X-フォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X-Force
チームの出版情報
出版社 マーベル・コミック
初登場 New Mutants #100 (1991年4月)
作者 ファビアン・ニシーザ英語版
ロブ・ライフェルド英語版
物語内
組織の種類 チーム
エージェント
X-Force
シリーズ出版情報
掲載間隔 月刊
形態
ジャンル スーパーヒーロー
掲載期間
話数
製作者
ライター
ペンシラー
製作者 ファビアン・ニシーザ英語版
ロブ・ライフェルド英語版
コレクテッド・エディション
Counter-X ISBN 0-7851-3304-6
Famous, Mutant &
Mortal
ISBN 0-7851-1023-2
X-Force and Cable:
Legend Returns
ISBN 0-7851-1429-7
Angels and Demons ISBN 0-7851-3552-9
Old Ghosts ISBN 0-7851-3821-8
Not Forgotten ISBN 0-7851-4019-0
X-Force/Cable:
Messiah War
ISBN 0-7851-3157-4

X-フォースX-Force)は、マーベル・コミックの出版物に登場する架空のスーパーヒーローのチーム及びそれを題材とした同名のオンゴーイングシリーズ英語版である。脚本家・イラストレーターのロブ・ライフェルド英語版により創造されたこのチームは『ニューミュータンツ英語版』第1期第100号(1991年)で初登場し、その直後に単独シリーズ『X-フォース』が創刊された。

チームは元々は1980年代に登場したチームであるニューミュータンツの刷新版であった。ミュータント英語版ケーブル率いるX-フォースはX-メンに比べてより戦闘的かつ活動的なグループであった。

1990年代初頭に始まった『X-フォース』誌は大ヒットとなったがライフェルドがマーベルを去った後の1995年から2001年の間にいくつかの路線変更を経て人気は低下した。『X-フォース』誌は2001年に若手ミュータント主体のチームになって刷新されたが売上低下は止まらず、第1シリーズは第129号を以て廃刊となり、『X-Statix』誌へと置き換わった。『X-Statix』が第26号で廃刊となった後、2004年にマーベルは再びライフェルドが手がけたオリジナルのX-フォースを題材とした全6号のミニシリーズを発売した。

2007年から2008年にかけてのストーリーライン「メサイア・コンプレックス」でウルヴァリン率いる新しいX-フォースがX-メンの秘密作戦部隊として初登場した。2008年2月からはこのチームを題材とした『X-フォース』誌がクレイグ・カイル英語版クリストファー・ヨスト脚本、クレイトン・クレイン英語版作画の体制で開始された。シリーズは2010年9月に「セカンド・カミング」のストーリーラインの影響により完結した。2010年10月からは新たに『アンキャニィX-フォース英語版』誌としてリランチされ、リック・リメンダー英語版ジェローム・オペニャ英語版が執筆した。結成時のチームメンバーはウルヴァリンサイロック英語版デッドプールエンジェルファントメックス英語版E.V.A.英語版であった[1]

マーベルNOW!英語版」キャンペーンが始まると、『アンキャニィX-フォース』は2012年に第35号を以て終了し、ストーム率いるチームを描いた『アンキャニィX-フォース』(第2期)とケーブルが率いるX-フォースを描いた『Cable and X-Force』が新たに創刊された。2014年に両誌共に終了し、新たにサイモン・スペリエ英語版脚本による『X-フォース』誌としてリランチされた[2]

出版史[編集]

『X-フォース』第1期: 1991年 - 2001年[編集]

ライフェルド時代[編集]

X-フォースは1989年に『ニューミュータンツ』第1期第86号よりイラストレーターとなったロブ・ライフェルドにより創造された。同誌でライフェルドの作画は人気を獲得し、1990年と1991年にはケーブルを始めとする人気キャラクターが次々とデビューした。1991年の『ニューミュータンツ』第1期最終号となる第100号にてライフェルドは同誌のダイアログを担当していたファビアン・ニシーザ英語版の協力により、ニューミュータンツのチームをX-フォースへと変化させた。1991年8月、ライフェルドとニシーザによる『X-フォース』第1期創刊号が発売された。約500万部を売り上げた同号は800万部を売り上げたジム・リーの『X-MEN』に次いでアメリカンコミック史上最も売れた1冊となった。創刊当時のチームメンバーはブーンブーン英語版ケーブルキャノンボール英語版ドミノ英語版フェラル英語版シャタースター英語版ウォーパスであった。その後の号ではサイリーンリクター英語版サンスポット英語版が加わった。

