デイリースポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DAILY SPORTS ONLINEから転送)
移動先: 案内検索
デイリースポーツ
種類 日刊紙

事業者 (発行)株式会社神戸新聞社
(編集)株式会社デイリースポーツ
本社 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-7
東京都江東区木場2-14-8
創刊 1948年8月1日(神戸)
1955年2月11日(東京)
言語 日本語
価格 1部 140円
月極 (西日本)3,353円
(東日本)3,039円
(有料電子版)1,890円
ウェブサイト https://www.daily.co.jp/
テンプレートを表示

デイリースポーツDaily Sports)は、日本スポーツ新聞である。株式会社デイリースポーツ編集、神戸新聞社から発行されている。本社は神戸市中央区関西に地盤を築いている。キャッチコピーは「ブレないスポーツ紙」。

歴史・概要[編集]

株式会社 デイリースポーツ社(初代)
Daily Sports
種類 株式会社
略称 デイリースポーツ、デイリー
本社所在地 神戸本社(登記上の本店)
〒650-0044
兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目5番7号 神戸情報文化ビル
大阪本社
〒550-8780
大阪府大阪市西区江戸堀一丁目10番8号
東京本社
〒135-8566
東京都江東区木場二丁目14番8号
設立 1955年2月11日
神戸新聞社からスポーツ新聞発行部門が独立して設立)
業種 情報・通信業
事業内容 スポーツ新聞発行事業など
代表者 代表取締役会長 稲垣嗣夫
代表取締役常務 沼田伸彦
資本金 6億円(2006年5月31日現在)
従業員数 764人(2006年1月現在)
主要株主 神戸新聞社
(同社の連結子会社
主要子会社 中四国デイリースポーツ
デイリースポーツサービス社
デイリースポーツプレスセンター
外部リンク www.daily.co.jp/
特記事項:※会社情報は、2010年2月までのもの(2010年3月に神戸新聞社へ吸収合併された)。
創刊は1948年8月1日。1955年までと2010年3月1日以後は神戸新聞社が発行。
代表取締役会長の稲垣嗣夫は、神戸新聞社代表取締役会長である。
会社法人消滅時は社長が不在となっており、会長と専務が代表者となっていた。
テンプレートを表示
株式会社 デイリースポーツ(2代目)
Daily Sports
種類 株式会社
略称 デイリースポーツ、デイリー
本社所在地 神戸本部(登記上の本店)
〒650-0044
兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目5番7号 神戸情報文化ビル
大阪本社
〒550-8780
大阪府大阪市西区江戸堀一丁目10番8号
東京本部
〒135-8566
東京都江東区木場二丁目14番8号
設立 1967年12月1日
(株式会社四国デイリースポーツ社として)
業種 情報・通信業
事業内容 スポーツ新聞編集など
代表者 沼田伸彦(代表取締役社長)
資本金 1000万円(2012年12月1日現在)
従業員数 250
主要株主 神戸新聞社
外部リンク www.daily.co.jp/
特記事項:旧社名は「四国デイリースポーツ社」→「中四国デイリースポーツ社」(2002年3月1日社名変更)で香川県高松市に本社、広島県広島市に広島本部があった。2012年12月1日をもって、中四国デイリー社を存続社とした上で、神戸新聞社デイリースポーツ事業本部と事業統合を行い、編集業務を再分社化したものである。なお発行元は従来どおり神戸新聞社が行う
テンプレートを表示
神戸新聞社デイリースポーツ事業本部のあるエコール・マリン

創刊までのいきさつ[編集]

太平洋戦争終結後、日本に進駐してきたGHQは、既存紙の紙面の方針転換を促すとともに、新しい新聞の創刊を推奨した。しかしこの頃は新聞用紙が慢性的に不足しており、結局は既存紙が、用紙割り当て数確保のために、積極的に新興新聞発行を行った。

神戸新聞でも子会社の神港夕刊新聞社を通じて、系列の夕刊紙「神港夕刊」を発行していたが、神港夕刊側が事実上の独立を申し入れたため、神戸新聞側が別の新興新聞発行を検討した。京阪神の売店等で売られている新聞を市場調査した結果、スポーツをメインに据えた新聞を発行することに決定。1948年7月25日付けの神戸新聞に創刊予告が出され、8月1日に第1号が発刊された。

デイリースポーツ社の設立[編集]

1950年からタブロイド判からブランケット判に切り替え、1955年2月11日には神戸新聞社から独立して「デイリースポーツ社」が設立された。同時に東京都でも発行されるようになった。

スポーツニッポン1949年創刊)、オールスポーツ(1950年創刊。現・日刊スポーツ西日本本社・大阪本部版)、サンケイスポーツ1955年創刊)、報知新聞1964年大阪進出)が関西で発行を始めるまでは、名実ともに「関西唯一のスポーツ紙」であった。その後、デイリースポーツ社が東京、大阪神戸の3本社体制に発展し、東海3県を除く本州の各地と四国地方で発行していく。

