むさしの (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
むさしの
205系5000番台むさしの号.JPG
「むさしの」
京葉車両センター205系8両編成
概要
種類 普通列車各駅停車
現況 運行中
地域 東京都埼玉県
前身 快速「むさしの号」
運行開始 2010年12月4日
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 府中本町駅八王子駅
終点 大宮駅
運行間隔 平日4本・3本、土休日5本・3本
使用路線 JR東日本:中央本線武蔵野線東北本線
車内サービス
クラス 普通車
座席 自由席
技術
車両 205系電車京葉車両センター
209系電車(京葉車両センター)
E231系電車(京葉車両センター)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500V
運行速度 最高100 km/h (62 mph)
テンプレートを表示

むさしの」は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が、府中本町駅八王子駅 - 大宮駅間を中央本線武蔵野線東北本線経由で運転する普通列車愛称である。

概要[編集]

乗り換えが必要な中央本線沿線・武蔵野線沿線から大宮駅までを、通常は旅客列車の走行しない武蔵野貨物線(国立駅 - 新小平駅間および西浦和駅 - 大宮間)を走ることにより、直通する列車である。

上述貨物線はJR東日本が第一種鉄道事業者であるが、同社では独立した線区とみなしていないため同区間を乗車する場合の運賃は前者は西国分寺駅、後者は南浦和駅経由で計算され、第二種事業者である日本貨物鉄道(JR貨物)が設定している営業キロは適用されない[1]

朝夕に運行されており、本数は大宮行が平日4本(朝夕2本ずつ)、土休日5本運行(朝3本、夕2本)。八王子行は共に3本(朝1本、夕2本)。平日と土休日で時刻が異なる。朝の大宮行の始発駅は、中央線上りのラッシュを避けるため、平日2本と土休日1本は武蔵野線の府中本町駅発となっている。大宮発は全て八王子行きである。八王子駅・立川駅上りホームでは、誤乗車防止のため「新宿・東京方面にはまいりません」と頻繁に案内される。

「むさしの」運行本数
(2017年3月以降)
  平日 土休日
大宮行 大宮発 大宮行 大宮発
八王子発 府中本町発 八王子行 八王子発 府中本町発 八王子行
0 2 1 2 1 1
夕 - 夜 2 0 2 2 0 2
2 2 3 4 1 3

中央線大規模工事などで列車が運休または減少などの措置が採られる場合、以前は八王子発着列車も運休されていたが、現在では増発に合わせて一部区間運休措置で運転される(八王子行は東所沢止まり、大宮行きは新秋津始発[2]など)。

列車は、八王子駅での折り返しはホームにて行うが、大宮駅では線路配線の都合上、駅構内で折り返せず、大宮総合車両センター付属の東大宮センター(宇都宮線土呂駅東大宮駅間)まで回送される。

沿線概況[編集]

大宮駅は宇都宮線の3番線から出発する。東大宮センターから回送された列車は、大宮で乗車を待ち、発車するとすぐに宇都宮線上り本線と平面交差して、湘南新宿ラインのルートである東北貨物線に入る。さいたま新都心駅の先で武蔵野貨物線(大宮支線)に移り、与野駅の先で地下のトンネル(複線)にもぐって行く。

大宮行きは、与野駅とさいたま新都心駅の間で東北貨物線に移り、湘南新宿ラインと同じ大宮駅11番線に到着する。乗客を下ろすと東大宮センターに回送され、出発準備を行う。

大宮台地の縁を通るため、一度トンネルを抜ける区間があるが、騒音防止のコンクリートボックスに囲まれており、屋外と判らないまま次のトンネルに続く。台地の端の斜面から地上に顔を出し、高架に移ると別所信号場となり、すぐに東北新幹線埼京線中浦和駅付近の高架をくぐる。この先は全線複線かつ完全立体交差の三角線区間であり、左手へ武蔵浦和駅へ向かう支線(西浦和支線)が分岐してゆく。続いて武蔵野線の本線が左から合流する。本線側には西浦和駅の島式ホームがあるが、貨物線は外側を通過し、国道17号首都高速を越えると本線につながる。この分岐・合流点は、「むさしの」が走る貨物線が本線で直線、武蔵野線本線が分岐側という構造である。