X-フォースの最初の1年目の主要な敵はケーブルと謎の繋がりを持つストライフ英語版が率いるテロ組織ミュータント・リベレーション・フロント英語版であった。他に初期の号では傭兵のデッドプール、不死のエクスターナルズ英語版、新生されたブラザーフッド・オブ・ミュータンツ英語版が登場した。

『X-フォース』誌はマーベルを代表する人気シリーズとなったが、ライフェルドはキャラクター商品ロイヤルティーを巡って会社側と対立し、1992年に他の人気作家達と共にマーベルを去ってイメージ・コミックを立ち上げた。

1990年代中頃: ニシーザとローブ[編集]

ライフェルド降板も『X-フォース』誌はニシーザが脚本、グレッグ・カプロが作画を担当して続行した。『X-MEN』誌も執筆していたニコラーザは1992年秋には『X-メン』関連誌を股に駆けるストーリー「エクスキューショナーズ・ソング英語版」に携わった。このストーリーではケーブルに変装したストライフがX-メンの創設者のプロフェッサーXの暗殺未遂事件を原因とするX-メンとX-フォースの衝突が描かれた。このクロスオーバーによりケーブルは『X-フォース』第18号で死亡したかのように描かれたにも関わらず人気が上昇し、1993年より始まったソロシリーズへと繋がった。

「エクスキューショナーズ・ソング」の後も『X-フォース』はニシーザとカプロの体制下で続き、後にトニー・ダニエル英語版がペンシラーとなった。一時的にチームのリーダーを失ったX-フォースは独自のアイデンティティを開発しようと試みた。第25号でケーブルが復帰した後、チームは機能不全家族の方向へと進み、恋愛やサイリーンのアルコール依存症、暴力的なアクションといった要素が追加された。ニシーザはサイリーンの家族がアイルランド[3]、リクターがメキシコ[4]、キャノンボールがケンタッキー州出身であること[5]やシャッタースターのオリジンといったキャラクターの新たな設定を付け加えた[6]。またこの時期にはニューミュータンツのメンバーであったラスティ英語版スキッズ英語版[7]ダニエル・ムーンスター英語版[8]サイファー英語版ウルフスベーン英語版が再登場した[9]レインファイア英語版とサンスポットの消滅に関するサブプロットは1995年に「エイジ・オブ・アポカリプス英語版」のイベントのために一時休刊する際に結末を迎えた。

「エイジ・オブ・アポカリプス」終了後の第44号からは新たにジェフ・ローブ脚本、アダム・ポリーナ英語版作画という体制となった。ローブはチームのユニフォームを一新させ、X-メンと同じX-マンション英語版へと移し、戦闘シーンを減らしてキャラクター主導のストーリーに重点を置いた。リクターはチームを抜け、キャノンボールはX-メンへと移り、新たに強力なアルビノのミュータントのカリバンが加わった。

ケーブル以後[編集]

1997年、脚本家のジョン・フランシス・ムーア英語版はチームを表社会を冒険する明るい集団のように描写し、ケーブルとX-メンからは離反させた。 メンバーはメルトダウン、サイリーン、サンスポット、ウォーパス、ダニエル・ムーンスターであった。

1998年、ムーアとジム・チャンはX-フォースの本拠地をサンフランシスコへと移し、キャノンボールとドミノをチームに復帰させ、さらにベドラム英語版が参加させた。

2000年、ウォーレン・エリス英語版は「レボリューション英語版」の一環としてX-メン系の3誌(『X-フォース』、『ジェネレーションX』、『X-マン』)の刷新を行った。『X-フォース』誌はエリスと共同でイアン・エジントン英語版が脚本を執筆し、ウィルス・ポータシオがイラストを描いた。ベドラム、キャノンボール、メルトダウン、ウォーパスにより構成され、イギリスのミュータントのピート・ウィズドム英語版が指導する秘密作戦のチームである。制作陣は変わったものの、売上は変化しなかった[10]