東京(首都圏)では、1975年から「夕刊デイリースポーツ」も発行していたが[1]、2009年11月30日付で休刊[2]

なお東日本(静岡県以東)地域版は、1992年までは東京タイムズとの提携[3]で発行したが、同紙休刊以後は、自らが運営するスポーツ新聞を持っていない日本経済新聞[4]の印刷工場「日経東京製作センター」(旧・千代田総業)から発行していたが、2006年にこのうちの新木場工場を神戸新聞社・デイリースポーツ社に譲渡し、新たに子会社・デイリースポーツプレスセンターを設立、関東向けの新聞を同所から発行するようになった[5]。このため、デイリーは直営ではないものの日経系のスポーツ紙としての役割を補てんしているといえる。

1977年には東京本社版が、次いで1980年には大阪本社版が休刊日発行(号外扱いの即売特別版)を開始した。

創刊当初はプロ野球、アマチュアスポーツ界、芸能界が紙面の中心であったが、1965年以降になるとギャンブル部門を拡大させ、1985年には日航機墜落事故をきっかけに社会面がスタートした。その間の1974年には、厳選した紙面掲載写真を「パネルサービス」として販売を開始している。

1995年1月17日阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)で、旧神戸本社(三宮神戸新聞会館)が壊滅的な被害を受けたため、一時は印刷困難になりかけたが、紙面の制作は東京・大手町にある日本経済新聞社東京本社に委託する形で行われ、販売提携している地方紙の印刷工場などを利用して新聞の発行を続けた。しかし、完全復旧する同年3月まではカラー印刷が不可能となったり、紙面のページ数も大幅に削減するなどの影響を受けた。なお前述したとおり2006年に神戸新聞社と日経新聞社の提携関係の締結により、関東向けの新聞を発行する日経東京製作センター・新木場工場を神戸新聞・デイリースポーツに譲渡するにあたっての交換条件として、日経は西宮市にある「神戸新聞阪神製作センター」への印刷委託を開始し、兵庫県向けの日経新聞を印刷するようになった[5]

神戸新聞社への吸収合併と編集部門の再分社化[編集]

2010年3月1日に経営基盤の強化を目的として、デイリースポーツ社が神戸新聞社へ吸収合併された。これに伴いデイリースポーツ及び関連媒体の発行元が神戸新聞社に変更され、分社以来55年ぶりに神戸新聞社からの発行となった。また、これに先立ち2009年12月に公営競技情報部門を分社しデイリースポーツ・クオリティを設立、新聞だけでなく電子媒体などへの情報販売を本格化させた[6]。組織的には、神戸新聞取締役会の下にデイリースポーツ事業本部をおいた。

2年後の2012年12月より、子会社「中四国デイリースポーツ社」[7]を「デイリースポーツ」に社名変更[8]し、神戸新聞デイリースポーツ事業本部からの社員出向と言う形で編集部門の再分離を発表している。なお発行元は神戸新聞社のままとしている[9]

題字遍歴[編集]

題字の矢印風の文字のデザインは創刊当初から今日まで変わっていないが、バックの地紋(スクリーントーン)は1980年代前半までひし形が描かれていた。カラー化後は赤地・黄色文字の縦サイズだったものがあったが、2010年の法人移行後は横文字、黒地・黄色。

東京だけで発行していた夕刊のものは「夕刊」を縦書き。デイリーの「ー」が右上に伸びる形で、その下にスポーツという文字を入れていた。後年は右上に黒地・黄色で「夕刊(縦書き)デイリー」とかかれたものがあった。

発行所所在地[編集]

[10]

なお、西日本向けの1面題字には2010年2月28日付までは登記上の本店である神戸本社の住所は記載されておらず「大阪本社」の住所が掲載されていたが、発行元が神戸新聞社へ移行した翌3月1日付から記載されるようになった。
地域別の発行体裁
発行所 発行版 対象都府県[12]
(☆=即売のみ)
印刷所 委託販売先の新聞社
印刷所名称 委託新聞社 全国紙 地方紙(カッコ内は対象となる都府県
地方紙とのかかわりの項参照)
東京本部 関東版 青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県、☆山梨県静岡県 デイリースポーツプレスセンター江東区 直営 日本経済新聞
(※日経直売所のほか、朝日新聞毎日新聞、並びに右記の委託販売を行う地方紙、まれに産経新聞(主に関西)、読売新聞(主に関東)の宅配所でも抱き合わせ(併売)の形で販売するケースもある)
河北新報(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
(※河北仙販に販売委託し、河北新報の宅配所から配達される)
神戸本部・大阪本社 関西版 石川県福井県三重県滋賀県京都府大阪府奈良県和歌山県 神戸新聞総合印刷(神戸市西宮市 直営 神戸新聞(兵庫県)、京都新聞(京都府・滋賀県)
広島版 広島県山口県鳥取県の一部、島根県の一部、☆福岡県の一部 中国印刷(福山市
中国新聞広島印刷センター(廿日市市
両所とも中国新聞社 中国新聞(広島県、山口県)
瀬戸内版 鳥取県、島根県、岡山県愛媛県香川県徳島県高知県 愛媛新聞社印刷センター(松山市 愛媛新聞社 山陽新聞(岡山県)、愛媛新聞(愛媛県)、四国新聞(香川県)、徳島新聞(徳島県)、高知新聞(高知県)

