (2013年10月30日). “X-Men: Days of Future Past official trailer goes live”. 2013年11月1日閲覧。
  127. ^ Jason Callina (2013年10月29日). “X-Men Days of Future Past Trailer”. 2013年11月1日閲覧。
  128. ^ Ben Child (2013年10月31日). “X-Men: Days of Future Past trailer: an overdose of superheroes?”. 2013年11月1日閲覧。
  129. ^ Setoodeh, Ramin (2014年4月16日). “The Amazing Spider-Man 2: Secret Contract Got X-Men Coda in Film”. 2014年4月18日閲覧。
  130. ^ Perry, Spencer (2013年7月18日). “Comic-Con: X-Men: Days of Future Past Viral Campaign Kicks Off!”. 2013年7月19日閲覧。
  131. ^ Lesnick, Silas (2013年11月25日). “X-Men: Days of Future Past Explores Magneto's Involvement in the JFK Assassination”. 2013年11月26日閲覧。
  132. ^ An X-Men: Days of Future Interactive Timeline Explores Future History”. Superhero Hype (2014年4月11日). 2014年4月11日閲覧。
  133. ^ Raw guest star Hugh Jackman is confronted by "Magneto": Raw, April 28, 2014”. WWE (2014年4月28日). 2014年4月29日閲覧。
  134. ^ Payne, Marissa (2014年4月28日). “‘X-Men’ star Hugh Jackman will probably punch someone on WWE Raw tonight”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/early-lead/wp/2014/04/28/x-men-star-hugh-jackman-will-probably-punch-someone-on-wwe-raw-tonight/ 2014年4月29日閲覧。 
  135. ^ Van Boom, Daniel (2014年4月30日). “Wolverine rules the ring! Hugh Jackman wrestles 'Magneto' during WWE Raw appearance”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2616545/Hugh-Jackman-wrestles-Magneto-WWE-Raw.html 2014年4月30日閲覧。 
  136. ^ Payne, Marissa (2014年4月29日). “You either loved or hated Hugh Jackman on WWE Raw. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/early-lead/wp/2014/04/29/you-either-loved-or-hated-hugh-jackman-on-wwe-raw/ 2014年4月30日閲覧。 
  137. ^ X-Men: Days of Future Past”. Rotten Tomatoes. 2014年5月22日閲覧。
  138. ^ X-Men: Days of Future Past”. Metacritic. 2014年5月22日閲覧。
  139. ^ Early X-Men Reviews Extremely Positive. The film currently holds an 86% approvel rating on rotten tomatoes.”. Yahoo (2014年5月8日). 2014年5月11日閲覧。
  140. ^ Steve Rose. “X-Men: Days of Future Past review - 'like trying to follow two games of chess at once' | Film”. The Guardian. 2014年5月20日閲覧。
  141. ^ Rooney, David (2014年5月12日). “X-Men: Days of Future Past (2014)”. The Hollywood Reporter. 2014年5月21日閲覧。
  142. ^ Box Office: ‘X-Men’ Nabs Stellar $8.1M In Late Night Thursday Opening”. Deadline (2014年5月23日). 2014年5月23日閲覧。
  143. ^ Weekend Report: 'X-Men' Rules Memorial Day, Falls Short of Franchise Record”. Box Office Mojo (2014年5月25日). 2014年5月27日閲覧。
  144. ^ Lesnick, Silas (2013年12月5日). “X-Men: Apocalypse Set for May 27, 2016”. 2013年12月6日閲覧。
  145. ^ X-Men: Apocalypse: Bryan Singer teases new film ‘will address mutant origins’ — EXCLUSIVE”. 2014年5月24日閲覧。
  146. ^ Perry, Spencer (2014年1月30日). “Singer and Kinberg Talk Days of Future Past, Tease X-Men: Apocalypse”. 2014年1月30日閲覧。
  147. ^ Lussier, Germain. “‘X-Men Apocalypse’ Is An ’80s Period Piece, Will Feature Mass Destruction”. Slash Film. 2014年3月14日閲覧。
  148. ^ Perry, Spencer (2013年12月19日). “Bryan Singer Assembles X2 Writers for X-Men: Apocalypse”. 2013年12月20日閲覧。
  149. ^ X-MEN: APOCALYPSE WILL STAR CYCLOPS, JEAN GREY AND STORM”. Sci-Fi Now (2014年5月7日). 2014年5月7日閲覧。
  150. ^ 'X-Men: Apocalypse': Who will return? What new mutants may appear? Scoop on the next X-Men film -- Exclusive”. Entertainment Weekly (2014年4月11日). 2014年4月11日閲覧。
  151. ^ X-Men: Days Of Future Past Quicksilver controversy: writer Simon Kinberg speaks”. YouTube. 2014年5月20日閲覧。
  152. ^ Lauren Shuler Donner confirms Channing Tatum Gambit casting”. Total Films (2014年5月13日). 2014年5月13日閲覧。
  153. ^ Channing Tatum to Play Gambit in X-Men Spinoff”. The Hollywood Reporter (2014年5月13日). 2014年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]