CYCLE HIT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CYCLE HIT』(サイクルヒット)は、日本のロックバンドスピッツのシングル・コレクションである。2006年(メジャーデビュー15周年記念)並びに2017年(結成30周年記念)と10年毎に計3枚リリースをしている。ここでは、『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』及び、上記3枚をまとめたコンプリート・ボックス『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』について記載する。

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection[編集]

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
スピッツ シングル・コレクション
リリース
録音 1991年 - 1997年
ジャンル ポップ・ロック
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース スピッツ
高橋信彦
笹路正徳
土方隆行
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年度年間14位(オリコン)
スピッツ 年表
スーベニア
2005年
CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
2006年
さざなみCD
2009年
テンプレートを表示

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』(サイクルヒット いちきゅうきゅういち・いちきゅうきゅうなな スピッツ・コンプリート・シングル・コレクション)は日本のロックバンド・スピッツの初の公認シングル・コレクション。2006年3月25日にユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ。

概要[編集]

  • バンドのデビュー15周年を記念してリリースされたシングル・コレクションである。また、『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection(以下、当項目内は『CYCLE HIT 1997-2005』と表記)』も同日に発売されている。
  • 1991年発売のデビューシングル「ヒバリのこころ」から1997年発売の15thシングル「スカーレット」までのシングル表題曲が全曲デジタル・リマスター音源にて収録されている。
  • 初回限定盤には、「空も飛べるはず」のデモ音源となる「めざめ」が収録されたスペシャルCDが付属。
  • 2017年7月5日の『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』及び『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』発売と同時に、本作のリマスター再発盤が同日にリリースされた。
  • なお、1999年にリリースされた『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』はメンバーの承諾を得ないままにレコード会社側が発売日を決定しての強行リリースがされた作品であったため、本作と『CYCLE HIT 1997-2005』のリリースをもって製造及び販売が中止並びに廃盤とされている(詳細は『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ#リリースの経緯・動向』を参照)[注 1]
  • 2017年9月時点でTSUTAYAにおいて累計197万回以上がレンタルされ、同時点でTSUTAYAにおけるベスト盤のレンタル回数では歴代16位である[1]

収録曲[編集]

  1. ヒバリのこころ (4:23)
    編曲:スピッツ
  2. 夏の魔物 (3:12)
    編曲:スピッツ
  3. 魔女旅に出る (4:01)
    編曲:スピッツ / オーケストレーション長谷川智樹
  4. 惑星のかけら (5:26)
    編曲:スピッツ
  5. 日なたの窓に憧れて (6:14)
    編曲:スピッツ
  6. 裸のままで (4:47)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  7. 君が思い出になる前に (5:05)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  8. 空も飛べるはず (4:31)
    編曲:土方隆行 & スピッツ
  9. 青い車 (4:59)
    編曲:土方隆行 & スピッツ
  10. スパイダー (3:47)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  11. ロビンソン (4:22)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  12. 涙がキラリ☆ (4:01)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  13. チェリー (4:24)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  14. (4:43)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  15. スカーレット (3:33)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection[編集]

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
スピッツ シングル・コレクション
リリース
録音 1997年 - 2005年
ジャンル ポップ・ロック
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース スピッツ
笹路正徳
棚谷祐一
白井良明
石田小吉
亀田誠治
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2006年度年間19位(オリコン)
スピッツ 年表
スーベニア
2005年
CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
2006年
さざなみCD
2007年
テンプレートを表示

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』(サイクルヒット いちきゅうきゅうなな・にいぜろぜろご スピッツ・コンプリート・シングル・コレクション)は日本のロックバンド・スピッツの初の公認シングル・コレクション。2006年3月25日にユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ。

概要[編集]