廃刊[編集]

2001年初頭、『X-フォース』誌は脚本家のピーター・ミリガン英語版とアーティストのマイク・オルレッド英語版によって再創造され、チームはX-フォースの名を引き継ぎながらメンバーは総入れ替えとなった。第115号でベドラム、キャノンボール、メルトダウン、ウォーパスは爆発に巻き込まれて退場し、翌第116号からは若いミュータントのチームに置き換わった。2002年後半に『X-フォース』誌は第129号を以て廃刊となり、同年内に『X-Statix』へと置き換えられた。

2004年にはライフェルドとニシーザによる全6号の『X-フォース』のミニシリーズが発売された。

『X-フォース』第3期: 2008年 - 2010年[編集]

新しい『X-フォース』のオンゴーイングシリーズは2008年2月にクレイグ・カイル英語版クリストファー・ヨスト脚本、クレイトン・クレイン英語版作画の下で始まった。

このX-フォースはサイクロップス英語版がミュータントへの脅威に対しての武力行使を専門とする秘密チームとして設立した。結成時のメンバーはウォーパスウルフスベーン英語版ウルヴァリンX-23英語版であり、その直後にエンジェルドミノ英語版エリクサー英語版が加わった。ヨストはチームに多様性を与えるためにデッドプールも参加させると述べていたがこれは『アンキャニィX-フォース』誌の創刊まで実現しなかった。

『アンキャニィX-フォース』[編集]

『X-フォース』誌は2010年10月に『アンキャニィX-フォース英語版』に置き換わり、リック・リメンダー英語版ジェローム・オペニャ英語版が執筆した[11][12]。この新シリーズでは新たにサイロック英語版ファントメックス英語版デッドプールがチームに加わった。

フィアー・イットセルフ英語版」とタイインした全3号のミニシリーズはロブ・ウィリアムズ英語版シモーネ・ビアンキ英語版が執筆した[13]

第34号では31人のキャラクターが死亡したが、そのうち14人は「エイジ・オブ・アポカリプス」の時間線出身のキャラクターであった。

マーベルNOW![編集]

マーベルNOW!英語版」キャンペーンの一環として、リメンダーの『アンキャニX-フォース』誌は2つの新しい『X-フォース』誌に置き換えられた。2つのタイトルはそれぞれ個別のクリエイティブチームが執筆し、「ウォンテッド」チームはデニス・ホープレスとサルバドール・ラロカ英語版、「キラーズ」チームはサム​​・ハンフリーズとロン・ガーニィ英語版が手がけた。「ウォンテッド」が担当するのは新タイトルとなる『Cable and X-Force[14]、「キラーズ」は第2期としてリランチされた『アンキャニィX-フォース』誌である[15]

Cable and X-Force』誌では「AvX」以後の世界で目覚めたケーブルが中心に描かれ、彼はドミノ、コロッサス英語版フォージ英語版ドクター・ネメシス英語版、ブームブームから成るX-フォースを率いる。

2期目となる『アンキャニィX-フォース』誌ではサイロックが率いるチームが描かれ、ストームパック英語版、クラスター、さらに後にスパイラル英語版ビショップ英語版が加わった。

『X-フォース』第4期: 2014年[編集]

「オールニュー・マーベルNOW!」キャンペーンにより、2014年2月に『Cable and X-Force』と『アンキャニィX-フォース』誌は新期の『X-フォース』誌に置き換えられた。チームはケーブル、サイロック、ファントメックス、マロウ英語版により構成され、『X-メン: レガシー』誌の脚本家のサイモン・スペリエ英語版が執筆した[2]。15号で刊行終了した。

チームロースター[編集]

第1期[編集]

