都幾川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
都幾川
都幾川 2001年10月27日撮影
埼玉県東松山市上唐子、月田橋付近
水系 一級水系 荒川
種別 一級河川
延長 35.4[1] km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 161.4[1] km²
水源 大野峠(ときがわ町
水源の標高 -- m
河口・合流先 越辺川川島町長楽)
流域 埼玉県
テンプレートを表示

都幾川(ときがわ)は、埼玉県西部を流れる荒川水系一級河川である。越辺川の支流である。支流の槻川と共に入間川流域では最も北側を流れる。

地理[編集]

埼玉県比企郡ときがわ町大野地区の高篠峠付近に源を発する。源流部には大正末期から昭和初期にかけて設置された石積みの砂防堰堤(落差工)が多数ある。源流周辺はみかんの産地として有名である。この上流域には大野ダムの建設計画があったが、治水計画見直しにより現在は中止されている。 名前の由来の一説であり慈光寺がある都幾山の南麓を通る[2] 比企郡嵐山町秩父郡東秩父村を源流とする槻川を合わせる辺りは京都嵐山の風景によく似ている事から武蔵嵐山と命名され嵐山渓谷と呼ばれている。武蔵嵐山駅や嵐山町という自治体名の由来でもある。左岸側の崖は都幾川により開析された河岸段丘である。東松山市に入り、関越自動車道を越えたあたりから両側を高い堤防で挟まれるようになる。河川域も運動公園など都市近郊河川の様相を見せ、比企郡川島町長楽において越辺川に合流する。

河川延長は、本川である越辺川やその支流である高麗川とは大差なく、越辺川の支流では高麗川の40.2 kmに次いで長い[1]。また、流域面積161.4 km²は越辺川の支流では最大である[1]

流域の自治体[編集]

埼玉県
比企郡ときがわ町、比企郡嵐山町東松山市、比企郡川島町

流域の施設・名所[編集]

支流[編集]

橋梁[編集]

上流より記載

稲荷橋

語源[編集]

都幾川の語源については、清めることを意味する『斎(とき)[5]』から来ていると考えられている。[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『荒川 自然』27頁。
  2. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 角川書店、1980年7月8日、588頁。ISBN 4040011104
  3. ^ a b c d 都幾川 - 源流から大羽根川の合流まで - 有限会社フカダソフト. 2017年11月11日閲覧。
  4. ^ 荒川上流河川維持管理計画 【国土交通大臣管理区間編】2012年3月 (PDF) 21p - 国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
  5. ^ 「潔斎」「斎戒」などの「斎」。
  6. ^ 2007年7月6日発行 埼玉県立川の博物館 かわはくNo.29 ISSN 1347-5142

参考文献[編集]

  • 埼玉県『荒川 自然』(荒川総合調査報告書1)、1987年3月25日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]