マイク・ミニョーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイク・ミニョーラ
Mike Mignola
MikeMignolaJune2011.jpg
2011年6月撮影
本名 マイケル・ジョーゼフ・ミニョーラ
Michael Joseph Mignola
生誕 (1960-09-16) 1960年9月16日(56歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バークレー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 漫画家
代表作 ヘルボーイ
受賞 アイズナー賞ほか多数
(「受賞歴」の項を参照)
公式サイト The Art of Mike Mignola
テンプレートを表示

マイク・ミニョーラ(Mike Mignola 、1960年9月16日[1]-)は、アメリカ合衆国漫画家カリフォルニア州バークレー生まれ[1]。代表作は『ヘルボーイ』。

経歴[編集]

マイケル・ジョーゼフ・ミニョーラ(Michael Joseph Mignola)は、1960年9月16日、カリフォルニア州バークレー市で生まれた。幼いころから幽霊モンスターを好み、13歳でブラム・ストーカーの『ドラキュラ』を読んで以降は、ヴィクトリア朝時代の文学と民間伝承に強い関心を持った[1]。1980年からコミック・ファンの同人誌『ザ・コミック・リーダー』にイラストを寄稿し始め(第183号)、1981年に初めて表紙を描いた(196号)。1982年、カリフォルニア・カレッジ・オブ・ジ・アーツをイラストレーション専攻の美術学士号(BFA in Illustration)を取得して卒業し、「モンスターの絵を描いて暮らす」夢を持って、ニューヨーク市に移り住んだ(現在はカリフォルニア州に住む)[1]

1982年、マーベル・コミック社でペン入れ担当(インカー)として「マスター・オブ・カンフー」を手がけるが、下手すぎて仕事が来なくなり、編集者の助言で下書き担当(ペンシラー)に転向する。この時期の「マーベル・ファンフェア」や「サブマリナー」の評判は高く、他の仕事も来るようになる[2]。1983年、『デアデビル』や『パワーマン&アイアンフィスト』などの作品にペン入れ担当で参加した。のちに『ハルク』などの作画を担当した。

1988年から1989年にかけて、ジム・スターリンの脚本でDCスーパーヒーロークロスオーバー作品『コズミック・オデッセイ』全4巻を刊行した。

『ダーク・ナイト、ダーク・シティ』など、いくつかのバットマン・シリーズの表紙も手がけている[3]

1990年代初めまでDCとマーベルの漫画雑誌で表紙やバックアップ・フィーチャー(タイトル作でない埋め草的作品)を手がけた。

1993年にダークホースコミックスに移籍したミニョーラは、1994年に初のオリジナル作品『ヘルボーイ』の第一作「破滅の種子」をジョン・バーンの脚本で刊行した。これ以降の『ヘルボーイ』シリーズはミニョーラ自身が脚本も書いている。しかし2007年からはダンカン・フィグレドやリチャード・コーベンなどが作画を担当するようになり、ミニョーラは脚本と表紙のみを担当するようになった。スピンオフ作品『BPRD』はジョン・アーチュディが脚本、ガイ・デイヴィスが作画であり、ミニョーラは表紙を描いている。2008年の読みきり「In the Chapell of Moloch 」は、2005年の「The Isaland 」以来初めてミニョーラが脚本作画の両方を手掛けた作品である。

2012年末から始まったシリーズ「ヘルボーイ・イン・ヘル」は再びミニョーラ自身が作画している。

画風[編集]

少年時代からの超自然的・神秘的なものに対する嗜好から、コントラストが強く影の多い画風が生まれた。1980年代末までに現在のスタイルを確立したミニョーラは、それにふさわしい作品として『ヘルボーイ』を作った[4]アラン・ムーアは、ミニョーラの画風は「ドイツ表現主義ジャック・カービーの出会い」だと述べた[5] 。彼の画風はまたジャック・カービーとアレックス・トスの融合とも評される[6]

絵のコントラストが強い理由として、パッと見てすぐ判るような絵を目指し、不必要なディティールは省略していると話す。過去に、ホルスターを描くのは好きだが、銃を描くのは苦手だと語っている[7]

映画とテレビ[編集]