イシュー キャラクター
#1-2 ブーンブーン英語版ケーブルキャノンボール英語版コピーキャット (ドミノ)英語版フェラル英語版シャタースター英語版ウォーパス
#3-14 ブーンブーン、ケーブル、キャノンボール、コピーキャット、フェラル、シャタースター、サイリーン、ウォーパス
#15-24 ブーンブーン、キャノンボール、フェラル、リクター英語版、シャタースター、サイリーン、サンスポット英語版、ウォーパス
#25-28 ブーンブーン、ケーブル、キャノンボール、フェラル、リクター、シャタースター、サイリーン、サンスポット、ウォーパス
#29-43 ブーンブーン、ケーブル、キャノンボール、ドミノ英語版、リクター、シャタースター、サイリーン、ウォーパス
#44-50 ブーンブーン、ケーブル、カリバン英語版、ドミノ、シャタースター、サイリーン、サンスポット、ウォーパス
#51-69 ケーブル、カリバン、ドミノ、メルトダウン(元ブーンブーン)、リクター、シャタースター、サイリーン、サンスポット、ウォーパス
#70-81 メルトダウン、ムーンスター英語版、サイリーン、サンスポット、ウォーパス
#83-86 ベドラム英語版、キャノンボール、メルトダウン、ムーンスター、サイリーン、サンスポット、ウォーパス
#87–91 ベドラム、キャノンボール、ドミノ、メルトダウン、ムーンスター、サイリーン、サンスポット、ウォーパス
#92–101 ベドラム、キャノンボール、ドミノ、メルトダウン、ムーンスター、ウォーパス
#102-106 ベドラム、キャノンボール、メルトダウン、ウォーパス、ウィズドム英語版
#107-115 ベドラム、キャノンボール、ドミノ、メルトダウン、ウォーパス
#116 アナーキスト英語版、バタリング・ラム、ドゥープ英語版ジン・ジニー英語版、プラズム、ユーゴーガール、ツァイトガイスト英語版
#117-118 アナーキスト、ブローク英語版、ドゥープ、オーファン英語版ファット英語版セント・アンナ英語版、ユーゴーガール、ヴィヴィセクター英語版
#119 アナーキスト、ドゥープ、オーファン、ファット、セント・アンナ、ユーゴーガール、ヴィヴィセクター
#120 アナーキスト、ドゥープ、オーファン、ファット、ユーゴーガール、ヴィヴィセクター
#121-124 アナーキスト、ドゥープ、オーファン、ファット、スパイク英語版、ユーゴーガール、ヴィヴィセクター
#125-128 アナーキスト、デッドガール英語版、ドゥープ、オーファン、ファット、スパイク、ユーゴーガール、ヴィヴィセクター
#129 アナーキスト、デッドガール、ドゥープ、オーファン、ファット、ヴィヴィセクター

第2期[編集]

イシュー キャラクター
#1-3 ケーブル、キャノンボール、ドミノ、ヒューマン・トーチ、メルトダウン、シャタースター、シング、サンスポット、ウォーパス、ウルヴァリン
#4-5 ケーブル、カリバン、メルトダウン、シャタースター
#6 ケーブル、カリバン、ドミノ、ヒューマン・トーチ、メルトダウン、シャタースター、シング、ウルヴァリン

第3期[編集]

イシュー キャラクター
メサイア・コンプレックス 2008 カリバン、ヘプチバ英語版、ウォーパス、ウルフスベーン英語版、ウルヴァリン、X-23
#1-7 ウォーパス、ウルフスベーン、ウルヴァリン、X-23
#8-10 2008-2009 アークエンジェルエリクサー英語版、ウォーパス、ウルフスベーン、ウルヴァリン、X-23
#11-25 2009-2010 アークエンジェル、ドミノ、エリクサー、ヴァニッシャー英語版、ウォーパス、ウルフスベーン、ウルヴァリン、X-23
#26 2010 アークエンジェル、ドミノ、ヴァニッシャー、ウルヴァリン
#27-28 2010 アークエンジェル、ケーブル、サイファー英語版、ドミノ、ウルヴァリン、X-23
セカンド・カミング #2 2010 チーム解散時 - アークエンジェル、ドミノ、ウルヴァリン、X-23