荒川を渡って、武蔵野線を各駅に停まりながら、西へ、やがて南へと向かい、新小平駅を過ぎると、地下トンネル内の上下線間に設置された中央本線への連絡線(単線)に移り、急カーブでほぼ90度西へ曲がる。中央線の上下線間に顔を出し、国立駅手前で中央線に合流して、1番線に入る(大宮行きは中線の2番線に停車してから連絡線に入る)。立川駅など中央線の各駅に停車し、八王子駅の3番線に到着、客扱いの後に折り返す。

歴史[編集]

武蔵野線 - 大宮間の直通列車は、日本国有鉄道(国鉄)時代の1983年[3]ならびに年末年始・1984年夏に東北上越新幹線連絡列車として、府中本町 - 大宮間で、101系電車1000番台で運転された実績がある[4]

JR発足後も、「ホリデー快速鎌倉」などの休日臨時列車のルートとして活用されてきたが、1997年秋田新幹線開業に伴い、東京多摩地域から大宮にて新幹線に乗り継ぐ需要の掘り起こしを期待して、ホリデー快速で実績のあった中央本線(八王子) - 大宮間に列車を設定、「こまちリレー」と命名し、新幹線接続列車としての側面を大きく打ち出して運転を開始した(翌1998年からは「新幹線リレー」に改称)。車両はホリデー快速で多用していた急行型の165系169系が投入され、当初は高尾と大宮を結ぶ運用もあった。

基本的に「毎日運転の臨時列車」とされた[5]。これは運転区間のうち、国立駅 - 新小平駅間および西浦和駅 - 大宮間が貨物線であり、このことを考慮して列車番号(臨時列車の予備番号である9000番台)を付与されていたことによる。

新幹線リレーと名乗りながら、接続に難があったことから、次第に通勤列車としての面が強まってゆき、2001年に「ホリデー快速むさしの」が「ホリデー快速河口湖3・4号」に改称されたのに伴い、新幹線接続のアピールをやめ、愛称を引き継ぐ形で「快速むさしの」とし、さらに2004年からは土曜・休日の列車を「ホリデー快速むさしの[6]」に変更した。車両も2002年からは近郊型の115系に改められた。列車番号は2008年3月15日から、宇都宮線東北本線)の「フェアーウェイ」や新宿駅始発・終着の「ホリデー快速河口湖」1・2号などと同じ8000番台に変更された。

JR東日本のグループ経営ビジョン「挑む[7]」で、武蔵野線が強化されるべき環状路線群「東京メガループ」に指定されたことも一因となり、2010年12月4日のダイヤ改正により利便性・速達性の向上を狙うための増発が行われるとともに定期列車化された。ならびに武蔵野線内は短距離利用客にも配慮した各駅停車になり、快速列車から普通列車となった。

国立・日野・豊田
各列車の停車・通過一覧
駅名 国立 日野 豊田
すべての特急 通過
むさしの号(-2014.3.14)
ホリデー快速富士山
通過
通勤特快 通過
中央特快
通勤快速
通過 停車
青梅特快
ホリデー快速おくたま・あきがわ
通過
むさしの号(2014.3.15-)
快速
各駅停車
停車
普通(中央本線) 停車

ただし、中央線内は臨時列車時代から、中央線快速停車駅である国立駅と中央特快の停車駅である日野駅豊田駅を通過しており、中央特快よりも停車駅が少ない(快速)普通列車という「ねじれ現象[8]」が発生していた。このため、立川駅下りホームでは「今度の列車(むさしの号)は日野・豊田には停車いたしません」という案内が頻繁に行われていた一方、途中駅を通過する速達性から、八王子 - 立川間だけを利用する乗客も多かった。2014年3月のダイヤ改正で、全列車が豊田、日野および国立に停車となった[9]

沿革[編集]

