ラファージュホルシム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラファージュから転送)
移動先: 案内検索

ラファ―ジュホルシム: LafargeHolcim Ltd.)は、スイスザンクト・ガレン州Rapperswil-Jonaに本拠を置き、世界90カ国以上でセメント骨材コンクリート等の製造・販売を行う企業。2015年7月、スイスのホルシム(Holcim Ltd.)とフランスのラファージュ(Lafarge S.A.)の経営統合により設立された。メキシコセメックスなどと共に、セメントメジャーの筆頭に挙げられる。スイス証券取引所ユーロネクスト上場企業(SIXLHNEuronextLHN )。

日本での事業は、麻生との合弁会社である麻生セメントによって行われている。

沿革[編集]

ホルシム[1]
  • 1912年、スイスのアールガウ州レンツブルクホルダーバンクでホルダーバンク社(Holderbank AG)として創業。
  • 1958年、スイス証券取引所に上場。
  • 2001年3月、社名をホルダーバンクからホルシムに変更。
  • 2005年、 Associated Cement Companies(現:ACC Limited)、Aggregate Industries等を買収。
ラファ―ジュ[1]
フランス南部、ヴィルヌーヴ=レ=マグローヌのラファ―ジュ採石場(2013年)
  • 1833年、フランスのアルデシュ県において、石灰石の採掘を目的として創業。
  • 1864年、初めての大規模な国外事業として、スエズ運河建設のための石灰を供給する。
  • 1887年、アルデシュ県に最初の工場を設立。
  • 1956年、カナダリッチモンドにセメント工場を設立し、北米進出を果たす。
  • 1997年、イギリスの砕石会社Redlandを買収。
  • 2001年、イギリスのセメント会社ブルーサークル(en:Blue Circle Industries、セメント業界6位、当時)を買収。この時点で世界最大のセメントメーカーの座を得る。同年9月、麻生セメントに資本参加(2004年に社名を麻生ラファージュセメントに変更、2013年に再び麻生セメントに変更)。
  • 2008年、エジプトのオラスコム・コンストラクション・インダストリーズ(OCI)のセメント部門を100%子会社化。オラスコムは2007年までに北朝鮮のサンウォン・セメントを子会社化するなど、同国最大の民間投資家となっていた。
経営統合後
  • 2014年4月、経営統合を発表[2]
  • 2015年7月、合併完了[3]
  • 2016年9月、フランスのベンチャー企業・エクストリーとの連携により、3Dプリンターによるコンクリート構造部材の製作技術を発表[4]

主なグループ企業[5][編集]

  • Holcim Inc.(アメリカ)
  • Lafarge North America Inc.(アメリカ)
  • Aggregate Industries(イギリス)
  • LafargeHolcim Russia(ロシア)
  • Huaxin Cement Company Ltd.(中国)
  • ACC Limited(インド)

参考資料[編集]

  1. ^ a b LafargeHolcim history” (英語). ラファ―ジュホルシム. 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ セメント大手2社合併合意 スイスのホルシムと仏ラファージュ”. 日本経済新聞 (2014年4月8日). 2016年11月10日閲覧。
  3. ^ ホルシムとラファージュ、合併完了=新会社上場”. NNA EUROPE (2015年7月15日). 2016年11月10日閲覧。
  4. ^ ラファージュホルシム/3Dプリンター活用に本腰/コンクリ構造部材の製作技術確立”. 建設工業新聞 (2016年9月26日). 2016年11月10日閲覧。
  5. ^ Where we operate”. ラファ―ジュホルシム. 2016年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]