アンキャニィX-フォース英語版としてのチーム再編時 - アークエンジェル、デッドプール、E.V.A, ファントメックス英語版サイロック英語版、ウルヴァリン

第4期[編集]

イシュー キャラクター
#1-11 2014 ケーブル、ドクター・ネメシス英語版、E.V.A.、ファントメックス、ホープ・サマーズ(ミーミー)英語版マロウ英語版、サイロック
#12-13 2014 ケーブル、ドミノ、ドクター・ネメシス、ホープ・サマーズ(ミーミー)、マロウ、サイロック
#14-15 2015 ケーブル、ドミノ、ドクター・ネメシス、フォアゲットミーノット、ホープ・サマーズ、マロウ、サイロック

クリエーター[編集]

ライター[編集]

アート[編集]

カバーアート[編集]

コレクテッド・エディション[編集]

第1期[編集]

タイトル 収録内容 出版日 ISBN
X-Force Omnibus - Vol. 1 New Mutants #98-100, Annual #7; X-Men Annual #15; X-Factor Annual #6; X-Force Vol. 1 #1-15; Spider-Man #16; Cable: Blood & Metal #1-2; New Warriors Annual #1の一部, X-Force Annual #1 2013年2月 0785165959
X-Force: A Force To Be Reckoned With HC New Mutants, vol. 1 #98–100; X-Force, vol. 1 #1–4; and Spider-Man #16 2011年1月 0-7851-4984-8
X-Force: Under The Gun HC X-Force, vol. 1 #5–15 & Annual #1の一部 2011年3月 0-7851-4985-6
X-Men: X-Cutioner's Song X-Force, vol. 1 #16–18; Uncanny X-Men #294–296; X-Factor, vol. 1 #84–86; and X-Men, vol. 2 #14-16 1994年5月 0-7851-0025-3
X-Force: Assault on Graymalkin X-Force, vol. 1 #19–25 & New Warriors #31 2011年11月 0-7851-5899-5
X-Men: Fatal Attractions X-Force, vol. 1 #25; X-Factor, vol. 1 #92; Uncanny X-Men #304; X-Men, vol. 2 #25; Wolverine, vol. 2 #75; and Excalibur, vol. 1 #71 2000年8月 0-7851-0748-7
X-Force: Toy Soldiers X-Force, vol. 1 #26-31, Annual #2; Nomad #20 2012年4月 0-7851-6219-4
X-Force: Child's Play X-Force, vol. 1 #32-37, Annual #3; New Warriors #45-46 2012年8月 0-7851-6269-0
Origin of Generation X: Tales of the Phalanx Covenant X-Force, vol. 1 #38; Uncanny X-Men #316–317; X-Men, vol. 2 #36–37; X-Factor, vol. 1 #106; Excalibur, vol. 1 #82; Wolverine, vol. 2 #85; Cable, vol. 1 #16; and Generation X #1 2001年6月 0-7851-0216-7
X-Force: The Phalanx Covenant HC X-Force vol. 1 #38-43; X-Factor vol. 1 #106; Excalibur #82 2013年5月 978-0-7851-6272-8
Cable and X-Force Classic Vol. 1 X-Force vol. 1 #44-48;Cable Vol.1 #21-28 2013年4月 978-0-7851-6272-8
X-Men: The Complete Onslaught Epic, vol. 1 X-Force, vol. 1 #57; X-Men, vol. 2 #53–54; Uncanny X-Men #334–335; Avengers #400–401; Onslaught: X-Men; Cable, vol. 1 #34; Incredible Hulk #444; and Fantastic Four #414–415 2007年12月 0-7851-2823-9
X-Men: The Complete Onslaught Epic, vol. 2 X-Force, vol. 1 #58; Excalibur, vol. 1 #100; Fantastic Four #415; Amazing Spider-Man #415; Sensational Spider-Man #8; Spider-Man #72; Green Goblin #12; Punisher #11; X-Factor, vol. 1 #125–126; Wolverine, vol. 2 #104; X-Man #17; X-Men, vol. 2 #55; and Uncanny X-Men #336 2008年6月 0-7851-2824-7
X-Men: The Complete Onslaught Epic, vol. 3 X-Force, vol. 1 #57; Avengers #402; Incredible Hulk #445; Iron Man #332; Thor #502; Wolverine, vol. 2 #104; Cable, vol. 1 #35; X-Men, vol. 2 #55; Uncanny X-Men #336; and X-Man #19 2008年8月 0-7851-2825-5
X-Men: Operation Zero Tolerance, X-Force, vol. 1 #67-70, Generation X #26-31, X-Men #65-70, Uncanny X-Men #346, 77Wolverine #115-118, Cable #45-47, X-Man #30 2012年8月 0-7851-6240-2
X-Men: Powerless X-Force, vol. 1 #101; Uncanny X-Men #379–380; Cable, vol. 1 #78; Wolverine, vol. 2 #149; and X-Men, vol. 2 #99 2010年8月 0-7851-4677-6
Counter-X, Volume 1: X-Force (192ページ) X-Force, vol. 1 #102–109 2008年7月 0-7851-3304-6
Counter X: X-Force: Rage War X-Force, vol. 1 #110-115, 102 Rough Cut 2012年8月 978-0785159735
X-Force: Famous, Mutant & Mortal (ハードカバー・288ページ) X-Force, vol. 1 #116–129 2003年7月 0-7851-1023-2
X-Force: Famous, Mutant & Mortal, Volume 1: New Beginning (128ページ) X-Force, vol. 1 #116–120 2001年11月 0-7851-0819-X
X-Force: Famous, Mutant & Mortal, Volume 2: Final Chapter (224ページ) X-Force, vol. 1 #121–129 2002年11月 0-7851-1088-7