デイリーと阪神タイガースの経緯[編集]

井上章一の「阪神タイガースの正体」によると、当初は必ずしも阪神中心の紙面ではなかった。デイリーが阪神を初めて大きく扱った記事は、デイリースポーツ40年史曰く内紛(「お家騒動」とも呼ばれる)ネタであった。1956年に起こった藤村富美男監督と主力選手との間に起こった内紛(藤村排斥事件)がそれで、デイリーは藤村の退陣要求をスクープ。これがはじまりだと考えられている。

東京地区では東京本社(現:東京本部)が独自に紙面を構成していたが1975年以降関東のプロ野球ファンの好みの変化が少しずつ起こり、必ずしもファン的には巨人一辺倒ということはなくなってきた。しかし関東のスポーツ新聞界においては相変わらず巨人1面が主流だったため、1982年のプロ野球シーズンオフに東京での独自性を打ち出す意味もあり巨人の次に人気がある阪神中心の紙面づくりを関東で転換した。

現状[編集]

関西ではよほどのことがない限りスポーツ報知以外の全紙が阪神記事を1面から3面まで飾っている。ただ日刊スポーツに関しては親会社の朝日新聞社の方針もあってか、現在はサッカー日本代表の記事がまれに一面に来ることもある。加えてデイリースポーツが飛ばし記事を多く配信していることから関西の阪神ファンには重宝がられていない。

一方、関東ではデイリースポーツのみ阪神記事が1面を飾っている場合が大半。(他ジャンル<一般スポーツ ・中央競馬のGIレースなど>でよほどの大きい事件があればそちらをトップに持ってくる事もある)。報知が2000年代後半以降、巨人が負けた場合や巨人の試合が無い時、巨人が勝った場合でも他ジャンルで大きな出来事・事件があった際は、巨人以外の情報が1面を飾っている場合が多くなってきているのに対し、デイリーは一部の例外を除き、阪神以外の記事が1面を飾ることは滅多に無い。そのため関東の阪神ファンにとってはデイリースポーツは情報源となっている場合もある(関西における報知と似た位置付け)。

いずれにしても、関西では阪神が勝っても負けても1面を飾るスポーツ紙がほとんどであり、パ・リーグの球団はよほどのことがなければ1面を飾ることはない。合併球団のオリックス近鉄は1992年以降はいずれもそうした扱いに甘んじ、さらには在阪の民放局までもがこの流れを追随していった。

ちなみに広島版では阪神ではなく広島東洋カープの記事が一面となることがほとんどで、デイリーの「ー」が虎のしっぽではなく鯉のぼりとなっている。それもあって阪神の記事は裏一面か内面に追いやられることもある。

性風俗面はサンケイスポーツやスポーツニッポンと同じく力を注いだ。東京版は即売版のみ載せていたが、大阪版は宅配版にも載せていた。末期は東京中日スポーツと協力し同じ情報や漫画(「エロしぼり」など)が掲載されていた。2010年3月1日より神戸新聞社発行となりアダルト面が廃止され、即売版と宅配版の区別がなくなったが、2012年10月1日から「お色気面」として再開(宅配・即売とも)された。

特筆事項[編集]

編集局[編集]

デイリースポーツの紙面作成の核となる編集局は神戸本部と東京本部の2か所におかれており、スポーツ関連は神戸本部の報道部(さらに野球部門と一般スポーツとに細分)と東京本部運動部、芸能・社会関係は芸能人の活動が主に関東圏に多いことから東京本部の芸能部が中心(関西地域は神戸本部報道部が担当)、写真部門は神戸・東京のそれぞれの本部に設置している。なお記者に取材指示を出すことを目的とする速報デスクワークは、整理部との連携を図るため神戸本部にすべておかれている。[13]

紙面作成[編集]

紙面作成・構成は、公営競技・地方版テレビ・ラジオ番組表などの地場ニュースを除いて基本的に神戸本部内の整理部が担当し、それらの紙面を神戸新聞の自社工場を初め、印刷委託を行っている各新聞社の工場に電送している。[13]

地方版[編集]

西日本版(神戸本部・大阪本社)には中四国地方向けの地方版として、広島版四国・瀬戸版(当初は瀬戸内海版)とがあり、1975年のプロ野球開会に合わせて同年4月9日付け[14]からは地場ニュースの連載を始めている。過去には中京・九州版を地方版として発行していたが、現在は終了しており、福岡県のごく一部で広島版を発売している程度にとどまっている。