フランシス・フォード・コッポラの映画『ドラキュラ』(1992年)にイラストレーターとして参加し[8]、この映画の漫画版も執筆した。ディズニーの『アトランティス 失われた帝国 』(2001年)ではプロダクション・デザインを担当した。また、同じギレルモ・デル・トロ監督の『ブレイド2 』のコンセプト・アートを担当した。

『バットマン:ゴッサム・バイ・ガスライト』のためにミニョーラがデザインした1880年代のバットマンのコスチュームは、テレビアニメ『バットマン:ブレイブ&ボールド』にも登場した。

2004年にギレルモ・デル・トロ監督で実写映画化された『ヘルボーイ』の製作には、ミニョーラ自身も深く関わった。2008年に続編となる『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』が公開された。この間にDVDでアニメーション映画『ソード・オブ・ストームス』(2006年)と『ブラッド・アンド・アイアン』(2007年)が発売された。

2006年、ミニョーラの短編『驚異の螺子頭』のアニメ版が「サイファイチャンネル」で放送された。

2012年公開の『メリダとおそろしの森』のために、建築物のコンセプト・アートを描いた[9]

著作[編集]

漫画[編集]

邦訳のみを挙げる。完全なリストは英語版記事を参照。

  • ヘルボーイ:チェインド・コフィン
    小学館プロダクション、1999年4月
  • ヘルボーイ:破滅の種子
    ジョン・バーン共著、小学館プロダクション、1999年9月
  • バットマン/ヘルボーイ/スターマン
    「バットマン:ゴッサム・バイ・ガスライト」、「バットマン:レジェンズ・オブ・ダークナイト #54 “聖域”」、「バットマン/ヘルボーイ/スターマン #1 」、「同 #2 」を収録
    小学館プロダクション、1999年10月
  • ヘルボーイ:魔神覚醒
    小学館プロダクション、2000年2月
  • ヘルボーイ:滅びの右手
    小学館プロダクション、2000年7月
  • ヘルボーイ:妖蛆召喚
    ジャイブ、2004年11月
  • ヘルボーイ:人外魔境
    ジャイブ、2006年5月
  • ヘルボーイ:プラハの吸血鬼
    ジャイブ、2008年7月
  • ヘルボーイ:闇が呼ぶ
    ジャイブ、2008年11月
  • ヘルボーイ:百鬼夜行
    ダンカン・フィグレド画、ジャイブ、2010年5月
  • ヘルボーイ:壱 〜破滅の種子/魔神覚醒〜
    ジョン・バーン共著、小学館集英社プロダクション、2010年10月
  • ヘルボーイ:弐 〜チェインド・コフィン[縛られた棺]/滅びの右手〜
    小学館集英社プロダクション、2010年10月
  • ヘルボーイ:疾風怒濤
    ダンカン・フィグレド画、ヴィレッジブックス、2013年12月
  • ヘルボーイ:妖蛆召喚
    ヴィレッジブックス、2014年6月
  • ロケットラクーン&グルート
    『ロケット・ラクーン』(ミニョーラ画、1985年)全4話を収録
    ビル・マントロ他著、ヴィレッジブックス、2014年9月
  • 驚異の螺子頭と興味深き物事の数々
    短編集。ヴィレッジブックス、2014年12月
    1. 驚異の螺子頭
    2. アブー・グングと豆の木
    3. 魔術師と蛇(ケイティー・ミニョーラ原作)
    4. 魔女とその魂
    5. 火星の虜囚
    6. 興味深き物事の礼拝堂にて
  • ヘルボーイ:捻じくれた男
    リチャード・コーベンほか画、ヴィレッジブックス、2015年11月

小説[編集]

クリストファー・ゴールデンと共著[10]。挿絵はミニョーラ。

  • Baltimore, or The Steadfast Tin Soldier and the Vampire, with Christopher Golden, 2007.(ISBN 0553804715)
  • Joe Golem and the Drowning City: An Illustrated Novel, with Christopher Golden, 2012. (ISBN 0312644736)
  • Father Gaetano's Puppet Catechism, with Christopher Golden, 2012.(ISBN 0312644744)

画集[編集]

  • アート オブ ヘルボーイ
    パイインターナショナル、2014年3月

受賞歴[編集]