  • バンドのデビュー15周年を記念してリリースされたシングル・コレクションである。また、『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection(以下、当項目内は『CYCLE HIT 1991-1997』と表記)』も同日に発売されている。
  • 1997年発売の16thシングル「夢じゃない」から2005年発売の30thシングル「春の歌」までのシングル表題曲が全曲デジタル・リマスター音源にて収録されている。ただし、両A面シングルからは1曲目の楽曲のみの収録となっており、両A面の2曲目に該当する「謝々!」、「スピカ」、「放浪カモメはどこまでも」、「テクテク」は未収録となっている。
  • 初回限定盤には「夢追い虫(early version)」が収録されたスペシャルCDが付属。
  • 2017年7月5日の『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』及び『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』発売と同時に、本作のリマスター再発盤が同日にリリースされた。
  • なお、1999年にリリースされた『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』はメンバーの承諾を得ないままにレコード会社側が発売日を決定しての強行リリースがされた作品であったため、本作と『CYCLE HIT 1991-1997』のリリースをもって製造及び販売が中止並びに廃盤とされている(詳細は『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ#リリースの経緯・動向』を参照)[注 1]

収録曲[編集]

  1. 夢じゃない (4:31)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
  2. 運命の人 (5:13)
    編曲:スピッツ & 棚谷祐一
  3. 冷たい頬 (4:07)
    編曲:スピッツ & 棚谷祐一
  4. (5:27)
    編曲:スピッツ & 棚谷祐一
  5. 流れ星 (5:14)
    編曲:白井良明、スピッツ & クジヒロコ
  6. ホタル (3:47)
    編曲:スピッツ & 石田小吉
  7. メモリーズ (3:02)
    編曲:スピッツ & クジヒロコ
  8. 遥か (4:23)
    編曲:スピッツ & 石田小吉
    シングル・バージョンはアルバム初収録。
  9. 夢追い虫 (4:39)
    編曲:スピッツ & 石田小吉
  10. さわって・変わって (3:44)
    編曲:スピッツ、クジヒロコ & 亀田誠治
  11. ハネモノ (4:52)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  12. 水色の街 (3:31)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  13. スターゲイザー (4:12)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  14. 正夢 (5:16)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治 / 弦編曲:亀田誠治
  15. 春の歌 (4:43)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection[編集]

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection
スピッツ シングル・コレクション
リリース
録音 2006年 - 2017年
ジャンル ポップ・ロック
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース スピッツ
亀田誠治
笹路正徳
チャート最高順位
スピッツ 年表
醒めない
2016年
CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary Box-

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection
2017年
-
テンプレートを表示

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』(サイクルヒット にいぜろぜろろく・にいぜろいちなな スピッツ・コンプリート・シングル・コレクション)は日本のロックバンド・スピッツの公認シングル・コレクション。2017年7月5日にユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ。

概要[編集]

  • バンドの結成30周年を記念してリリースされたシングル・コレクションである。また、本作と『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』及び『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』の全シングル・コレクションを3枚組で収録したBOXセット『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』も同日に発売されている。
  • 2006年発売の31stシングル「魔法のコトバ」から2016年発売の41stシングル「みなと」までの楽曲が全曲デジタル・リマスター音源にて収録されている。ただし、両A面シングルからは1曲目の楽曲のみの収録となっており、両A面の2曲目に該当する「ビギナー」、「僕はきっと旅に出る」は未収録となっている。また、新録曲3曲が収録されている。
  • 初回限定盤などの複数形態はなく、配信限定シングルとしてリリースされている楽曲や新録曲が収録されているなど、前作までとは異なる点がある。

収録曲[編集]