締め切り時間の都合上、これらの地方版はナイターが遅くまで続いている場合、早版では途中経過しか伝えられない場合があり、その場合翌々日の紙面で結果を掲載する(近畿・関東の宅配早版[15]でも同様のケースがある)。

なお中四国地方に向けては1967年12月1日に現地での販売と発行を目的とした直営子会社として「四国デイリースポーツ社」(2002年3月1日に「中四国デイリースポーツ社」に社名変更)を設立し、香川県高松市に本社、広島県広島市に広島本部をそれぞれ設け、2012年11月30日まで中四国地域向けの発行元(ただし、発行者のクレジットは「デイリースポーツ社」(初代)→「神戸新聞社」のまま)としていた。

広島版[編集]

デイリースポーツの広島版は、提携関係にある中国新聞社の協力により、広島県廿日市市にある中国新聞広島制作センター(ちゅーピーパーク)と、広島市中区の中国印刷の2か所で委託印刷され、広島県全域と山口県(離島など一部地域を除く)、および鳥取県島根県の広島県境に当たる西部・南部の一部地区で販売されている。

広島東洋カープサンフレッチェ広島の報道に力を入れており、カープが勝利した翌日の1面はロゴの「デイリー」の「ー」の部分が鯉のぼりになる。また高校野球期間中はカープの敗戦翌日の1面が高校野球広島大会や甲子園での広島代表の話題となることがあり、その際には「デイリー」の「ー」の部分が金属バットとボールになる。また広島・山口地区の公営競技面も掲載。

2014年8月20日に発生した広島土砂災害以降、広島版の1面では「デイリー」の題字上に「がんばろう広島!」のメッセージが常時付けられた。

なお、中国新聞も1964年に、当時の社長の方針により、自社でスポーツ紙「スポーツ中国」を発刊していたが、赤字額が大きく、労働組合からの追及もあり、わずか1年で廃刊した[16]。その後、中四国地区の販売会社「四国デイリースポーツ社」の発足に伴い、広島地区の現地版印刷を中国新聞に委託するようになった。

四国・瀬戸版[編集]

広島版発行地域を除く中国地方四国地域向けの版は愛媛新聞社で委託印刷されている。

四国・瀬戸版は地元にプロ野球チームがない[17]こともあり、関西版同様の阪神タイガースメインの紙面構成ではあるが、対象7県内所在のJリーグチームや、開催される各種スポーツイベント・公営競技も率先的に取り上げている。

中京・九州版[編集]

1986年11月、国鉄ダイヤ改正に伴う新聞輸送専用荷物列車の廃止により、九州地区・山口県西部(防府市以西)・中京地区の一部への配送が中止された。このため、一時期発行していたこれらの地域の地方版の掲載も終了となった。なお、九州版や中京版を発行していた頃は西鉄ライオンズ特集(九州版)・中日ドラゴンズ特集(中京版)をそれぞれ組んでいた。

現在東海・九州向けには宅配されていない(郵送・電子版はこの限りではない)。

福岡県では、博多駅西鉄福岡(天神)駅天神駅小倉駅など一部地域で広島版が即売のみで販売されている(番組表は差し替えられておらず、また北部九州の番組も掲載されていない)。愛知県向けの販売が終了となった2011年11月30日をもって九州地域でも販売を終了し、現在九州で入手できる方法としては、中央競馬発売時の小倉競馬場か郵送・電子版である。山口県では広島での現地印刷開始、配送ルートや道路事情の改善などにより防府市以西でも販売されるようになった。

愛知県においては、名古屋市内の主要駅の一部売店にて神戸本社版の早版が、即売のみで販売されていたが(コンビニでの販売はない)[18]、2011年11月30日をもって販売を終了。なお、三重県伊賀市名張市では、それぞれ一部のコンビニで神戸本社版の早版が販売されている[19]

公営競技[編集]

競馬ではJRA重賞の「クイーンカップ」、「デイリー杯2歳ステークス」、船橋競馬場の交流重賞「クイーン賞」に盃や社賞を贈り、各地で「競馬教室」を開いている。またNTTドコモiモードコンテンツの中に「デイリー馬三郎」を開設している。

競輪では1984年日本選手権競輪(競輪ダービー)の前夜祭を主催したが、「一つの新聞社にやらせるとは」という異議もあって1回限りで終わった。

格闘技[編集]