  • 1983年昭和58年) 夏季に臨時列車として東北上越新幹線連絡列車として府中本町駅 - 大宮駅間に直通列車を設定。その年末年始と翌年夏季にも運行された[4]
  • 1997年平成9年) 秋田新幹線こまち」運転開始とともに「こまちリレー号」の運転を開始する。
  • 1998年(平成10年) 名称を「新幹線リレー」に変更。
  • 2001年(平成13年) 名称を現行の「むさしの」に変更。
    • 一時期土休日運行のものに限り名称を「ホリデー快速日光」に変更し八王子駅 - 日光駅間を運転。
  • 2002年(平成14年) 165・169系の運用離脱に伴い、使用車両を115系6連に変更。
  • 2004年(平成16年) 土休日運行列車の名称を「ホリデー快速むさしの」に変更。
  • 2005年(平成17年) 「ホリデー快速むさしの」および「むさしの2号」のダイヤが変更される。
    • 「むさしの2号」を朝の10時台から9時台に、「ホリデー快速むさしの2号」を20時台から18時台に運転時刻を変更。
  • 2006年(平成18年) 大宮駅 - 奥多摩駅間を運行する快速「むさしの奥多摩」が運転される。
  • 2007年(平成19年)3月18日 ダイヤ改正にともない新たに東所沢駅停車となり、乗務員交代がそれまで行われていた新秋津駅から東所沢駅に変更。
  • 2010年(平成22年)12月4日 ダイヤ改正にともない定期列車化、普通列車となる。大宮行は平日2本・土休日1本から全日4本へ、八王子行は平日2本・土休日1本から全日3本へ、それぞれ増発。
    • 武蔵野線内は各駅停車となる(新座、新小平、北府中に停車、配線の関係上西浦和駅は通過)が、中央線内は立川と八王子のみ停車。車両は武蔵野線で運行されている京葉車両センター配置の205系8両編成または209系500番台8両編成に変更[10][11]
  • 2014年(平成26年)3月15日 ダイヤ改正。国立日野豊田に全列車停車。日中の一部列車を廃止して夜間に移し、また土休日の夕に大宮行1本を増発した。

車両[編集]

京葉車両センター配置の武蔵野線用205系209系500番台E231系0番台(全て8両編成)が使用されている。詳細は武蔵野線#車両を参照。

臨時列車時代[編集]

165・169系

1997年3月に「こまちリレー」として運転が開始された当初は、1991年に波動輸送対応用として松本運転所・幕張電車区(現・幕張車両センター)から転入した三鷹電車区(現・三鷹車両センター)所属の 165・169系急行形電車湘南色塗装)3両編成2組による6両編成が投入された。当時の編成を以下に示す。

← 大宮
八王子 →
クモハ165
or
クモハ169
モハ164
or
モハ168
クハ165
or
クハ169
クモハ165
or
クモハ169
モハ164
or
モハ168
クハ165
or
クハ169

上記車両が老朽化したことから、1998年から1999年にかけて代替として、松本運転所(→松本電車区→現・松本車両センター)と長野総合車両所(現・長野総合車両センター)から169系3両編成5本、上沼垂運転区(現・新潟車両センター)から165系3両編成1本(先頭車の前照灯が白熱灯のいわゆる原型車)が転入した。転入に際しては、専用塗色[12]へ変更し、また169系のうち3編成は座席をリクライニングシートに交換した。

「新幹線リレー」・「むさしの」・「ホリデー快速日光」には、リクライニングシート交換編成と通常のボックス式クロスシート編成を組み合わせて運用することを基本とした。客室アコモデーションは向上したものの、平日朝夕など通勤客が多く利用する列車では2扉車ゆえに乗降に時間がかかり、立客のデッキ集中などの問題も目立った。

115系

2002年に165・169系が「ホリデー快速」等すべての準定期運用から離脱することになり、豊田車両センター所属の115系近郊形電車横須賀色塗装6両貫通編成(M40編成)が投入された。この編成は2000年に豊田から松本に転出後、再度松本から豊田へ戻ったものであり、基本的に「むさしの」と「ホリデー快速鎌倉」専従とされ、2010年の定期列車化まで使用された[13]。以下に編成表を示す。

← 大宮
府中本町・八王子 →
クモハ115
-318
モハ114
-354
サハ115
-319
モハ115
-348
モハ114
-374
クハ115
-398

検査時などでM40編成が充当できない場合には、豊田車両センター所属の3両編成(M1 - 12編成)2本を連結した編成が用意されたが、長野総合車両センター所属の6両編成(C編成)が代走することもあった[14]。これらの編成も充当できない場合には、長野総合車両センター所属の3両編成(N編成)を2組連結した編成が代走した他、長野総合車両センター所属の189系、首都圏(田町車両センター、大宮総合車両センターなど)配置の183系・189系といった特急形電車が投入されたことがあった。