  • 1995年
    • アイズナー賞‐最優秀ライター/アーティスト:『Hellboy: Seed of Destruction (ヘルボーイ:破滅の種子)』
    • アイズナー賞‐Best Graphic Album for Reprint:『ヘルボーイ:破滅の種子』
    • ハーベイ賞‐最優秀アーティスト
    • ドン・トンプソン賞
  • 1996年
    • ハーベイ賞‐最優秀アーティスト
    • ハーベイ賞‐最優秀グラフィック・アルバム:『Hellboy: The Wolves of Saint August
  • 1997年
    • アイズナー賞‐最優秀ライター/アーティスト:『Hellboy: Wake the Devil (ヘルボーイ:魔神覚醒)』
  • 1998年
    • アイズナー賞‐最優秀ライター/アーティスト:『Hellboy: Almost Colossus, Hellboy Christmas Special and Hellboy Jr. Halloween Special
  • 2000年
    • ハーベイ賞‐最優秀アーティスト:『Hellboy: Box Full of Evil (ヘルボーイ:小箱いっぱいの邪悪)』
  • 2002年
    • アイズナー賞‐最優秀フィニット・シリーズ/リミテッド・シリーズ:『Hellboy: Conqueror Worm(ヘルボーイ:妖蛆召喚)』
  • 2003年
    • アイズナー賞‐最優秀ユーモア出版物:『The Amazing Screw-On Head
    • アイズナー賞‐最優秀短編:『魔術師とヘビ』
  • 2004年
    • イーグル賞‐フェイヴァリット・コミックス・ライター/アーティスト
    • アイズナー賞‐最優秀コミック関連書籍:『The Art of Hellboy
    • インクポット賞
  • 2006年
    • イーグル賞‐フェイヴァリット・コミックス・ライター/アーティスト
  • 2007年
    • イーグル賞‐ロール・オブ・オナー
    • イーグル賞‐フェイヴァリット・カラー・コミックブック[アメリカ]:『Hellboy: Darkness Calls (ヘルボーイ:闇が呼ぶ)』
  • 2008年
  • 2009年
    • アイズナー賞‐最優秀フィニット・シリーズ/リミテッド・シリーズ:『Hellboy: The Crooked Man 』
    • アイズナー賞‐最優秀グラフィック・アルバム:『Hellboy Library Edition, vols. 1 and 2
    • アイズナー賞‐最優秀出版デザイン‐『 Hellboy Library Edition, vols. 1 and 2
    • インクウェル賞‐オール・イン・ワン賞
  • 2010年
    • ハーベイ賞‐最優秀カバー・アーティスト:『Hellboy: Bride of Hell
  • 2011年
    • イーグル賞‐フェイヴァリット・ライター/アーティスト
    • イーグル賞‐フェイヴァリット・アーティスト(インカー部門)
    • アイズナー賞‐最優秀イシュー(・オア・ワンショット) :『Hellboy: Double Feature of Evil

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 公式サイトのバイオグラフィ。
  2. ^ 季刊コミッカーズ 1999年夏号掲載のインタビュー(インタビューは1995年7月5日、アメリカにて)
  3. ^ ミニョーラ「バットマンのことは何も知らないし、まったく興味もない。( I don't know anything about Batman and really couldn't care less about Batman )」(下記 WIRED.com インタビュー)
  4. ^ ミニョーラ「このスタイルが確立すると自分自身でも(たぶん他の人から見ても)この画風にふさわしいジャンルがあるんだということがわかってきました。超自然的で神秘的な作品が一番合っていると思う。」「『ヘルボーイ』は僕のスタイルに合わせて作られたんです。キャラクターより先にスタイルがあったわけです。」(季刊コミッカーズ 2001年春号掲載のインタビュー)
  5. ^ Hellboy: Wake the Devil (ムーアによる序文). 1997. Dark Horse Comics
  6. ^ Cooke, Jon B. "The Art of Arthur Adams". Reprinted from Comic Book Artist #17. November 15, 2001
  7. ^ 季刊コミッカーズ 1999年夏号掲載のインタビュー(インタビューは1995年7月5日、アメリカにて)
  8. ^ ミニョーラ「一日半くらいしか関わってないんだよ。インタビューとか何かの記事とかで、僕は関係ないのに僕がたくさんやったように書かれてるんだよね」(下記 WIRED.com インタビュー)
  9. ^ The Art of Brave, Chronicle Books, 2012, ISBN 9781452101422
  10. ^ ただし三作目のPuppet Cathecism の内容には、ほぼ全く関わっていない(下記 WIRED.com インタビュー)。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]