1961年ボクシング欄を創設、やがてこれがプロレスも含めた「デイリー・リング」と銘打った(今で言う)格闘技欄に発展する。一時は流行のキックボクシングにも密着し大きく扱ったこともあったが、その後1977年にプロレス欄を創設。取材記者にプロレス担当を設け、プロ野球のシーズンオフの時は3面も使うほどの熱の入れようであった。1983年6月3日蔵前国技館で行われたアントニオ猪木VSハルク・ホーガン戦で猪木がホーガンの必殺技「アックスボンバー」を食らって失神した際、デイリーはリング下で失神する猪木を激写(見出しは「猪木、意識不明」)。この場に居合わせてなかった他紙の記者が、共同通信社を通じてデイリーの写真を求める一幕もあった。

一時期、殆どの朝刊スポーツ紙でプロレス記事の掲載は少なかった。その点、デイリーは昭和の時代から東京スポーツと共にプロレス報道の2大紙と言われる[20]。特にデイリーは、全日本女子プロレスの後援にその設立初期から名を連ねたこともあり、女子プロレスに関しても女子プロブームの頃から緻密な取材を重ねていた。そのため他のプロレス専門誌やスポーツ誌が試合結果を載せていなかった頃、唯一デイリーだけが全日本女子プロレスの試合結果を載せていた。

よって「朝に前夜のプロレスの結果を知りたきゃデイリーよ[21]と言われ、デイリーを毎朝・東スポを夕方購入するプロレスマニアは大勢いた。ただ時代が昭和から平成になった頃、新日本プロレスの東京ドーム大会が定番化された辺りから、他のスポーツ紙も、少なくとも東京ドーム大会の様な主要試合に関しては記事を掲載する様になった。さらに殆どの団体の(当時はまだプロレス団体が少なかった)全試合の結果が毎日掲載されるほどに各紙のプロレス取材が強化され現在に至るが、現在はプロレス団体が非常に多く、紙面の都合もあり主だった団体の結果や寸評、時にはメインイベントだけの結果という様に要約されて掲載される。

なお上記に挙げたのは東京本社版の場合である。大阪本社版においてのプロレス記事の導入はかなり遅く、試合結果が載り始めたのは1980年代末期、東京本社版と同等の格闘技欄(「スーパーファイト」面)が導入されたのは1990年代に入ってからである。

全日本女子プロレス亡き後はJWP女子プロレスの主要大会の後援を行い、引続き女子プロレスに関わり続けている。2008年には創刊60周年記念として、女子プロレス大会「サマードリーム2008」を開催(7月21日・大阪、8月3日・東京)。この大会に合わせて新設した「デイリースポーツ認定女子タッグ王座」(JWP認定タッグ王座と統一を経て現在はPURE-J管理)の争奪戦とOG戦を中心とした、小規模ながらもオールスター戦のような趣の興行となった。

また2006年9月から、傍系のサンテレビジョンが同年10月にハッスルの特別番組を放映するのを控え、ハッスルの報道を強化。サンテレビジョンの特番はこの限りだったが、デイリーでは引続き「ハッスル(特別)取材班」を設けてまで、毎回、他団体よりも大きく扱った。

さらに大日本プロレス広島大会の後援にも付き「広島“大”熱狂プロレス」として開催している。

ボクシングの面では、具志堅用高が王座にあった時代のWBAジュニアフライ級の防衛戦を始め、TBS及び協栄ボクシングジムによるボクシング興行「ガッツファイティング」を協賛した(2012年からは東京中日スポーツに変更)。また、毎年恒例の全日本新人王決定戦の主催者でもあり、その紙面での扱いは他紙よりも大きい。

2000年代亀田家との関係を緊密にしていることで知られ、2006年8月から2007年1月にかけて亀田家をフィーチャーした週一回の特集ページ「週刊亀田新聞」を連載していた。その所以からか、2007年10月11日に行われた亀田大毅内藤大助戦の試合結果について、亀田側を擁護し内藤側の反則を批判する記事を書いた唯一のスポーツ新聞となった[22]

社会ネタ[編集]

1985年8月に起きた日航ジャンボ機墜落事故をきっかけに社会面を新設した。社会面は、共同通信社配信による記事が中心であるが、国内外で重大な事件・事故やなどが起きた際は、本紙でも他紙と同様に本紙独自の取材による社会ネタを一面に載せることがある。本紙が一面で取り上げた社会ネタ(スポーツ・芸能界の重大事件・不祥事などは除く)は、1989年1月昭和天皇崩御や、1991年1月湾岸戦争1995年1月阪神・淡路大震災、1995年のオウム真理教による一連の事件1997年6月神戸連続児童殺傷事件の容疑者逮捕、1997年8月ダイアナイギリス皇太子妃事故死、1998年10月和歌山毒物カレー事件の容疑者逮捕、2001年9月アメリカ同時多発テロ事件2002年9月北朝鮮による日本人拉致問題(当時の小泉純一郎首相金正日北朝鮮総書記との会談)、2005年4月JR福知山線脱線事故2006年1月堀江貴文ライブドア社長(当時)逮捕、2011年3月東日本大震災などがある。特に、昭和天皇崩御や阪神・淡路大震災、1995年5月麻原彰晃こと松本智津夫オウム真理教代表(当時)逮捕、東日本大震災の際は、一面から紙面の大半をそれらの関連記事に満たした。