183・189系代走時には、通勤・通学客が多く利用する平日の「むさしの1号」などでは乗客が乗り切れない懸念があるため、停車駅では使用日を明記するなどして他の列車を利用する旨の案内が行われていた。

ヘッドマーク[編集]

「ホリデー快速」ヘッドマーク
「ホリデー快速」ヘッドマーク

「こまちリレー」時代よりこの系統の快速列車にはすべて専用のヘッドマークが掲出されていた。「新幹線リレー号」まではイラストつきのものであったのに対し、「ホリデー快速日光」や「むさしの」は淡い黄色地に黒字で名称が表記されただけのシンプルなものであった。

停車駅[編集]

2014年3月15日以降
路線名称 中央本線 武蔵野線
駅名 八王子 豊田 日野 立川 国立 府中本町 北府中 西国分寺 新小平 新秋津 東所沢 新座 北朝霞 西浦和 与野 さいたま新都心 大宮
八王子発着の列車
府中本町発の列車
凡例
  • ●:停車駅
  • ―:通過駅
  • =:経由しない駅
  • ※:東北本線
備考
  • 西浦和・与野・さいたま新都心は構内配線の都合ですべての「むさしの」が通過。
  • 八王子発着列車は八王子 - 国立間と新小平 - 北朝霞間、府中本町発列車は府中本町 - 北朝霞間の各駅に停車。
2010年12月4日から2014年3月14日まで
路線名称 中央本線 武蔵野線
駅名 八王子 豊田 日野 立川 国立 府中本町 北府中 西国分寺 新小平 新秋津 東所沢 新座 北朝霞 西浦和 大宮
八王子発着の列車
府中本町発の列車
凡例
  • ●:停車駅
  • ―:通過駅
  • =:経由しない駅
  • ※:東北本線
備考
  • 西浦和は構内配線の都合ですべての「むさしの」が通過。
  • 八王子発着列車は豊田・日野・国立を通過。
  • 八王子発着列車は新小平 - 北朝霞間、府中本町発列車は府中本町 - 北朝霞間の各駅に停車。
2010年12月3日まで
路線名称 中央本線 武蔵野線
駅名 八王子 豊田 日野 立川 国立 府中本町 北府中 西国分寺 新小平 新秋津 東所沢 新座 北朝霞 西浦和 大宮
八王子発着の列車(*1)
府中本町発の列車(*2)
凡例
  • ●:停車駅
  • ―:通過駅
  • =:経由しない駅
  • ※:東北本線
  • *1:「むさしの」2・3・4号 「ホリデー快速むさしの」
  • *2:「むさしの」1号
備考
  • 西浦和は構内配線の都合ですべての「むさしの」が通過。
  • 八王子発着列車は中央本線内では豊田・日野・国立を通過。武蔵野線内では新秋津・東所沢・北朝霞のみ停車。
  • 府中本町発の列車は武蔵野線内では西国分寺・新秋津・東所沢・北朝霞のみ停車。

姉妹列車[編集]