第2期[編集]

タイトル 収録内容 出版日 ISBN
X-Force and Cable: Legend Returns (144ページ) X-Force, vol. 2 #1–6 2005年4月 0-7851-1429-7
X-Force: Shatterstar (160ページ) X-Force: Shatterstar #1–4 and New Mutants, vol. 1 #99–100 2005年8月 0-7851-1633-8

第3期[編集]

タイトル 収録内容 出版日 ISBN
Volume 1: Angels and Demons
(144ページ)
X-Force, vol. 3 #1–6 2008年11月 (HC)
2009年2月 (SC)
0-7851-3552-9
0-7851-2976-6
Volume 2: Old Ghosts
(120ページ)
X-Force, vol. 3 #7–11 2009年6月 (HC)
2009年8月 (SC)
0-7851-3821-8
0-7851-2977-4
Volume 3: Not Forgotten
(120ページ)
X-Force, vol. 3 #12–13 & #17–20 2009年12月 (HC)
2010年3月 (SC)
0-7851-4019-0
0-7851-3540-5
X-Force/Cable: Messiah War
(368ページ)
X-Force, vol. 3 #14–16; X-Men: The Times and Life of Lucas Bishop #1–3; Cable, vol. 2 #11–15; Messiah War; and X-Men: Future History—The Messiah War Sourcebook 2009年8月 (HC)
2009年12月 (SC)
0-7851-3157-4
0-7851-3173-6
X-Necrosha
(448ページ)
X-Force, vol. 3 #11, #21–25 & Annual #1の一部; New X-Men, vol. 2 #32; New Mutants, vol. 3 #6–8; X-Men: Legacy #231–234; X-Force/New Mutants: Necrosha; and X-Necrosha: The Gathering 2010年7月 (HC)
2010年12月 (SC)
0-7851-4674-1
0-7851-4675-X
X-Men: Second Coming
(392ページ)
X-Force, vol. 3 #26–28; Second Coming: Prepare; X-Men: Second Coming #1–2; Uncanny X-Men #523–525; New Mutants, vol. 3 #12–14; and X-Men: Legacy #235–237 2010年9月 (HC) 0-7851-4678-4
X-Force by Craig Kyle & Chris Yost:
The Complete Collection Volume 1

