ラファージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファージュ
Lafarge SA
種類 株式会社
市場情報 EuronextLG
NYSELFRGY
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリ
設立 1833年
業種 ガラス・土石製品
事業内容 セメント、骨材、コンクリート、石膏の製造販売
代表者 CEO ブリュノ・ラフォン
売上高 176億ユーロ(2007年)[1]
営業利益 32億ユーロ(2007年)[1]
純利益 19億ユーロ(2007年)[1]
従業員数 77,720人(2007年)[1]
外部リンク www.lafarge.com/
テンプレートを表示

ラファージュ: Lafarge SAEuronextLGNYSELFRGY)は、フランスセメント会社である。セメントメーカーとしては世界第2位(2007年度、出荷量規模)[2]スイスホルシムメキシコセメックスなどと並び、セメントメジャーの一角に数えられる。2008年にはエジプトのオラスコム・コンストラクション・インダストリーズ(OCI)のセメント部門を買収したが、オラスコムは2007年までに北朝鮮のサンウォン・セメントを子会社化するなど、同国最大の民間投資家となっていた。日本での事業は、麻生との合弁会社である麻生ラファージュセメントによって行われている。

Villeneuve-lès-Maguelone, Hérault 05.jpg

歴史[編集]

  • 1833年、フランスのアルデシュ県において、石灰石の採掘を目的として創業[3]
  • 1864年、初めての大規模な国外事業として、スエズ運河建設のための石灰を供給する。
  • 1887年、アルデシュ県に最初の工場を設立。
  • 1956年、カナダリッチモンドにセメント工場を設立し、北米進出を果たす。
  • 1997年、イギリスの砕石会社Redlandを買収。
  • 2001年、イギリスのセメント会社ブルーサークル(en:Blue Circle Industries、セメント業界6位、当時)を買収。この時点で世界最大のセメントメーカーの座を得る。同年9月、麻生セメントに資本参加(2004年に社名を麻生ラファージュセメントに変更)。
  • 2008年、エジプトのオラスコム・コンストラクション・インダストリーズ(OCI)のセメント部門を100%子会社化
  • 2015年、スイスの同業ホルシムを新条件で合併させる見通し[4]

参考資料[編集]

  1. ^ a b c d Annual Report 2007”. Lafarge. 2008年7月12日閲覧。
  2. ^ 2007年度出荷量: ラファージュ 1億3640万t; ホルシム 1億4960万t. 出展:各社発表資料.
  3. ^ Lafarge history
  4. ^ WSJ ラファージュCEO、ホルシムとの新会社の共同会長に=関係筋 2015年3月20日 12:33 JST
    旧情報。欧州委員会はホルシム、ラファージュとその他6社が2010年12月からセメントとセメント関連製品でカルテルを結んでいた疑いについても調査している。ラファージュとホルシム、合併を承認=関係者 2014年4月7日 09:36 JST
    この点、公式に発表される前から合併の条件として事業の売却を課していたようである。ラファージュとホルシム、合併に向け売却予定の事業リスト公表 2014年7月7日 18:16 JST ホルシムとラファージュの合併、EUが条件付き承認 2014年12月16日 09:42 JST

関連項目[編集]

外部リンク[編集]