  1. 魔法のコトバ (4:09)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治 / 弦編曲:亀田誠治
  2. ルキンフォー (4:34)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  3. 群青 (4:24)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  4. 若葉 (4:32)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  5. 君は太陽 (5:06)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  6. つぐみ (4:09)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治 / 弦編曲:亀田誠治
  7. シロクマ (3:49)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  8. タイム・トラベル (4:31)
    作詞:松本隆 / 作曲:原田真二 / 編曲:スピッツ & 亀田誠治
    CYCLE HITシリーズに収録されている楽曲の中で新曲3曲を除き唯一シングル曲ではなく、またカバー曲であるため、草野が作詞作曲を手掛けていない唯一の楽曲である。
  9. さらさら (4:16)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  10. 愛のことば -2014mix- (4:24)
    編曲:笹路正徳 & スピッツ
    2014年にフジテレビ系 テレビドラマあすなろ三三七拍子』の主題歌として、6thアルバム『ハチミツ』収録曲に高山徹がリミックスが施し、配信限定の39thシングルとしてリリースされていた楽曲。スピッツのアルバムには初収録(『あすなろ三三七拍子』のミュージックボックスには収録されていた)。
  11. 雪風 (3:08)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
    配信限定の40thシングル。ドラマ「不便な便利屋」のエンディング。シングルバージョンは初のCD化(ボーカルが2016年に録り直されたバージョン[3]が15thアルバム『醒めない』に収録されていた)。
  12. みなと (4:31)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
  13. ヘビーメロウ (3:35)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
    新曲。フジテレビ系 情報番組めざましテレビ』の2017年テーマソングとして同年4月より起用された[4]。仮タイトルは「デザート」。
  14. 歌ウサギ (4:15)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
    新曲。ワーナー・ブラザース映画配給映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の主題歌。仮タイトルは「ベニシジミ」。
  15. 1987→ (2:53)
    編曲:スピッツ & 亀田誠治
    新曲。タイトルは「いちきゅうはちなな」と読む[5]。結成当初のビートパンク路線を想定して作曲されたもので、イントロ及び間奏のギターソロはインディーズ時代の楽曲「泥だらけ」のフレーズがそのまま再現されている。

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-[編集]

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-
スピッツシングル・コレクション
リリース
録音 1991年 - 2017年
ジャンル ポップロック
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース スピッツ
高橋信彦
笹路正徳
土方隆行
棚谷祐一
白井良明
石田小吉
亀田誠治
チャート最高順位
ゴールドディスク
プラチナ(日本レコード協会[7]
スピッツ 年表
醒めない
2016年
CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection
2017年
-
テンプレートを表示

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』(サイクルヒット いちきゅうきゅういち・にぜろいちなな スピッツ・コンプリート・シングル・コレクション サーティース・アニバーサリー・ボックス)は、日本のロックバンドスピッツのコンプリート・シングル・コレクション。2017年7月5日ユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ

概要[編集]

  • バンド結成30周年を記念し発売された、CDのBOXセット。過去に発売されていた『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection(以下、当項目内は『1991-1997』と表記)』『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection(以下、当項目内は『1997-2005』と表記)』に加え、本作と同日に発売された『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection(以下、当項目内は『2006-2017』と表記)』の全シングル・コレクションが3枚組で収録されている。また、『1991-1997』と『1997-2005』のリマスター再発盤が同日にリリースされた。なお、当コンプリート・ボックスに限っては、同年12月31日までの期間限定出荷となっている[8]
  • 同ボックスに収録されているCDは、『1991-1997』がDISC 1、『1997-2005』がDISC 2、『2006-2017』がDISC 3となっている。各ディスクの詳細・収録曲は各々の項目を参照。
  • 1991年に発売されたデビューシングル「ヒバリのこころ」から2016年発売の41stシングル「みなと」までの、本作以前に発売された全シングル楽曲及び配信限定でリリースされた楽曲のほか、新録曲3曲の計45曲が収録されている[注 2][8]

チャート成績[編集]

  • 初週で131,045枚を売り上げ、2017年7月17日付の週間オリコンアルバムチャートで『小さな生き物』以来およそ4年ぶりとなる初登場1位を獲得した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 同類の傾向で販売されているベストとしては、B'zFlash Back-B'z Early Special Titles-』、DREAMS COME TRUEBEST OF DREAMS COME TRUE』(1997年)、宇多田ヒカルUtada The Best』(2010年)等が挙げられる。
  2. ^ ただし、『2006-2017』収録の「タイム・トラベル」は新曲3曲を除いて唯一シングル曲ではなく、またカバー曲であるため、45曲中唯一の草野が作詞作曲を手掛けていない楽曲である。

出典[編集]