関西版のうち、京阪神通勤圏向けの最終12版では1986年ごろから、テレビ面を中頁に移し、最終面(ダブル1面)に社会面を持ってきたことがあった(それ以外の地域向けは従来どおり最終面がテレビ面、社会面は中頁だったが、1988年に最終面もニュース面になった)。

その他[編集]

  • 神戸新聞の系列ということもあってか、ヴィッセル神戸の情報が多い[23]
  • 一時期、題字に英文字(THE DAILY SPORTS)を入れていたことがある。
  • 1990年度中期頃まで1部120円であったが、現在は1部130円である。これにより1部120円で販売されているスポーツ新聞は東京中日スポーツ東海地方に於いての日刊スポーツ及びスポーツニッポンのみとなった。
  • 首都圏で発行された「夕刊デイリースポーツ」は、プロ野球関連の記事は比較的少なく、競馬やゴシップ記事が1面を飾るケースも少なくなかった。また静岡県甲信越地方東北地方の一部では、この「夕刊―」の紙面を、そのまま翌日の朝刊に流用して載せるケースが多かったとされる。関東地区でも番組表も紙面上の日付(=発売日の翌日 関東を中心に東北・静岡・甲信越の番組表も)のものが使われていた(※「夕刊デイリースポーツ」が休刊になってからは、これらの地方への販売も基本的に休止。ただし一部地域の駅では、早版の販売を継続している)。
  • 読売ジャイアンツ(巨人)の長嶋茂雄王貞治をコンビとして付けた言葉「ON砲」の名付け親はデイリースポーツであった。1963年4月、巨人のクリーンナップを張っている2人が大活躍したことからデイリースポーツの記者が「(アメリカ大リーグの「MM砲」〔ニューヨーク・ヤンキースのロジャー・マリスとミッキー・マントルの活躍に倣って〕彼らの名前の頭文字を取ってON砲としてみるのはどうか」と提案。それが新聞の見出しとして掲載され、以後定着するようになった。ひいては、長嶋・王に限らずチームのホームランバッターを「○○砲」と書く嚆矢になった(ただし、助っ人外国人選手に使われることが多い)。ちなみに、長嶋・王は試合によって3番4番を入れ替えていたので、一部ではその時の打順(3番長嶋、4番王)に沿ってNO砲とする案も検討されたがそうしてしまうと不発弾になってしまうということで却下されたという。
  • 芸能面では、阪神ファンの芸能人を大きく取り上げることがある。2016年9月22日には阪神ファンである声優・歌手の水樹奈々が阪神甲子園球場でコンサートを開催したのに合わせて記念特集号を制作、甲子園球場及びAmazonで販売した[24]。なお、この記念特集号の題字は阪神の話題を扱っていないのにもかかわらず、阪神が勝った翌日付のものと同じもの(「デイリー」の「ー」が虎のしっぽになっている)であった。
  • 2015年7月から、福岡県西日本スポーツ西日本新聞社発行)と提携を結び、当紙の芸能・社会面を西スポ紙面に掲載している[25]。また中日スポーツ中日新聞社発行)、東京中日スポーツ中日新聞東京本社発行)、西スポとの共同連載企画や4紙共同の読者プレゼント企画「アタック4」を実施するなど、ブロック紙系スポーツ紙との交流を深めている。

デイリー電子版[編集]

  • 2010年2月1日から、デイリースポーツの紙面がインターネットで閲覧できる電子新聞「デイリー電子版」のサービスを開始した。神戸本社版の最終版(京阪神通勤圏向け「12版」と呼ばれるもの)全紙面がパソコンで発行当日に見られるサービスで、デイリースポーツが発行されていない地域でも発行当日の紙面を見ることができる。毎朝6時に更新され、公営競技とテレビ・ラジオ欄は関西地区の物を掲載している。但し広告の一部と肖像権の理由でジャニーズ事務所関連の写真記事は省略されている。2月中はお試し期間として無料となっていたが、2010年3月1日からは月ぎめ1,890円となった。

地方紙とのかかわり[編集]

元々は発行元が神戸新聞社という地方紙系の新聞社であることから、中四国地方向けには地方新聞社へ印刷を委託(先述)しているほか、東北地方中四国地方、及び奈良県滋賀県京都府ではその府県の地方新聞社、関東地方大阪府では全国紙(主に日本経済新聞[5]を中心とした他の全国紙[27])のそれぞれの販売店へ販売委託を行っているなど、地方紙との結びつきが強い。そのため販売・印刷受託される地方新聞社の販売店を中心に各地に「デイリー会」なる販売店の交流団体がある。

宅配可能地域・宅配取り扱い新聞店舗[編集]