(384ページ)
X-Force, vol. 3 #1–13; X-Force Special: Ain't No Dog #1 & X-Force Annual (2010) #1の一部 2014年3月 (SC) 0-7851-8966-1
X-Force by Craig Kyle & Chris Yost:
The Complete Collection Volume 2

(384 pages)
X-Force, vol. 3 #17-25; X-Necrosha: The Gathering; X-Force: Sex & Violence #1–3; X-Necrosha and X-Force Annual (2010) #1の一部 2014年9月 (SC) 0-7851-9000-7

第4期[編集]

タイトル 収録内容 出版日 ISBN
X-Force Volume 1: Dirty/Tricks X-Force Vol. 4 #1-6 2014年9月9日 978-0785190264
X-Force Volume 2: Hide/Fear X-Force (vol. 4) #7–10; X-Men: Legacy (vol. 1) #300 2015年2月3日 978-0785190271
X-Force Volume 3: Ends/Means X-Force (vol. 4) #11–15 2015年5月12日 978-0785193913

他のメディアでの登場[編集]

アニメーション[編集]

X-フォースが初めてコミック以外で触れられたのは2011年のテレビアニメ『エックスメン』であった。第2話でプロフェッサーXによりX-フォースがU-メン英語版に遭遇したことが明かされる。

映画[編集]

20世紀フォックスは『X-フォース』の映画を企画している[16][17][18]。2013年11月7日、ジェフ・ワドロウ英語版が脚本家・監督として雇われ、ローレン・シュラー・ドナーマシュー・ヴォーンがプロデューサーを務めることが報じられた[19]。2013年12月3日、ロブ・ライフェルドはケーブルデッドプールが映画に登場することを明かした。この時点では2017年郊外が予定されていた[20]。公開されたコンセプトアートの一部にはケーブル、ドミノ英語版ウォーパスキャノンボール英語版フェラル英語版がチームのメンバーとして描かれていた[21]。『デッドプール』の公開後、ライアン・レイノルズはデッドプールが『X-フォース』の映画に登場するだろうと感じ[22]、またサイモン・キンバーグは『X-フォース』がPG-13である「メインラインのX-MENの映画」とは対照的に『デッドプール』のようなR指定になる可能性を明かした[23]ブライアン・シンガーはファンダンゴのインタビューでX-23が新ウルヴァリンとして登場することを望んでいると述べた[24]。さらにサイロック英語版が登場するという噂が流れたが、『X-MEN: アポカリプス』で同キャラクターを演じたオリヴィア・マンによりそれは否定された。2016年11月9日、キンバーグは『ハリウッド・リポーター』誌で映画がまだ予定中であることを明かした[25]。2017年2月、レイノルズがジョー・カーナハンと共同で脚本を執筆すると報じられた[26]。2017年9月7日、 ドリュー・ゴダード(別のマーベル作品である『デアデビル』の元ショーランナー) が『X-フォース』の脚本・監督として雇われたことが報じられた[27]。2018年2月21日、『ハリウッド・ノース・バズ』はディズニーとフォックスの契約が完了する前の同年10月に撮影開始予定であると報じた[28]

2018年2月、『デッドプール2』の予告編が公開され、デッドプールが率いるチームがX-フォースであることが明かされ、史上初めて映画で同チームが言及されることとなった[29]

ゲーム[編集]

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』のデッドプールのエンディングではドミノ、ファントメックス、アークエンジェルにより構成されるチームが登場する。チームはギャラクタスを倒したデッドプールをケーブル、ボブ、エージェント・オブ・ヒドラ英語版、ほか多数のカプコンのキャラクターと共に賞賛する。

参考文献[編集]