快速「むさしの奥多摩」:大宮駅 - 奥多摩駅
  • 2006年の大型連休から運転開始。武蔵野線内は貨物列車のダイヤで、青梅線青梅駅 - 奥多摩駅間は定期普通列車のダイヤで運転された。車両は小山車両センター所属115系4両編成(Y427編成)[15]が投入されたが、2007年11月までに廃車となったことから同年春から2009年春までは201系「四季彩」が投入[16]された。2009年夏以降は列車そのものが設定されない状態となった。
  • 2012年夏に設定され、高崎車両センター所属115系により運転されたが、7月28日に投入されたT1091編成が下り列車で車両故障を起こしたため、同日の上り列車と29日の運用には豊田車両センター所属E233系青462編成が代走投入された[17]。8月4日以降の運転では本来の高崎車両センター所属115系による運用となったが、同年秋と2013年春の運転では豊田車両センター所属M40編成に変更された。
停車駅
路線名称 青梅線 中央本線 武蔵野線
駅名 奥多摩 青梅 河辺 福生 拝島 西立川 立川 国立 新小平 新秋津 東所沢 新座 北朝霞 西浦和 大宮
2006年 - 古里 - 御嶽 -
2007年2008年2009年 - 各駅停車 -
2012年 - 御嶽 -
凡例
  • ●:停車駅
  • ▲:奥多摩行きは停車、大宮行きは通過
  • ―:通過駅
  • ※:東北本線
備考
  • 西浦和は構内配線の都合で通過。
  • 中央本線内では国立を通過。武蔵野線内では2006年から2009年まで新秋津・北朝霞のみ停車だったが、2012年は東所沢が追加された。
  • 青梅線内では停車駅のみ記載。
「ホリデー快速日光」:八王子駅 - 大宮駅 - 宇都宮駅 - 日光駅
「ホリデー快速湘南日光」:平塚駅 - 横浜駅 - (武蔵野線経由) - 大宮駅 - 宇都宮駅 - 日光駅
快速「成田山初詣むさしの」:府中本町駅 - (武蔵野線・常磐線成田線経由) - 成田駅
停車駅
路線名称 東海道本線 中央本線 武蔵野線 東北本線 日光線 成田線
駅名 平塚 茅ケ崎 藤沢 大船 横浜 八王子 立川 府中本町 西国分寺 新秋津 東所沢 北朝霞 大宮 蓮田 久喜 古河 小山 石橋 宇都宮 鹿沼 今市 日光 成田
日光
湘南日光
成田山 武蔵野線(南流山)・常磐線経由
途中全駅通過
凡例
  • ●:停車駅
  • ▲:臨時停車駅
  • ―:通過駅
  • =:経由しない駅
  • 日光:「ホリデー快速日光」
  • 湘南日光:「ホリデー快速湘南日光」
  • 成田山:快速「成田山初詣むさしの」
備考
  • 各線とも停車駅のみ記載。
  • 鹿沼は運転日により停車。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 交通新聞社発行の『JR時刻表』では、西国分寺駅(武蔵浦和駅は掲載なし)に通過を示すマークが記載される。
  2. ^ 充当車両は東所沢電車区から回送される。
  3. ^ 『日本経済新聞』1983年6月25日号によれば7月25日から8月31日まで午前と午後、上下2本ずつ。
  4. ^ a b 「TOPIC PHOTOS 関東」、『鉄道ピクトリアル』第440号、電気車研究会、1984年12月、 90頁。
  5. ^ 運転期間を四半期単位の長期間設定とし、期間満了ごとに新たな四半期単位の期限を再設定。これにより事実上の定期列車的位置付けで運転が可能となる。
  6. ^ 側面の方向幕は「快速むさしの」と表示。
  7. ^ グループ経営ビジョン2020-挑む- (PDF)”. JR東日本. p. 18 (2008年3月31日). 2009年7月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月18日閲覧。
  8. ^ 類似例として中央線快速系電車と高尾駅以西発着の普通列車・常磐線快速電車と普通列車の関係でも生じたが、前者は新宿乗り入れ廃止・立川駅 - 高尾駅間各駅停車化、後者は取手駅以南での快速統一化により解決した。
  9. ^ 2014年3月ダイヤ改正について①(PDF) JR東日本 2013年12月20日 2018年4月13日閲覧。
  10. ^ 2010年12月ダイヤ改正について (PDF) JR東日本八王子支社プレスリリース 2010年9月24日発表
  11. ^ “むさしの号”運転開始」交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2010年12月4日
  12. ^ 「三鷹色」もしくは八王子支社独自のものであることから「八王子色」とも呼ばれた。
  13. ^ 古屋憲隆「モハユニ ■JR東日本 快速「むさしの号」が115系に」、『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年2月1日、 18頁。
  14. ^ 「快速むさしの」の表示が側面方向幕に用意されていないため、単に「快速」とだけ表示した。
  15. ^ 2004年に同センターの定期運用をE231系置換え後も大宮支社管内の予備・訓練車兼用として残存した編成。
  16. ^ 専用方向幕を掲出。
  17. ^ 快速“むさしの奥多摩号”をE233系が代走交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2012年7月31日。
  18. ^ 2008・2009年は大宮総合車両センター所属車、2010年は長野総合車両センター所属車を充当。

関連項目[編集]