  • 宅配可能地域でも山間部・離島など一部宅配不可の地域がある。宅配不可地域(北海道山梨県富山県愛知県岐阜県九州8県も含む)の場合は電子版(ただし関西版のみ)、ないしは第3種郵便物による郵送となる。
  • 鳥取・島根県は基本は瀬戸内版を配達するが、広島県に近い西部・南部の一部地域では広島版を配達する場合がある。

番組表の収録局[編集]

番組表のフォーマットは、基本的に神戸新聞のレイアウトに準拠しており、番組タイトルは2009年4月から太字(丸ゴシック体)、放送開始時間帯(「00」など)はイタリック体(やや右斜めに傾斜)で示している。なお東京本社版については、東京タイムズと提携していた時代は、基本的に東京タイムズのレイアウトに準拠したものを使った[28]。番組表は、かつては東京ニュース通信社配信によるものを使用していたが、2015年現在は日刊スポーツ系列の日刊編集センター配信のものを使用している。

神戸本部・大阪本社版[編集]

※近畿地方向けのもの
フルサイズ
クォーターサイズ(地上波)
クォーターサイズ(BS・CS)
クォーターサイズ(AMラジオ)
備考
  • 1987年3月ごろまでは、AM局の番組は午後0時(正午)以後のもののみを収録していたが、紙面拡充により同4月以後は朝の放送開始(起点)時間からすべて掲載されるようになった。
  • かつてはFM放送とラジオたんぱ(ラジオNIKKEI)も一部収録されていたが、BS・CSの放送局が増加したこともあり2007年から掲載が省略された。
  • 2015年3月30日付から関西テレビの表記が「関西」から「カンテレ」に変更された。

広島版[編集]

※広島県向けのもの
フルサイズ
ハーフサイズ
クォーターサイズ(地上波)
クォーターサイズ(BS・CS)
  • NHK BS1
  • NHK BSプレミアム
  • BS日テレ
  • BS朝日
  • BS-TBS
  • BSジャパン
  • BSフジ
  • WOWOWライブ
  • BS11
  • J SPORTS(1・2・3・4)
  • 釣りビジョン
  • GAORA
  • スカイ・A+sports
  • フジテレビONE
クォーターサイズ(ラジオ)

東京本部版[編集]

※首都圏向けのもの
フルサイズ
ハーフサイズ
クォーターサイズ(地上波)
クォーターサイズ(BS・CS)
クォーターサイズ(ラジオ)
備考
  • 日本テレビは、かつては「日本テレビ」ではなく「NTV」と表記されていたが、2014年現在は「日テレ」と表記されている。なお番組解説では「日本テレビ」と表記されている。
  • TOKYO MXについては、2014年4月1日から全日マルチチャンネル放送(TOKYO MX2)を開始したが、スペースの都合でTOKYO MX1のみの掲載である。

キャラクター[編集]

ブレないおっさん
2013年10月に登場したデイリースポーツの公式キャラクター。本名は「フジタミノル」で、年齢は53歳。阪神間の下町でお好み焼き店「てこでもぶれんで」を営んでいる[29]。グレーのバンダナに、「てこでもぶれんで」と黒地に黄抜きで書かれた前掛けを身に付けている。
デイリー読者歴30年、阪神タイガースと競馬をこよなく愛している。デイリー1面で阪神関連の記事の際に紙面の隅に登場し、阪神の勝敗をつぶやいている。
広島版には登場しない(但し、阪神関連の記事で希に登場することがある)。

主な評論家[編集]

東京本部(主に関東地区)[編集]

神戸本部[編集]

