原爆の図丸木美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 原爆の図丸木美術館
Maruki Gallery For The Hiroshima Panels
Maruki museum.jpg
施設情報
正式名称 原爆の図丸木美術館
専門分野 美術館
事業主体 公益財団法人原爆の図丸木美術館
管理運営 公益財団法人原爆の図丸木美術館
開館 1967年
所在地 355-0076
埼玉県東松山市下唐子1401
位置 北緯36度1分41.7秒 東経139度21分7.7秒 / 北緯36.028250度 東経139.352139度 / 36.028250; 139.352139
プロジェクト:GLAM

公益財団法人原爆の図丸木美術館(こうえきざいだんほうじん げんばくのず まるきびじゅつかん)は、埼玉県東松山市にある美術館およびその事業主体、管理運営を行う公益財団法人。「原爆の図」を常設展示している。

概要[編集]

1967年5月に開館[1]丸木位里(1901年-1995年)・丸木俊(1912年-2000年)夫妻による「原爆の図」連作ほかの共同制作作品、位里の母・丸木スマの絵画を常設展示している。第二次世界大戦で使用された原子爆弾の惨状を描いた「原爆の図」は、日本だけでなく、世界各地で巡回展示されている。

作品の展示のほか、機関紙「原爆の図丸木美術館ニュース」(季刊)の発行や美術工作教室「丸木美術館クラブ」(毎月)の開催などの活動が行われている。

2001年から2010年まで、美術評論家の針生一郎が館長を務めた[2]

原発にも反対しており、1989年の東京電力福島第二発電所の損傷事故の際には、原発分の電気料金は払わないと東京電力に通知、電気料金の一部を支払わなかったため、東京電力が料金未払いとして送電を停止。発電機による自家発電によって電気をまかなったこともある[3]

なお、この地に美術館を建てたのは、そばを流れる都幾川が丸木位里の故郷である広島県太田川の風景に似ていたためであった[4]

主な収蔵品[編集]

利用案内[編集]

  • 所在地:〒355-0076 埼玉県東松山市大字下唐子1401
  • 開館時間:3月~11月は9:00~17:00、12月~2月は9:30~16:30
  • 休館日:月曜日(祝日にあたる場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 入館料:大人900円、中高生または18歳未満600円、小学生400円
    • 60歳以上800円
    • 障がい者:大人450円、中高生または18歳未満300円、小学生200円
    • 団体割引(20名以上):大人800円、中高生または18歳未満500円、小学生300円

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

※つきのわ駅にはタクシーの常駐がないため、タクシー利用の場合は東松山駅または高坂駅からが便利である。

バス[編集]

※東松山市内循環バスは日曜日運休

自動車[編集]

原爆の図[編集]

1950年に丸木位里・丸木俊の共作により、「第1部・幽霊」が発表された。最後は1982年の「第15部・長崎」であり、この作品のみ長崎原爆資料館が所蔵。残りの14作品が原爆の図丸木美術館に所蔵され、巡回展に出る以外は常設展示されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ 東松山市教育委員会事務局市史編さん課 1984, pp. 646-650、東松山市市史編さん課 1986, pp. 772-774
  2. ^ 針生一郎は、2010年5月26日に逝去。
  3. ^ 岡村幸宣 2017, p. 47
  4. ^ 丸木美術館-丸木美術館の四季 2013年5月18日閲覧。
  5. ^ 丸木美術館・原爆の図」(原爆の図丸木美術館のサイト)

参考文献[編集]

  • 東松山市教育委員会事務局市史編さん課編 『東松山市史 資料編 第4巻(近・現代編)』 東松山市、1984年NCID BN01080361 
  • 東松山市市史編さん課編 『東松山市の歴史 下巻』 東松山市、1986年NCID BN00112225 
  • 岡村幸宣 『《原爆の図》のある美術館:丸木位里、丸木俊の世界を伝える』 岩波書店岩波ブックレットNo.964〉、2017年ISBN 9784002709642 

外部リンク[編集]