  1. ^ Comics - News - Marvel reveals 'Uncanny X-Force' team”. Digital Spy (2010年7月14日). 2011年2月11日閲覧。
  2. ^ a b Spurrier, Kim's Adjectiveless "X-Force" Launches in February”. ComicBookResources (2013年11月7日). 2013年11月12日閲覧。
  3. ^ X-Force, vol. 1 #31
  4. ^ X-Force, vol. 1 #34
  5. ^ X-Force, vol. 1 #37
  6. ^ X-Force, vol. 1 #29–30
  7. ^ X-Force, vol. 1 #24
  8. ^ X-Force, vol. 1 #27 & 43 and X-Force 1994 Annual
  9. ^ X-Force, vol. 1 #38
  10. ^ CBGXtra.com – Comics Sales Charts Archived October 27, 2007, at the Wayback Machine.
  11. ^ Richards, Dave (2010年4月18日). “C2E2: Remender Unleashes 'New X-Force'”. Comic Book Resources. 2018年4月14日閲覧。
  12. ^ Manning, Shaun (2010年9月9日). “Marvel's Next Big Thing 'Uncanny X-Force' Call”. Comic Book Resources. 2018年4月14日閲覧。
  13. ^ Ching, Albert (2011年4月15日). “Rob Williams Leads the UNCANNY X-FORCE Team Into FEAR ITSELF”. Newsarama. 2011年5月19日閲覧。
  14. ^ Richards, Dave (2012年9月14日). “EXCLUSIVE: The Future Is Hopeless for "Cable and X-Force"”. Comic Book Resources. 2012年9月17日閲覧。
  15. ^ Sunu, Steve (2012年9月17日). “Humphries & Garney Take On "Uncanny X-Force"”. Comic Book Resources. 2012年9月17日閲覧。
  16. ^ ‘X-Force’ movie in the works at Fox.” (2013年7月11日). 2016年7月5日閲覧。
  17. ^ Whois x-forcemovie.com”. 2016年7月5日閲覧。
  18. ^ Fox To Use Comic-Con As Launching Pad For Wider X-Men Movie Universe, X-Force Film Included” (2013年7月12日). 2016年7月5日閲覧。
  19. ^ 'Kick-Ass 2' Filmmaker Tackling Fox's 'X-Force' (Exclusive)”. 2016年7月5日閲覧。
  20. ^ Vejvoda, By Jim. “Rob Liefeld Praises Screenplay for X-Force Movie”. 2016年7月5日閲覧。
  21. ^ Jayson, Jay (2015年12月27日). “X-Force Movie Lineup Possibly Revealed”. Comic Book. 2018年4月14日閲覧。
  22. ^ Alex Osborn (2016年2月9日). “Getting an X-Force Movie Made Is Ryan Reynolds' Next Priority”. IGN. 2018年4月14日閲覧。
  23. ^ ‘X-Force’ Could Be Rated-R, Says Simon Kinberg”. Collider.com (2016年2月15日). 2016年2月16日閲覧。
  24. ^ Davis, Erik (2016年5月16日). “Fox is Already Working on an 'X-Force' Movie; Bryan Singer has Pitched A Female Wolverine”. Fandango. 2018年4月14日閲覧。
  25. ^ Kit, Borys (2016年11月9日). “-Fox's X-Men Issues: Jennifer Lawrence Unsigned, 'Deadpool' Defections, 'Gambit' on Hold”. The Hollywood Reporter. 2018年4月14日閲覧。
  26. ^ Davis, Brandon (2017年2月22日). “X-Force Movie Gets A Director, Ryan Reynolds Co-Writing”. Comicbook. 2017年2月22日閲覧。
  27. ^ Borys, Kit (2017年9月7日). “Drew Goddard to Write, Direct X-Men Spin-Off X-Force. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/drew-goddard-write-direct-x-men-spinoff-x-force-1036462 2017年9月8日閲覧。 
  28. ^ Borys, Kit (2018年2月21日). “SPINOFF: DEADPOOL Spinoff X-FORCE With Ryan Reynolds & Josh Brolin To Start Filming This October”. The Hollywood Reporter. http://hollywoodnorth.buzz/2018/02/sequel-deadpool-spinoff-x-force-with-ryan-reynolds-josh-brolin-to-start-filming-this-october.html 2018年2月21日閲覧。 
  29. ^ Ryan Reynolds (2018-03-22), Deadpool 2 The Trailer, https://www.youtube.com/watch?v=z436r0sVmZ0 2018年3月22日閲覧。 

外部リンク[編集]