中四国支社(主に広島版)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 題字は「夕刊デイリー」で、駅・コンビニなどのスタンド売り専売だった。宮崎県にも夕刊デイリーという新聞社があるが、全くの別物である。
  2. ^ 大阪本社では、それより先の1957年に「夕刊デイリースポーツ」(後に「デイリールック」)という夕刊紙を発行していた。その後「夕刊」とは題字にあらわさなかったが、1990年代頃まで(他のスポーツ紙を含めて)京阪神向けに、早版を事実上の夕刊として発売していた。各紙が夕刊を廃止する中、スポーツニッポンの大阪版も「前夜速報版」1979年10月31日=日付上は11月1日までは「新関西」)を出していたが、それも東京版夕刊デイリーと同じ日に廃刊となった。
  3. ^ 印刷所は「東京タイムズ印刷」に委託。東タイの廃刊後は、「東京タイムズ発送」と合併して「トクマプレスセンター」を経て、現在の「アサガミプレスセンター」となる。デイリースポーツとの提携は東タイ廃刊後解消されている
  4. ^ なお、日経新聞のスポーツ面にも、デイリースポーツ新聞社提供写真が掲載されている場合がある。
  5. ^ a b c NSK ニュースブレチン オンライン「日経は兵庫県向けの印刷を神戸新聞に委託」(2015年9月15日閲覧)
  6. ^ 神戸新聞、デイリースポーツを吸収合併へ - YOMIURI ONLINE(読売新聞)、2009年10月26日[リンク切れ]
  7. ^ 1967年12月1日に中国・四国地方向けの新聞の編集・発売を請け負う「四国デイリースポーツ社」として発足。2002年3月1日に「中四国デイリースポーツ社」に社名を改める
  8. ^ 公式には中四国デイリーが存続会社となるが、事実上は神戸新聞が中四国デイリーの事業を引き継ぎ、神戸新聞社デイリー事業本部に吸収された上での業務統合する形になる。なお地方紙への委託印刷は従来に同じ
  9. ^ デイリースポーツを分社化 - 産経新聞、2012年9月3日配信
  10. ^ 会社概要
  11. ^ 神戸新聞社東京支社の住所は東京都千代田区内幸町二丁目2番1号(日本プレスセンタービル)。
  12. ^ 購読申込みページ
  13. ^ a b 仕事紹介
  14. ^ 沿革
  15. ^ 概ね、近畿地区においては京阪神通勤圏周辺で、関東地区は首都通勤圏エリアが最終12版の配達地域で、残りは10版以下の早版である
  16. ^ 『信頼』 山本朗 回想録 <19> スポーツ中国 中国新聞、2012年10月19日朝刊。
  17. ^ ただし、2005年から四国地方を対象としてセミプロ独立リーグによる「四国アイランドリーグ→四国・九州アイランドリーグ→四国アイランドリーグplus」が行われている
  18. ^ サンケイスポーツも中京地区において、大阪本社版の早版を販売しているが、同様に主要駅の一部売店での販売が中心であり、コンビニでの販売は殆どない(産経新聞を扱う店舗は除く)。
  19. ^ 三重県のスポーツ紙は大半の地域が名古屋市で発行された物が販売されているが、伊賀市と名張市は大阪本社発行の物が販売されているため、デイリースポーツもそれに合わせての販売となる。
  20. ^ プロレス専門のタブロイド紙である週刊ファイトや、スポーツ専門紙とは主旨が異なる東京都夕刊専売地方紙リアルスポーツを除く(前者は2006年9月に、後者は2009年11月に、それぞれ休刊)。ただし、1950年代から1960年代にかけて、日本プロレスの大会を後援していたスポーツニッポンを始め、朝刊スポーツ紙(一般スポーツ紙)においてもプロレスの記事に紙面を割いていた時期もある。
  21. ^ 「東京スポーツ」は夕刊発行のため、発売が夕方。地域によって(北海道・東北・四国のほぼ全部と、中国のうち大阪スポーツを扱う地域のごく一部)は、そのまた翌朝に発売となるため、どうしても情報の遅れが避けられない。
  22. ^ 大毅 弱かった…亀田家初黒星 - デイリースポーツonline・亀田兄弟記事バックナンバー、2007年10月12日(元記事)
  23. ^ ヴィッセル神戸とはスポンサー契約を結んでいる。カテゴリーはメディアパートナーで、サンテレビ、ラジオ関西兵庫エフエム放送の兵庫県域局と同列である
  24. ^ 水樹奈々が念願の甲子園ライブ 「記念特集号」も出た,デイリースポーツ online,2016年9月23日
  25. ^ 2015年6月までは東京中日スポーツの芸能・社会面を掲載していた。
  26. ^ 朝日は東京タイムズが発刊されていたころ、自社の宅配所を持たず多くは関東(特に東京・神奈川・千葉・埼玉県)の朝日宅配所に配達委託をしていた
  27. ^ 特に日経の場合には、大都市では単独の販売店こそあるが、殆どが朝日新聞[26]毎日新聞を中心に、関西では産経新聞、関東では読売新聞、また販売委託を行う地方紙の販売店との抱き合わせ(併売)というケースが多い。また自らが運営するスポーツ紙を持たない日経も神戸新聞と相互提携しており、日経の紙面にデイリースポーツ提供写真を掲載したり、デイリー側が関東版を日経の印刷工場に、その逆で日経側が神戸新聞工場で委託印刷をする、テレビ東京のスポーツニュース番組にデイリーの記者が出演する(過去)などの関係がある
  28. ^ (参考例)1979年12月26日付(2015年9月15日閲覧。同紙ウェブサイトに掲載されている「高木圭介の昭和テレビ探偵団」ドカベンの甲子園曲は本格派な古関作品=2015年8月8日付掲載記事より引用)
  29. ^ 今さら聞けない…デイリースポーツの「ブレないおっさん」とは? デイリースポーツ 2017年5月16日(4ページ)

参考文献[編集]

  • 「デイリースポーツ40年史」『神戸新聞社90年史』神戸新聞社、1988年。

関連新聞[編集]

関連項目[編集]

リダイレクトページ「四国→中四国デイリースポーツ社」に関するカテゴリ。

外部リンク[編集]